penso che ・・・

サッカー愛する皆さまご機嫌いかがでしょうか? ・・・盛り上がりましょう!

引き続き(・・・酔ってます)

2006-11-30 22:42:57 | Weblog
仙台での仕事を終え、今、盛岡に居ます。
尊敬する上司と酒を酌み交わし、今は宿舎に戻ってきました。
いい雰囲気です。
ロドリゴ伊藤君のように回文は披露できませんが・・・(笑)

いつもは見れない「ズームイン」出張先だと、宿舎を出発するまでに
余裕があるので見れちゃうのです。

あまり、否定ばかりだと芸がないのはわかるのですが、哲生S NOTE
の存在は?・・・と常に思います。
彼の特徴、彼でなければ?という理由がわかりません。
「関口宏事務所」?それだけでしょう!

いっそのこと、どっちの解説者でSHOWでもやればいいのに(笑)
ダイジェストの越後さんのコラムでないけれど・・・
選手あがりをむやみやたらと、TV出演させるのはいかがなものか?
と思います。

この人に是非解説を!という人がいなさすぎるのでは?
たいしたことも言わずに収入を得てしまうと人間は進歩しないですよね。

今日は酔っていますので、明日からはもう少しまともなコメント
残します。

今日のところはご勘弁を!
ちょっと、どころではなく、かなり酔っています
3日連続ブラックネタ、お許しを!

酔いがさめたらコメントを残すかもしれません(笑)
もう寝ますというか、寝ちゃいそうです。

雅104

コメント

ダイジェストコラムの続き

2006-11-29 22:52:55 | Weblog
今日は、岩手の一関に居ます。仕事を終えて食事して
ほんのり酔っています(笑)

昨日、ダイジェストの越後さんのコラムについて話題を振りましたが、
ご覧になったかたも居るかもしれませんが、どんな事が書いてあったかというと・・・

横浜FCの城選手やFC東京の三浦選手が引退を表明しましたが、引退後の
選手の受け皿がなく、それが課題だと・・・選手が考えることはライセンスを
取得し指導者の道に流れる傾向にあると・・・やめる選手分ライセンスが発行
されることになるが、だからといって(ライセンスを取得したから)といって
選手指導のレベルが上がるわけではない、ライセンスは使うことによって価値が
あがるといったことを述べられたいたと・・・(確か)

一般社会の常識を知らないのだから、サッカー関係の仕事につける人は稀でしょう。
となると、コーチや監督といった指導者か解説者への道となるのでしょうね。

監督やコーチとなり、結果を残せないと解説者業に!また、その逆もありますが
それが妙なサイクルになっている気もします。いわゆる勉強のために別の位置から
サッカーを見直す。格好いい言い回しですが、そのサイクルの辿っても、解説にも
指導の面でも頭打ちの人って多くなっているような・・・

そもそも、オフトが就任時のインタビューで
今で言う当たり前となった「トライアングル」「アイコンタクト」といったものを
小学生ではないのだからた否定した選手たちが指導者となっているのだから
進歩が現れていないのは目に見えていたことと思っています。

解説にしても、J経験者だからと言うのは、個人的には「もうよしてくれ!」
といった印象です。
TV局で予算をとってもらいって折角、海外に取材にいかせてもらっているのに
何?このレポートという解説者多いですよね。

折角の機会を、個人としても生かしていないし、それをファンの人にも伝え切れていない。
プロになれていない人が多過ぎるように思えます。

サッカーを経験していない雑誌系の記者の方が、試合中に
「今のは、なぜシュートを打てなかったでしょうかね?」というのも
解せないですね。経験値がないのに・・・

言いすぎがいけないと言っている訳でなく、「バランス」は必要です。

実況している人の中でも、解説者まがいのことを言っている人もいますよね。
私の中では、あれも越権行為です。
実況は、事実を伝えれば良いのです!

あれ?ちょっと酔っているからでしょうか?
ちょっと今日は「ブラック」かな?


