☆★今日のショット★☆

綺麗なお花や美味しいたべものなどあれこれあれこれ載せて行きたいと思います。

帰省して来ました

2021-05-13 07:15:00 | Weblog


GWも終わり、プールも2日休館になったので、実家に帰って来ました。
途中の清水町で、母の日のカーネーション購入です。
少し紫がかった素敵な色合いです。

母は元気でした。
ほんと、甥のお陰です。
まあ色々とあるけど、有難い事です。

母の靴下を買いに、歩いて「しまむら」に行きました。
途中にある公園にオオバナノエンレイソウが咲いて綺麗だったなぁ。







ウワミズザクラも咲いていたよ。
風が強くてちゃんと写せない🌀

花の季節になったね〜❗️

翌日は、母は通院。受付が煩雑なので行き慣れた兄が行ってくれました。
留守の間に行きたいと思っていた「あさねぼうのベッカライ」と言うパン屋さんに行って見ました。ここはハードパンが美味しいらしいと言う事で楽しみ。
帯広新得線沿いにあり、スピードを出していたら通過しそうな場所です。


ついついたくさん買っちゃった😅
お店の中にも良い香りが漂っていい感じ。
その後「いっきゅう」に行き、珈琲専科よしだでコーヒー豆を買い実家に戻りました。
本日、ヘルパーさんが来る日なので、母以外は家に居られないのでまた出かける。
ジョイフルAKまで遠いなぁ。
花苗買って帰って来ました。
チョコレートコスモスが傷んでいて、買う気になれず。
メドーセージ買おうと思ったら、似た花があり、これで良いかと思ったけれど…
高い、高い。最近花苗の値段が高くてびっくり。

ジョイフルAKは、東7条南16丁目にあるので、実家から遠い。
欲しいハーブ苗が最近無いので、もう良いかな。
近所のホーマックにしよう。

お昼になったから、ジョイフル近くのインデアンに行ったら、お休み😭

だったら久しぶりに豚丼でも良いか、と言う事で、いっぴんでご飯少なめ豚丼を頂く。



やっぱり十勝の豚丼は最高!
肉厚で甘塩っぱくて美味しい!

そして実家に戻る。
この時点でヘロヘロ疲れていたのですが、母がドライブに行きたそうだったので、芽室スキー場へ。
桜は終わっていて、ちょっぴり残念です。


そしてアイス屋でソフトクリームを食べて帰って来ました。
一日中運転していて疲れた〜。

そして翌日、帰美瑛。
午後から庭いじりして、夜はプールで仕事。
ハードな1日でした。
コメント

美瑛の桜

2021-05-10 07:21:00 | 山・散歩・ジョギング
桜の季節がやって来ました。
いい季節です。
でも、なんだかお天気がイマイチで、ゆっくり楽しめません。
それでも、やっとやって来たピンクの季節は良いもんだ。







この桜、裏の丘の畑に数年前植えられ、少し大きくなって見応えが増して来ました。
聖台ダムにも行きたいけれど、行く暇が無い😭

写真の場所でさえ満開を見逃した年もあります。

昨日は営業が終わって少し歩こうと行ってみたら、たまたま満開に当たりました。
お天気はイマイチだけど、良い時間でした。





oさん家のコブシも
綺麗でした。



コメント

旭川嵐山 北邦野草園 2021/5/6

2021-05-07 07:03:00 | 山・散歩・ジョギング
GW中は気温が低く、雨も降ったりして庭に出るのも寒くてできない状態でした。
GW明け、久しぶりに晴れマークの天気予報に、庭仕事に!では無く😅花を見に出かけました。

