ミロク文明

新しき[神]の国の写し絵、天国地の上に現す
ミロクの世 ミロク文明人 大和ごころを志しての旅は・波・∞無限大∞

般若心経とミロク心呪・中編-28

2019-02-10 23:12:05 | 般若心経とミロク心呪
釈尊の言葉は、常に「中道を保て」でありました
 
  
私の大和ごころを志しての旅は「ミロク文明」ミロクの世を地の上に現す方向性。

色不異空 空不異色 色即是空 空即是色
空(くう)の空間には波動、振動が存在する・・観点の参考資料


*まるぞう備忘録 無題のドキュメント
聖と邪と。振り戻りの時代。 2017-01-02 / 陰と陽の理論
記事全文 https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/d/20170102


精神性の高い時代

 日本に大昔に存在した縄文時代と呼ばれる時代は、現代の私達が想像している未開の文明とは、まるで様相が異なっていた高度な文明であると思います。なぜなら、少なくとも1万年もの間、持続可能であった事実からであります。

 たとえば私達の今の物質文明では、産業革命以降のたった100年200年という短い期間で、人類が地球が悲鳴をあげるまで、自然のバランスを崩しております。
 そう考えると、1万年以上も自然と調和しながら文明を維持していた、縄文という時代の人々は、本当に精神性が高かったと考えられます。

   縄文時代はいつごろの話?
縄文時代は、今から13000年くらい前から2300年くらい前まで(注1)、約1万年間続いた時代です。縄文時代の次は、お米作りが各地に広がっていったり金属器が大陸から伝わってきた弥生時代で、その次が古墳時代、そして飛鳥、奈良、平安、鎌倉・・・と続いていきます。~


あなたの痛みが私の痛み

 高い精神性とは何か。それは自己と他者の区別がずっと少ない精神であると言えるのではないでしょうか。それは相手の痛みを自分の痛みとして感じる割合がずっと高かった人々の文明であると言えるのではないでしょうか。

 でありますから、きっと、当時の縄文の人達に、今の現代人の生活を見せると首をかしげることが多いかもしれません。相手の痛みを自分のことのように感じる縄文人には、私達の行動の半分は、理解不能であるように感じられることでしょう。自分が得をするために人を傷つける。自分の傷を癒やすために人を傷つける。どれも精神性の高かった縄文の人々からは、不可解な行動として映ることでしょう。

 でありますから、彼らには、今の私達のような「私が正しい。あなたが間違っている」という主張もほとんど理解できないことでしょう。

 縄文人にとって、「私とあなたの利益の相反」というのはほとんど存在しません。それが「全体にとってプラスかどうか」「地球にとってプラスかどうか」だけが「善悪」の基準でありましたでしょうから。




一神教が生み出す二元論の文明

 現代の私達の文明の基準となっている、「神の善。魔の悪。」という二元論の世界は、実は、人類の魂の進化における振り子の一事象にすぎないのでした。

 たとえば日本神道においては、「神の善vs魔の悪」という対立はほとんどありません。イザナギ・イザナミの対立はありますが、同時にイザナギもイザナミも天地開闢の大切な神様であります。決して「イザナギ=善。イザナミ=悪。」などという単純な二元論は神道には存在しません。
 たとえばヒンズー教においても、最高神のシバ神は再生の神様であると同時に、破壊の神様でもあります。宇宙の実相とは「常に変化し続けること」でありますから、創造も、調和も、破壊もみな神様(=宇宙)の様相であります。
 たとえば釈尊の言葉は、常に「中道を保て」でありました。キリスト教世界のような悪魔は釈尊の言葉にはありません。

 一神教の世界では、神様に次ぐ第二位の大天使が神様と対立し悪の親玉となる伝承があります。これはこの「堕天使」こそが、善悪二元論を創りだす「お役目」を受け持っていたということだと言えます。

