あらよっと大作戦

荒くれ・酒盛り・若干の鼻唄 三拍子そろったトレラン&プロレス噺。

再起動

2020-10-04 | 携帯更新(観戦記/気になったコトなど)
10年ぶりに、再開します。
コメント

blogの引越し先が決まりました。いままで、観覧ありがとうございます☆

2012-12-13 | このブログについて


心折れ部のチームメイト、エディさんと羊さんが、トレイルランニンブランド
Mountain Martial Arts(MMA)」を立ち上げました☆

ご縁がありMMAの公式blog内にわたしのblog「あらよっと大作戦」を
引越しさせていただきました。

新アドレスは、

http://mountain-ma.com/kyow/

blog名は「あらよっと大作戦」のままです。

旧blogはニーズがありそうな記事(レースの参加記録など)を加筆して
移行していこうかと思います。

MMAと合わせて、これからもよろしくお願いします。
コメント

お知らせ<ブログ引っ越します>

2012-12-02 | このブログについて
どうも使用しているプラウザとgooblogの相性が非常に悪くなったので、
12月中旬にブログを引っ越します。

あんまりプログラムに詳しくないので、gooblogのデータも移転させるか
どうかは考えてませんwたぶん、このblogはこのまま残すかします。

移転先が決まりましたら、またご報告します。
コメント

IGF/INOKI BOM-BA-YE 2012、小川vs藤田戦決定☆ださい

2012-12-02 | プロレス/総合格闘技
オーちゃんじゃあ・・・

大晦日イノキボンバイエで小川vs.藤田の初対決決定 【スポナビ公式】
大晦日に開催されるIGFプロレスリング「INOKI BOM-BA-YE 2012」(東京・両国国技館)
に関する会見が26日に都内・ホテルで行われ、“野獣”藤田和之vs.“暴走王”小川直也の
一戦が第1弾カードとして発表された。


IGFしかりハッスルしかりオーちゃんじゃあ、エースは難しいよね~♪
だよね~♪だよね~♪

藤田選手は、集客力というより「強さ」でエースです(キッパリ)と納得できる
選手なわけだし、そのうえオーちゃんに毒舌をはいてますね↓

藤田 あいつプロの試合でちゃんとした試合したことないでしょ? いまだに何か
みんなが小川を特別視して言うのは、あいつはアマチュアだから。
結局はアマチュアから抜け出ていない。プロのリングでやったことって、
寝首をかいたようなことで、ちゃんとしたことをしていない。戦いで見せてない。
あんなことしてありだったらプロレス界がダメになってしまう。
だから俺が大掃除する。普通に競技の試合ではなくて、果たし合い、最終的には
潰し合いになってしまう。そういう試合になると思う。これからプロレスも格闘技も
盛り上がっていく時に、あんなズルい奴、ダメな奴は全部掃除しないといけない。
ああいう半端な奴がいるとダメなんです。

すごく真っ当な意見のようなww
ルールはなんだろ?IGFルールになるのかな。

さておき、藤田選手といえば、最後に新日にあがったときにみせたフランケン・シュタイナー
をもう一度みたいような。
コメント

北から表に。丹沢縦走、再び。

2012-11-26 | ハイキング
11月3日の八ヶ岳スーパートレイルを終えてから、走ってないw
さらに、体重が自己ワーストを再び更新という状態になりまして、
3連休に丹沢にいってきました。

ちょうど、紅葉のシーズンでもあり、考え事をしながら山歩きするには
ベストなシーズン。蛭も行動が少ないのもよし。

1年半前に同じルートを走った際に、28Kくらいで7時間くらいの行動という
記憶があり、予定ルートは東野⇒姫次⇒蛭が岳⇒丹沢山⇒塔ノ岳⇒鍋割山⇒大倉
だけど、記憶違いで距離も短かったため、塔ノ岳⇒三ノ塔⇒大倉の計26K程度、
時間として8時間とゆる~い感じで早歩きしてきました。

このルートが好きな理由は、

・中央線住まいとしては、表の渋沢駅等よりアクセスが楽
・寝坊な私としても、藤澤駅発7:55のバスに間に合わなければ、
 次は10:40くらいになるため、必死でも起きる
・表丹沢に比べて、圧倒的に人が少ない
・東野のバス本数に比べ大倉のバスが多いため、帰りの時間に縛られることない
・ワンウェイコースなうえ、お腹がすいたら、山小屋3箇所で補給できる



とりあえず、蛭ヶ岳。

表だと6時間30分くらいの工程ですが、ゆるランといっても、東野から姫次
まで一気に標高を稼ぐ(といってもキタタンの姫次登りほどではない)ため、
ほぼ歩き。東野バス亭~登山口~姫次まで、1時間50分程度。
姫次~蛭ヶ岳までが1時間と、バスのアクセスに50分くらいかかり、
一日の本数も限りがありますが、日帰りで蛭ヶ岳を狙うならこのルートがベスト。

早歩きと書いてるのは、この取り付き以外に、蛭ヶ岳・丹沢山の鬼の階段コンボと
鎖場や板のトレイルが多いうえ、この日はぬかるみが多く、走れるところが
少なかったからです(という言い訳)

この日は、速乾長袖&半袖Tとゴアのウィンドウジャケットで行動してましたが、
はっきり言って寒かったです。長袖に換えてキャプ3~4にしてもよかったかも。

あと、丹沢でみかえたトレイルランナーの方がテルモスにお湯を入れていて、
スープを飲んでましたが、次回は真似したいです。
バナーを持つほど重くしたくはないし、お湯が沸くまで寒いのもイヤだし。



これは、姫次からの富士山。眺めもよし。

丹沢山で女将さんとばったりであったりと、表に近づくにトレイルランナーに
あいましたが、私はというと、クライミング用の軽量ザックとはいえ、
CASSINの28Lクラスを担いでまして、スタイルはトレイルランというより、
カモシカ登山といういでたちでした。



三ノ塔の休息小屋。モダンだな。
ここから、大倉までを三ノ塔尾根で降りたんですが、大倉でバス待ちが長かった。
高尾とは比べられませんが、バスを2台に増便されていましたが乗れず、
次のバス待ちでした。

表丹沢は、まだ紅葉もシーズンインしたばかりのようで、年内にもう一度くらい
いきたいと思います。
コメント