♪♪♪ひぃblog♪♪♪~二村広美のフラメンコな時間~ ほとんどお気楽。たまーにしつこく真面目。フラメンコ大好き☆

フラメンコ踊り 振付&演出 プロデュース。ひぃ先生による東京都新宿村スタジオでのフラメンコ教室レポートやライブのご案内。

踊るお花ちゃんスペシャル 初ソロの4名 おめでとう!!!

2019年07月11日 00時18分17秒 | 骨髄バンクチャリティー&各種スタジオイベント・思い出
撮影 川尻敏晴
 
教室開講15周年記念 スペシャル企画【踊るお花ちゃんスペシャル】
2019/7/6 土曜日 西日暮里アルハムブラ

ギター 片桐勝彦
カンテ 大橋範子
バイレ
渋谷有希、斉藤由実子、吉尾たいこ、南雲映吏子、二村広美
パルマ 吉本恵美、田中久美子、猪狩江利子


㊗満員御礼㊗早くからご予約頂いた皆様、暖かい応援をしてくださった皆様、ありがとうございました

プログラムはこちら

中身(プログラム内容に変更があり二村はシギリージャを踊りました)

こちらは楽屋での様子です。みんなが舞台メイクもちゃんとできて美しい
 
教室の開講15周年ということで全員が初めてのソロという企画をし、今回のスペシャル企画が実現しました。
他のイベントもあったので実際にメンバーが決定して本格始動したのは3月頃。
個人レッスンは各踊り手と相談しながら少しずつ進め、4月頃からフィナーレのセビジャーナスの構成も相談。
5月後半と6月後半にギター&カンテさんとの全体リハーサルを終え、ソロのみんなと私で飲ミーティングもして7月6日(土)の本番となりました。
全く違うタイプの4名でしたが、一人ひとりが自分と向き合い、フラメンコと向き合い、みんなで助け合い、本当によく練習しました。
みんな、初ソロおめでとう
 
たくさんのお客様に暖かく応援していただき、心から感謝です。
アルハムブラのスタッフさん、音響さん、撮影の川尻さんにも感謝です。
 
みなさんのお陰で客席から見届けてくれたスタジオ生たちにも夢と希望を届けられたと思います。
おめでとうの気持ちと、これからも益々フラメンコを楽しんでねの気持ちを込めて、そして「私もソロを踊ってみたい」と思っただろうお花ちゃんに向けて、みんなの感想をblogでご紹介したいことを伝え『自由な形式でください』と言ったら、これまた個性的な感じで届きましたのでそのままご紹介させて頂きます。
 
長いですよ
blog投稿をもって無事大成功となります
 
 
ファンダンゴ・デ・ウエルバ con パリージョ
渋谷有希
 
今回出ることが決まり、最初に先生の前で踊って見せた時「今の何パーぐらいで踊った?」と聞かれ、あれ?結構MAXに近い感じでやったんだけど…💧
自分では気付いていない「サラッとした踊り方」をどうしたら人に魅せられる踊りになるのか…
「出たいです」と言ってから昨日の打ち上げ(^^)に至るまで、ずっと勉強になる事ばかりでした。
先生が、私をイメージして付けたと言って素敵な振りを付けてくれた事に感動したり、後ろにいてくれた舞踊団の三人が、実はすごく暖かい気持ちで四人を見守っていてくれてたという事に感動したり。
すべて!とても良い経験となりました。
悔いはありますが、スゴく楽しかったです。
また遠からずソロの機会があれば絶対やりたい!ファンダンゴ con パリージョでまたやりたいです!
 
 
有希ちゃん おめでとう
本当に綺麗にパリージョが鳴っていたねメロディーを奏でていたよ
有希ちゃんはまだ経験が3年ほどということで、踊った経験は【セビジャーナス】【ファンダンゴconパリージョ】現行クラスでお稽古中の【グァヒーラconアバニコ】のみなのですが、見事にそれを全部踊りました 
Oleeeeeeee
 