当初、三段山の雪が未だ多いのでスノーシューしたいと思っていたけれど、強風で断念。
先日岐登牛山にも行ったし、足を伸ばして嵐山に行く事にしました。

美瑛からは1時間以上掛かるのでちょっと遠い?
でも、旭川は美瑛より暖かいのか、桜満開で楽しいドライブでした。

川辺の広い駐車場に車を止めていざ。

大きな橋を渡り、進んでいくと、早速お花の登場です。


キバナノアマナ。
珍しい花では無いけれど、美瑛ではあまり見かけない。



水辺ではエゾノリュウキンカが咲いていました。

ここではチセの展示があって見ることができます。
(アイヌ民族の住まい)笹の葉で外壁や屋根を覆っていました。

その後、エゾエンゴサクやカタクリが咲き乱れる遊歩道を歩き、ゆっくり花を愛でます。

美人なカタクリ。

今年初めてのエンレイソウ。
オオバナノエンレイソウは蕾でした。

スミレは見分けがつかないけれど、ミヤマスミレでは無いかと思います。


そして山頂です。
石狩川を望みます。

辛夷の花がたくさん咲いていたけれど、歩いていて余り見えませんでした。
桜は咲いていなかったです残念。

保育園の遠足があり、紅白の帽子を被っためんこい子供達にたくさん会いました。
丁度いい山だよね〜。

本当は山頂付近のベンチでおにぎりタイムにしたかったのですが、風が強いので降りる事にしました。

少しコースを変えて歩きましたが、春の緑色が心地よく、ゆっくり花を見ながら歩きました。

良い色です。

ヒトリシズカの咲き始め。

そして野草園のベンチでおにぎりタイム!
今日は急遽決めたお出かけなので、おにぎりはLAWSONで GET。
LAWSONの焼さけハラミおにぎり昔から大好き。

座ったベンチの後ろに咲いていたのは、


エゾノイワハタザオみたいだけれど??
アブラナ科には間違いなさそうです。

おにぎりタイムの後、また少し散策。


カタクリの群生です。
ここは野草園なので、人が管理しているからとっても綺麗です。

キクザキイチゲ。
札幌にいた時はよく見た花だったけれど、最近見てないです。

アズマイチゲ。
キクザキイチゲによく似ているけれど、葉が違います。
この花は近所にも咲いてます。

オオバキスミレ。
もっと高度のある所では見たことがあるけれど、標高が低いところでは初めて。
こんなに春早く咲くんだね〜。

こんな風に群落になっていました。
間にエゾエンゴサクが混じっていて、良い感じ。

そして、テラテラした葉に見覚えがあり、ひょっとしてオクエゾサイシンかと根元を見たら、黒い花の蕾が有りました。
これも久しぶりに見ました。
初めて見たのは日高山脈ペケレベツ岳でした。
懐かしいなぁ。もう10年以上も前の事。

花散策は楽しいなぁ。
ふらっと行くにはちょっと遠い北邦野草園。
でもたま〜に歩くのは良いね。

ドレスのようなエゾエンゴサク。
2時間弱の花散歩は楽しかったです。

コメント

岐登牛山 2021/4/23

2021-04-26 06:06:00 | 山・散歩・ジョギング
庭の掃除をした後、岐登牛山に行って来ました。
今月2度目です。春の花が見頃かな?と思って。

咲いていました〜、カタクリです😊
前回行った時は、やっと一輪咲きかけていただけだったので、満開の季節は嬉しいです😃
ニリンソウも咲き始めていました。
エンレイソウは未だでしたが。
エゾエンゴサクもたくさん咲いていました!

いつもの場所で、白いエゾエンゴサク。
今年も無事咲いていてくれて嬉しかったです。
少し青みがかった花もありました。
素敵なドレスみたいです。
ナニワズも可愛い。
水色とピンクと黄色、なんて、パステルカラーの代表格。



見晴台への道。

伸びて来た木々が視界を遮る。
その向こうには東川の街。
ゆっくり昼食です。
こんな風にうらうらとゆっくりできるのが、たまらなく嬉しい。
やっと、こういう季節になったね。

今回も南展望台には行かず、引き返します。

珍しい?カタクリが咲き始めていました。
ピンクと白のマダラ模様です。

ヒメイチゲを一輪発見。
登りと下りでは見える景色が違うなぁ。

斜面いっぱいにカタクリが咲いているのですが、画像では分かりにくいです。
白いエゾエンゴサク、やっぱり可愛い。

いっぱいのエゾエンゴサクを写したけれど、なかなか上手く撮れない😭

ニセウの森に立ち寄ってみました。
満開の妖精達。

踏まない様に気をつけながら森に入る。

凄い凄い!
妖精達が踊っているみたい!

素敵でした。

駐車場に戻って来たら、木々に邪魔されずに景色が見えました。

やっぱり春の岐登牛山に行かないと、春が始まった気がしない。
行けて良かったです。
多分また行くと思うけど。



コメント

フルートレッスン 2021/4

2021-04-22 07:25:00 | 読書・音楽その他
 春のレッスンは、スカート、パンプスで出かけられる華やかな日。
普段は、作業服(庭作業)。
プールもノーメイクにジーンズとラフな格好で出掛けるので、レッスンの時だけおしゃれができる。春は楽しいね。

さて、レッスンです。
冒頭、先生が先日見た呼吸方法の番組について。
口の形が「ホ」の状態で呼吸すると、より多く息が吸えてお腹まで入って行くのだとか。
フルートの場合、鼻と口でブレスするのですが、口の形が横に広がった形で吸う(なんて言うか、うまく表現できない😅)
「ホ」 は口が丸く縦長になるので吸いやすいのだとか。
いつも途中で息が足りなくなる。
吸い込みが浅いんだと思う。
なので、「ホ」吸い込みをマスターして、身体に覚え込みさせたい。

