☆★今日のショット★☆

綺麗なお花や美味しいたべものなどあれこれあれこれ載せて行きたいと思います。

大雪山裾合平 2018/9/13

2018-09-15 06:23:10 | 山・散歩・ジョギング
ここ数日、秋晴れが続いています。
なんとなく身体の疲れが残っているけれど、ガーデナーと2人で、旭岳ロープウェイから裾合平にチングルマの草紅葉を見に行って来ました。


エゾオヤマノリンドウが花盛り。秋の風情ですね。

ロープウェイ駅周辺のナナカマドは、風で飛んでしまい、色も茶色です。
それでもお天気が良く、旭岳は綺麗に見えました。

鏡沼に映り込む旭岳です。


シラタマノキ。


抜けるような青空!気持ちが良いです。
でも、何だか身体に力が入らない。
以外と気温が高いかも?と思って、重ねていたシャツを脱ぐと、スッキリでした。


ミヤマリンドウもたくさん咲いていました。
カメラで写すと、なぜか白っぽくなる(T . T)


旭岳とチングルマの紅葉です。
綿毛が可愛いね。


枯れたナナカマドが多い中、唯一葉が綺麗だった場所です。
これから紅葉かな?来週辺り、綺麗になりそうです。


真っ赤です。お花が咲いたようです。


裾合分岐に到着。
ヨレヨレの私と違って、ガーデナー、超元気!
いつもペースが遅いのに、今日は1時間25分で到着。
私は遅れながら、やっと着いて行った感じ(^^;;

裾合分岐から旭岳。例年は綺麗なんだけど、やっぱりここも茶色く枯れています。

ここから中岳温泉に向かいます。
ガーデナーは、中岳温泉が初めて。



歩き始めて間もなく、チングルマの海!
何度見ても、美しいです!


どこまでも続く美しい風景。
ああ、カムイミンタラ、素晴らしい!


右も左も、前も向いても後ろを振り返っても、どこまでも続く赤い海。

来る度に感激する景色です。


中岳温泉に近付いて来ると、風が当たらないのか斜面にナナカマドの紅葉も見えます。


この辺りは来週頃見頃でしょうか。
飛ばされずに良い感じで色づいています。

ゴツゴツした岩場に入り、いよいよ中岳温泉に近付いて来ました。
そして、到着。
わおーいっぱい人がいる。賑やかです(=^・^=)

ここで昼食、ガーデナーは足湯体験していました。

そして、誰もいなくなった時のパチリ。

ここまで、2時間10分くらいかな?

良い感じです。

30分くらい休憩の後、引き返します。

またまたあの絶景の中、歩きます。
すごく幸せな時間です。






青く枯れてるのが面白いです。



あんなに晴れていたのに、当麻岳に雲が掛かって来ました。

裾合分岐まで戻ってからは、段々お天気が悪くなり、旭岳もまるで見えない状態になりました。
山の天気は変わりやすいですね。

朝の出発時間が遅かったので、帰りも遅くなりました。
午後3時のロープウェイに乗って下山しましたが、観光のお客様らしき人がこれから姿見を歩き始めて居ました。何にも見えないですね。

良い山歩きでした。
あっという間に秋になってしまったけれど、こうしてちゃんと秋を味わえて、嬉しかったです。

登り(中岳温泉まで) 2時間30分(休憩含む)
下り 2時間(休憩含む)
コメント

旭川フルートレッスン 6回目

2018-09-12 06:28:53 | 読書・音楽その他
前回のレッスンから1ヶ月。
この間にいろんな事があって、前回レッスンが遥か昔のように感じます。

父の葬儀までの間、半月練習出来なかった。
その後、台風対策と被害の処理、その翌日北海道胆振東部地震。

レッスンの10日は、電気も復旧した後だったので通常通りレッスンでした。

ソノリテ、練習出来なかった分力が抜けて良くなった。
頑張って練習しても力が入り過ぎていたんだなぁ…

タファネル、相変わらず指の動きに気を取られ、音を聞けてない。
ソノリテの音で吹けるようになる事。

アルプスの思い出、冒頭部分がかなり良くなりました、と褒めてもらう。
3連譜のスタッカートの後の8部音符、曲の流れから、短くする事。
32部音符が続いた後の3連譜、正確に。
(ここ、この曲の中で1番難しい)

先生は最初、私がこの曲を吹くのはちょっと無理かな〜?って心の中で思っていたみたいです(^^;;
レッスンの度に励ましてくれたのですが。
でも、ここに来て大分出来上がって来て(いや、まだまだだけど)またまた褒めてくれました。
本当に褒め上手な先生です。

そしてレッスンの後、発表会の話になりました。
一切そういう話はしていなかったので、ワクワク。
多分、年明け、木楽輪(きらりん・旭川公会堂)になりそうです。
わーい楽しみ!目標ができました。

その後、以前に発表会で吹いた曲の話になって、その中から2、3曲選んで下さい、と言われました。
今練習している曲との他にです。

え!
今までの発表会と違うなぁ。面白そう。
でも、過去の曲も見ておかないと。
だって、見て直ぐ吹けるほど器用じゃないし…

自分の生活の中、音楽が戻って来てとても嬉しいです。
まだ、身体が通常に戻っていない感じなのです。
どこが調子悪い?と言うほどじゃないけれど、力が入らなかったりする。
庭仕事などの力仕事もしているのだけれど…

フルートの練習に1つの目標ができた事で、気持ちの面で前に進める感じがします。


今年の夏まで元気が無かったハマナス。
植え替えした事で、復活しました。季節外れの今、豪華に咲いています。
このハマナスのように、美しい花を咲かせたいです。

コメント (2)

北海道胆振東部地震

2018-09-09 05:57:16 | Weblog
9/6午前3時8分、緊急地震速報が鳴り、慌てて起床。
美瑛は震度3(震度4の所もあったらしい)の揺れで、速報とほぼ同時くらいに揺れ始めました。

