競馬マニアの1人ケイバ談義

がんばれ、ドレッドノータス!

ラヴァーズキッス、初戦2着でした

2011年01月31日 | Weblog
29日土曜日、我が一口愛馬ラヴァーズキッスが2着になってくれました。

当馬のデビュー予定は、第1回東京3週目でした。しかし、今関東地区では新馬戦に出走希望の馬が多いらしく、2回除外されないと出走できないとか。それで3週目の出走を狙い1週目に登録したところ、なぜか抽選勝ちしてしまい、調整が不十分なままの出走となったようです。しかも、騎手の手配さえままならなかったらしく、去年複勝さえ絡むことがなかった高橋智大騎手が鞍上。最悪の状態でのデビューとなってしまいました。
ちなみに、ラヴァーズキッスの最終オッズは26.3倍。7番人気。案の定、人気はありませんでした。

いよいよスタート。ラヴァーズキッスは五分のタイミング。が、2完歩目からが速く、一気に先頭へ。
わが世の春とばかりに、気持ちよさそうに先頭を走るラヴァーズキッス。しかし、ここはホームストレッチが500m以上ある東京競馬場です。どこかで捉まることは、目に見えてました。が…
直線の坂を登っても、後続に3馬身差以上の先頭。これはもしや…と、一気に期待が膨らみました。が、次の瞬間、1番人気のサクラゴスペルが2番手集団の内をすくって伸びてきて、ラヴァーズキッスを一気に交わしてしまいました。
それでも2着。3着との差は0.3秒ありました。想定より2週間早くデビューしての2着です。完調なら勝ってたはずです。中途半端な調整で出走したのでその反動が怖いですが、もし問題なければ、次で勝ってくれるはずです。

実は私は、当馬の母ラヴァーズナットも1口持ってました。その縁で1口乗った馬です。
母は東京競馬場ダート1600mだけで3勝挙げてます。しかも、全部追い込み。その仔が芝の逃げ馬とは、なんか不思議ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11根岸Sの写真

2011年01月30日 | 競馬写真
今日は東京競馬場に行ってきました。今日の東京競馬のメインレースは、G3根岸S。

去年の根岸Sはグロリアスノアが勝利しました。それ以来私は、グロリアスノアと相棒の小林慎一に注目するようになりました。当然今年の根岸Sにも登録してくると思ってたのですが、なぜか登録なし。で、調べてみたら、どうも調教師と馬主がケンカしてしまい、転厩してしまったようです。その直後、謀ったかのごとく、屈腱炎発症。しかも、脚2本も。これは長引きそうです。

 
根岸Sの1着馬はセイクリムズン。去年暮れのカペラSに続く、重賞連覇です。新星登場? いやいや、京都最終レースの勝ち馬の方がおもしろそうですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010年のアニメ第1位

2011年01月29日 | アニメ評価
私の主観たっぷりで勝手に選ぶ2010年アニメベス15。今日はいよいよ第1位の発表です。
アニメ作品部門第1位は、侵略!イカ娘でした。
公式HP http://www.ika-musume.com/index.html
テレビ東京HP http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/ika-musume/index.html

「イカ娘ちゃん」「イカ姉ちゃん」「イカの人」「イカちゃん」「イカ星人」

このアニメの評価は、「おもしろい」とか「感動した」とかのレベルでは語れません。すばり、「ハマった」です。こんなにハマったアニメは、私が深夜アニメを見るきっかけになったシスタープリンセス以来、いや、それ以上のものでした。
ともかく、ハマりました。1クールで終わってしまいましたが、もっともっと見たかったですね。放送中原作本が読みたくなり本屋さんに行ったのですが、4巻が1冊しか置いてありませんでした。たくさんの人がハマったようです。

最終回、なんの脈略もなく赤いベレー帽の女の子が出てきたけど、あれは2期に出てくるキャラクターなのかな?

