まさるの一口馬主日記

「一口馬主」としての生活を中心に、競馬場巡り、旅やB級グルメの話題を致します。ヘラブナ釣行も5年目になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さらばミホノブルボン

2017年02月24日 23時39分33秒 | まさるの「この一頭」

私の家にはメジロマックイーンとミホノブルボンの1000ピースパズルが飾られています。


合宿に挑むまさる青年(20歳)はグリークラブに入団して1年が過ぎ、役職(サブパートリーダー)を与えられ複雑な気持ちで合宿に望みました。気持ち悪さはプレッシャーからです。
合唱と言っても男声合唱。色気はありません。文科系の部活ではありますが、練習は結構キツく、合宿が終わると部員が減るなんて事もありました。

府中文化の森で行われる合宿。最寄り駅から向かう途中で拾ったスポーツ新聞はダービー一色。合宿が終わって拾ったびしょ濡れの競馬新聞にはダービーと記されていました。その時の新聞は探せばまだ保管してあるかもしれません(笑)馬券は買いませんでしたが私が意識した始めてのダービーがこのミホノブルボンのダービーでした。それは、私が真面目に競馬を始める直前の出来事でした。本格的に競馬に踏み込んだのはこの後からです。


私はミホノブルボンのドラマをダービー圧勝の後に知りました。努力と根性と人の熱い思いで距離不安を克服した話は私に競馬はギャンブルだけでないと思わせた大切な馬。その後、夢中でブルボンやマックイーンの記事を貪り読みしたのを思い出します。あの、血統のロマンに触れなかったら私はここまで競馬にハマらなかったでしょう。

ブルボンの菊花賞は私の26年の競馬史で3本の指に入るベストレース。
厳しいトレーニングを乗り越えてブラウン管の中に現れたブルボンは素晴らしい体をしていました。後にも先にもあれ程の筋肉を纏ったサラブレッドを見たことはなく、私はミホノブルボンの三冠を信じて単勝馬券を握りしめて杉本清さんの名調子に必死の思いで応援していました。ブルボンは決して長距離をこなせる馬ではありませんでした。しかし、最後の差し返しを見ると今でも涙が出てきます。本当に強い馬でした。



引退式の東京競馬場に私は使い方もロクに分からない一眼レフのカメラをわざわざ買ってブルボンに会いに行きました。パドックは劇混みでした。ブルボンの復活を待っていた全国のブルボンのファンが集いました。
今、そんな馬いますか?


ミホノブルボンは28歳で天寿を全うしました。安らかに眠って欲しいと思います。
不世出の名馬ミホノブルボン。間違いなくあなたは私のスーパースターでした。絶対に忘れません。あなたは間違いなく最強馬の一頭です。






iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

口取り参加で思った事

2017年02月19日 21時00分10秒 | まさるの「この一頭」
来週からしばらくの間、競馬場は行けない見込みなので、予定を入れ替えて2週連続で東京競馬場に行くことになりました。まず当たらないと思っていたストレンジクォークの口取りが当たったからです。もちろん初めて。キャロットは馬の抽選も当たりませんが、口取りも当たらないクラブ。まして勝てる見込みの高い馬はここ数年当たっていません。たまたま指定席もキャンセルが出ており、即座に押さえました。決まってからは案外とスムーズに競馬に行ける事になりました。


前回、わざわざ関西に遠征して苦手の重馬場で酷い競馬をして惨敗してしまい、ダメージが残っているのでは、と正直不安な気持ちが強くありました。
久しぶりに見るストレンジクォークは以前にもましてゆったりとパドックを闊歩していました。前走がありましたから見方によれば元気がないとも見えてしまい、少し不安なパドックでしたが、舌を出しながらリラックスしていました。







ノンビリとしていますが、脚の踏み込みは力強いし、キビキビと歩いていますから大丈夫だと判断し、馬場に足を運んで返し馬を見ます。さすがに馬場に入ると気合いが乗ってきます。
最近、私はパドックと同等に返し馬を注意して見ています。見てすぐに「あぁ、大丈夫だ」と感じました。ルメールとストレンジクォークは颯爽と私の前を加速しながら駆けていきました。サラブレッドは本当に速いですね。凄いスピードです。




引っかかることを想定して後方からの競馬。レースはスローで流れていたので嫌な感じがしましたが、ルメールもこの馬が終いの脚を持っている事もわかっていますから慌てません。最後、外に出して33秒台の脚で見事差し切り。私自身、今年の初勝利、今年初の口取りとなりました。



口取りの為にウィナーズサークルに向かう中で、馬が馬場から引き上げてくる地下通路を我々も通るのですが、レースが終わって帰ってくる馬たちを見ると、どの馬も激しく呼吸をしており、お腹も大きく膨らんだり凹んだりしています。こんなに一生懸命走っている馬たちに私は毎週、なんと失礼な言葉しか出てこないのだろうと最近の自分を反省しました。