美瑛町は地震が少ない地域なので、どこかで巨大な地震が発生していると思い、慌ててテレビを点けました。

胆振地方、安平町や厚真町、苫小牧方面、その時は震度6強と報道されていました。
間も無く停電です。

この日、岩見沢の姉と会う約束をしていました。
でも、それどころではない。
私は、帯広の母が心配で、朝起きた時に帯広に行こうと思っていました。
でも画家やガーデナーに止められ、やめました。
冷静に考えてみると、停電では信号も止まるし、ガソリンも入れられない。
帯広に帰ったら私の食いぶちが増え、かえって迷惑だ。

兄にメールを入れ、母の事を頼みました。

停電は続き、夜になる前に食事の支度。
土鍋でご飯を炊き、お焦げの美味しさが懐かしかったです。


LEDのランタンを点け、暗い中で食事を終わらせ、早めに就寝(と言ってもいつも早く寝るので、普段と変わらない)。
スマホのバッテリーが50%以下になってしまい、PCのUSBに繋げたら充電できました!
新しい発見でした。
暗闇のラジオから「星が綺麗」との情報を得、起き出して外に出ました。
満天の星空!天の川まで綺麗に見える。
美瑛に来てから1番綺麗な星空だったかもしれません。


翌朝の新聞で、初めて被害の大きさを知りました。
胆振地方に住んでいる友人たちの顔が浮かびます。
みんな無事でいて下さい…と祈りました。

地震の前の日、大量に食料を調達していたのはラッキーでした。
ガソリンも半分以上入っています。
無駄な行動は慎み、治るまでじっとしていた方が賢明だと気付きました。
肉、魚などが今無くても、お米や味噌塩などあればしばらく生きて行けます。
インスタント食品も有ったけれど、これは最後の手段と思って食べずにいました。

日中はタライで洗濯です。
止まっていたのは電気だけで、ガス水道は使えました。
幸いお天気も良く、手で絞った洗濯物も太陽光で乾きました。

そろそろ冷蔵庫の食料が危なくなり、色々入れ替えたり、火を通したりして、無駄にならないようにしました。その結果、いつもより豪華な夕食になりました(笑)

ラインやFBで、次々と通電の情報が流れたけれど、9/7の夕食時はまだ停電でした。

早めに寝ようと布団に入り間も無く、電気が来ました。
テレビを点けて、地震の被害状況を見ました。
地震で崩れた厚真の山に、絶句。
災害時のラジオの存在は大きいけれど、目から入る情報量は比べ物になりません。

でも、地震からほぼ2日テレビからの情報が見られなかったので、ライフラインが途切れた時、被災地に1番情報が届かない事を感じました。

母の方ですが、6日の夜に早々と通電して問題無かったと言ってました。
母と電話で話した時は、こちらがまだ停電だったので、逆に心配されました(^^;;

遠くの友人からのお見舞いメール、帯広や札幌からもお互いの無事を確認するメールが届き、嬉しかったです。

突然の自然災害を避ける事は出来ない。
でも、普段の生活の中で、最低限備える事が出来る。
東北の震災で学んだ事なのに、喉元過ぎれば…となってしまった事を反省します。
そう言えば、母の枕元には大きな懐中電灯が置いてあったっけ。
十勝沖地震の教訓から備えて居ました。防災グッズもすぐ分かるところに置いてあったし。
母さん凄いわ。ホント、逆に励まされる。

地震の被害が無かった地方でも、流通、公共交通等まだまだ復旧できていません。
まだまだ時間が掛かりそうですね。

停電の間も、庭仕事してました。
バラが綺麗なんです。

レディオブシャーロット。満開です。


アンジェラも長く咲いて素敵です。


夕焼け空が美しく、時間が経つにつれ濃いピンクに変わる空を見ていました。




亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方の早期復旧、そして日常を早く取り戻されるよう願って止みません。


コメント

秋の花

2018-09-03 06:52:27 | 花・ガーデン
父の葬儀も終わり、美瑛に戻って来たら、庭は秋でした(^^;;
汚れた花を取り、枯れた葉を片付け、倒れかけた花に支柱を立て、少しは見栄えが良くなったかな?

父が亡くなってから10日余り、告別式から1週間も経ってしまいました。
悲しみに浸っている訳では無く、日常の生活を取り戻しているのですが、頭の中はぼんやりしています。

葬儀の時、私が所属していた劇団の劇団員が来てくれて、それも、一緒に活動した訳では無いのに来てくれた若い団員も居て、本当に嬉しかったです。
父に、「私にはこんなに素敵な友人がいる」と胸を張って報告出来ました。

昨日、いつも来てくださる旭川のお客様が、私を心配して訪ねてくれました。
本当に心の優しいご夫婦で、涙が出るくらい嬉しかったです。

直接会えなくても、ネットを通して心配してくれる方々。
私には、励ましてくれる素晴らしい友人がいるんだと、気付かせて貰いました。

私は大丈夫。
庭の仕事も、フルートの練習もしっかりやってます。

秋はセンチメンタルな季節だけど、1日1日を大切にして生きて行きたいと思います。


ベッシカリア


へレニウム


ノリウツギライムライトとセイヨウサワギキョウ


クロッカスローズ


クロコスミア


ルドベキアヘンリーアイラーズ


ゲーテローズ


庭の花たちも、すっかり秋色です。
コメント

父さん、ありがとう。

2018-08-29 05:12:08 | Weblog
2018.8.24早朝、父が天国へと旅立ちました。
91年の人生でした。

8/14から帰省していて、もう長く無いと感じたけれど、16日に美瑛に一旦戻りました。
その日の午後、兄から、メールが来て今日で透析が最後と知りました。

翌日また帯広に帰り、母の側にいる事に決めました。

透析の最後の日から4日目、今まで朦朧としていた父が駄々っ子の様に声を出し、聞き取れない言葉に耳を傾けると、兄の名前や、「母さん」といい、「帰りたい」と叫びました。
連れて帰る事もできなく、家族にとっては、それはそれは辛い時間でした。