テーマ曲部門第1位は、侵略!イカ娘のOP、侵略ノススメ☆(ULTRA-PRISM with イカ娘)でした。
フルサイズ http://www.youtube.com/watch?v=3F15hNl4Mfo&feature=related
ULTRA-PRISMHP http://ultra-prism.com/

このアニメで初めてその名を聞いたユニット、ULTRA-PRISM。調べてみたら、男女2人組でした。
女性の方は、月宮うさぎ。プロのコスプレイヤーで、衣装も自ら作ってるとか。注目は男性の方。小池雅也。そう、あの桃井はることUNDER17を組んでた、アノ人だったのです。
UNDER17は2004年暮れに解散したようです。それ以来、私は小池雅也とゆー名前を聞くことはなかったのですが、彼はこの世界に残り、地道に活躍してたようですね。

ちなみに、桃井はるこの方の当チャートの最高順位は2位。2007年瀬戸の花嫁のOP曲、Romantic summer(SUN&LUNAR名義)です。ただ、モモーイの曲の方が印象に残ってますね。モモーイのときは、ぼくらののOP曲、アンインストール(石川智晶)があったので、1位を獲れなかったのです。

2010年はアニメ作品部門・主題歌部門とも、1位は侵略!イカ娘でした。これは当チャートをつけ始めて以来の快挙。
また主題歌部門1位&4位は、2002年、東京ミュウミュウ(この頃は、土日午前中に放送していたアニメも評価の対象でした)のED曲恋はア・ラ・モード(東京ミュウミュウ)が1位、OP曲my sweet heart(小松里賀)が3位になったとき以来の快挙でした。

私は当チャート6位のところでテレビ東京のアニメを散々こきおろしましたが、なんだかんだと言っても、テレビ東京は良質のアニメを提供し続けてくれてます。ま、当アニメも、8位の神のみぞ知るセカイも、テレ東は直接的には製作にタッチしてませんが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010年のアニメ第2位

2011年01月28日 | アニメ評価
私の主観たっぷりで勝手に選ぶ2010年アニメベス15。今日は第2位の発表です。
アニメ作品部門第2位は、Angel Beats!でした。
http://www.angelbeats.jp/

お空の死んだ世界からお送りしますお気楽ナンバー
死ぬまでに喰っとけ麻婆豆腐
Ah~麻婆豆腐 麻婆豆腐

このアニメ、難解な場面が多かったですね。また、登場人物がやたら多く、それが難解さを増してました。私はどうも登場人物が多いアニメは苦手です。
しかし、主人公の音無結弦と天使ちゃんこと立華かなでの交流だけを切り取れば、かなり感動的なストーリーでした。
最後のかなでの告白、あれはかなりの衝撃でしたね。しかし、ドナーとして心臓を提供しちゃうとあの世では心臓(の鼓動)がなくなってしまうとなると、眼球を提供した人はどうなってしまうんだろ? 屍姫のすなこや千鶴みたいな目になる?

4位・3位・2位の作品は、カドカワアニメでした。昨今のアニメの世界では、角川さんには一切逆らえませんね。

転生した音無くんと天使ちゃんに幸あれ。

テーマ曲部門第2位は、B型H系のOP曲、おしえてA to Z(田村ゆかり)でした。
テレビサイズ http://www.youtube.com/watch?v=ys4qbUTgBU8&feature=related
フルサイズ http://www.youtube.com/watch?v=mD0dmKv8x0s&feature=related
田村ゆかりHP http://www.tamurayukari.com/

田村ゆかり嬢、2010年当チャート2度目の登場です。2作目は2位でした。
前にも書きましたが、堀江由衣嬢は当チャートで3度3位以内に入りましたが、同じ年に2曲同時にベスト10入りさせたことはありません。田村ゆかり、堀江由衣を超えたかも?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010年のアニメ第3位

2011年01月27日 | アニメ評価
私の主観たっぷりで勝手に選ぶ2010年アニメベス15。今日からいよいよベスト3、第3位の発表です。
アニメ作品部門第3位は、そらのおとしものfでした。
http://newtype.kadocomic.jp/soraoto/

ねぇ、お姉さま、愛ってな~に?