さて、曲です。
練習の度に、ああ、大変な曲を選んだと言う実感😭
それでも自棄にならずちょっとづつ練習してます。

音は、口の中に反響していることを意識する事。

音が下がっていく時は、広がるのではなく、まとめることを意識する事。

早いテンポの時は、脳みそが先で指は後から。
どうしても指の動きに囚われると、指が脳より先に動く。
なので滑ったり間違ったりする。
動きより常に音を意識すると間違えない。
指が硬くて苦手意識があるから、速いところでいつも焦ります。

前回言われた事もメモ。
キーを押す音が、聞こえる。指に力が入っている。

でも、音は良くなったと言われました😊

あっという間に1時間。
ほんの少し進んだかな?

前後しますが、レッスンの前に、ギャラリーJINでエミさんと待ち合わせしました。
コンポジション展が開催されていてエミさんの作品も3点展示してありました。
久しぶりにギャラリーに行く。ああ、なんかいいね。
コロナ禍で、アーティティックな事が殆ど中止や延期になり、開催されていても人が多いところには足が向かない。
 
昨日で大阪は1日の感染者が1200人を超え、北海道も120人超え。
昨年休業要請が出ていた頃より増えてるし。
どうしたら収まるのか、誰にも分からない。
もう、以前の状態に戻る事が無いのかな?
収まった頃には世の中が相当変わっているのかな?



エミさんと入ったカフェでランチ。
お洒落なお店でした。



コメント

岐登牛山 2021/4/10

2021-04-16 05:41:00 | 山・散歩・ジョギング
まだ花の時期では無いけれど、気分転換に岐登牛山に行って来ました。
今年の冬は雪が多かったけれど、3月の雪融けの勢いが強く、もう夏靴でも歩けるかな?と思って。

いつもの駐車場に車を停めて出発。

お花はほとんど咲いていませんね〜。
でも、よくよく目を凝らし、土手の斜面を見ると、カタクリの蕾がたくさんありました。
その中でも花弁がちょっとだけ開きかけた花を発見!



この時期のピンク色は愛おしいです😊



春の雰囲気に包まれて、気持ちよく散歩。


カタクリは、殆どがこんな感じです。
あとちょっとだね。


エゾエンゴサクは咲いていましたが、まだ小ぶりです。


福寿草はたくさん咲いていました。


ナニワズも咲いていました。

展望閣から展望台までの道は、日陰なので雪があります。



それでも夏靴で大丈夫。
上がれば日当たりが良いです。




展望台でドラ焼き!

南展望台には行きませんでした。
裏の道はたぶん雪。
そのまま引き返し、展望閣からは車道を歩きました。

気持ちの良いお散歩です。
美瑛にこんな感じの山(公園)が無いので残念です。
森の中を歩いて、景色の良い場所で座っておやつ食べるところが無いんですよ。

駐車場が広くて、目の前に大きな道路がある所しかない、森が深過ぎて怖くてゆっくりできない公園はあるのだけどね。

札幌の藻岩山とか、円山とか、三角山みたいな1時間程度で登れる気軽な山が欲しいなぁ。

夕方からプールの仕事があるので、1時間半ほど歩いて終わり。
帰り道に「しとあ」(旧しのぱん)に寄って蒸しパンGET!



もっちもちの美味しい蒸しパンです。
東川に行くとね、お土産買えるから楽しいの。
「まめや」のパンも美味しいよね。


コメント

球根、掘られる

2021-04-06 06:49:00 | 花・ガーデン

4月に入って雪融けも進み、庭には可愛い花達も咲いて来た。
画像はスノードロップ。
毎年戦々恐々なのは、野生動物たちの悪戯。
特にエゾヤチネズミは、チューリップの球根を狙って食べるので、新しいチューリップは植えられない😭

雪融け直ぐ、大きな穴を発見。
ユリの球根が食べられている。あーあ😭

そして、土には無数の穴ボコだらけ。
これもネズミか?
それとも鳥のせい?




ヒペリカムの根元に大量の球根を発見!
画像は集めて箱に入れた物。
大量の球根は、クロッカスやムスカリ、シラー、クロコスミア等、小さい球根ばかり。
何百個あるんだろう。
しかも食べられていないから、エゾリス、リーリンの仕業だろうと思う。
今年はもう咲かないから、別の場所に植え直すしかないね〜😅
ほんとにもう〜〜。






掘られずに残って開花したクロッカス。

でも、このこの手の球根は勝手に増えるので、年数が経てばまたあちこちから出てくると思う。
ガーデンの土の下に、こんなにも球根が有ったことが、驚きでもあります。










物凄いエネルギーで雪を融かし、あっという間に大地が顔を出している。
雪が融けたら直ぐに緑色になるのも凄いよね。
ついこの間まで銀世界だったのにね。

待ちに待った春、けれど、これから土との格闘が始まる。
どれだけ楽しめるかな?
あっという間に季節は過ぎて行くのだろうけど、短い季節を有意義に過ごしましょう!



