タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

韓国LPGA系のレディース アジアンツアーって、何なの?

2022年08月21日 | 海外ツアーあれこれ

 18日のタイ国の英字新聞・バンコクポストに渋野日向子プロのことが紹介されていましたネ。

 

インドネシア・ジャカルタ(ポンドックインダGC)で行なわれていた、女子ゴルフのLAT

(レディース アジアンツアー)の「第一回 シモーネ アジアパシフィックカップ」に、

“不振から脱却して、妹の暉璃子(きりこ)さんと共に出場している” という記事でした。 

 

 <バンコクポストに掲載された渋野日向子プロ>

『笑顔のシンデレラのニックネームを持つ23歳は、三年前に彼女がスターダムとなった

メジャー大会で3位に入賞し、今年は予選落ちが続いていたが、見事に復活した。自分の

フォームと自信を取り戻し、LATでも優勝を狙えるだろう』と、伝えられていました。

 

それも昨日 最終日を終え 結果、アマチュアで妹の暉璃子さんと組んだダブルス戦では 通算

18オーバーで15位。個人戦は通算7オーバーの22位となり、復調ぶりをインドネシアでは

披露できませんでした。 暉璃子さんの個人戦は、通算12オーバーで31位でした。

 

 <暉璃子さんは明大2年生でプロを目指しているそう>

優勝したのは通算12アンダーのプリンセス・スペラル選手(フィリピン)。日本勢で最高位

だったのは、桜井心那プロ(18)の通算3アンダーで4位。篠原まりあプロ(13位)と組んだ

ダブルスは通算2アンダーで5位でした。桜井心那プロは、2004年生まれの最年少プロです。

 

LATは、韓国のアジアゴルフ リーダーズフォーラム(AGLF)が設立したシリーズの第二戦

として位置づけられていますが、AGLFというのは、韓国LPGAが組織した団体だそうです。

 

 <海外で活躍中の韓国人プロも多く参戦しました>

日本のLPGAの首脳陣は小林浩美会長はじめ、プロゴルファー出身ですが、韓国LPGAの

トップらは実業家揃いですので、目指すものも違うのでしょう。 将来はアジア制覇を

 

狙っていると言われていますが、着々と足固めをしているようです。LATシリーズも

その一環でその野望が見え隠れします。日本LPGAと違って韓国LPGAは逞しいですネ。

 

 <シモーネ アジアパシフィックカップ>

LATシリーズの第一戦は、6月に行なわれた「韓国女子オープン」。第二戦は上述のインドネシア、

第三戦は9月の「ハナ フィナンシャル グループ選手権」と第四戦の「ハナ バンク シンガポール

 

女子オープン」と、今年のトーナメントが続きます。 今回は、バンコクポストが熱心に戦況を

伝えていました。 おそらく来年あたり、タイ国にもやって来るからなのでしょう ・・・

 

2020年に設立されたばかりのAGLFは、韓国・ソウルに本部を置いており、韓国LPGAやシンガポール

ゴルフ協会などとも連携しながらLATシリーズの拡大を図っていると聞きます。アジアで23年は7大会

以上を予定し、24年からは1シーズン10大会の開催を目指しているといいます。 明日に続きます。  


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今でも大麻の合法化に反対意... | トップ | レディース アジアンツアーの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

海外ツアーあれこれ」カテゴリの最新記事