2009年2位に続いて2010年3位でした、そらのおとしもの。当チャートで2年連続3位以内は、ひぐらしのなく頃に(2006年3位、2007年3位)以来の快挙。ただし、このアニメ、1期を100点とすると、今作は65点程度でしたね。
このアニメ、1期はギャグの部分は徹底的にふざけ、シリアスな部分はとてもハートウォーミングに描かれてましたが、2期はその切り替えがうまくいってなかったように思えます。わざと境界線をぼかしたのかもしれませんが、そのへんのメリハリはきちっとして欲しかったですね。
もう1つの減点材料、それは最終回。あの最終回はないでしょう。その1つ前の最終決戦の話を最終回にすべきだったと断言します。このアニメにおけるふざけた話は大好きでしたが、最終回はきちんとまとめて欲しかったですね。

このアニメでもっとも印象に残ったキャラクターはカオス(第二世代エンジェロイド、タイプイプシロン)。彼女を創り、地上に派遣したシナプスのマスターは、イカロスの可変ウイングを回収することを彼女に命じてますが、当のカオスは目的は、愛を識ること。しかも、最初の戦いに敗れ海の底に沈められたカオスは、愛とは傷つけること、殺すことと誤認識してしまいます。
そして、2戦目。執拗にイカロス・ニンフ・アストレアをいたぶるカオス。その鬼気迫る演技にすごいモノを感じました。
このキャラクターを演じた声優は豊崎愛生。私的にはかなめもの中町かな、ご同輩的にはけいおん!の平沢唯で有名だと思います。が、ここまで演じきれる声優とは、思っても見ませんでした。豊崎愛生、甘く見てはいけない声優だったようです。
カオスの「愛して殺して! 愛して殺して!」の台詞の連発は、この声優の名前のパロディだったのかな?

しかし、ニンフ・アストレアに続いてカオスまで智樹&イカロスに寝返ってしまうとは、シナプスのマスターって、どこまで人望の薄い男なんだ?

ダイダロスが尼~ずの一員に見えたのは、私だけ?

このアニメも、今年劇場化されるそうです。

テーマ曲部門第3位は、オオカミさんと七人の仲間たちのED曲、赤頭巾ちゃん御用心(OToGi8)でした。
テレビサイズ http://www.youtube.com/watch?v=F0kUwkEF3yo
フルサイズ http://www.youtube.com/watch?v=rkmfc7Y06bg&feature=related

最初この曲を歌ってるOToGi8は、当アニメに出演している女性声優によるユニットだと思ってました。が、どうも学芸会ぽい歌唱力が気になり、調べてみると、文化放送で放送されてる超!A&Gミュージック+TVとゆー番組の中で結成されたユニットだったようです。
しかし、このグループ、存在感がイマイチですねぇ… せっかくのインパクトのある曲が台無しです。当アニメにレギュラー出演してる女性声優を見てみると、伊藤静・伊藤かな恵・堀江由衣・川澄綾子・こやまきみこ・豊崎愛生。みんな、それなりの歌唱力を持ってる声優です。この人たちに歌わした方がよかったんじゃないですか?

CDのレーベルはフライングドッグ(ビクター系)。こちらは最初、ランティスだと思ってました。
この曲を最初に歌ったのは、レイジー(LAZY)とゆーバンド。みなさんご存じの通り、レイジーのヴォーカルだったミッシェルは、ランティスレーベルの現場のリーダー的存在、影山ヒロノブ氏、キーボード担当だったポッキーは、アニソン界一のレコーディングプロデューサーで、ランティスレーベルの社長、井上俊次氏。そんなわけで、当然この曲はランティスの曲だと思ってたのですが…