分離の時代から再び融合の時代へ

 「神vs悪魔」の世界観が今回の人類の文明のマジョリティでありました。縄文人が見たらやはりこれも驚くことでありましょう。悪魔の大親分こそが、最も神様に忠実な天使であることを彼らはきっと本能で見抜くでしょうから。
 キリストの最も忠実な弟子であったユダが、最大の裏切り者であると歴史に刻まれているのも同様です。キリストから自分を裏切るように指示を受けたユダとは、太古の堕天使と同じでありました。


 この宇宙は常に、無数の陰と陽の振り子を振動しています。その振動の一つが、「分離の時代と融合の時代」として振れています。
 分離の時代が始まる時は、第二位の大天使が悪魔の親玉として別れたことが起きたのでしょう。そしてその時は、世界に点在していた平和の縄文文化が一つずつ消滅していった時代であったかもしれません。ムー文明とは太平洋の海人族の融合の文明であったかもしれませんね。たとえば何万年か前、ムー文明が消滅した伝承もまた、当時の融合の時代の終了を示していたのかもしれません。

ムー文明とはどのような文明だった?
提唱者のチャーチワードによるとムー大陸にはムー文明と呼ばれる古代文明が存在し、ムー人と呼ばれる人々が6400万人も暮らしていました。ムー人は白人で構成される民族であり、彼らの王「ラ・ムー」は太陽神ラーの化身として崇められていました。
また、ムー人は現在にも引けを取らない高度な文明を有しており、電気や機械を駆使してとても豊かな暮らしをしていたといわれています。~



ハルマゲドン=各自の心の中の融合

 しかしまたその分裂の振り子が、今度は融合の時代への振り戻し始めているように思います。
 人類のそれぞれの心の中に住んでいた「堕天使」が、本来の天使に戻る過程が始まっているのかもしれませんね。

 縄文人はどんなことにでも感謝を捧げる人達でありました。きっと。だから他人の痛みが自分の痛みと同じように感じられる人達でありました。

 現代の私達も、かつての縄文人のように、生活のあらゆることに感謝ができるよになると、自分の心の中の「堕天使」が、オセロのようにくるりとひっくり返って「大天使」に戻ることになるのでしょう。

 「ハルマゲドン」とは、このオセロのひっくり返りのことであるように思います。分離の時代から融合の時代へと振り子が振り戻る意味であります。私達の心の中の「堕天使」が「大天使」に戻る過程のことであります。その「融合への鍵」が「感謝」の気持ちでありました。

 ありがとうございます。


________
【スバハヒイ】
根源【ス=ミロク三位三体の太御神様】大発明【バハ=ビックバンの波動】により、一つの粒子が時間と空間の振動として考えだされた時、それはたった一つの粒子であり、しかし無数の粒子でありました。

粒子【ヒイ=素直な霊人(ヒト)の意・位】とは空間の特殊ポイントにおける振動であります。
無数の粒子が一斉に発明で考えだされたわけです。
そしてこれらの粒子の振動波がお互い干渉しあって、干渉縞の彩りが、私達の認識している宇宙【スバハヒイ】であります。


『般若心経』は効能書きで、唱和する事で呼吸が調い気持ちが安らぐ・・・だけかも。
第四の観点で正しい視点、正しい観点の実行は覚醒はでき無い。
私が般若心経を縁あるグループと唱和する事があれば最後の「マントラ」はこうなります
   羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提娑婆訶
原語は「ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディ スヴァーハー」


「有音、縁者との唱和・・ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディ スヴァーハー ヒイ(陽の意に乗り和ス)
此処からは完全呼吸法とミロク心呪、無音で心の中で唱える
完全呼吸法とミロク心呪
【ナアモウ】で腹式呼吸
【マハア】で胸式呼吸
【マ】で鎖骨呼吸で息を吸い止息する

【ヒトラアヤ スバハヒイ】で息を吐いていき止息(しそく)あるいは留息(りゅうそく)
15秒~20秒での一息を志す~繰り返す~・・・繰り返し~第四の観点で正しい視点、正しい観点の実行を志す、結果幸運を創造して行く事に成る。
 