普段とっても優しくて気遣いがあり、前に前に出てこない有希ちゃんですが、実はハートはすごく熱く感受性も豊か。
私が新しい振付や構成・演出を説明すると、みんなに気づかれないように涙ぐんでくれている時も多々あったりします。でもそんな時も表には出さずに自然体でお稽古してくれるので、私から反応することはなく気づかないふりをしてきました。
でも、発表会、チャリティー、アニフェリアと舞台の経験を積むにつれて、その感受性の豊かさが踊りにも表れ、自習の効果が本番につながるようになっていました。
なので今回の有希ちゃんへの振付は、そんな 実は熱い女:渋谷有希 の部分を引き出せるものにしたいと思いました。
難易度はあるけれど攻めている振付&思いの強さをパリージョの音の入れ方で表現できる振付。でも発散するだけじゃない振付にすることにして個人レッスンで見せた時「難しいけど踊りたい」と言った時の表情がすごく素敵でした。
全体リハーサルの時にその振付のところでスピードのコントロールが全然できなくなって「わからなくなっちゃった」と半泣きで笑っていた時、新しい有希ちゃんを引き出せたような気がして、私はとっても嬉しかったです
絶対に自習でまとめて本番は新しい有希ちゃんで踊りきれるな、と思えました。
そして実際の本番は、想像以上に表現者として踊っていました
アーティストとの絡みも、フラメンコとして対応していて素晴らしかったです表情も良かったし、パリージョが本当に綺麗になっていました。
足も今できる一番の床のつかみ方をしていたと思います。あの感覚を経験できたら、これからもっと出来るようになるよ
打ち上げでも「またソロで踊りたいです」とあの日に宣言したのは有希ちゃんだけで、「ナチュラルなのに素敵だなぁ」と思ったのですが、いただいた感想にもまた踊りたいと書いてありました。イイネ
セビジャーナスのアバニコも、魅せることを意識してお稽古しているのが伝わってきました。
最前列でお友達が号泣しちゃうのもしかたないね
自分用についた振付は、これからいろんな時にそれを踊れるように、忘れずにいてください。
素敵に踊ってくれてありがとう また踊ってね
 
 
  
タンゴ・デ・マラガ
斉藤由実子
 

宝物のような時間と経験をありがとうございました!

この企画のお話を聞いた時、年齢的に躊躇している時間はないという思いから「出ます!」と即答しましたが、いざ一人で踊ってみると、数人で踊ることとあまりにも違う事に愕然としました。技術が未熟なことは練習すれば少しずつでも上達していくけれど、それよりも自分はどう踊りたいのかの想いを強く持つことが絶対的に必要なんだと。

本格的にソロの練習を始めて3ヶ月、途中足を痛めてしばらく踊れない日もあったりして不安も大きかったですが、練習最終日には、もう充分やった!という納得感があり、そのまま本番を迎えることが出来ました。ずっと指導してくださったひぃ先生をはじめ、たくさんの方にお世話になりありがとうございました。

そして、達成感を感じたのもつかの間、ここはゴールではなくスタート地点ということに気づいてしまった!もっともっと精進します。

皆様、これからもどうぞよろしくお願い致します。


 
由実子ちゃん おめでとう

ソロのお話が決まった直後から、由実子ちゃんの踊りはガラッと変わりました

思いが溢れているというか、やる気がみなぎっているというか、とにかくただ踊るだけではなく世界観にこだわっているように感じました。

個人レッスンでも、仲間が見ていても、その表現したい気持ちに一切ブレーキはなく、強い意志と共に踊っていました

前から由実子ちゃんの踊りには強さがあったけれど、今回は優しく踊る部分も表現するということも目標にして、指先の使い方や空気の感じ方を個人レッスンで一緒に探しながら、構成の展開と共に様々な由実子ちゃんが見えるようにアドバイスしているうちに、タンゴ・デ・マラガの深さと明るい光をとても個性的に踊り切ったと思います

とても難しいコントラの足を集中して練習しすぎた時は心配しましたが、本番前にきっちりと合わせてきたのはさすが

ラストの振付は、振付が完成した後にも個人レッスンをお願いしてくれる踊り手さんだからこその振付で、由実子ちゃんの意志の強さを堂々と表現してハケるようにしたいと考え思いつきました

表現したいことがイメージできる踊り手さんは、技術をその手段として選択できるので表現の幅は無限大です。これからもそのまま踊っていきましょう。

前回の発表会では、自分のレベルのクラスともう一つ上のクラスのこの曲を群舞で踊り、今回この企画で上のレベルの曲をソロで踊る時、必死に追いかけて踊ってきた技術と自分ひとりで合図しなければならない技術とでは大きな違いがあったと思います。

