タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

バンコク都のサンドボックス、今年は無理でしょう!

2021年09月08日 | COVID-19 関連

 昨日のタイ国の新規感染者は 1万3,821人(死者241人)でバンコク都では3,997人でした。

 

連日二万人を超えていた8月中旬に比べれば減少傾向にありますが、死者数は250人前後と、

最悪の状態が続いています。 人口が倍の日本の死者数が40人(6日)前後と比較すると

俄然 多く、新規感染者が減りつつも 感染状況が改善したとは、言いがたいでしょうネ。

 

そんな中でも、タイ政府は10月以降に主要観光地で外国人観光客の受け入れを順次再開する

方針だといいます。プラユット首相は、“感染状況によっては部分的になるかも知れないが、

観光再開を前進させるべきだ” と述べ、バンコク都やチェンマイに広げる考えを示しています。

 

現在、7月からプーケット島で導入している「サンドボックス」による外国人観光客の

「入国時隔離免除措置」は、決して成功しているとは言えないでしょうからねぇ~

 

政府観光局は、同プログラムで7月~9月の来訪者10万人と観光収入89億バーツを

目指していますが、7月1日~9月5日に来訪した外国人は2万8,931人でした。

9月のホテル予約も7、8月の半分程度で、目標到達は不可能と見られています。

 

プーケット県では「サンドボックス」を実施する上で人口の7割にワクチン接種を行なって

いるはずですが、9月2~6日は連日、一日の感染報告が200人を超え、現在は同県のコロナ

 

病床使用率は80%に達しているといいます。また訪問者88人が入国時の検査で陽性となり、

感染者と濃厚接触者はホテルで強制隔離となっており、決して計画通りではありません。

 

それでもプラユット政権は、「サンドボックス」によって経済再生との両立を目指す方針に

転換しており、“年内には観光再開を前進させるべき” と、大都市にも広げる考えを示しています。

 

しかし、タイ国内でデルタ型の感染減少が続いている以上、欧米諸国がタイへの渡航自粛を

求めている現実も知って観光再開を前進させるべきでしょうネ。しかもワクチン接種が遅れ、

二回を終えた人の目標7割は 10月末まででしたが、12月末に変更せざるを得ない情況です。

 

現在、プラユット政権の退陣を求める反体制デモが再燃し、連日のように警察との衝突が

起きていますので、経済を少しでも回復させたいという、その焦りもあるのでしょうか? 

現況を鑑みると、10月11月のバンコク都での観光客受け入れは、時期尚早でしょうねぇ~  


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« タイは パラリンピックで18個... | トップ | 日本でも22年には海外渡航が... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2021-09-08 10:26:25
サウンドボックス?
Unknown さんへ (nagaichi)
2021-09-08 16:26:50
何を間違えたか、ご指摘ありがとうございました。
早々に訂正しました。
これからも宜しくお願いします。

コメントを投稿

COVID-19 関連」カテゴリの最新記事