呼吸法のどんな方法も、【吐く息に時間を掛ける】ことが共通しています。
長息は長命、短息は短命と言われています
 


般若心経とミロク心呪  記事一覧
つづく


生【イ】かして頂いて ありがとう御座位ます【ス】

「ミロク文明」カテゴリ記事一覧 

完全呼吸法 「プラーナーヤーマ」記事一覧
体・息・心を調える 記事一覧
ミロク文明>> もっと見る 記事一覧 新しい順
ミロク文明 初めに戻る


人気のgoo ブログ!アクセスランキングです。
2019.02.09(土) のアクセス数 閲覧数188  訪問者数137
順位:14,881位 / 2,855,025ブログ中
2019.02.03 〜 2019.02.09 1080 PV 689 IP 22296 位 / 2855025ブログ
コメント

75歳になった(後期高齢者医療制度に加入)

2019-01-17 23:28:07 | 日記
記憶力・判断力が少し低くなっている(認知機能の低下のおそれがある)
 
  
私の大和ごころを志しての旅は「ミロク文明」ミロクの世を地の上に現す方向性。

*75歳になると後期高齢者医療制度に加入
     http://www.tjk.gr.jp/kenpo/10_03.html
 75歳になると、それまで加入していた国民健康保険や健康保険組合などの医療保険からはずれ、新たに「後期高齢者医療制度」に加入します。
 次の事項のいずれかに該当する被保険者および被扶養者が制度の対象となります。
1.75歳(一定の障害があると認定された方は65歳)以上の方(誕生日当日に資格を喪失)
2.65歳から74歳で一定の障害があると広域連合から認定を受けた方(認定を受けた日に資格を資格)


*高齢者 免許更新 講習 高齢者講習等の流れ - 高齢運転者支援サイト
   http://www.zensiren.or.jp/kourei/flow/flow.html

更新時における高齢者講習等の内容(75歳以上の方) に移動 - 記憶力・判断力の判定を内容とした認知機能検査を受検します。検査の結果により、その後の流れが変わります。 【高齢者講習】 ... 免許証更新時における基本的な流れ)
・認知機能検査の方法及び内容
    http://www.zensiren.or.jp/kourei/what/what.html
75歳以上の運転者を対象とした臨時高齢者講習及び免許証更新時の高齢者講習を適切に行うため、記憶力・判断力の判定を内容とした認知機能検査が実施されます。



*高齢者マークを付けなかった場合の罰則は? 
  https://autoc-one.jp/knowhow/3414503/     
1997年10月30日、道路交通改正によって、75歳以上を対象に、高齢者マークを表示することを努めるように努力義務として定められました。2002年6月1日、再び道路交通改正により、75歳以上から70歳以上に引き下げられて、70歳以上の運転者は、高齢者マークは表示するよう努めるようにとされています。しかし、あくまで努力義務で、表示しなくても罰則にはなりません。

ちなみに、自動車運転免許を受けた期間が通算して1年に達しない人が対象となっている、初心者マーク(初心運転者標識)を表示していない場合は、道路交通違反となります。反則金は4,000円で行政処分点数は1点です。 

では、この高齢者マークを表示することにはどのようなメリットがあるのかというと、上記の法律に従いその対象者が高齢者マークを表示した場合、その車両は道路交通法によって保護の対象となります。
高齢者マークを表示すると、周りの車両はその車両を保護する義務が生まれます。

   
そして、周りの車両はその車を保護する立場にあり、もし悪質な幅寄せや無理な割込みなどをした場合には、
「初心運転者等保護義務違反」の罪に問われます。ちなみにこれは、初心者マークをつけた車に対して幅寄せ等を行った場合も同様の反則金がとられます。 


生【イ】かして頂いて ありがとう御座位ます【ス】
*心呪の呼吸・・ミロク心呪のお・ス・ス・メ
・自己「マインドコントロール」ながら研鑽の一例
ただし情感・五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を無視して行う。
TVを見ながら研鑽をするといったように。