最後にストレンジクォークもルメールと共に帰ってきましたが、ルメールは結構厳しい表情で、何となく肩で息をしているかに見えました。500キロのサラブレッドを御する事はかなりの重労働。ましてやストレンジクォークは引っかかる馬ですからルメールも大変です。朝から乗っていますから疲れが出てきたのでしょう。ルメールも疲れています。私には軽い衝撃でした。あのルメールでもこれ程までに疲労し、ひとレース毎に様々なプレッシャーと戦いながら懸命に騎乗しているのです。
普段、テレビでしか競馬を見ていない人には、競馬場でサラブレッドの息遣いを感じて欲しいです。騎手の汚れた顔や、必死の形相を見てください。スマートに見えますが、レースが終われば騎手は泥まみれ、馬も砂つぶや土の塊が顔に当たり、目に入りながらも懸命に走るその姿を間近に感じるべきだと思います。私はここ数年は必ず指定席でしたから久しぶりの感覚でした。そうだ、これが生の競馬だったのです。私こそ生の競馬を感じないといけなかったのです。

口取りの際、ルメールは「おめでとうございます」と我々に向かってにこやかに言葉をくれました。本当に頭が下がります。

キャロットはストレンジクォーク→エピカリス→メートルダールと3連勝。いずれも強かったですが、ヒヤシンスSのエピカリスは順調ならドバイに行くとキャロット社員が言っていました。ゼッケンを持って記念撮影をしていて、その場は昔で言うレクチャーに似た場所みたいになっていて多くの会員さんが質問していました。レクチャーが復活していたのには嬉しかったです。今後は記念撮影に顔を出して、社員さんからちょくちょく話を聞いてみようと思いました。馬券を買うより面白いですからね。
愛馬は勝ってくれたし、馬券も大幅プラスに終わり、久しぶりに楽しい競馬観戦となりました。
やっぱり一口馬主は一人でやってはいけませんね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アルーアキャロルまた骨折!

2017年02月15日 20時59分30秒 | まさるの「この一頭」

アルーアキャロルがまた骨折してしまいました。冗談抜きに走るたびに骨折しているイメージです。


キャリア5戦で3度目の骨折には言葉もありません。レースをした後、脚は大丈夫でも体質が弱くて続けて使う事は出来ずに、この馬は一度走ると3〜5ヶ月間が空いてしまいます。しかし、今回の剥離骨折は程度がやや悪く、半年位は掛かりそう。いよいよ来たかと半ば諦めに似た気持ちに。


デビュー当時は夢を見ましたが、もう引退でもいいかなと思うようになりました。こんなに脚元や体質が弱い馬では今後に期待をかけるのもかわいそうです。牧場も厩舎も調教を加減しないとならないでしょうし、馬にも痛い思いはさせたくはないですからね。残念です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

去年の反動が

2017年02月14日 19時21分14秒 | 今日の日記
まず負けないと思っていた平場戦でのアルーアキャロルの惨敗が今年の私の全てを物語っているような気がします。レース後、私は東京競馬場の指定席からしばらく動けませんでした。焦点が合わない虚ろな目をしていたと思います。唯一の救いはアルーアキャロル馬券をちょっとしか買っていなかった事。パドックを見て、まず負けないと思っていたので、いつものテンションならば2〜3万は負けていたかもしれません。本当に良かったです。
しかし、何となく感じましたが、恐らく我が陣営は今年はこのままでしょう。現役馬もケガをしている馬以外は大体ひと通り走りましたから何となく見えてしまいました。過度な期待はしないようにします。

昨年、過去最高の勝利数でしたが、今年はクラスが上がった馬が多いのでなかなか勝てません。これはわかっていたこととは言え少々キツイ。やむを得ないと言ったところか。特に深刻なのは明けて3歳馬がまだ一頭も勝ち上がることが出来ていないこと。この事態を受けて、昨年狙っていた社台(サンデー)の抽選漏れで浮いたお金を使って過去最大頭数に出資しました。
厳寒期ですが先週、競馬場に行きました。愛馬たちはたくさん走ってくれています。愛馬の応援には力が入ります。勝てなくとも一生懸命に走っています。これからも大過なく無事にゴールを目指して頑張って欲しいです。

本年度戦績
26 戦 0 勝
(0-4-2-3-2-15)

iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の出走馬

2017年02月10日 15時53分22秒 | 今日の日記
今週は頭数が多く土曜日の予定です。
期待馬のレースに胸が高まります。

アプリコットベリーは昨年後半からだいぶ体質が強化されて調教をやっても馬体が減らなくなりました。母も走ったこのコースで頑張って欲しいです。

アップクォークは初の遠征競馬。重い馬場と合わせて対応できるかがポイント。私は重賞級の馬だと見ていますので、このクラスもいつかは勝てるでしょうが、早々にこのクラスに目処が立つ競馬を期待します。ムーアが確保出来なかったあたりが今回のレースの位置づけかなと。