昔赤頭巾チャチャてアニメがありました。あのアニメを見たとき、「赤頭巾ちゃんご用心が主題歌だったらいいのに」と何度か思いましたが、まさかこのアニメで使われるとは思いませんでしたね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11川崎記念の写真

2011年01月26日 | 競馬写真
今日は川崎競馬場に川崎記念を観戦しに行ってきました。

川崎記念はほぼ毎年見てるのですが、今年の川崎記念は見る価値のないレースでした。フリオーソ以外の有力馬が次々と回避してしまい、どう考えてもフリオーソの勝利。で、思った通り、フリオーソの圧勝。なんと、単勝1.0倍でした。

 

 

地方競馬の競馬場でビッグレースがあると、たいてい入場時にスピードクジを配布してます。それに的中すると、その日のレース名が付いたグッズがもらえます。
今日そのグッズが当たりました。当たったのはニット帽。紺色一色のどこからどう見ても、おじさんくさいものです。外観上はふつーのニット帽ですが、中に「第60回川崎記念」のタグが付いてました。
そういえば、去年暮れの東京大賞典では、ムダに豪華な桐の箱に入ったグラスが当たってました。馬券は当たらないのに、なぜかこーゆーものは当たるんですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/01/24付我がPOGの順位

2011年01月26日 | POG10-11
文中、◎は馬三郎指名馬、▲はUMA-JINの指名馬、△はUMA-JIN地獄モードの指名馬、▼はnetkeibaの指名馬、▽はniftyの指名馬です。

先週我がPOG指名馬は、リアル一口馬でもある▼▽リーアノンが未勝利戦に出走。おしくも6着に終わりました。

今週は東京のダート1600m一般戦に▲アルゴリズムが出走予定。同じ日の芝2000mの一般戦には、▼ルルーシュが出走予定になってます。

現在の我がPOGの順位です。

馬三郎(5頭指名可)     6580P/2122位
①アドマイヤコリン      1020P
②カフナ            900P
③プレイ            2760P
④ホーマンフリップ       1900P
⑤レッドディアーナ

UMA-JIN(10頭指名可)  13405P/9320位
①プルスウルトラ       700P
②カフナ             900P
③コティリオン        2080P
④アドマイヤセプター    2430P
⑤プレイ            2760P
⑥ホーマンフリップ      1900P
⑦アルゴリズム        575P
⑧アドマイヤコリン      1020P
⑨アドマイヤカーリン     880P
⑩セレブリティ          160P

UMA-JIN地獄モード(10頭指名可) 14635P/1237位
①ロジベアハート            330P
②オルフェーヴル           2940P
③マイネルデフィ              75P
④セレブリティ              160P
⑤ダンスファンタジア         5400P
⑥アヴェンチュラ            2980P
⑦リキサンマックス           500P
⑧ウルル                 790P
⑨ロジッツェル              510P
⑩トーセンケイテゥー           950P

netkeiba(10頭指名可)    10795P/17542位
①プレイ            2820P
②アドマイヤセプター     2470P
③ルルーシュ          1200P
④ヴィジャイ           1100P
⑤アドマイヤコリン      1040P
⑥インパクトゲーム       800P
⑦グルヴェイグ         710P
⑧アルゴリズム         615P
⑨リーアノン            30P
⑩トーセンレーヴ

nifty(10頭指名可)      8080P/2225位
①アルファホール
②リーアノン           30P
③マーレーヒル
④インパクトゲーム      800P
⑤ウルル             840P
⑥イグアス             20P
⑦アヴェンチュラ       3010P
⑧ファストカラー        260P
⑨ヒールゼアハーツ      30P
⑩レールスプリッター      90P
☆ボーナス点         3000P
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010年のアニメ第4位

2011年01月25日 | アニメ評価
私の主観たっぷりで勝手に選ぶ2010年アニメベス15。今日は第4位の発表です。
アニメ作品部門第4位は、デュラララ!!でした。
公式HP http://www.durarara.com/index.html
毎日放送HP http://www.mbs.jp/durarara/