【スバハヒイ】の呼吸・息をする時には。

【ス】で息を吸う
【バハヒイ】で息を吐く

【ス】で腹式呼吸【バハ】で胸式呼吸で息を吸う
【ヒイ】で息を吐く

【ヒ】で息を吸う
【イ】で息を吐く

【ヒ】で腹式呼吸【ィ】で胸式呼吸で息を吸う
【イ】で息を吐く

完全呼吸法とミロク心呪
【ナアモウ】で腹式呼吸
【マハア】で胸式呼吸
【マ】で鎖骨呼吸で息を吸う

【ヒトラアヤ スバハヒイ】で息を吐いていく

呼吸法のどんな方法も、【吐く息に時間を掛ける】ことが共通しています。
長息は長命、短息は短命と言われています

呼吸法  Wikipedia
呼吸を訓練することは、心身を訓練する最も簡便な手段のひとつであるといえる


生【イ】かして頂いて ありがとう御座位ます【ス】

「ミロク文明」カテゴリ記事一覧 

完全呼吸法 「プラーナーヤーマ」記事一覧
体・息・心を調える 記事一覧
ミロク文明>> もっと見る 記事一覧 新しい順
ミロク文明 初めに戻る

人気のgoo ブログ!アクセスランキングです。
1月16日のアクセス数   閲覧数198 訪問者数140
順位:15,510位 / 2,852,533ブログ中
2019.01.06 〜 2019.01.12 979 PV 652 IP 23970 位 / 2852119ブログ
コメント

老子「第二十三章」道徳経

2018-12-27 00:47:09 | 老子「道徳経と伊勢白山道「道経1~37
いずれにしても言葉に誠実さが足りないと、人からの信頼を失うものだ
     
私の大和ごころを志しての旅は「ミロク文明」ミロクの世を地の上に現す方向性。

      
・老子「道徳経と伊勢白山道」 道経 
第二十三章 *老子を英訳 http://mage8.com/magetan/roushi03.html

・原文 「書き下し文
希言自然。故飄風不終朝、驟雨不終日。 「 希言(きげん)は自然なり。故(ゆえ)に飄風(ひょうふう)は朝(あした)を終えず、驟雨(しゅうう)は日を終えず。 
孰爲此者、天地。「 孰(た)れかこれを為す者ぞ、天地なり。

天地尚不能久、而況於人乎。「 天地すら尚(な)お久しきこと能わず、而(しか)るを況(いわ)んや人に於(おい)てをや。

故從事於道者、同於道、徳者同於徳、失者同於失。「 故に道に従事する者は、道に同じくし、徳なる者は徳に同じくす、失なる者は失に同じくす。

同於道者、道亦樂得之、同於徳者、徳亦樂得之。「道に同じくする者は、道も亦(ま)たこれを得るを楽しみ、徳に同じくする者は、徳も亦たこれを得るを楽しみ。

同於失者、失亦樂得之。「失に同じくする者は、失も亦たこれを得るを楽しむ。 
信不足、焉有不信。「 信足らざれば、焉(すなわ)ち信ぜられざること有り。

現代語訳
聞き取れない程のかすかなささやきこそ、言葉の自然な在り方である。吹き荒れる風は半日も続かないし、土砂降りの雨も一日中は続かない。
そうしているのは自然そのものである。

自然すら長く続けられない様な言葉の発し方を、人間が長く続けられる筈が無い。

だから「道」に沿った生き方をする者は「道」と一つになろうとし、徳に沿った生き方をする者は徳と一つになろうとし、仁や礼を求めて徳を失った者は、それらと一つになろうとする。

「道」を求める者を「道」の方でも求め、徳を求める者を徳の方でも求め、仁や礼を求める者もそれらから求められる。

いずれにしても言葉に誠実さが足りないと、人からの信頼を失うものだ。 


英訳文
Whisperingis natural. Storms do not continue over half a day. Downpours do not continue over a day. Nature itself does not continue these. So mere humans can not continue speaking loudly. A person who follows "the way" unites with "the way". A person who follows the virtue unites with the virtue. People who lost the virtue by following benevolence and courtesy unite with them. "The way" also requires the person who united with "the way". The virtue also requires the person who united with the virtue. Benevolence and courtesy also require people who united with them. If your words do not have honesty, you will lose trust from people. 