否定することは簡単ですが、少しはこういう意見もブログで語りたいと思っています。

雅104
コメント (3)

バロンドール

2006-11-29 07:35:26 | Weblog
今年の受賞者が、ファビオ・カンナバーロに決まりましたね。
DFとしては、フランツ、ザマーに次ぐ3人目の受賞ですね。

私はてっきり、ブッフォンが受賞するものと思っていました。

ファビオも優秀な選手で、個人的にも好きですが・・・
マルディーニに獲らせてあげたかった栄誉でしたね。

ま、これもタイミングってのがありますからね。
W杯の活躍は、ポイントが高いですよ。
あと、EUROもポイント高いかな・・・

今回の受賞に意義はないですが、
過去には「えっ?」なんて受賞もあったような・・・

イゴール・ベラノフなんてのはどうだったのでしょう?
オーエンも私的には、受賞するには早かったと思っています。

出張に出かける前のこの時間に書いていますが
先ほど、ズームインで「ロナウジーニョ」の特集をやっていましたが
哲生S NOTEは、相変わらず、しゃべっていることが意味不明
でしたね。バルセロナにも行かせてもらったみたいですけど、日テレ
予算の無駄遣いじゃないでしょうか?

と思ってしまいます。年末のイベント。
サッカー解説者は武ちゃんかキーちゃんのどちらかで良いのかと・・・

おっと、朝からブラックで失礼!

雅104
コメント (5)

スポンサー

2006-11-28 12:56:41 | Weblog
ACミランのスポンサーといえば・・・
「OPEL」というイメージだが、今年度からは「Bwin」でしたっけ?

昼食の時に少し話題となりました。
FPの方から聞いた話として、OPELは各国で一番強いチームを
サポートする方針から、スポンサードしていたとのこと。

ミランの他に、「バイエルン」、「パリSG」であるとか・・・

そのときは、儲かっているときで広告宣伝費にかなりの金額をかけられた
らしい。その時代、テニスのS.グラフもスポンサードしていましたしね。

広告宣伝費が本社持ちから、現地法人での負担となり
今に至っているようです。

ユニホームの広告をみると、時代が反映されているような・・・
今では、IT関連の企業、韓国の企業・・・昔ではスポンサードしていなかった
企業が増えてきましたね。

個人的意見ですが・・・
マンチェスターユナイテッドは断然「シャープ」でしょ!

雅104
コメント (5)

ダイジェストのコラム

2006-11-28 08:48:58 | Weblog
サッカーダイジェストって創刊時は、月間だった。創刊号の表紙は
ノッティンガムに在籍していたトニー・ウドコックであったと記憶している。
月間から隔週となり週刊になっていった・・・・だよね?

週刊になったことで、情報が早くなった。・・・がJの記事に傾いていったこと。
自宅での保管場所のことを考え、購入するのは止めた。

久々に今朝、コンビニで立ち読みしたのだが、越後さん(セルジオ)のコラム
は他の解説者が言わないであろう話題に触れる点が面白い。
辛口過ぎるきらいもあるが、まともなことを言っていると思う。
たま~に「あれ?」というのもあるけど、完璧な人なんていないから・・・ね。

そうそう、ダイジェストには「フットボールパーク」の広告が
掲載されている。サラゴサのユニホームが載っているのは、「さすが」である・・・(笑)

雅104

コメント

それにしても・・・

2006-11-27 08:52:33 | Weblog
凄いですね~ぇ!「BIG」の配当!

あれって、コンピュータがすべて予想する奴なんですよね。
サッカー解らない人に対しても、購入してもらえるように新たに新設されたのですよね。
(たしか・・・)

TOTOが始まった頃は、「こんなの簡単だよ~!」な~んて思っいました。
現に「2等」当てたし(でも、過去最低の配当の週だった)
って、その後は・・・

やはり難しいです!Jリーグほとんど観ない人なので・・・

サッカーへの興味はもちろんだけど、くじを購入してもらわないと
色んな意味で困る人多いしね。
「スポーツ振興」を唱っているから、地域でサッカーをやっている我々にも
恩恵というのが期待できる筈なんだけど、まだまだ先のような気がします。

大きな配当が出たときは、よ~し俺も!なんてノリで購入者が増えること
もあるかもしれないけど、結局、一過性みたいなものでしょ!
2億円がはじめて出たときと同じなんだろうな・・

ま、ここら辺の話についても、色々、思うところはあるので徐々に
書いていきたいと思っています。

話はサッカーの話題(ゲームの話)に戻りますが・・・
ロナウジーニョは凄かったようですね。

さあ、これから仕事に取りかかりましょうか!