コメント (2)

デス・ゾーン 河野啓

2021-04-02 05:17:00 | 読書・音楽その他




七大陸最高峰単独無酸素登頂を目指した登山家栗城史多。

その存在を知ったのは、彼が姪と同じ大学に通っていた時だ。
身近な大学で、面白い学生がいるんだな、野口健みたいな学生がいるんだな、と興味を持った。

その後、ネットやメディアを通じてその行動を知ることになるのだけれど、凍傷で指を失った時は何故かホッとした。もうエベレストには行かないよね?

私は登山が趣味だが、エベレストに詳しくも無いし登りたいとも思わない。
ただ美しい景色を間近で見たいという気持ちだけはある。
そんな私でも、無酸素で単独で登頂するなんて、絶対無理だと思った。
何度も挑戦し、登頂できずに帰国した栗城を、メディアやファンは批判したが、私はホッとしていた。だって、生きて帰って来たから。

だから、指を失った時、もう挑戦しないだろうと思ったし、日本にも良い山が沢山あって、ガイド業をしながら山を楽しむことだってできると思ったから。

でも、本を読んで、そんな事をする人じゃなかったんだ、と感じた。
本当は山が好きだった訳じゃないんだな、と。
だからもし生きて帰って来ても、エベレスト以外の山に携わる事は無かったんだな、と思う。

130ページまで一気に読めたけれど、何だか裏切られた様な気分になって、一度読む気を失った。
生前の色んな人との関わりが綴られているが、実際に栗城が何を成し遂げたかったが分からない。ネットを通じてヒーローになりたかったのかな?

ある意味、現代社会の人なのかなとも思う。

SNS等から批判も応援も、本人に届く現代社会。
もう後戻りはできない。挑戦し続けなければ居場所が無かったんだなと思う。

だけど、栗城本人の思いは本人にしか分からない。
だから、憶測で「こうだったんじゃないか?」と書かれても、本当にそうなのかな?とも思う。
もし亡くなる直前の事まで栗城が語る事が出来たら……。いや、本当の事は言わないよね😅

後味が悪い、ある意味尾を引く本だった。
知らなくて良い事がいっぱいあったな、と思う。


コメント

帰省していました。

2021-03-30 06:52:00 | 旅・観光
今年の冬は雪が多く、1月2月は車で行くのは無理でした。
やっと雪も融けて行けるになりました。
もちろん風景の中にある景色はまだまだ雪に覆われているけれど、車道に雪が無いのが救われます。

プールの仕事を終えて、2時頃出発。

帯広には午後5時頃到着。
母が氷割りをしていました。
元気だなぁ。
やっぱり孫と住んでいると、元気なんだな。

でも、認知があるからご飯炊きすぎたり、お菓子食べ過ぎたり色々あるみたい。
甥っ子はご飯を捨てられなくて、自分で食べたりして食べ過ぎて太っちゃう。
もったいないけど、食べきれなかったら私は捨てるけど。
自分の健康も大事だから。
甥っ子はいろんなところで気を使う優しい子。
気を使い過ぎて体調崩さないか心配です。

翌日、母と昼食を食べに外に出ました。
あじふくの天津丼。
食べたかったんだよね〜。
卵いっぱいのあんかけご飯。



絶対美味しいやつ。
歯の悪い母でも食べられます。

あじふく、良いよね。
美味しかった。

午後には岩見沢から姉が来るので帯広駅まで迎えに行き、西帯広の実家は賑やかになりました。

翌日、今回のミッションは母を歯医者に連れて行くこと。
右上の奥歯がぐらついて、硬いものが食べられない。
以前から歯を治したいと思っていたけれど、歯科は行く回数が多いので、付き添いできなし…

でも、もう限界らしい。
歯科で診て貰ったところ、奥歯ブリッジ入れた所が壊れて、冠がずれている。歯茎も痩せて治療は無理。
入れ歯にするしかないそうです。
そんためには傷んだ歯を抜かなくてはならない。
そして、無い方の左奥も一緒に入れ歯にするという。
母は自分の歯が何本かあるので、全部入れ歯にするわけではなく、右と左をアルミの板で繋ぐという。
色んな技術があるもんだなぁ。

歯医者を嫌がっていた母だけど、食べられなかった物が食べられる様になるということで、歯医者には通えそうです。

昼はヘルパーさんにみてもらう日なので、姉と一緒に出かけました。
先ずはUNIQLOへ。
スリッパと下着買いに。
その後、一粒と言う老舗のお蕎麦屋さんに行く。



かしわせいろを注文。
美味しかった〜。
ここ手打ち蕎麦。さっすが十勝。

初めてせいろ食べたのが、池田町の「伊織」でした。
須藤さんどうしてるかな?