翌日は顔も穏やかになって、少しホッとしましたが、もう間もなく最期だと覚悟しました。

親戚のお姉さんに連絡をして、会ってあげてほしいとお願いしたら、快諾してくれて、その翌日一緒に会いました。
母の甥の妻なのですが、よく家にも遊びに来てくれていた人なので、父はじっと見つめていました。
そうしたら、最後の力を振り絞って彼女に手を差し伸べたのです。
会いにきてくれた事、嬉しかったんだね。

そんな日の夜中、兄から電話があり、亡くなったと知らされました。

9年前から透析を始め、少しづつ力が無くなっていく父でしたが、今年の5月まで在宅で介護して、3ヶ月半の入院で逝ってしまいました。
介護と言っても、いろんな介護用品を使い、父は頑張って自力で行動していました。
お人好しで心優しく、素敵な父でした。
権力とか名誉とかそんなものを欲しがる事は一切無く、自由にやりたい事やって生きた人でした。

よく一緒にドライブに行ったり釣りをしたり、楽しかったね。


父の葬儀は、牧師である兄の司式の元で行われました。
時々言葉を詰まらせる兄に、妹として大丈夫かな?と心配しましたが、無事送り出す事ができました。
父の昔の職場の人、近所に住んでいた人、兄の教会関係の方、私の友人たち、姉の友人たち、たくさんの方に見送ってもらい、父も嬉しかった事でしょう。

今は悲しみに包まれているけれど、父の人生を省みた時、父はとっても幸せだったんじゃないかな?と思います。最期まで家族と共に生き、眠る様に静かに旅立ちました。

いろんな思い出があるけれど、どれもこれも今は宝物。

亡くなる10日前から今まで、母の側にいる事が出来ました。
明日、美瑛に戻ります。

父は秋田美男でした。
かなり若い時は行けてましたよ(=^・^=)



父さん、かっこいい!
コメント (4)

なぜか水曜日に…

2018-08-10 05:40:17 | 花・ガーデン
FacebookやInstagram等を通して知り合った方々が、時々訪ねてくださいます。
いつも見てます!って、本当に嬉しい言葉を頂きます。

でも、なぜか水曜日が多くて、今年はお会いできない事が多い事実。

春に福岡のみどりさん。
7月に熊本のフミちゃん。

そして一昨日も、ブログを見ていて下さっている方がいらしてくれて…

木曜日が定休日なのですが、今年は水曜日に画家がお留守番してくれる事になり、水曜日は不在が多いのです。
水曜日に休ませて貰って、身体は少し楽になり、夏場できなかった用事を足したり、山にも行ける様になりました。
でも、素敵な出会いも逃しているなぁと感じます。

そして、それが水曜日に多いんです。何故かなぁ〜〜?

ガーデンハウスに自由に書いてもらえる雑記帳を置いているのですが、そこにお手紙が書かれてあって、嬉しいと同時に、返事が書けないもどかしさがあります。

このブログを読んでくださっていたら、改めて「ありがとうございます」と伝えたいです。
お会いしたかった(T . T)

今週の水曜日は、岩見沢に行ってました。
姉が入院しているので、お見舞いに。

姪と病院の近くで昼食を食べ、少し長く岩見沢に滞在しました。
今は落ち着いて、ゆっくり治していく状態になったけれど、本当に大変だった様です。

そんな状況を知り、いろいろ感じることもあり、気持ちを落ち着かせたくて、いわみざわ公園にバラを見に行きました。


リンダ・キャンベル。
うちにも咲いてる。すごい!モコモコ(=^・^=)

昨年まで札幌往復のフルートレッスンに通っていたのに、それより近い岩見沢往復がとっても疲れました。きっと、姉の顔を見るまで心配だったから、精神的に疲れたんだな。

今の時期、バラも満開!って言うほどでは無いけれど、人も少なく静かに公園を散策できて楽しかったです。何度か行った事があったけれど、こんなに街から外れにあったのね、と改めて感じました。

ローズとバニラのミックスソフト、食べて来ました。
最近、ソフトクリーム食べる頻度が、高くなって来ました(^^;;

コメント

フルートレッスン旭川 5回目

2018-08-07 06:21:10 | 読書・音楽その他
4回目の時は大雨で、日記を書く気になれず飛ばしました。

(ラジオで、佐久長聖高校と旭川大学高校の野球の試合を聞きながら旭川に向かう。
駐車場に入る前に、9回裏サヨナラか?と期待していたけれど、同点のまま延長へ。)

1ヶ月前、レッスンからの帰り道から激しい雨。
そして雨は止まず、あの水害…
たった1ヶ月なのに、ずいぶん昔のような、最近のような不思議な気持ちです。
西日本の避難所の画像を見て、酷暑の中での避難生活に心が痛いです。
うちも土砂が流れたけれど、まだ良い方でした。
被災された方が、早く元の生活を取り戻せますように願って止みません。



さて、レッスンです。
準備していると先生が「昨日までなんとも無かったフルートが、今日全然音が出なくなった」と仰います。先生のフルートは、学生時代に購入した銀のフルートで36年使っていたそうです。
銀のフルート、使い込んでいるなぁと、見た目にもわかります。
先生曰く「これ以上のフルートに出会った事がない」そうです。
今度どこの物か聞いてみようと思います。

ソノリテ。
1音づつ下がる。下がった所から1音づつ上がる。
音が良くなったと褒められる。
「自分としてはどうですか?」と聞かれ、「最近、金属的な音がしているようで気になっている」と答えたら「フルートは金属ですから、気にしないでください。ちゃんと出ています」と言われました。

何せこの1ヶ月、最初は大雨で、そのあと酷暑。
冷房も無い場所での練習は、かなりキツかったので、練習内容は薄いです(^^;;

そしてタファネル。
下がっていく音に意識まで下げない。
低い音でも意識は上。そして姿勢はもっと大事。
どうしても脇が狭く、肘が体についてしまうくらいになってしまうので、1度離して正しい姿勢にしましょう。
あと、ほんの少し、身体がフルートを迎えに行っている。
正しい姿勢のまま、フルートを持ってくる。
姿勢とアンブシュアは、基本的に別のものです、と言われました。
今まで、一緒に考えていたような?何も考えていなかったような(^^;;

アルプスの思い出。
前半は音が良くなったと褒められました。
でも、始まりのタンギングがまだ強すぎるのと、ド♯の音が不安定で、何度も吹き直しました。

真ん中前、三連譜が続くところ、もっと軽くて良いです。
真面目に1音づつしっかり吹いているけれど、もっと軽やかに。頑張りすぎないで。

初めて先生の前で吹いた箇所は、譜読みを確認しながら進みました。
間が伸びたり、速過ぎたりと安定はまだしていないものの、次回はピアノ伴奏も入れてくれるということです。
先生の伴奏、本当に素晴らしくて、本当に楽しみ。
ちゃんと合うように練習しなくちゃ!

