お絵描き日記~イラストレーター照井正邦

職人、照井正邦の似顔絵、意匠など。画力の向上を目的に練習しています。

時事川柳210103(詩)

2021-01-03 06:38:57 | 作詩・ヤバソン画談
狭くなる自由という名の額縁
コメント

時事川柳210102(詩)

2021-01-02 10:02:04 | 作詩・ヤバソン画談
ググッても知ってる事しか出てこない
コメント

時事川柳210101(詩)

2021-01-01 12:16:23 | 作詩・ヤバソン画談
今想う体育館の予防接種
コメント

シャレニナラナイ話(詩)

2020-12-27 18:02:56 | 作詩・ヤバソン画談
素描で、写実的というのが不自然に思えたので、自然に描いていた
形をはっきり描かなくなってきて印象を描いていると勘違いされた
意図的に表現するのも嫌だった
似顔絵でもファーストインプレッションを大事にする人と、
エクスプレッションを大事に描く人がいた
シャレニナラナイ話だ
コメント

ふざけた話(詩)

2020-12-26 19:22:28 | 作詩・ヤバソン画談
発想が貧困だった
苦手な発想を鍛えたら
おらが集まりでアイデアマンになりそうになった
慌てて絵を鍛えたら
発想が貧困に思えるようにまでなった
ふざけた話だ
コメント

モチーフ(詩)

2020-12-26 19:07:48 | 作詩・ヤバソン画談
モチーフを渡されて描いていた
モチーフが渡されなくなるなんて思っていなかった
モチーフがなくなっていた
キャンバスは真っ白
景色は真っ暗
なんだか最悪ではあるが絵を描くにはもってこいだ
さて、どんなモチーフを描こうか
コメント

絵を習いに(詩)

2020-12-17 17:31:31 | 作詩・ヤバソン画談
下書きなしで、一回で、息を止めて…先生の言う通りに全て描けなかったが、絵ではなく文字を書く先生だった
コメント

徒歩(詩)

2020-12-17 17:22:12 | 作詩・ヤバソン画談
エスカレーターに乗っていたが、靴ひもがほどけていて降りた。
それに乗っていた人は、エレベーターに乗るという。
それに乗る人は、靴ひもを結ぶ必要のない靴を履いているという。
階段を利用しようとしたら、エスカレーターになっていた。おそらくあれに乗ることになるから、徒歩にした
コメント

創作モノがたり1(詩)

2020-12-17 14:54:56 | 作詩・ヤバソン画談
ピンパンポンは王を幽閉し、ピンパンポンキングスに。彼らは、ピエロを犯(おか)しい人として幽閉した。キングスの街の人々は、なぜかピエロのようになって増え続けた。キングスはあわてて自分たちはピエロズだと言い出し、幽閉されたピエロを王にし罪をきせようとしたが、牢に元王もいることを忘れていた
コメント

線描(詩)

2020-02-01 16:32:18 | 作詩・ヤバソン画談
静寂な
無心の線の
シルエット
直線さえも
滑らかになり
コメント