これは、歪んだ物語。
歪んだ恋の、物語。

私は1週間に12本前後深夜アニメを見ています。そのせいか、すべてのアニメの登場人物の名前と顔を覚えることができません。前にも書きましたが、ストライクウィッチーズは2期全24話放送されましたが、すべてのキャラクターの顔と名前を覚えることができませんでした。
デュラララ!!はそんな私に気を使ってくれたのか、前代未聞の演出をしてくれました。なんと、全24話中、最初の8話ほどを登場人物の紹介に割いてくれたのです。しかも、1エピソード丸ごと1人の登場人物の紹介。これで私は、主要な登場人物を覚えることができました。さらに、主要登場人物のすべてが、かなり超常的で魅力的なことを知りました。
都会に憧れ、ネット上でカラーギャング団ダラーズを結成してしまった竜ヶ峰帝人。彼の旧友でダラーズの抗争相手、黄巾賊のリーダー紀田正臣。自分の悪事のため、ダラーズを実体化させた折原臨也。妖刀罪歌を操り、その気になればこの世を支配することができるのに、それを微塵も感じさせない園原杏里。アイルランドの妖精(デュラハン)で今は池袋の都市伝説、首なしライダーのセルティ。人知を超えた怪力で、セルティ以上に都市伝説な平和島静雄、等々…
登場人物を並べただけでも、このアニメの魅力がにじみ出てきます。

当アニメの全話を見て思ったこと。ダラーズの真のリーダーは、帝人ではなく、ドテチン門田京平だったのでは? 彼と彼の子分がいなかったら、ダラーズは実態を保てなかったんじゃないかと思ってます。

セルティは自らの首を取り戻すことができなかった。てことは、続編があるのかな?

ハラショー、ハラショー、露西亜寿司ヨ~ ウマイヨ~ ヤスイヨ~ オニイサン、ニゲナイネ~

テーマ曲部門第5位は、侵略!イカ娘のED曲、メタメリズム(伊藤かな恵)でした。
PV http://www.youtube.com/watch?v=mGoiCy-E63A
伊藤かな恵ブログ http://kana2542.jugem.jp/

去年2010年、もっとも成長した声優は伊藤かな恵だったと思います。ぶりっ娘でクセのあるしゃべりの林檎(オオカミさんと七人の仲間たち)、典型的なツンデレキャラの文乃(迷い猫オーバーラン)、ドジっ娘エルシィ(神のみぞ知るセカイ)等々、去年一年間いろんなキャラクターの声を完璧にこなしました。
歌唱の方も、この曲と迷い猫オーバーランのOP曲・ED曲で存在感を示しましたね。
所属事務所をみたら、青二プロでした。さすが声優の老舗青二プロ、基礎が出来てない声優は表に出しません。

この曲が流れるEDアニメでずーっと後ろ向きだったイカ娘が最終回振り返ったとき、なぜかほっとした記憶があります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010年のアニメ第5位

2011年01月24日 | アニメ評価
私の主観たっぷりで勝手に選ぶ2010年アニメベス15。今日からいよいよベスト5、第5位の発表です。
アニメ作品部門第5位は、薄桜鬼及び薄桜鬼 碧血録でした。
http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/anime/hakuoki/

生きてるんだか死んでるんだかわからない屍鬼の1つ上の作品は、生きてるんだか死んでるんだかわからない羅刹の群れが出てくるアニメ、薄桜鬼でした。
このアニメのすごいところは、新撰組の歴史をきちっとなぞってるところ。新撰組を扱った作品は過去にいくらでもありましたが、たいてい無視される甲州勝沼の戦い・流山での近藤勇の投降・宇都宮の戦い・会津の戦い・仙台の戦い等々が、きちっと語られてました。
私も新撰組に非常に興味を持った時期があったので、これには感服しました。ま、新撰組が初めて他の組織に襲撃された天満屋事件が語られなかったのは不満ですが。

