タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

スコアも大切、けど より楽しくラウンドしたいですね!

2022年01月10日 | タイのゴルフ、あれこれ

 日本では確かに若い世代のゴルファーが増えていますネ。親戚の若い夫婦も

“今年はゴルフを始めたいけど、クラブ選びはどうしたら良いか” なんて、

相談してきました。 なんでも仲間の間でも、多くなっているそうですヨ。

ビフォーコロナ以前の昔から、ゴルフを始めるきっかけの多くは、親や友人、会社の

上司に誘われて、というのが殆どでしたよネ。ゴルフを教わるのも、そんな流れかな。

 

それが時代は変わり、少子化の時代になると同時に、日本でのスポーツも多岐にわたって、

色々と選択肢も広がりました。また サラリーマンがゴルフを始めるきっかけの多くは上司の

誘いや勧奨でした。今の時代、上司がそれを言うと、パワハラと言われかねません(苦笑)。

 

合わせて、そういった会社や上司との共同体的な繋がりも希薄になりました。今は この

コロナ禍で、誰でも自身で新しい生活様式を組み立てざるを得ない時代に変わってきました。

 

屋外であり、ソーシャルディスタンスも守れるスポーツとしてゴルフの良さに気づいた

若い人たちが、自分の意思でスクールに単独で申し込み、一人 或いは、夫婦や親しい

友人と、黙々とスキルアップしていく、そういうビギナーが増えていると聞きます。

 

ここで大切なことは、初心者のうちに基本をしっかり学ぶことですよネ。私も親戚夫婦に

“絶対に基本をレッスンプロから学ぶべき” と伝えました。 これは もう 鉄則でしょう。

 

プロに教わるなり、スクールでゴルフを始める良さは、最初からきちんとしたスイングを

学習し、習得できることです。実は私も、それをやらずに来てしまいました。いまだに

 

しみ付いた癖のあるスイングは治りません。力が無くとも綺麗なスイングで、フェア

ウェイの真ん中にボールを運ぶ、女性のスイングが羨ましくて仕方ありません(苦笑)。

その女性たちは、プロコーチからしっかりと基本を身に付けているんでしょう。

 

ショップやスクール主導で、ラウンドレッスンやコンペに参加すれば、親しいゴルフ

仲間も増えていき、自分なりの充実した楽しいゴルフライフが待っていますからネ。

 

以前は、“100を切れないから止めてしまった” という若い人も居ましたが、ゴルフは

下手でも楽しくやりたいですよネ。コロナ禍で始めたゴルフです、何もシリアスに

 

突き詰める必要はありません。一般的に、スコア100を切るために要する時間は、平均

3~4年と言われています。100を切るまでに必要なラウンド数は、20~30ラウンドだ

 

そうですから。勿論、毎週 練習しラウンドする人は、半年以内で100を切れるでしょう。焦る

必要はありません。ゴルフライフは長いですから。折角 始めたゴルフ、続けてほしいですネ。  


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日タイでオミクロン株による... | トップ | タイ国では コロナ禍でも 日... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事