魔法の鏡をみつけたら

なお子のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初日&誕生日!

2017年02月22日 | 日記
「HUIS CLOS-出口なし-」、無事に初日の幕が開きました!
膨大なセリフと闘いながら、細い糸の上を歩くような微妙な芝居の空気を相手役と作り上げていかなきゃいけない、難しい戯曲だなと改めて思いました。骨太な戯曲にはやはり鍛えられます。

あと4日、演じることを楽しみながら確実に進化していきたいと思います。

舞台の初日と誕生日が重なるのは初めてでした!(しかも母校での公演で)
それが人生の終焉から始まるこの作品とは、なんとも皮肉なものですが、逆に洒落てるといえなくもないかも…?

25日土曜の公演のみ満席となりましたが(若干の立ち見席はでるかも)、他の日はまだお席ございます。
今回は、珍しい無料公演です。
是非観にいらしてください!

右から2番目は、昨年の公演「旦那さまはハンター!」の出演者の、最中翔太さんです。
今日観に来てくれました♪
コメント

仕込みです!

2017年02月13日 | 日記
今日は仕込みです。
ふだんの稽古場から移動し、本番の会場となる大教室を、みんなで劇場に改装?していきます。

★25日(土)の公演のみ、残席わずかとなりました!
この日しか観られない方は、ご予約お早目にお願いいたします!

コメント

稽古と肉

2017年02月09日 | 日記
今週は、ハードスケジュール。
連日の稽古と仕事でクタクタです。
肉の日なので、稽古後にみんなで焼き肉食べに行きました。食べ放題だったので、食べ過ぎました〜。
明日からまた運動せねば!
コメント

ご予約お待ちしております!

2017年02月04日 | 日記
2017年 2/22(水)〜26(日)
「HUIS CLOS -出口なし-」

入場無料・全席自由(予約優先制)
会場・学習院大学 南一号館3階 特設劇場

作・ジャン・ポール・サルトル
演出・多和田真太良
翻訳・ドラマトゥルク・西樹里
美術・吉田健嗣
制作・関根麻理恵、岡村正太郎
出演・窪田壮史、吉田直子、平澤萌花、木場光勇
主催・学習院大学大学院人文科学研究科身体表象文化学専攻
製作・戯れの会

日程・2月22日(水)17:30
23日(木)13:00/17:30
24日(金)13:00/17:30
25日(土)15:00 ★
26日(日)15:00
受付:開場1時間前 開場:開演30分前
ご予約の方から開場時に優先的にお席にご案内致します
★・・上演後にポストショートークあり

ご予約
★Facebook「戯れの会」公式ページ
http://facebook.com/tawamuredrama/
★CoRich(こりっち)専用ページ
[Huis Clos ユイ=クロー出口なしー]で検索
http://stage.corich.jp/stage/78729

お問い合わせ
★戯れの会
メール:tawamuredrama@gmail.com
★身体表象文化学専攻事務室
tell:03-5992-1404 (日曜休)

とあるホテルの一室、ギャルソンに案内されてやって来たのは、一人の男と二人の女。
出口のない部屋で、三つ巴の会話劇がはじまる…。
2014年より始まった作品分析の研究会とリンクした上演企画「不条理な演劇祭」(2015)、J・フェドー「旦那さまはハンター!」(2016)は、2年間で約800人の観客を動員し好評を博した。本年度は、サルトルの異色の戯曲を取り上げる。
人間の普遍的なテーマを新訳を用いてより鮮明に炙り出す。



コメント

伊豆2日目・つづきのつづき

2017年02月02日 | 日記
帰りには、熱海の一つ手前の来宮駅で途中下車し、来宮神社の大楠の木を観ました。
何と、樹齢2000年の天然記念物となっている巨大なご神木です。
私たちが木に近づいていったら、木の後ろから猫が走り出てきて、賽銭箱の奥にちょこんと陣取って私たちを見つめていました。
ニャンコ先生みたい!
写真では分かりにくいのですが、とにかくこの木の幽玄さに驚きます。
コメント