*自然と引き合うことが大切  2012-10-14 老子の言葉
伊勢ー白山道 記事全文 https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20121014
老子の言葉 第二十三章
(独自の超訳)
たまに出る自然な言葉こそが、本当の思いなのです。
どんな強風も朝まで継続することはありません。
どんな豪雨も、一日中は継続することがありません。
誰がこんな操作を出来るのでしょうか?それこそが天地自然なのです。
天地自然ですら、同じ物事を長く継続させることが出来ないのです。
ましてや、私たち人間が同じことを継続出来るはずがありません。

だから、真理に従って生活する人は、真理と一体化することに成り、
道徳に従う者は、道徳的な生活と成り、
無礼な者は、無礼な生活に染まります。

真理に従う者は、真理のほうからも求められ、
道徳に従う者は、道徳のほうからも求められます。
無礼をする者は、無礼をすることを楽しむように成ります。

つまり、人間は自分が信じない物事には、向こう側からも信用されません。
人は自分が信じたことと、一体化をします。 


原文
「希言自然。故飄風不終朝、驟雨不終日。孰爲此者、天地。
天地尚不能久、而況於人乎。故從事於道者、同於道、徳者同於徳、失者同於失。
同於道者、道亦樂得之、同於徳者、徳亦樂得之。同於失者、失亦樂得之。信不足、焉有不信。」


(感想) 
前半は、どんな物事も必ず変化して行くから安心しなさいと言うことです。
そして、強制では無くて、自然な流れを大切にしなさいとも示されています。

後半は、要は、同類同士が引き合うと言うことです。
これは人間同士に限らず、読む本や信仰、遊び、食事・・・・何でも自分から求める物事は、向こう側からも自分のことを求めているから出会う縁が生じることを言っています。

前半と後半の2点を合わせますと、老子は人間が作った規則や強制を嫌った意味もあります。
この時の老子は、公務員の中間管理職として、職場で言いたいことも有ったのでしょう。

「天地自然でさえも同じ風景が継続できないのに、そんな厳しい規則を人間に言ったところで馴染むわけが無い。
それよりも、民衆から出る小さな声を大切にするべきだ。
どんなに強制しても、人間は自分が信じる・受け入れられることしかしないものだ」
と、老子が言っているようにも感じます。

ただ、何でも自然が良い、自由が良いと言いましても、それも自分の怠惰な気持ちに過ぎません。
だから、人間は自分の良心(道・先祖の心・内在神)に従って、
自分が出来る努力をした上で、
それで生じる縁の流れを、自然と受け入れることが大切なのではないでしょうか。

生かして頂いて ありがとう御座位ます


 人は、自分が好む事と一体化します 2017-11-21 老子の人生論
伊勢ー白山道 記事全文 https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20171121
参考記事:老子の言葉 第二十三章「自然と引き合うことが大切」

「 老子の人生論」第二十三章

大自然が話す言葉は少ない。
雨が降る時に話す「ザーザー」か。
風が吹く時は「ヒューヒュー」か。
雷が鳴る時に怒る「ゴロゴロ」「ドカン」か。
太陽が照り輝く時は、無言か。

大自然が多くを話さないのに、人間も無理に多くを話す必要は無い。
無意識に自然に生きること
これが最大事です。

人は、相手に多くを話して信頼されようとしても、信頼はされ無いものだ。
自分が相手を信頼すれば、相手からも信頼されるように成って行く。
自分が相手を好きに成れば、相手からも好かれます。
自分が信じない相手からは、信頼されることもありません。

つまり、人は自分が信じるモノに、一体化して行きます。

(感想)

