タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

タイ・ゴルフ発祥の地、ホアヒン!

2008年04月20日 | タイのゴルフ場
タイでは、いつの頃からゴルフをやるようになったのでしょう?

国王ラマ6世の要請によりロイヤル・ホアヒン・ゴルフコースが初めて18ホール(パー72)として1924年6月に(84年前)
オープンされ、ロイヤル・ホアヒン・ゴルフコースがタイ・ゴルフの発祥の地とされています。

その後1973年(34年前)にはナワタニ・ゴルフコースがオープンし、1975年に初めてワールドカップが開催され、
タイのゴルフ史を飾ると同時に、それ以来、当ゴルフコースも名門コースとして歩んできました。今でもナワタニ・
ゴルフコースは、タイ国内で五本の指に入る人気コースの一つでしょう。

日本のゴルフは1903年(105年前)に神戸の六甲山に造った神戸ゴルフ倶楽部が始リだそうで、タイは1924年(84年前)
ですから、意外と、日本とタイは20年ほどしか始まりの差がないんですね。

タイ・ゴルフの発祥地、ロイヤル・ホアヒン・ゴルフコースと言えば、日本で活躍している“プラヤド・マークセン”が
初めて勤務したゴルフ場でもあり、ここで務めながら腕を磨き、アジアンツアーに挑戦するまでに成長しました。
また 国鉄の駅前(ホアヒン駅)にあるゴルフ場とは、タイ国内でもロイヤル・ホアヒン・ゴルフコースだけでしょう。

バンコクの南東(シャム湾を挿んだパタヤの対岸)約200kmに位置するホアヒンは、ラマ6世以来、約一世紀にわたって
歴代のタイ王族から現在に至るまで、王室ご用達の避暑地として重用されてきた海岸ビーチです。

1926年にラマ7世によって建てられたクライ・カンウオン離宮よりも、高い建物が禁じられたこともあり、
高さのあるホテルも少なく、当初は王室のみのリゾートとして利用されていただけに、今でも静かな、優雅なビーチです。
ゴルフ場もロイヤル・ホアヒン・ゴルフコースの他に五つほどありますし、シラチャー、パタヤなどの賑やかさを嫌う人には
“もってこい”のリゾートビーチで、派手さはありませんが、欧米人を含めてロングステイヤーも少しずつ増えているようです。

バンコクからのアクセスも良く、バス(約3時間半)・鉄道(約4時間半)また飛行機(30分)でも繋がり便利な場所です。
王室一族と上流階級の保養地として愛されてきた優雅なリゾートタウンだけに、ヒルトン、エヴァソン、マリオット、
ソフィテルといった高級ホテルも海岸沿いに点在しており、有名人の隠れ家的な雰囲気も醸し出しています。

高級ホテルの本格的なスパ、ホアヒン・ビーチでの乗馬など、ロイヤル・ホアヒン・ゴルフコースでプレイしながら、
一度くらいは、品格のある避暑地、ホアヒンへ訪れても良いでしょうネ。



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト


ジャンル:
じまん
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« タイの一世帯平均月収って、... | トップ | タイのデング熱に、ご注意を! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ホアヒン (prius)
2008-04-20 13:52:45
タイ最古のゴルフ場「ロイヤル・ホアヒン」は1924年オープンですが、タイの隣国のゴルフ場は更に古いです。

マレーシアのクアラルンプールにあるロイヤル・セランゴール・ゴルフクラブは1893年です。

また、ミャンマーのヤンゴン・ゴルフクラブは1909年、来年は100周年を迎えます。
ミャンマーには、9Hのゴルフ場が70コース、18Hのゴルフ場が34コースあるそうです。意外ですが。

仏領だったベトナムのゴルフ場も古いです。
ホーチミンから車で6時間の海抜1500mにある高原の街(新婚旅行先としても有名)にある「ダラット・パレス・ゴルフクラブ」は1922年です。

ホアヒンのゴルフ場ですが、料金が高いので、ハイソ向けです。
ただし、ホテルとゴルフ場の間に無料送迎バスが運行されているところもあり便利です。

ゴルフ場のお勧めは、ブラックマウンテイン、スプリングフィールドあたりでしょうか?

ホアヒン情報は、下記サイトが便利でしょう。

http://www.huahinjapan.com
Prius さん (nagaichi)
2008-04-20 14:41:35
隣国のゴルフ場がそんなに古いとは・・・・

いつも情報を有難うございます。
Unknown (MIKI)
2008-04-20 17:40:48
いつもメールばかりですが今日はコメント欄に入れさせていただきます。

ロイヤルホアヒンGCには、マークセンのお姉さんがキャディをしているようです。以前ラウンドした時ちょうどそのお姉さんが付いてくれて話しをしていたことがあります。

ロイヤルホアヒンとバンコクとの間(ホアヒン寄り)にスプリングフィールドCCだと記憶していますが、海からの吹き上げの風が強くて非常に難しいコースがあります。
ゴルフってこんなに難しいのかと思うくらいのコースですので一度チャレンジされたらいかがでしょうか。

タイのゴルフは暑さと風との戦いですね。
バンコクへは後1ヶ月ほどで行くことになりそうです。
ぜひ、バンコクでゴルフご一緒ください。
お待ちしています。 (MIKI さん)
2008-04-27 07:36:26
そうですか。
マークセンのお姉さんがねぇ~。お姉さんも鼻高々でしょうね。
一度キャディしてもらいたいですね。

バンコクでお待ちしております~。

コメントを投稿

タイのゴルフ場」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事