夜、十勝の山の仲間と坂口さんを偲ぶ会があり、夜はホテルに泊まる。
姉が行きたいという場所に姉を送る。
岡書という本屋さんがあり、他にツルハやマックスバリューなどもある大型商業施設。
おお、割と駅に近いところにこんな所があるのね〜。
便利だわ〜。

姉と別れて、ホテルに向かう。
ホテルでゆっくりして、ミントカフェへ。
久しぶりにK寄さんに会う。楽しみ〜。
以前は帯広に帰って来る度会えたけれど、今は連絡しないと会えないし、最近は中々会う時間を作れない😭

K寄さん、元気で良かった。
店には店主のO久保夫妻がいて、慣れたテンポで話ができる。これって大事。

遊びでも仕事でも、慣れてくれば世間話等できる様になるのだけれど、自分も歳をとって考え方や価値観が全然違う人とも一緒にいなければならないのが、時々苦痛になるんだわ。
学校に勤めていた時は、教える側と習う側の違いだから、ダメなことはダメってはっきり言えた。
でも、社会人になると、言えない場面も多いんだよね。

それから、自分主張し続ける人の多いこと。
人の話聞けないのかな?‘聞く耳を持たないのかな?
自分の意見をはっきり言えるのは良いことだと思うけれど、自分の事ばかり何もかも話し続けるって、会話のバランスが取れなくて、不快になる。
時々、人の話に瞬時に反応できる人って羨ましいと思うことがある。
一呼吸置かないと反応できない私だから、お笑い芸人みたいにポンポン会話できるの、凄いなって思う。
でも、言うだけ言ってスッキリして人の話を聞かないって、何?

後から、そんなことも感じたミントカフェでの心地よい時間でした。

その後、たけとんぼというお店で宴会です。
コンブちゃんのお友達のonちゃんに初めて会えました❣️

久しぶりにたくさんお酒飲んだ夜でした。
コンブちゃんのお友達の仲間に入れてもらった感じです。

翌日は柳月本店に立ち寄り、美瑛に帰って来たのでした。

※池田町の蕎麦屋「伊織」の須藤さんは、昨年亡くなられたそうです。
ご冥福をお祈りします。
コメント

三段山 二段目の上まで 2021/3/20

2021-03-22 05:55:00 | 山・散歩・ジョギング
三段山に行って来ました。
本当は翌日の21日に行く予定でしたが、天気が崩れる予報だったので、前日にスライド。
この日は絶好のスノーシュー日和になりました。

今回はHYMLのオフミにちょっとだけ合流させて貰い、出発はりっちゃん、洋ちゃん、よもぎさん、エミさんと一緒に出発しました。

今日も良い天気。前十勝の噴煙が凄い!


途中まで一緒に歩き、私は左へ、スキー組は右のコースに行きました。


最初から汗だくです。
一段目に上がったらジャンバーを脱ぎました。
風が無くて穏やかです。




今日は旭岳もよく見えます。


三姉妹の木です。
天気が悪いと、大体この辺りで引き返すのですが、二段目、行きます!



斜面から噴煙が見えます。
硫化水素の臭いもして来ます。


富良野岳〜!見えた〜!

急登を上り切って見えた景色は。


ドドーン。
凄い凄い、綺麗!




 エビの尻尾も付いてるよ!



前十勝、十勝岳も間近に見える!


美瑛模範牧場もはっきりと!

最高の景色ですよ〜!

さて、どこまで行きますか。
12時からHYMLのジンパに参加するので、11時も目処に行ける所まで行ってみよう。


凄いなぁ。凄い迫力だなぁ。


二段目の上が見える。
あそこまで行けるかな。

結構遠いし、斜度がキツくなって来ました。
頑張って登り切り、三段目が見える所まで行きました。

11時6分、ちょっと時間オーバーだけど到着。
YAMAPで場所を確認。


 
三段山まではまだ1時間以上掛かるよね。
潔く下山しました。

この斜面はシリボー向きかな?と思ったけれど振り返ると斜度があって、しかもガリガリ。
シリボーは使わず、そのまま歩いて降りて来たけれど、結構怖かった。

そして一段目に降りる斜面で、1人シリボー!
おお、あっという間に下りれる〜。楽しい〜!