前がダメなんじゃなくて、頑張ってきたからこそ今やっと等身大の自分でこの振付と向き合えたのでしょう。

今回踊っていなかったらそうなってはいなかったと思うので、このタンゴ・デ・マラガはこれからの由実子ちゃんにも大きな意味をもたらすと思います。

由実子ちゃんの様子を見ていて「私のソロライブもみんなの初ソロも、一生懸命なのは同じだね」と話したことを思い出します。

生徒もプロも、真剣に舞台を目指す気持ちは同じだね

とにかく、頑張った おつかれちゃんです そしておめでとう

踊るたびに変化できる踊り手さんだと思うので、また踊ってください

 

ガロティン con コルドベス

吉尾たい子
 
ひぃたん、お疲れ様です。
沢山教えてれて、沢山歌ってくれてありがとう!
 
思っていたよりも自主練習は萎えるほどストイックで、本番は思っていたよりもずーっと楽しかった。
 
ソロを本気で踊ったら、本気の群舞が踊りたくなった。
 
今回一緒に踊った仲間のフラメンコを何度もみているうちに、この人達のなかで自分を表現したくなった。
 
今回の経験で頂いたお宝は「勇気」
 
おわり
 
 
 
たい子ちゃん お疲れ様です。そしておめでとう
無事に踊り切れてよかったね。とっても優雅に素敵に踊っていたよ
初回の個人レッスンではかなり心配してあの時は2人で笑ったね 笑ったけど、私は結構気持ちを引き締めていました
 
長く踊っていると、続ける理由よりも辞める理由の方が思いつきやすくなるのだと思います。
まして自分でお店をしていると、いい時は100倍嬉しく、微妙なだけでかなりブルーになったり。
それでも弱みを出さないし、好きなことでも続けることが重くなる時もある。
そんな色々な思いの中で、ソロに初挑戦すると決めて、自分で決めたからたい子ちゃんは頑張った
好きなアーティストの好きな動画があると言われ、それを送ってもらい、私はたくさんそのアーティストの踊りを探し、その中でたいこちゃんのイメージを膨らませました。
「こんなのはどう
「いいね、いいね
「もうちょっと、簡単な方が踊りやすいかな
「ひぃたん、それイイ 最高
と、動画から得たイメージからたい子ちゃん用の振付を考え、私の方が汗をかきながら一生懸命プレゼンをして
でも、レッスン内では出来なくても、次のレッスンでは本当によく練習してきて想像以上に踊るようになっていたので、とても信頼できる個人レッスンができました。
長いからいろんな経験と事件簿に遭遇するのだけれど、フラメンコを辞めずに続けられるセンスがあるのだと思いました。
また次もソロを踊りたいという気持ちより、本気の群舞が踊りたいというのは、これからもたい子ちゃんの周りにフラメンコ仲間がいるってことだね
 
最後の個人レッスンで「次は決める」と言って通して踊ったとき、本番と同じようにいい表情で踊っていました
上に立つ人はみんなに幸せを届けようと頑張るから無理してしまうこともあるけれど、そのプライドはたい子ちゃんのフラメンコにちゃんとでてるから
これからも好きなように踊ってください
勇気だけじゃなくて、愛もいっぱいあったガロティンでした
 
 
 
 
カーニャ con マントン
南雲映吏子
 
「踊るお花ちゃんスペシャル」を終えて
 
「熱い気持ちが伝わる踊りをしたい」
今回はこれが大きな目標でした。
 
テクニカルな面とメンタルの面と、二つのアプローチで、いい準備ができたこと・
先生や舞踊団の先輩がた、範子さんや片桐さんの熱いバックアップで何が起きても大丈夫だと思えたことで、本番は落ち着いて踊れました。
熱くなっている自分と冷静な自分を感じながら、舞台に存在することができたのが、今回一番成長できたことだと思います。
今の自分としてはマックス咲くことができたかなぁ🌼🌼🌼
ひぃ先生❣️「優しいスパルタ」という名の、お水と栄養をたくさんありがとうございました💕
 