雅104
コメント

サッカー三昧でした

2006-11-26 23:17:59 | Weblog
今日1日は「静養」ということで家にいましたが、
最近の試合から過去の試合まで見まくりました。イタリア、イングランド、CLと・・・ 
それって「西洋かっ!」。
(でも、ダビングしながらなので1試合フルで観たのが、
ミラン対メッシーナ戦だけでしたが・・・)

今日は、このブログに度々投稿いただいている、バンドビッチさんと
電話で会話しました。丁度、過去のゲームをダビングしている最中でしたので
いつものように自然と盛り上がってしまいました。
約40分話してしまい、料金は1260円表示!

イタリア、ミラネッロから日本への直電話でも、20分話した仲なので
これぐらいは序の口ですが・・・

参考までに・・・
イタリアからは他にも、ウド・ラテックくんやロドリゴ伊藤くんにも写メを
送ったりと、ウィリー宮原さんと化し
トータルで30,000円程、使いました。(笑)

バンドビッチさんは「デス・ノート」を昨日鑑賞したそうです。
WOWOWで、某Jリーグあがりの方が、「哲生S NOTE」なるコーナー
をやっていますが、あそこで話題になった選手が不調にならないことを
祈ります。(ちょっとブラックネタですが・・・)

WOWOW明日の放送カード「セルタ対サラゴサ」楽しみです。

では来週も良い1週間を!

雅104

コメント

penso che ・・・

2006-11-26 12:48:47 | Weblog
頭痛が解消されず、今日予定していた東京競馬場での「ディープインパクト」
のラスト2戦の観戦を取りやめにした。

行こうと思えば行けないこともないが、余計に体調を悪くすると、今週の宮城・岩手の
出張にも影響するし、週末の我がチームの試合にも影響するので・・・
家でおとなしくすることにした。

だから(暇になったから)というわけでないが・・・
ミラン 対 メッシーナ戦、スカパー!中継で言われなかったこと。
言われたことに対して、タイトルどおり Penso che ・・・してみたい!

まず、以前ローマ戦のときのトッティの失点でマルディーニの危険察知能力の衰え
といったことを述べたが、あの試合を見直したところ、あのプレーをパオロだけに
責任転嫁するのは、ちょっと「酷」のように思えてきた・・・ので訂正したい。
(パオロ、御免なさい!)でも、今日の試合の中でも(あのプレーで出たような)
悪い傾向が見られた。

まず、ピー様(ピルロのことを私はこう呼ぶ)のプレー。
W杯時に比べると良くないです。良くないと同時に彼の悪い傾向が出ています。
ここでは、疲れがでている等のことは言いません。メディアやスカパー!でも
語られているので・・・

ウド・ラテックくんと観戦したトヨタカップ(ミラン対ボガ戦)でもその傾向が
見られたが、調子の悪いときの彼は、視野が狭くなる。
パスコースが中央に限定されてくる点が見られる。両サイドバックがフリー
(どフリーではないがパスのコースがない訳ではない状況)でもパスを配給
しないといったプレーが目立ってくる。

それからもう1つの傾向として、パスを配給する相手が限定される傾向にある。
昨シーズン前半戦のダービーで感じたのだが、右サイドのシミッチが再三ボールを
もらえる位置に飛び出てきても、シミッチにはなかなか配給されなかった。
その後のプレー(シミッチのセンタリングの精度)を考えてのことなのかも
しれないが、チャンスであることは事実なのに

DF側からすると、このプレーヤーにはパスが出されない!と判断されざるを
得なくなるのでは?と思う。今日の試合でも、右サイドのボネーラとの関係で
このような事が度々見られた。但し、ボネーラのクロスのレベルは精度という
意味では「やっぱりな!」というものであった。

それから・・・
実況、解説者は、現場からの中継ではないので、我々と同じくモニターを通して
のものである。ならば・・・という解説、実況があったのは寂しい限りであった。
モニターに映される映像は限定されるが、それにしてもボールのある周囲15M
ぐらいの範囲までだけで語りすぎる嫌いがある。

敵陣にミランが攻めているときでも、相手は、9人~10人は自陣に引いている。
それなのに横パスを繋ぎ過ぎという解説者の指摘は、納得いかないと感じた。
現場で観ているのと、モニターで観ているのとでは観ることのできる範囲は違っ
てくるが・・・
それにしてもスペースがないと想像できるのだから、もう少し解説者らしい
コメントを残せないのかな?