レッスン後、談笑していたらハレルヤコーラスの話が出て(先生はクリスチャンで、毎週教会に行っています。礼拝の後、20分くらいクリスマスに向けての練習を信者さんとしているみたいです)、歌って良いですよねという話になりました。

フルートを始めてから高い声が(ファルセット)出るようになった話をしたら、「今度声楽もやってみましょうか?」と言う話になって、大感激。本格的に始める訳では無いけれど、少し体験させてもらえそう。
実は昔からやって見たかったんです。

楽しい1時間はあっという間に過ぎ、美瑛に戻りました。
旭川大学高校、延長戦の末、敗れたそうですが、戦い抜いたその姿は、感動的だった様です。
勝って欲しかったけど、良い試合してくれてありがとう!


コメント

大雪山北鎮岳 2018/8/2

2018-08-04 06:05:52 | 山・散歩・ジョギング
暑い日が続き、どこに行こうか迷っていましたが、旭岳ロープウェイで姿見駅から北鎮岳を目指す事に決め、朝5時半に美瑛を出発。

順調にロープウェイ駅に到着するも、無料駐車場はすでに満車。
仕方なく有料駐車場に入れました。
層雲峡は無料なのになぁ〜〜(♯`∧´)


姿見駅は涼しかったです。
旭岳に向かう人は多いけれど、裾合平方向は静かです。


姿見周辺のお花畑、特にチングルマはすでに綿毛になっていて、季節の変わり目を感じました。
それでも、お天気が良くて、とても気持ちが良い。


ウラシマツツジの花。地味な花。
でも、花を見たのは久し振り。秋の真っ赤な草紅葉になるよね。花は8月なんだね。


それにしても良いお天気。
あんまり暑くならなければ良いね。


ミヤマアキノキリンソウ、秋だね。


エゾオヤマノリンドウ。咲き始めです。


歩き進めると、チングルマの群落を見つけました。

まだ咲いていた、良かった。

ネット情報では、日曜日が見頃だったみたいで、あれから連日暑くて、もう、チングルマは見られないと思っていたんです。会えて良かった〜〜。


ハクサンボウフウや


ツガザクラの群落。
楽しいね〜〜。


振り返ると白鳥の雪渓、あ、首が無い(^^;;

気がつくと、あっという間に裾合分岐です。

姿見駅から1時間20分。順調です。

裾合平の木道は、酷く壊れていて、何とかしないと、と感じました。
でも、木道の材料を運ぶって大変だよね。


分岐からすぐのところは、綿毛のチングルマ。


でも、エゾコザクラが美しかったです。

山の裾野までお花が咲いている絶景です。


チングルマもかなり咲いていました。


歩き進むとエゾノリュウキンカを見ました。
春と秋が混在しています。


これ、イブキトラノオでしょうか?


ウコンウツギも満開でした。


中岳温泉に到着。2時間10分。
先月の大雨で温泉に土砂が流れたニュースを見たけれど、無事回復していました。
ここまで一人旅。雪渓の足跡も一番乗りでした。なので誰もいません。
温泉に手を入れると、ちょうど良い湯加減でした。

急登を登ります。

斜面にお花が咲いています。


眼下に見える景色に感動します。


稜線に出て比布岳を望みます。

ここに来て思う。
大雪山って、本当に懐の大きな山です。お洒落な形容詞が見つからないけれど、いつも感動します。


チシマクモマグサ。
可愛い。


イワブクロ、たくさん見ました。


エゾイワツメクサもたくさん咲いていました。


タカネトウウチソウ、もう咲いてる。お盆の花と思っていたけれど。
そしてその周りにお花畑がありました。



お鉢平分岐まで、ダラダラと長い登りです。

クモマユキノシタ、

イワギキョウが咲いています。秋の色です。


ミヤマリンドウも美しいです。


コマクサもたくさん咲いていました。

やっとお鉢平分岐まで来ました。
多くの人が休んでいたので、そこには立ち止まらず、北鎮岳目指して左方向へ進みました。
体調が良いので迷い無く進む事ができます。

振り返ると絶景です。

本当に大きい大雪山。
お鉢平の外輪山、中岳辺りで、そのスケールの大きさを感じます。

→→→
←←←

お鉢はカメラには収まりきれず、2枚で撮ってみました(^^;;


中岳に到着しました。北鎮分岐までどの位掛かるかな?


見えて来ました。分岐は右、北鎮岳は左。あと少し?頑張るぞ!

分岐に到着。少し水飲み休憩を取って、いざ!

昔は15分で登れたけれど、20分掛かりました。
とうちゃこ〜〜!


生憎、霧が掛かって絶景は見られなかったけれど(残念!)達成感はありました。
ばんざーい!
4時間掛かってピークハント!

混んでいた山頂だったけれど、団体さんが居なくなったら3人の静かなランチタイム。
黒岳からピストン登山のお父さんとおしゃべりが楽しかったです。

20分ほど寛ぎ、同時刻に下山開始。
分岐で手を振り、別れました。
また何処かの山で会いましょう!