緩やかなところを歩き、一段目から降りるところもシリボーで下りる。
ゆっくり下りる人を尻目に、ヒャッホー!
リュージュみたいに背中を地面に近づけると、スピードも増して迫力ある〜。
楽しい〜。

そして、白銀荘にジンパの時間に到着!
シリボーのお陰で、54分で下山しました。
ジンパにギリギリ間に合いました。
ジンパ会場がイマイチわからずウロウロしていると、エミさんが声おを掛けてくれました。

スノーシュー脱いで行くと、雪を器用にテーブル椅子に作り、携帯ガスボンベで鹿肉を頂きました。
美味しい肉は、エミさんが持参してくれたようです。
エミさん、鹿肉とか熊肉とか、詳しいよね。

そして私は夜仕事があるので、早めに上がり家に帰って来ました。

最高のお天気で楽しい1日でした。
大人も遊びは大切よね❣️

登り 1時間40分
下り 54分
コメント

姿見駅周辺スノーシュー 2021/3/13

2021-03-16 07:01:00 | 山・散歩・ジョギング
前日の3/12、遊びに行くつもりで前月休みを取ったのに、廃棄パソコンの集荷の予約をしてしまった馬鹿な私😅
運送屋さんが時間内に取りに来なくてイライラ。
時間を守らない(特に遅れて来る)のは最悪😡

そんなこんなで最高のお天気のお休みを無駄にした金曜日。

翌土曜日は夜仕事があるけれど、天気予報が最高なので、チームハレルヤで旭岳ロープウェイへ向かいました。

ロープウェイ駅には車がいっぱい😲
こんなに居るんだ。
スノボーやスキーの若者たちでロープウェイ駅(2階)に1階まで人が溢れている。
待ち時間30分くらいかな?
ようやくロープウェイに乗車し、姿見駅に到着したのは10時40分。

快晴の旭岳です😊





どこを歩いても、真っ白い雪原。

旭岳石室方面を歩きます。






芦別岳が綺麗!
スマホなので、ズームできない😭
青空に映える芦別岳が綺麗だわ〜。



振り返ると美瑛の街?

展望台まで歩きました。
先程とあまり景色は変わらないけれど。


天人峡の深い谷が印象的な地形です。



旭岳の噴煙の近くまで歩いてみました。
硫化水素の匂いがします。


あ、あれは当麻岳!
なんか、小ちゃく見える😅真っ白だね。

途中でおにぎりを食べて、またゆっくり歩きました。
今日はシリボーを持って来てない😭
タイミング悪すぎ😅ですね。
シリボー向きの絶好の坂がありましたよ❗️




冬山、晴れた日は綺麗だね〜。

ゆっくり2時間ほど散策しました。
冬の姿見、初めてでした。
ロープウェイを上り切ると、樹林帯が無く、茫漠とした広い雪原だけが在る場所でした。
夏はハイマツの間を歩いているけれど、冬はこうなんだ〜。

楽しい1日でした。
コメント

富良野岳登山口から安政火口付近まで 2021/2/28

2021-03-03 03:43:00 | 山・散歩・ジョギング
久しぶりに、日曜日が晴れ予報。
プールの仕事がお休みだったし、絶好のスノーシュー日和という事で、チームハレルヤは十勝岳温泉登山口から安政火口方面を歩く事にしました。

登山口の駐車場は、車が多く、端っこに止めました。

歩き始める前、凌雲閣横の展望台に寄ってみます。
大きなカメラを構えた人がたくさんいました。



景色が綺麗。最高のお天気です。
でも、山頂付近の毛嵐も凄いですね。

夏の登山口から出発します。

ハイマツや笹地に挟まれた夏道では見られない、広大な雪景色です。











雪が深いので、トレースは一本だけ。
でも、しっかりとしたトレースなので、迷う事はありません。



振り返ると、美瑛の街。


見上げると三段山です。

黙々と歩き、安政火口付近まで歩きました。



この辺りで引き返します。




この柵のある場所、左側が深い谷。
滑り落ちないように、ビクビクして歩きました。

途中、三段山の中腹にトレースがあったので、行ってみる事にしました。




ところがここ、ハイマツを踏み抜いたり、登りも急で、結構大変でした😅
でも、景色が最高です。




手前の稜線の向こう側に、富良野岳がしっかり見えます。
綺麗!



ちょっとズーム(スマホなので、限界が…)

青空とのコントラストが良い感じです。

少し休憩して下のルートに戻ります。
下りなので、少しコースを外れてラッセルラッセル!

楽しい〜!