当アニメの主人公は、架空の娘、千鶴。1期は千鶴の生い立ちと彼女の身辺に起きる出来事に主眼が置かれました。が、2期は新撰組の史実をなぞることに時間が割かれました。その分、オリジナルストーリーの部分がイマイチに。特にキーパーソンの1人、千鶴の兄、南雲薫があまりにもあっさりと物語から退場してしまったのは、非常に疑問でしたね。
作り手もそれを気にしてか、最終回は鬼一族のリーダー風間と土方歳三の最終決戦。しかし、あれはしらけました。風間は1期では要所要所に登場してましたが、2期での活躍はほとんどありませんでした。それをクライマックスに登場させるなんて… 
あれを提示するなら、史実通りに土方が戦死した方がずーっとよかったですね。
そう言えば、千鶴は最後の方で土方の小姓とゆー位置付けになりました。土方の史実上の小姓は市村鉄之助。市村は土方が戦死する直前箱館を脱出し、土方の故郷に土方の遺品を届けてます。当作品でも、この史実を尊重して欲しかったですね。

テーマ曲部門第5位は、そらのおとしものfのOP曲、ハートの確率(blue drops)でした。
テレビサイズ http://www.youtube.com/watch?v=j0sVf-Qnde8&feature=related
フルサイズ http://www.youtube.com/watch?v=HTCPr8KcjLc&feature=related

当チャート2010年第5位は、そらのおとしもの2期のOP曲でした。そらのおとしもの、2年連続で当チャートベスト10入りです。
ちなみに、blue dropsは吉田仁美と早見沙織のデュオ。2人とも声優です。早見沙織は当アニメでは主人公のイカロスの声を担当してますが、吉田仁美は当アニメには出演してません。では、blue dropsは当アニメ以外でも活動してるかと思えば、それもないようです。存在がちょっと不思議なデュオですね。

蛇足ですが、2009年11位は、blue dropsが歌ったそらのおとしもの1期の最終回のED曲、そばにいられるだけで(Main Vocal Saori)でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11AJCCの写真

2011年01月23日 | 競馬写真
今日は中山競馬場に行ってきました。今日の中山競馬のメインレースはアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)。しかし、我がメインレースは、リアル一口愛馬リーアノンが出走する京都5R未勝利戦でした。

中山競馬4Rが終わると、昼休み。まず場内のトンカツ屋で腹ごしらえをして、京都競馬専用のモニターの前へ。ちょうどパドックの周回が始まったところでした。
私がモニターを見始めた頃、リーアノンの単勝オッズは13.0倍前後をうろうろしてました。が、本馬場入場のあたりからはげしく人気が落ちて行き、最終的には20.7倍。これはよくない兆候です。

スタート。我が一口愛馬はなぜか出遅れグセがあるのですが、今日のリーアノンのスタートは五分。が、2完歩目から勢いをつけ、なんと先頭へ。
4コーナーまで先頭を死守するも、残り200mでロードハリアーに交わされると、そこから次々と交わされ、6着に終わりました。それでも、1着馬との差は0.3秒。このレースのメンツを考えると、そのうち順番が回ってくるんじゃないかと思います。

AJCCは1番人気のトーセンジョーダンでした。有馬記念0.3秒差5着は伊達ではありませんでしたね。ちなみに、2着は東京2500mと福島2000mを得意とするミヤビランベリでした。去年のアルゼンチン共和国杯馬と一昨年のアルゼンチン共和国杯馬で決まったわけです。

 

今日も競馬場内限定友人からいろいろとインサイダー情報を聞いてきました。今日の最大の話題は、リーチザクラウンのトレード。注目は、なんで西山氏はこの馬を買ったのか?、ではなく、なんで臼田氏はこの馬を手放したのか?
う~ん、細かいことを書きたいけど、いろいろとヤバいから、書かないことにします(笑
コメント
この記事をはてなブックマークに追加