ただ黙々と歩く。
この大きさを噛み締めながら、ひたすら歩く。

お鉢平分岐では、北鎮山頂で会った、もう1人のお父さんと再会です。
同じコースを下るようです。
昼食を食べているところを追い越し、先に歩きました。

時間が経つと、旭岳方面から回って来た人々と会いました。
YOUが多いの、とっても。

昔から大雪山には、多くの欧米人がやって来るけれど、ここ数年の間で本当に増えました。
そして彼らは「こんにちは〜〜」と「すいません」は必ず言えるの。
日本の山に幾度も登っているのが分かります。

日本人は、登山するとき、殆どの人が挨拶するもんね。

で、中岳温泉まで下ってきたら、YOUだらけ(^^;;


日本の人も居たけれど、温泉に足を浸けて楽しんでいるのはYOUばかりで、
日本人は遠慮がちに遠巻きに見ていました。

YOU達、楽しそう(=^・^=)

温泉を通過し、岩場を経て、また裾合平の木道を歩く。

これ、エゾシモツケかな。


エゾノハクサンイチゲも咲いていました。


エゾコザクラ、本当に可愛い!


後ろを振り返ると、北鎮岳。晴れてるし(^^;;

木道を歩き、あっという間に裾合分岐です。早っ!

でも、ここから姿見駅まで長かった〜〜。
登りの時は涼しかったこの道も、お昼2時近くになると、暑い!
特に笹で覆われて風の通らない場所は酷い。

さっきまで絶好調だったのに、急に減速。
ヨレヨレになり、やっと姿見駅に到着しました。

汗だくで、下山後の温泉を楽しみにしてたの。

ユースの白樺荘、何年か前に来た時は、open時間の30分前に行って諦めたけど、今日は大丈夫!と思っていたら「本日、日帰り入浴はしていません」…がっくり(T . T)

ホテル大雪は、何度か行ってるので大丈夫だと思ったら「本日の日帰り入浴は終了しました」…またまたがっくり(T . T)

で、湧駒別温泉の「神々の湯」に行き車を止めたら、大きなアブが車の周りをブンブン飛んで、車から出られない( ゚д゚)

旭岳温泉は諦めて、結局 花の湯花神楽へ行きました。
なんとも、旭岳温泉に縁が無かったのか?

それでも、今年の山行の中で、1番長い距離を歩いたんじゃないかな。

登り 4時間
下り 3時間10分
コメント

暑い!

2018-08-01 05:57:03 | 花・ガーデン
いやいやいや、大雨の後は猛暑ですか(T . T)

雨続きで大変だった7月。
憂鬱な日が続き、それが治ってやっと天候回復と思ったけれど…

先週の水木は実家に帰っていて、涼しい日を過ごしましたが、帰って来てから5日間、美瑛は30℃超え。もう、死にそうな暑さです。

少し作業をしては日陰に逃げ込み、お客様いらしては外に出る。
こんな暑い日は、庭に案内するのも躊躇します。

外仕事って大変だよねって思う。
春とか秋とか、気候の良い日は外仕事良いよね、って感じるんだけど。

そしてこういう時期、色んな人が来るから気は抜けないのです。

昨日、入口の前の道路に逆方向に(右車線)停車した車がいて、車道に停車?と思って見てたんです。
しばらくして方向転換し、第二ゲートのうちの駐車場に雑に停車。
うちのお客様なんだと思って待っていてもいらっしゃらないので、作業をするふりして側に行きました。
車のドア開けたまま、だけど、遮光のジャバラ取り付けて何かしてます。

うちの駐車場に車を無断で止めて写真を撮りに行こうとしていたのか、昼寝でもしようとしていたのか、怪しい行動です。

「ウチのお客様ですか?」と声を掛けたら、「今見ようと思っていたんです」と返事。
「そうですか、ではどうぞ!」と誘導したら「入場料掛かるんですね」と言う。
「1人300円です。」「じゃあ良いです」…
と言って戻り、車を出しました。

本当は、見る気無かったんだな。
少し車内も見えて、汚くて(すいません)無表情で、出会った事のないような雰囲気の人だった。
湘南ナンバーの。
なんか…色んな人、来るんだな。
ちょっと怖いな。
でも、お客様だったら失礼があってはいけないし、対応も慎重にしています。

もう9年目なので、お客様としていらっしゃる方の雰囲気が分かります。
何年か前のコスプレの若者もびっくりしたけどね(^^;;


あ、そうそう、暑くて昼間にビール!
ノンアルコール!堂々と飲めるから良いね!


イケメン青年が、水水!(英語でね)と言いながら駆け込んできたの。
自転車の青年。あまりの暑さに熱中症になりかけたんだなぁ…

外水道を使ってもらって、水飲んで貰って、その後ギャラリーを見ようとしていたので、「1人300円です」と伝えました。
持っている地図からして、中国の方だなと分かったので、(きっと、有料なら見ない)と言うだろうなぁと思っていました(そういうお客様が多いから)
でも、彼はポケットから300円出して払い、ゆっくり絵を見てくれました。
冷たいハーブティーも喜んでくれたし、感想も言ってくれたし、とても素敵なお客様でした。

水を持っていない様だったので、自宅のペットボトルに水を入れてプレゼント。
中国語で簡単な会話も出来ました。上海からのお客様でした。
すごく喜んでもらって、嬉しかったです。

本当に色んな人がいるなぁ。

暑い中でも、色々あります。
花は少し疲れ気味。



暑過ぎて、汗で顔がピリピリ痛い。
それでも体調は良く、順調。

なんとか乗り切りたい、猛暑の夏です。


おまけ。
カメムシ嫌いだけど、面白い模様だからパチリ。
(スマホのマクロって、コンデジより優秀かも?)
コメント

帰省していました

2018-07-28 06:24:16 | 旅・観光
ひと月に1回帰省をすると決めていたけれど、7月は忙しくてなかなか時間を取れなくて、やっと今週行けました。

山部でメロンをお土産に購入。
トウモロコシは茹でたのしか無かったのですが、「生は無いですか?」と聞いたら売ってくれたので、それを持って西帯広へ。

父が緩和病棟に移ってから、母の様子が心配だったけど、帰ったら裁縫をしていました。
父が使うタオルケットの襟布を縫い付けて居ました。

裁縫する気力があるんだったら元気だよね、良かった。

早速トウモロコシを茹でて食べてみる。
採れたてトウモロコシは、甘くて超美味しい!
3本買ったので、兄と3人分、と思ったけれど、母が2本食べてしまいました(^^;;
ま、良いか、食欲も有って良いことだ。

