♪♪♪ひぃblog♪♪♪~二村広美のフラメンコな時間~ ほとんどお気楽。たまーにしつこく真面目。フラメンコ大好き☆

フラメンコ踊り 振付&演出 プロデュース。ひぃ先生による東京都新宿村スタジオでのフラメンコ教室レポートやライブのご案内。

チャリティーコンサート ありがとうございました

2011年07月25日 13時55分35秒 | 骨髄バンクチャリティー&各種スタジオイベント・思い出

土曜日に開催されました 命のつどい ふれ愛こんさーとへいらしていただきました皆様

ありがとうございました

出演した私を含17名の踊り手

映像プロデューサ-

緞帳総理大臣

お疲れ様でした

ビデオも緞帳も、お二人にお任せしてよかったです。ありがとう。

お願いした以上の照明効果をくれた、舞台監督さんにも感謝です

 

『みんなも育ってきたし、たまには一緒に出てみようかな』 

 というのが今回私も共演させていただいたきっかけなのですが、

発表会で私も1曲踊るとかとも違って、想像した以上に落ち着かず

前日に『これは、今回が最初で最後だな』と思っていたところで、

『先生と共演できるのが嬉しい』とか、『演出と出演で尊敬します』とか嬉しいメールをもらって

なんとか元気な朝を迎えました

私は通常のライブの時、必ず少し前に『よろしくお願いします』って共演の方全員にメールするのですが、

今回も業務連絡も交えつつ、LFMのみんなにも『よろしくね』ってメールしました。

一括メールだったのですが、意気込みと一緒にメール返信をくれる人

携帯の機能などにもよると思うのだけど、私のメールからそのまま全員に『よろしくお願いします』とメールしている上級生もいて、

短いそのメールに、感動したりしました

お仕事があったり、みんなから返信が来たら大変だろうとか、色んな気遣いやシチュエーションがあったと思うのですが、

想像していなかった素敵なことをしてくれた人がいたので、なんだか嬉しかったです

踊りだけじゃなくて、いろいろなことを共有して育ってくれているいる気がしました

 

当日も、初登場のみんなの名前を覚えようとしてくれていたり

必要な椅子を前もって準備してくれたり

椅子を並べた後の『オッケー』を出してくれたり

みんながちゃんと経験して、技術にともなった視野をもっていることも実感しました

 

前の出演者の後、緞帳がさがり、その間に自分たちで椅子を並べるのですが、

まず、中央の私が椅子を置き、隣の人からは事前に渡した『等間隔用』のヒモで間隔をはかり、並べていきます。

今回、入門の人が多めなので、横幅が広いと移動が大変かなと思い、狭めのヒモを渡していたのですが、

並んでみたらやっぱり舞台の空間にしっくりこなくて、『やっぱり妥協はだめだな』と思ったので、急きょ 

『広げて、広げて』 となりました

『踊る位置、ココ。 挨拶の位置、ココ』

と、両手を広げてみんなに言っても、あんまり聞いてないし

『椅子の間隔を広げる』って言ってるのに、ヒモではかってたり・・・・・・・

 

全員、私たちより前のジャズダンスくらいから、舞台袖にいたのですが、

なにぶんリハーサルを舞台でしないで、一発本番な私たちは立ち位置が心配で

1列目のライトが挨拶。2列目が踊るところ

2枚目のカーテンのところが挨拶。2枚目と3枚目の間が踊るところ

『今、あのコが踊ってるところが踊るところ

・・・・・・・って全部同じことを言ってるのですが、ウエーブの基準になったりする人にとっては、絶対間違えられないってことで、

何回も何回も確認してて

一回落ち着いたと思ったらまた『わからない~』って言いだしたり・・・・・・・

お子様が静かに待っているのに、派手な衣装とメイクの大人が、ずーっと『あそこだよね』って確認してる姿は

オモシロ映像以外、なにものでもなかったです。

アナウンスが終わったら曲がかかって緞帳があがるように指定している私は、

急いで椅子を広げてもらった後、始ってもいいポーズをしていたのですが、全然曲がならず、静かに待っていたら

目の前のユッキーがアバニコふりながら急に後ろに振り向いて『オッケーなの』 って言ってきて

私は大きくうなずくだけだったという

まったくどっちが先生なのかわからない感じもありました

・・・・が、なにぶん私は初出演ですので、

言わなきゃ始まらないことを知りませんでした

やっぱり、みんなの方が先輩でした

観に来て下さった方々も、私たちの出演前からお楽しみいただけたと思いますが、

緞帳が上がらなくても、私たちの本番は舞台袖から始まっていたと言っても過言ではありません

でも、ホント、今回自分が舞台上にいなかったら、椅子の間隔は保険をかけたままだったので、

共演者の一人として舞台にいてよかったです

入門のみんなも、堂々と踊っていたしね

 

今回の構成は、入門生がマントンと3番を踊るということで、これ以上負荷はかけないようにしよう

と思い、フォーメーション移動では上級生が踊っている部分を多めにしました。

これはただ単に『入門生に負担をかけない』ということからだったのですが、

やってみたらとても好評でした

 レベルの違う人がいることで、そこをカバーしようとして上級生がより上級生として伸びることを知りました。

今後も、各パートのクオリティーは要求して、前後の移動でメリハリをつければいいことがわかりました

発表会や、次回にいかしたいです。

観に来てくださったお友達や御家族には、『先生がどれだかわからなかった』ということで

大成功でございます

みんな、堂々としていたからね

踊っている最中、みんなの空気を感じたし、ハレオも聞こえたし、すごくいい時間でした。

みんなに支えてもらって、一緒に踊れた気がしています。

どうもありがとう 

 

打ち上げも、大変楽しく飲めて一人ずつ感想も言ってもらい、とってもいい1日でした

感想の時に、自分の反省点を正直に言ったり、お世話になった人に『○○さん、ありがとう』って言いあうのとか、素敵ね

なかなか言えなくて、帰り際にわざわざ言いに言ってる人とか、踊ってない時も素敵だなぁってみてました

素敵な人がいっぱいいることも、再確認できました

無事におわってよかったです 

次回は来年の6月2日(土)だそうです

まずは10月22日(土)発表会頑張りましょうね

私は今週木曜日。アルハムブラも頑張ります

今日もこれからお稽古してきます。頑張るぞ!!

今後ともよろしくお願いします

 

文章がおかしいところもあるのですが、時間がないためこのまま見直しをせずにUPします。

1時間半かかってんのよ!ごめりんこ

コメント (5)