帰りは駐車場の傍、トイレの横に降りるコースを回ってみました。












夏は行けない場所です。
しかも、三段山に向かうトレースがある!
ショートカット?
面白そうだなぁ。

あっという間に駐車場に戻りました。

2時間ちょうどの散歩でした。
歩いた距離は2、5km 意外と少なかった。
高低差 154m

青空が綺麗で最高のスノーシュー日和でした。
コメント

哀悼、坂口一弘さん

2021-02-22 21:41:00 | 山・散歩・ジョギング
登山を始めて、山の事を調べるようになり、そこでヒットするのがsakagさんのHPでした。
それからずーとブログも拝見するようになり、その人柄溢れる文面にすっかりファンになり、同じ日に層雲峡に滞在することがわかった時、メールを送り、会って頂いたsakagさん。

訃報を知ったのが、亡くなった翌日の11日の事でした。
あの元気なsakagさんが亡くなった?そんな事は信じられませんでした。
sakagさんのブログに奥様からの報告が載せられ、本当にsakagさんは亡くなられたんだと呆然としました。




sakagさんのHPを見始めて、とても親近感が湧いたのは、八剣山の日記でした。
こんなに色んな山に登られているsakagさんが高所恐怖症だったなんて!
お尻ムズムズで、私と同じだーと親近感。
大雪高原沼巡りでは、亡くなられた前の奥様と一緒に来たかったけれど、もう叶う事はないと書かれていて、sakagさんの人生の一端を垣間見たようで、切なくなりました。

2002年からネットでの交流を続けて、層雲峡でお会いしたのが2007年。
sakagさんの掲示板で知り合った Hiroko さんに誘われてHYMLの会員になったのも2007年の冬。
始めてお会いした時の「函館弁でマシンガントーク」が印象的で、とても楽しい時間を過ごしました。

2009年に札幌から美瑛に移った時、一番最初に奥様と訪ねてくれたのも、sakagさん。
まだ営業も始めていない頃で、知り合いの居ない地で心強かった思い出があります。

それから何度か道北の山を登りに来た時、手土産を持って庭に遊びに来てくれました。
写真を撮って、sakagさんのブログで紹介してくださって、本当に嬉しかったです。

 Yoshio さんや gan さん達が、美瑛富士避難小屋のトイレブースを設置する時、我が庭のガーデンハウスが一時山小屋になる日があるのですが😅、3年前かな?函館ナンバーの車が遅れてやって来て、もしかして?と思ったらsakagさんでした。
とても久しぶりで、再会が本当に嬉しかったです。

その後も、三段山登山の後、白銀荘で厨房に行くと、オフミで来ていたsakagさんにばったり。

2年前も赤岳、小泉岳方面に花見登山の前日に庭に寄ってくださり、こちらからなかなか会いに行けないのに、何度も訪ねてくださった事に本当に感謝したいです。

昨年秋、 Goto を使って函館旅行をした時、無理してでも会っておけば良かった、今でも心残りです。

sakagさんが亡くなってから、毎日思い出しています。
色んなアドバイスも頂いたり、  Hiroko さんや、教え子の  コンブちゃん、法起坊さんとの縁もできました。
山に登る楽しさもsakagさんから学んだような気がします。

本当に本当に感謝しかないです。



sakagさんが出版された山の本。
サイン入りの貴重なこの本を見ながら、これからも山を楽しみたいと思います。

ありがとうsakagさん。安らかに。





コメント

フルートレッスン 2021、2月

2021-02-20 11:08:00 | 読書・音楽その他
雪の多い年になりました。
レッスンに行く日の午前中は、除雪。
しかも水分含んだ重い雪のため、時間が掛かる😅

午前中は吹雪いているし、このまま旭川にいけるのかなぁと心配でしたが、国道に出てみるとアスファルトが出ていて、雪に埋もれているのは家の近所だけだったんだと気付きます。

1ヶ月ぶりの旭川。イオン。
やっぱり風景が変わると新鮮な気分になっていいね。
ジュピターでコーヒー豆を買う。
初めてヨーロピアンブレンドを購入しました。
帰って来てから飲んだけど、癖がなくて飲みやすい豆でした。

さて、レッスンです。
先生は最近、気づいたことが有ったそうです。
有名な2人のフルーティストは、顔が自然で変わらなく楽に吹いている、これはどういうことだろう?と疑問に思って、真似して吹いてみたそうです。

今まで演奏してきた常識、たとえばアンブシュアの定義みたいなのは違うんじゃないかと感じたそうです。

それで、曲の途中から、とにかく口の形を変えず吹いてみましょうという事になりました。
高い音はキュッと口を細く、低い音は横に広げていた唇を変えずに、力も入れずそのまま吹いてみましょう!