実家には現在、母1人で暮らしているけれど、すぐ近くに兄夫婦が住んでいて、ちょくちょく様子を見てくれる。
そして、週に2回、ヘルパーさんが食事を作りに来てくれます。
同じ人が来てくれるので、母の様子も詳しく見てくれるし、会話もしてくれるし、助かってます。

翌日、午前中に真鍋庭園に一緒に行き、何十年ぶりかに散策してみたけれど、久しぶり過ぎて記憶が無い(^^;;










さすが十勝だなぁ。
ダイナミックに植えている感じがする。

帰りに花苗コーナーを見たら、エキナセアが可愛くて、買って母にプレゼントしました。

グーグルマップでオムライスの食べられるcafeを探し、幕別町札内まで行く。
明るくて良いお店でした(=^・^=)

信用金庫で一件用を済ませ、父の入院している病院へ行きました。

夢と現実が混沌としている感じでしたが、ちゃんと認識してくれて、会話もできました。
久しぶりに私が目の前に居て、びっくりしてたみたい。
食事はまぁまぁ出来てるようです。
でもね、大分弱ってきているなぁ、と感じます。
淋しいけど、仕方ないよね。
帰り際、「また来るからね」と言ったら「期待してないけどな」と憎まれ口(^^;;
父らしい…

兄が4.5日前に行った時、「僕、分かる?」と聞いたら「もうすぐ分からなくなる」と答えたそう(^^;;
ちゃんと分かってるじゃない。

母と家に帰っても、あまりマイナスになる様な淋しい話はせず、淡々と普通に過ごしました。
人生の終末期を迎えた父をちゃんと受け入れて、私たちもしっかり過ごしていかなければ、と感じます。

母も軽い認知症が合って、物忘れが酷くなって来たけれど、何回繰り返して同じことを言っても、怒らず対応しています。
同じことを何回も言う時は、そのことに対して心配したり気になったりしている時だから、心配を解消してあげることが大事なんだな、と感じます。

近くに住んでいたら、もっとしてあげられる事があるんだけどね。

昨日の早朝に美瑛に戻りました。
毎回重い現実を受け止め帰って来ます。

帰って来たら美瑛が暑すぎて、考える余裕が無くなりました(^^;;

コメント

追いつかない!

2018-07-25 06:36:53 | ハーブ
雨降りから急に晴天になり、ハーブの収穫に忙しい毎日を過ごしています。
もう刈り取らないと、種ついちゃう(^^;;


ジャーマンカモミールは、2度目の収穫。
今年は豊作で嬉しいです。
土砂流れたけど、元気で良かった。
多分、もう一回収穫できると思います(=^・^=)

麻紐で縛って、ガーデンハウスに吊ってます。


オレガノ、本当は花が開く前に摘みたかった。
でも、作業が追いつかなくて、花を摘みました。
1度花を摘んでもまた出てくるので、開花前の蕾を今度は摘もうと思います。
スパイスとして美味しいので、ハーブソルトや直接サラダにかけたりしています。


マトリカリアはハーブだけれど苦味があって、食用には使っていません。
これ、ドライフラワーにすると、可愛いの。
種をこぼしてたくさん咲いているので、もっと摘みたいです。


ラベンダーも、この時期としては少し遅めの開花ですが、もう満開に。
お茶用に使うのは開く前。
開いていないものを探して一本一本刈り取るの大変。

そして、花が終わって、少し汚れたものも摘んで、ドライにしてます。
ギャラリーに吊ってます。

ラベンダーは本当に無駄無く全部使えます。

ラベンダースティックも作っています。

昨日はハーブに詳しいお客様がいらして、タジタジに(^^;;
ああ、勉強不足だわ〜〜。

ハーブや、ドライフラワー用の花も摘まなくちゃ。
野草も良いドライフラワーになる花あるんだよね〜〜。

ここ数日、暑い日が続いています。
埼玉県熊谷市は41.1℃にもなったとか。
そこから-10℃でも31℃。道産子には辛い暑さなのに。。

異常ですね。温暖化の影響でしょうか。
土砂災害も、毎年何処かで起こっているし。
コメント

大雪山緑岳 2018/7/18

2018-07-21 05:06:28 | 山・散歩・ジョギング
今週もお休みは晴れ!
富良野岳と迷ったけれど、行きたかった緑岳にしました。

朝5時10分自宅を出発、7時40分高原温泉から登山開始です。


2年前ここに登った時、貧血が酷くて辛かった記憶しかなくて、今回は自分の身体に向き合いながら登りました。


ゴゼンタチバナの群落がお出迎え。


これはシャクナゲだね。山でシャクナゲ、初めてかも?

ハクサンシャクナゲの様です。


オオバミゾホオズキ

見晴台に出ました。

今日の景色は美しい!

急登を登りきり、第一花畑に出るとどどーんと緑岳が見えます。

すごいな〜〜、迫力だな〜〜!

お花畑にお花はまだ少なく、エゾコザクラが咲いていました。


2年前もこんな感じでした。お花畑はこれから満開になりそう?


小さな池に映った青空が綺麗!


第二花畑に到着。
ここで朝ごはん。食べていなかったの、お腹ペコペコ(^^;;

そしてさらに歩く。

ほぼ雪渓を歩く。今回の雪渓歩きも長めです。


岩場で咲くエゾコザクラ、ど根性だ!


歩く歩く雪渓。


雪渓が終わり、ハイマツ帯に入ると、暑いですね〜!
風が通らないので、汗ダラダラです(T ^ T)

それでも、体調が良いので、山頂までの急登に気構えます。


メアカンキンバイがありました。

そして
イソツツジも!


