♪♪♪ひぃblog♪♪♪~二村広美のフラメンコな時間~ ほとんどお気楽。たまーにしつこく真面目。フラメンコ大好き☆

ひぃ先生による東京都新宿村スタジオで行うフラメンコ教室レポートとライブ案内。
おしゃべりやお酒。スペインのことなど☆

フラメンコが何かの力になるきかっけになりますように

2018年09月07日 21時54分37秒 | Weblog

2018年9月2日(日)

骨髄バンク登録推進運動 命のつどい ふれ愛こんさ~と

なかのZEROホール

 

1回目に出演した2008年から10年が経ちました。骨髄バンクのチャリティー舞台。

私たちはいつも【セビジャーナス】で出演させていただいています。

朝の11時から21時頃まで、たくさんの団体が出演するこのチャリティーは当日に会場でのリハーサルはなく、事前に打ち合わせが出来るもののほぼ「ぶっつけ本番」といってもよいでしょう。

初めて出演した時、私達の教室は大きな劇場で踊ったことがないにも関わらずぶっつけ本番ということで、「どうやって綺麗にフォーメーションをみせようか」と考えた末に、椅子を置いて「場所の目安にする」という演出にしました。

椅子を並べるのも自分たちで行うため、緞帳を下げていただき、その間にお客様が減らないようにアナウンスを入れて頂いたりしています。

初めての出演で踊り終えた後に、出演したみんなが安堵の思いから廊下で泣いていたことを思い出します。

そしてこの椅子並べが10年続いていますが、思いのほかこの椅子は演出にもなくてはならないものになりました。

 

3回前後くらいずつ同じ曲を踊ってきていますが、毎回メンバーは違います。

ずっと出演している生徒がいたり、「次は絶対でたい」と言ってくれる新しい仲間がいたりしながら、クラスの枠を超えた舞台で、これからも絶対に続けようと思う、私たちの教室にとっては欠かせないイベントとなりました。

 

そして今回は、初めて出演の人はいなかったけれど、久しぶりに出演できる生徒もいたりして、新しい空気の中で本番を迎えました。

何度も出演している生徒とそうでない生徒では、踊りの技術とは別にフォーメーションの移動の仕方などの理解が違います。

理解が違うと動くスピードも違うので、動線が読めずギリギリまで心配でした。

「チャリティーだから大丈夫」と私はよく言うのですが、それは「間口を広くしたい」ということで「完成度が低くても大丈夫」ということではなく、むしろ「出来ることを精一杯しなくては」と思って構成しているので、出演する生徒が最終リハーサルでも立ち位置や移動を心配そうに踊っていると、心のなかでは完全にキレている私がいました。

でも、そこはチャリティーなので、みんなが楽しめて「出演してよかった」と思わなければなりません。

なので「今できる最高を!!!」と思って、もはやどこにチャリティー精神があるのかわからなくなりつつ、とにかくみんなが笑顔で踊りきれればよかったことにしよう!!!と、当日、会場に向かう前に行っている自分たちだけのリハーサル(新宿村スタジオにて)に大きな心で行ったのですが、その心配は不要だったのか、その日のみんなはちゃんと踊っていました。

1時間のうちで、紐や椅子の並べ方を2回して2度通しましたが、みんなのスイッチはちゃんと入っていて、今回の8名全員が私が育てている生徒の踊りをしていました。

あの踊りを最後のリハーサルでしてくれていたら、構成とか振付関係なく、みんなの「素敵」をもっと舞台にのっけてあげられるのになぁ・・・と思ったりもしましたが、全員の心が舞台に向かっていたことに感動しました。自分の心のハードルが下がっていたのかもしれませんが、ちょっとびっくりしました。

最後の仕上げに「本番ではどんな気持ちで踊りますか?」と一人ずつ聞いて、みんなが自分の言葉でこたえてくれて、とにかく笑顔で踊りきることをみんなの目標にしました。

楽屋ではみんなのメイクを最終しあげしたり、円陣を組んだり、お菓子を交換したり、いつもの光景がありました。みんな素敵な踊り手であり、すてきな人です。

本番はみんなでハレオをかけあい、とても晴れやかな笑顔でのびのびと踊っていました。oleeeee!!!

私一人では、どんなに練習してもあのセビジャーナスはできません。みんながいることが私の幸せであり、やりがいです。

LAS FLORES MIAS。いい仲間だね☆

そして、打ち上げも全員で美味しいお酒を飲み、5時間も飲み続ける。みんな大食いで酒豪です。

また次もこのメンバーと、そして今回は出られなかった人も一緒に、セビジャーナスを踊りたいと思います。

健康で大好きなフラメンコが踊られて、仲間と一緒にひとつのものをつくる。

その喜びとエネルギーのきっかけが【骨髄バンク登録推進運動 命のつどい ふれ愛こんさ~と】であることにも感謝です。

 

私は、芸術は生きるエネルギーになると信じています。

フラメンコを通して、何かの力になれるきっかけになりますように。

命のつどいのみなさん、愛情のあるビデオワークをしてくれた「東京ハイビジョン映像」さん

ちょっとの出番のに応援にいらしてくださったみなさんとお花ちゃん。

ありがとうございました。

次回の出演は、来年2019年8月31日(土)なかのZEROホールです。新曲にしようかな★




 

本番【フラメンコ★セビジャーナス】













【出演】

LAS FLORES MIAS 踊り手有志 8名

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018年9月2日(日)骨髄バンク... | トップ | 中野坂上のセマナサンタ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事