口は常に細い糸を通すぐらいの細い開き。
吹く息の方向は少し右方向に。

そうすると、オクターブ低い音から高い音に上がるときに、音の濁りがなくなるのです。

そういえば、ベテランのフルーティストの動画を見ると、顔は何も変わらないのに、音が素晴らしくて表情があるなぁと気付きます。

ずーっと今まで、形に拘って練習してきたのに、変な感じ。
多分、顔に相当力が入っていたんだね。
でも、練習した期間が長いと、すぐにはなかなか変えられない。
少しづつ修正して行こうと思います。

ということで今回のレッスンは、アンブシュアの事のみで、終わりました。
半分以上、先生が見本を聴かせてくれました。

目から鱗とはこのこと。
でも、凄く楽しく集中した時間でした。
あんまりガチっガチに力を入れて練習するな、ということらしいです。

コメント

三段山二段目まで 2021/2/11

2021-02-12 13:45:00 | 山・散歩・ジョギング
最近は引きこもりで、殆ど遠くに出かけない日々を過ごしていました。
いつも山に一緒に登るエミさんと連絡し合い、2人ともお休みの日を選んで三段山に行く事にしました。

朝8時半、エミさんの車で白銀荘に向かう。
風が無く、木々の細い枝にも雪が積もり、とても美しい風景です。
三段山は何度も行った事があるけれど、毎回違う景色を見せてくれて、とても楽しい。

祝日(建国記念日)なので相当に車が止まっているかと思ったけれどそうでも無く、順調に出発できました。

真っ白な世界、晴れてなくても美しい景色です。

ラッセルは膝以上あり、トレースを利用させてもらって登っていきます。

見る景色はうっとり。

いつもは縦横無尽スキーやスノボーの跡があるはずなのに、本日はたった1本😅
雪が深すぎて、登りのラッセルが大変なので、みんなトレースを行く。

滑り降りてくる人でさえ、トレースの上。

いつものように1段目は左を行きます。

順調に三姉妹の木へ。
そして、2段目への急登。
私のスノーシューはアイゼンの数が少なく、後ろにずるずる滑る。
それでも何とか2段目の始まりまで行きました。



2段目こんな感じで視界が悪く、ここで引き返すことにしました。

そして、今日のために持ってきた尻ボー❣️
張り切って滑ろうと思ったら、お尻がズボ😅
沈みすぎて身動きが取れない。
だって深さが膝くらいあるから。

ああー😭せっかく持って来たのに、残念。

途中、you達に会い、尻ボーに興味津々。
「ソレハ、ソリデスカ?」
「そうです。でも深すぎて埋まりました」
と話したら、「トレースを滑ったら良いんじゃない?」と流暢な日本語でアドバイスを貰いました。

よっしゃー、1段目のところで再挑戦決定ということで、行きと同じルートを戻りました。
そうしたら、見覚えのある姿を発見!
美瑛印象派スタッフも上がって来ていました。
三姉妹の木で合流、少しの間一緒に行動しました。


アカエゾマツのモンスターが美しい。

エミさんの膝上まで深い雪です。

森の中、迫力あるモンスターの写真を撮るも、写真は肉眼で見た感動が伝わら無い。




もう少し、感動的なんだけどなぁ。



エミさんが撮ってくれた一枚。
ストックと一緒に尻ボーも写っています。

ゆっくり森を楽しんで1段目の上に来ました。
見下ろすと急な下りです。
今度こそと尻ボーで滑ってみるも、ちょっと滑っても止まり、うまく滑らない😭

やっぱり、雪が深すぎるとダメなんだなぁ。

それでも見下ろした樹海が美しく、急な下りも恐怖心なく下りてこられました。



そして下山。
ちょうど2時間。
歩いた距離は3、3km。
高低差343m。
正午には下山し終わっている丁度良い運動量でした。

白銀荘へ行き、温泉に入る前に昼食。
そして露天風呂でまったり。


楽しい雪遊びでした。

家に帰り、撮った写真を見たり整理したりしていたら、訃報が入りました。
なんと、尊敬するsakagさんが心筋梗塞の為亡くなられたとの一報でした。
1ファンであり、尊敬し、更に色々アドバイスを頂いた方でした。
ご高齢になっても尚エネルギッシュで、いつも元気な人でした。
心の整理が付かず、まだ悲しいとか寂しいとか、そんな気持ちにさえなれません。
ただただ信じられない気持ちです。
登山をしている人にとって、憧れの人でした。
多くの人たちが戸惑いや驚きで困惑していることでしょう。

謹んでご冥福をお祈り致します。



コメント