高根が原が美しい!

2年前は本当に苦しかったの…思い出しても辛い山行でした。
多分、登山しちゃいけない程の身体の状態だったんだと思う。
その後、12〜2月まで、長い時間を掛けたけれど、しっかり治療して治って本当に良かった。

急登は大変だけど、岩場の足元に気を付けながらアスレチックスの様に楽しめたのは、体調が良いからだなあ、と感じます。


まだ咲いてないけど、ウスユキトウヒレン。薄雪唐飛廉と漢字で書きます。
北海道の固有種だそうです。

歩きながら花を見つけ、山頂からのお花畑に思いを馳せます。


コケモモ。


エゾイワツメクサ。大雪山の固有種です。


イワブクロ。


チシマキンレイカ。


コマクサ〜〜!

なかなか着かない山頂。
見上げても見えない(T ^ T)

抜いたり抜かれたりしていた、欧米のご家族。
可愛い男の子が追い付いてきて、道を譲ると、

山頂の標識が見えて来ました!やった!


男の子のお母さんが、記念写真を撮ってくれました。

到着した時は霧の中でしたが、すぐ晴れて来て絶景が見られました。

旭岳、熊ヶ岳。
美しいです。

そしてここからが楽しいお花見歩き。
出川英語で言うところのmany many flower watch time !

でも歩き始めて異常に気付く。

お花が無い!

この時期はお花の季節。
ショックだなぁ〜〜。

それでも、わずかに咲いている花たちを見つけました


エゾオヤマノエンドウ


エゾミヤマツメクサ だと思う。
ツメクサは変種も多くて、調べるのに苦労します(T ^ T)


ホソバウルップソウ。
4,5本咲いていました。もう終わりかけだけど。


エゾツツジ。
この花は元気でした。これから咲く花です。
蕾をたくさんつけて、来週あたり良い感じになりそうです。


白雲岳と白雲避難小屋を望む。


クモマユキノシタ。


もう一度、エゾミヤマツメクサ。


キバナシオガマ。


エゾタカネスミレ。


エゾイワツメクサ

こうしてお花をまとめて見ると、結構有るように思うけど、その量が違います。
2年前の日記
でも、お花が死んじゃったわけではないので、来年に期待です。
先日、大雪では大雨が降って、登山口に繋がる道も通行止めだったし、その前は低温が続いたし。
お花にとっても厳しい夏だったんだなぁと感じます。
頑張れ、花達!
また来年、私たちを癒してください。

緑岳の山頂に戻り、昼食をとり、下山しました。
下りもなかなか大変な岩場です。

ハイマツ帯、暑い。
雪渓の上は涼しくて良い感じ。
また先ほどのご家族に会いました。
言葉はあまり通じないけれど、コミュニケーションは何となく取れました。
「お花はたくさんありましたか?」と奥様。
no flower (合ってるのか?)と答え、泣くポーズ。出川さん、これで通じます?

それでも何とか通じたみたい?素敵な出会いになりました。
緑岳を選ぶなんて、よく調べているのね。
黒岳や旭岳に比べて静かに歩ける素敵な山、緑岳。

下りも急登で足元を気を付けながら、無事下山です。
それにしても暑かった〜〜!

高原温泉で入浴する前に、ソフトクリームを購入。
自分へのご褒美〜〜!

そして温泉でまったり。

良い1日でした。

登り 3時間05分(山頂からの稜線歩きは含まれていません)
下り 2時間
コメント

大雪山黒岳〜御鉢展望台 2018/7/11

2018-07-14 06:28:54 | 山・散歩・ジョギング
雨が続き、久しぶりに晴れマークの出た水曜日でした。
緑岳に行こうと思っていたけれど、雨の直後に林道を走るのが嫌で、黒岳に変更しました。

朝5時出発の予定だったけれど、美瑛はざんざん降り。
1時間遅らせて出発。
層雲峡に到着してもまだ強い雨が降っていて、車の中で待機、8時20分のロープウェイに乗り、小雨の中出発しました。


ロープウェイからリフトに向かう道から見える黒岳です。

黒い空から雲が切れて来ています。
予報は晴れ。何時に晴れるかな?

リフトを降りて、7合目。
いきなり雪渓。
8合目まで、4箇所くらいありました。

歩いて30分くらいで、晴れてきました。



眩しいほどの、濃い青空です。
わーい!


ニセイカウシュッペ山。


このスミレは?キバナノコマノツメだと思います。

そしてまねき岩。

紅葉の時も良いけれど、新緑も良いね。

そしてあっという間に、黒岳山頂!

いやー、凄いね、綺麗だね。

山頂下で埼玉の女性と知り合い、御鉢展望台まで行動を共にしました。

雨が降ったばかりで、期待していたお花も少なく、少し寂しく歩いていたけれど、御鉢展望台に近づいてくると、ツガザクラやジムカデなど、たくさん咲いていました。
その女性も、時間の予定もあるようなので、お花の写真は帰り道で撮ることにしました。

そして御鉢展望台。

写真が暗い(^^;;逆光でした。

彼女は直ぐに引き返し、私はゆっくり食事したのでその場で別れました。

少し霧がかかって来たけれど、良い方です。

そして引き返し、お花の写真を撮りました。
この短い時間でも陽の光で花は開花し、生命力の強さに驚かされました!