 
《やってよかった準備》
🌹先生が教えてくださった曲のメリハリグラフ
 
ここはこんな風に踊るとか注意することを細かく書きこみました。
そこで、一曲を通したプランニングが頭の中にできて、とても役に立ちました。
これからもやっていきたいです。
 
 
🌹最後の2週間くらいは、鏡をみないで練習
 
集中を保ちつつ、曲の世界に入り込んで、アイレを高められました。
 
🌹メイク練習
 
メイク下手なので、自信を持って舞台に立てるよう、先生から講習を受け、自主練をしました。
先生に写メして、たくさんアドバイスをいただきました。
本番は今までで最高の出来でした(^^)v
 
《おまけ》
帰りがけの知らないお客様から、お褒めの言葉を頂戴しました。
これも、とてもうれしい出来事でした😊
 
 
なぐえりちゃん。いらっしゃいませ そしておめでとう
現行の振付をよく頑張ったすばらしいフラメンコに仕上げてくれてありがとうございます
積み重ねた思いと努力時間は確実になぐえりちゃんのフラメンコとして呼吸していると思います
見届けてくれたお友達も、きっと本当に喜んでくれているでしょう
Oleeeeeeee
 
経験者で入会してくれて、もうすぐ1年。
なぐえりちゃんの印象は最初も今も同じです。自分の色があってアタフタしない。
ちゃんと前を向いて話をしてくれる。強いから優しいのだと思っています。
 
でも、いざ踊り始めるとどうだっただろう とっても遠慮がちに見えました。
いろんなフラメンコを観て、呼吸して学んでいるのに、もったいないなぁ・・・・と。
練習しなくてももう世界があるのだから、もっと自信をもって大丈夫なのになって。
私なりの分析では、世界に普通にいすぎて、どうしたらいいか手段がわからないだけなんだろうと思いました。
なので、個人レッスンでつけた振付は、気持ちが一緒にならないと踊り切れないものにしました。
「大好物です」と盛り上げながら振付させてくれてありがとう
そして、本当にフラメンコ度の濃いカーニャを踊ってくれてありがとう
難しいコントラも、ファルダの使い方もよく練習していました。
マントンも綺麗に翻し、本番はフラメンコ的な対応もして踊り切ってくれたことがとっても嬉しいです
 
メイクも衣装も、とても信頼して色々相談してくれました。思いが見えるので全然大変と思わずに関わらせてもらえました。
このカーニャを期に、益々フラメンコ度が深められると思います
ブレリアも自分を知って踊っている人のチョイスです
フラメンコを続けていくと色々な壁にあたりますが、なぐえりちゃんは世界があるので、壁にあたる度に自分は何が好きなのかを考えたら超えていけると思います。むしろ壁が栄養になるでしょう。
 
いろんなお話をしてくれますが、今回やっと一緒の舞台にあがれて本当にファミリーに慣れたようでとても嬉しいです
クラスでは違う振付がついていきますが、これからもなぐえりちゃんは今回のカーニャをソロで踊ってほしいと思います
だから忘れないでね
優しいスパルタ ファミリーバンザイ
 
 
大変長い投稿にお付き合いいただき、ありがとうございました。
もっと短くまとめたかったのですが、まとめられるような簡単な時間を過ごしてきていませんでした。
本格的な準備となって3か月。全員が初めてのソロは個人レッスンも誰かしらのが毎週あって、私自身もお休みがほとんどありませんでした。
15周年として企画しましたが、休みがないことまで考えていなかったので本当に大変でした。
でも、みんなの笑顔をみたら企画してよかったと思っています。
 
そして最後になりますが、パルマで出演した舞踊団の3名。
みんなの構成をメモしたり、何度も音楽を聴いてきたり、頑張りました。
本番のハレオも気持ちからでていて、3人を舞台にあげてよかったです。
みんなは次も決まっているので、今回の気づきを次の舞台にいかしてほしいと思います。
 
今回は出演しなかったけれど、裏方で支えてくれた3人もありがとうございました。
 
ということで、
教室開講15周年記念 踊るお花ちゃんスペシャル
完結
ありがとうございました

コメント   この記事についてブログを書く
« サントリーホールでリハーサ... | トップ | テレビ朝日 じゅん散歩【ロッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

骨髄バンクチャリティー&各種スタジオイベント・思い出」カテゴリの最新記事