ここに営業の極意が述べられています。
老子が、
・ よくしゃべる営業マンは、信頼されないぞ。

・ 言葉が少なくても、要点だけを言うこと。

・ そして大事なことは、お客様を信頼することだ。

・ 自分から、お客を好きに成ることだ。

・ そうすると、お客様の方からも信頼され、好かれるのだ。

「営業はコレですよ、コレ。」と老子先生は言っています。
これは営業だけでは無くて、家族同士でも、社内でも、友人同士でも言えることです。

* 人は、自分が信じる相手から、信頼される。
* 人は、自分から相手を好きに成ることで、相手からも求められる。
これは、信仰の視点でも完全に言えます。

* 人は、自分が参拝する神社を好きに成ることで、そこの御祭神からも好かれる、求められる。
* 自分が、先祖霊を供養することで、先祖から守護される。
冷静に考えて見ましても、これこそ「自然な流れ」「法則」であることが良く分かります。

親は、子供が言うことを聞かないと嘆くものです。
でも、その親は、自分の子供を信頼していたのか?
子供の言うことを、親は聞いたことが有るのか?
逆も言える訳です。

自分が信じなければ、その対象からも信頼はされない。
ごもっともです、と腑に落ちます。

神様を信じる人は、神様に近付く。
悪魔が好きな人は、悪魔に近付く。

現代のファッションを見ましても、これは言えることです。
死を思わせるマークの服を好む人には、死の方から近付いて来ます。

だから安心しましょう。
先祖を供養し、神様に感謝だけをする人は、必ず救われます。
今生で救われるか? アノ世で救われるのか? だけの違いです。
とにかく御得(徳)なのは間違い無しです。

生かして頂いて 有り難う御座います  


老子の人生論 伊勢ー白山道 記事一覧
伊勢白山道 老子の言葉 記事一覧

「柔訳 老子の言葉」が完成しました 2013-04-03 伊勢白山道
伊勢白ペディア「老子(言葉)について」収録内容 記事一覧
「老子の言葉 写真集 上・下巻」 2013-11-22 伊勢白山道

老子「道徳経と伊勢白山道」道経「 1章~37章」記事一覧
老子「道徳経と伊勢白山道」徳経「81章~38章」記事一覧
始め老子プロフィール「第一章」道経   ≫「第八十一章」徳経

老子の霊訓 記事一覧

ミロク文明>> もっと見る 記事一覧 新しい順
ミロク文明 初めに戻る

人気のgoo ブログ!アクセスランキングです。
12月25日のアクセス数  閲覧数108  訪問者数85
順位:28,413位 / 2850659 ブログ中
2018.12.16 〜 2018.12.22 1015 PV 712 IP 25965 位 / 2850434ブログ
コメント

ゴーヤ・オムレツ

2018-10-18 02:11:39 | 食品
ゴーヤ、玉ねぎ、他いろいろ入りのオムレツ
 
  
私の大和ごころを志しての旅は「ミロク文明」ミロクの世を地の上に現す方向性。

1・10月15日‥小さなゴーヤとシシトウガラシがまだとれている


2・玉ねぎ、ゴーヤ、シシトウ、豚肉の切り落とし


3・食材を小間切りにする


4・ボールに水とだしのつゆ、芽ひじき、片栗粉を入れてよく混ぜ合わせる


5・卵を2~3個入れてよく混ぜ合わせる


6・フライパンにオリーブ油と「3」を入れて炒める

7・溶き卵「5」を入れて炒める。お好みのソースをかけて出来上がりました。



・パックご飯も美味しい

・フライパンの残りは、明日朝食の焼きそばか焼うどんの具材の足しになる。


食品 記事一覧

生【イ】かして頂いて ありがとう御座位ます【ス】
*心呪の呼吸・・ミロク心呪のお・ス・ス・メ
・自己「マインドコントロール」ながら研鑽の一例
ただし情感・五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を無視して行う。
TVを見ながら研鑽をするといったように。