ヨツバシオガマ


チングルマ


メアカンキンバイ


イワヒゲ


イワウメ


イワヒゲいっぱい


コエゾツガザクラ


エゾノツガザクラ


チングルマは少なめでした。


キバナシャクナゲ


キバナシャクナゲいっぱい



ミヤマキンバイ


エゾコザクラ


エゾコザクラいっぱい


そして石室まで戻って来ました。

ここでバイオトイレを借りて、少しまったりする。

せっかく来たからゆっくりしましょう。

登りの黒岳山頂は快晴でしたが、雲が多くなってきました。
でも、雨は降らなさそう。気温は低めです。

ポン黒岳を登り、黒岳に戻る。


イソツツジも良い感じ。

やっぱり大雪山、良いよね。
何度見ても飽きないくらいスケールが大きくて、懐が広い気がします。

西日本で大きな水害があり、多くの犠牲者を出しました。
心からご冥福をお祈り致します。
今回、犠牲になった方を悼みながら歩きました。


大きな空に、悲しみは広がりましたが、何も出来ない非力な私が出来ることは祈ることくらいです(T . T)
被災された方が早く日常の生活を取り戻せますように……

黒岳からの下り。
登りの雨であまり見られなかった花を、ゆっくり見ながら歩きました。


斜面のチシマノキンバイソウは、蕾がいっぱいで、2.3日後は満開になりそうです。


チシマフウロ


ナガバキタアザミは、開花前


オオハナウド


ハクサンチドリ


ミヤマキンポウゲ


斜面にチシマノキンバイソウ


エゾヒメクワガタ


日の差し方が午後っていう感じ。


クロマメノキ


カラマツソウとチシマノキンバイソウ


チシマヒョウタンボク


カラマツソウ


ヤマブキショウマ


ジンヨウキスミレ 久しぶりに見ました!


お、エゾノハクサンイチゲも咲いていました。


いっぱい咲いていて可愛い!


ショウジョウバカマ、終わりかけ。


エゾイチゲ。

そして、7合目まで戻って来ました。


御鉢展望台で出会ったご夫婦に再び会えました。

リフトから降りて、ロープウェイ駅に行くまでもが、また楽しい。
凄いお花畑なんです。


クロユリ


ヤマブキショウマ


ミヤマオダマキ


オオタカネイバラ


エゾカンゾウ!


いっぱい!

下山時にお花にたくさん出会って、テンションが上がりました。
今シーズンは雨が多く、途中で引き返すこともありましたが、久しぶりに歩いた!という感じで満足感がありました。

黒岳の湯に入って、その後食べたソフトクリームは失敗だった(^^;;

登り 7合目〜御鉢展望台 2時間55分(休憩含む)
下り 御鉢展望台〜7合目 2時間40分(休憩含む)
コメント (2)

庭に土砂流れる

2018-07-06 05:25:18 | 花・ガーデン

ブログには、綺麗な写真を載せたいけれど、記録として残しておかなければ……

火曜日の大雨で、臨時休業しました。

そんな中でも花は咲き、待望のクレマチスが咲き始めました。







でも、災害レベルで雨は降り続け、水曜日に目覚めたら、隣の畑から土砂が流れて来ました。




バラとハーブが植えてあります。
言葉も出ないくらいショックで、泣きたくなりました。

前日に、雨の中でも雑草を取ったり、綺麗にしていたところでした。

オープンして9年目。
こういう事は何度かあり、お隣の農家さんとも揉めたことがあります。
今は善処してくれる様になり、しばらくは何事も無く過ごしていたのですが…

自然現象、気象には太刀打ちできません。

降り止まない雨。
臨時休業でやり過ごし、天気予報を見ては不安になる。

旭川では神居古潭、東旭川ペーパン地区の被害に、胸が痛くなります。
また、全国で豪雨が続き、日本列島どうなっちゃうんだろう?と心配になります。

北海道では今のところ、人的被害は出ていない様です。


夕飯の支度をしていたら、窓の外が赤くなりました。
久しぶりの夕焼けです。早く太陽が見たいです。

でも、天気予報を見ると、日曜日も雨です。
これ以上被害が起こりませんように。
もう、祈るしか無いです。
コメント (2)

天塩岳 途中撤退 2018/6/28

2018-06-29 06:27:48 | 山・散歩・ジョギング
チームハレルヤ、天塩岳を予定して、何日も前から天気予報とにらめっこ。
蝦夷梅雨のはっきりしないお天気が続く中、2日前の「天気とくらす」でAランクだった天塩岳。
これは良い感じ、と思っていたの前日にCランクに格下げ(T . T)

それでも曇りの予報だったし、朝5時に美瑛を出発しました。

順調に、7時15分には登山口のヒュッテに到着。
でも、到着した途端、雨です。

15分ほど待って、7時半に登山開始です。


美しい森です。
昨年登った時、この美しい森に感動しました。


ダケカンバの森。白樺ほど白くはないけれど、一瞬晴れたのかと勘違いする明るさ。


オドリコソウ。良い感じです。


ウコンウツギ。今年は初めて見ました。

止まない雨。
晴れないかな?


天塩川源流。水量がすごい。

何箇所か渡渉。


旧道と連絡道の分岐です。
昨年はツバメオモトが満開だったけれど、今年はわずか。しかも雨で萎れていた(T . T)

連絡道から登り、新道へと繋ぐ道、雨で滑るし、思ったより長かった。
雨の中頑張って登るも、雨は止まない。


やっと到着。

で、ここから稜線に向かう道も楽しいのだけれど、なにせ雨です。
3人で相談して、ここから引き返すことにしました。


雨で透明になったサンカヨウ。
美しいです。見られて良かった。

でも、昨年の登山では、このサンカヨウが咲き乱れていて、本当に美しかった。
今年は少なかった?というか、この先にももっと咲いていたのかな?

少し休憩して下山開始。足元滑るので気をつけて降ります。


オオバナノエンレイソウも透明チック。


巨大なダケカンバは目印になります。

それにしてもなんて美しい森なんでしょう。
雨で綺麗に撮れなかったけれど、見惚れてしまうくらいです。






下山も気をつけて、旧道分岐到着。

ここからまた森を歩きます。


雨でも楽しい美しい森。
初めて来た画家もガーデナーも、感動していました。


登りで見落としたオガラバナ。


ゴゼンタチバナ。



良い山なんです。
でも、晴れた日に来られない。
またのチャンスを狙います。

約、3時間50分の森歩きでした。

その後、当麻のヘルシーシャトーで持参した昼食を食べお風呂に入りました。
美瑛に帰ってくる頃には晴れていました。
コメント