それから、それから・・・
今日の試合は、ジーラとピッポの2トップであった。
オリベイラを軸にすれば・・・と実況で言われたが、そのような見解でよいのか?
と思った。確かに2人は調子が悪いかもしれない。でもオリベイラが2人以上に
アンチェロッティから信頼を得ているとは思えない。

1年目からセリエに適合できる選手は滅多に居ないと考えたほうがいい。となると
実績面では、遥かに「上」の2人を起用という選択になるのでは?

ミランが調子が悪いので、そのような実況、解説が耳につきましたね~ぇ、今日は・・・

それから、それから、それから・・・
それと逆襲時のディフェンスの対応に「?」を感じる。
決まり事が守られているのか?と思う点がある。
ボールを持つ相手FWに対して、追随する相手FWへの対処。
自分のポジションでない選手がそのスペースを潰して、潰しにいった
選手を他の選手がカバーするのか。あるいはベースはポジションなのか?

今日のゲームでも、ピルロが反応すれば危機を回避できたのに
自分のエリアをズルズルと引いているだけで、見た目には人数としては
居るのだが、DFとしては機能していない状況があった。
(ここは実際の映像がないと、伝えづらいが・・・)

とにかく、苦労したけど勝ちは勝ちなので・・・
前向きに捉え、プレーはあくまでも「シンプル」に!
ミランには「シンプル」に行こうという考えが不足していると思う。

本当に負けなくて良かった(実感!です)
すみません、ブログ開設して、最長文章になってしまった。お許しを!

雅104


コメント

せっかくの一戦を前に・・・

2006-11-25 23:23:17 | Weblog
夕方にフットサルをして、その後に審判講習会と・・・
ドタバタだったかな今日は・・・
寝不足からか、少々、頭痛が・・・

あと少しで、HSV 対 バイエルンの LIVEなのに・・・
今日は寝ます!

ただ、気になる、とても気になるミラン戦が朝からLIVEなので
そこまでには頭痛を治したいと思っています。

プレミアのリバプール対マンチェスターシティも自分的には
捨てがたい一戦。
でも、今週は、ユナイテッドとチェルシーの首位決戦が注目なんだろうな!

う~っ頭が・・・

もう寝ます。


雅104
コメント

今日も朝から・・・

2006-11-25 12:28:26 | Weblog
80年代のイングランドリーグの試合ネタのやりとりに
やはり!触発され、83/84のFLカップ決勝「リバプール対エバートン」
と84年のチャリティーシールド「リバプール対エバートン」を観ちゃいました!

深夜2:30迄観ていましたので、眠いですが・・・

ビデオ観戦した内容でピンときた人は居るでしょうか?(笑)

・・・ということは、83/84シーズンのチャンピオンはリバプール
なんだから、FAカップのチャンピオンは、もしかして?エバートン??

・・・でもって、ビデオの棚から探し出しました
FAカップの決勝戦「エバートン対ワトフォード」!寝起きそうそう
先ほどまでダビングしながら、ちょこちょこと観てました。

やはり年代問わずに、サッカーは素晴らしい!というのが感想です。
昔は昔で、良いところはあります。
過去のサッカーと現代のサッカーを比較して、明らかに昔のサッカーを
否定するような発言をしてしまう解説者の人をたまに見かけますが・・・

良いものは良いです!
過去の歴史を経て、今があるのだから否定してはならない・・・
というのが私の持論です。

イングランドリーグ、激しいです。
イアン・ラッシュって、前線からの守備に結構貢献していたんだなあ~!
と改めて認識しましたね。

それから驚いたのが、そのついでに観戦した「W.ブレーメン 対 1FCケルン」
奥寺さんをはじめ、シューマッハー、D.プレスティン、W.ハルトビッヒ、
R.フェラー、N.マイヤー等、懐かしく豪華な面々。

その中で、ウーベ・バインの文字が・・・そう浦和レッズにも在籍した
あのバインだったのです。面影はかすかに・・・髪形が違うのでハッキリ
解りませんでしたが、ドリブルの時の姿勢があきらかにバインでした。

昔のビデオを観ると、新たな発見があり楽しいです。

今日はこれから、フットサルと審判講習会に出かけます。


雅104
コメント