【スバハヒイ】の呼吸・息をする時には。

【ス】で息を吸う
【バハヒイ】で息を吐く

【ス】で腹式呼吸【バハ】で胸式呼吸で息を吸う
【ヒイ】で息を吐く

【ヒ】で息を吸う
【イ】で息を吐く

【ヒ】で腹式呼吸【ィ】で胸式呼吸で息を吸う
【イ】で息を吐く

完全呼吸法とミロク心呪
【ナアモウ】で腹式呼吸
【マハア】で胸式呼吸
【マ】で鎖骨呼吸で息を吸う

【ヒトラアヤ スバハヒイ】で息を吐いていく

呼吸法のどんな方法も、【吐く息に時間を掛ける】ことが共通しています。
長息は長命、短息は短命と言われています

呼吸法  Wikipedia
呼吸を訓練することは、心身を訓練する最も簡便な手段のひとつであるといえる


生【イ】かして頂いて ありがとう御座位ます【ス】

「ミロク文明」カテゴリ記事一覧 

完全呼吸法 「プラーナーヤーマ」記事一覧
体・息・心を調える 記事一覧
ミロク文明>> もっと見る 記事一覧 新しい順
ミロク文明 初めに戻る

人気のgoo ブログ!アクセスランキングです。
 2018.10.17(水)のアクセス数  閲覧数137  訪問者数101
 順位:23,335位 / ブログ中
2018.10.07 〜 2018.10.13  889 PV 577 IP  23956 位 / 2843344ブログ
コメント

畑の写真日記「2018.10.9

2018-10-10 00:11:14 | 畑の写真日記
草刈り機で雑草の刈り取り

  
私の大和ごころを志しての旅は「ミロク文明」ミロクの世を地の上に現す方向性。

本年は7月~10月まで猛暑・酷暑にて畑の作業は.ほとんど出来なかった.しなかった。
で…雑草の天下…イチゴ.ネギ.葉物は全滅。

  

  
  
台風25号の強風でパラソルはボロボロ  
ゴーヤは40~50本収穫できた.今もって小さなゴーヤが取れている。
約30本は知り合いの方々にプレゼント.残りはスライスして冷凍保存。
  

畑の写真日記 記事一覧

生【イ】かして頂いて ありがとう御座位ます【ス】
*心呪の呼吸・・ミロク心呪のお・ス・ス・メ
・自己「マインドコントロール」ながら研鑽の一例
ただし情感・五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を無視して行う。
TVを見ながら研鑽をするといったように。

【スバハヒイ】の呼吸・息をする時には。

【ス】で息を吸う
【バハヒイ】で息を吐く

【ス】で腹式呼吸【バハ】で胸式呼吸で息を吸う
【ヒイ】で息を吐く

【ヒ】で息を吸う
【イ】で息を吐く

【ヒ】で腹式呼吸【ィ】で胸式呼吸で息を吸う
【イ】で息を吐く

完全呼吸法とミロク心呪
【ナアモウ】で腹式呼吸
【マハア】で胸式呼吸
【マ】で鎖骨呼吸で息を吸う

【ヒトラアヤ スバハヒイ】で息を吐いていく

呼吸法のどんな方法も、【吐く息に時間を掛ける】ことが共通しています。
長息は長命、短息は短命と言われています

呼吸法  Wikipedia
呼吸を訓練することは、心身を訓練する最も簡便な手段のひとつであるといえる


生【イ】かして頂いて ありがとう御座位ます【ス】

「ミロク文明」カテゴリ記事一覧 

完全呼吸法 「プラーナーヤーマ」記事一覧
体・息・心を調える 記事一覧
ミロク文明>> もっと見る 記事一覧 新しい順
ミロク文明 初めに戻る

人気のgoo ブログ!アクセスランキングです。
 2018.10.08(月)のアクセス数 閲覧数119 訪問者数90
   順位:23,432位 / 2,842,653ブログ中
 2018.09.30 〜 2018.10.06  869 PV 554 IP 23595 位 / 2842419ブログ
コメント