♪♪♪ひぃblog♪♪♪~二村広美のフラメンコな時間~ ほとんどお気楽。たまーにしつこく真面目。フラメンコ大好き☆

フラメンコ踊り 振付&演出 プロデュース。ひぃ先生による東京都新宿村スタジオでのフラメンコ教室レポートやライブのご案内。

Jaleo(ハレオ) フラメンコの掛け声

2012年02月28日 15時14分18秒 | 二村広美 フラメンコ舞台【ご案内とお礼・感想など】

フラメンコLIVEを観る時、ハレオ(掛け声)をかけられると何倍も楽しくなります

思った時に、思ったことを言えばいいのです

その 『思った時』 がどんなときなのか それが難しいのですが

わからないまま ハレオ を言うと、トンチンカンな空気にしてしまいますので

日本語の意味を覚えてから、ナチュラルな気持ちでどんどん声をかけて下さい

 

ハレオは客席からもどんどん歓迎

パルマ(リズムを刻む手拍子)は楽器の一部なので、どんなに上手く叩けても基本的にお客様は叩きません

 (拍手は大歓迎)

みんなで楽しむ時とかはお客様もパルマを叩く時もありますが、ショーの最中に叩くのはマナー違反なんです

私もお客さんの時は、ぜぇぇぇったい叩きません。指が動いちゃう時はありますが

その分、ハレオで舞台のアーティストを盛りたてて、一緒にフラメンコを楽しみましょう

 

JALEO(ハレオ)

 どんな時でも、グッときたら 『OLE!(オレ)』

 さぁ、いきましょう!! 『VAMOS ALLA(バモス アジャ)』バモジャーやバマジャーと聞こえます

 ○○ちゃんが素敵だったら 『OLE ○○!(オレ 名前)』

 綺麗だなあと思ったら 『OLE! LA GUAPA(オレ グアパ)』  男性はGUAPO(グアポ)

 フラメンコ初体験の方も言いやすいハレオ

 

 そうそう!ソレ!! 『ESO ES(エソ エス)』エソエーと聞こえます

 いい踊りね!! 『BAILA BIEN(バイラ ビエン)』

 いいギターだね!! 『TOCA BIEN(トカ ビエン)』

 いい歌だね!! 『CANTA BIEN(カンタ ビエン)』

 見た目だけじゃなくて、音楽や踊りもわかってきたら

 

クラスでも何度かご紹介していますが、そうでないのも掲載してみました

アーティストの音楽にもハレオをかけられるようになったら、フラメンコがより身近になるでしょう

 

私が自分にかかって嬉しかったハレオは

『OLE! FLAMENCA』 とか 『QUE TIENE ARTE!』 でした

スペイン語なだけなので、ハレオは民謡の合いの手みたいなものです。

 

みなさんもハレオでもフラメンコを楽しんでみてください

コメント