アルーアキャロルの負けた相手は重賞連勝中のグレンツェントや川崎記念の3着馬コスモケンタッキー。どちらも今のダート界ではトップクラスの馬です。今回はまず負けないと思いますが、しっかり勝ち上がることが重要です。正直、ゴールデンバローズが怖い。向こうも休み明けですが厩舎力が怖いのです。


iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

星になったシングウィズジョイ

2017年01月22日 18時48分25秒 | 今日の日記
1/22(日)中山11R・アメリカJCC(G2・芝2200m)にルメール騎手で出走しましたが、直線入口で内の馬とぶつかる不利があり、その際に前の馬に乗りかかるような形で転倒し、競走を中止しました。その場で起き上がることができず、馬運車で診療所に運ばれました。依然として起き上がることができず、患部を特定するべく、検査を行ってきました。その結果、左上腕骨を骨折しているとの診断が下りました。少し時間が経過して、患部に腫れが出てきたことから、この部分の骨折と特定されました。骨折となるとこのあと意識が戻ったとしても立ち上がることは困難となります。そのため、たいへん残念ではありますが、JRAの獣医師から予後不良との診断が下され、安楽死の処分がとられることとなりました。
重賞を2勝し、エリザベス女王杯でも2着と活躍した本馬をなんとか繁殖入りだけでもとの願いがかなわず、このような事態となってしまい、痛恨の限りです。ご声援いただきました会員の皆様にとりましては誠に残念なことと存じますが、何卒ご了承賜りますようお願い申しあげます。なお、詳細につきましては、後日書面にてご連絡いたします。



本当に残念な結果となってしまいました。これからもっと活躍できた馬だっただけに非常に惜しい存在でした。貴重な血脈がまた一つ失われました。
競馬は安全が第一です。こうした事故が今後一つでも減りますように。



やはり冬の競馬はケガやアクシデントが通常より多いような気がします。古くは日経新春杯のテンポイント。粉雪舞う京都競馬場。外国の騎手からすれば雪が降っているのに競馬をやるなんてクレイジーと思われていないでしょうか。日本も海外のように競馬にオフシーズンを作ってもいいのではないでしょうか?


iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頑張れシングウィズジョイ

2017年01月22日 16時48分22秒 | 今日の日記
先ほどのメインレース、4コーナーを過ぎたところでルメール騎乗のシングウィズジョイが転倒して起き上がれない状態になってしまいました。脚をバタつかせて懸命に起き上がろうとしますが、脚が付けない。次第に動かなくなりました。でも、人が触ると反応はあります。私は汗が出てきました。ルメールは落馬した騎手には珍しく、自ら立って歩いてラチにもたれ掛かっていました。騎手は取り敢えず無事みたい。
今日は自分の出資馬も走る事もありまして、朝から社台の馬を応援していました。それがこんな形になるなんて...。



私が競馬場で一番見たくない、馬の周りをシートで覆う光景を久しぶりに見てしまい、私は冷や汗が吹き出ました。私はこういう場面はいつも汗をかいてしまいます。最終をやる気にもならず、安楽死処分を覚悟して帰路につきました。

電車の中で公式HPを見ると「まだ診察を受けている」と書かれていて嬉しくなりました。まだ、生きている!
もちろん全く楽観は出来ないものの、安楽死処分されていないのなら、まだ生き残れる可能性があるのかもと思い、思わずブログに記してしまいました。私が最も嫌うのは馬や人のアクシデント。全馬無事にゴールすることは何より大切です。我々はその人馬命がけの走りに夢を乗せて楽しませてもらっている事を絶対に忘れてはいけないと思います。

うまく治療が出来て何とか繁殖に上がれたらいいなと思います。頑張れシングウィズジョイ!

iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の結果

2017年01月22日 15時20分13秒 | 今日の日記
iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の出資馬

2017年01月19日 21時30分23秒 | 今日の日記
スーパーブレイクは個人馬主の馬です。注目馬として登録しています。頑張って欲しい。
今週の期待は何と言っても10ヶ月振りのユニゾンデライト。骨折休養明けです。体質の弱い馬なだけに急遽繰り上げてのダート競馬に心配が。まずはとにかく無事に終わって欲しいです。

iPhoneから送信
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あれ?芝じゃなかったの?

2017年01月19日 20時52分38秒 | まさるの「この一頭」

ユニゾンデライトの近況です。

1月18日
来週1月28日(土)中庸・ダート1800m戦、1月29日(日)中京・ダート1900m戦のどちらかへの出走を予定しています。今週の中山戦のメンバーがあまりにも弱い場合は今週の投票を考えますが、きょう(水)時点では来週の出走が本線です。当初は芝レースへの出走を考えていましたが、この中間、右飛節を触診すると反応を見せるようになってきました。この時期の芝レースは脚元への負担が大きいため、ダート戦に切り替えました。小島茂之調教師からは「心肺機能がすごい馬で、下級条件の馬のものではないと感じています。休みは長くなりましたが、息は十分にできていて良い状態です。右飛節の反応が出てきていますので注意していますが、今の状態であれば出走には支障ないと思います。芝は衝撃が大きいので、今回はダートを使わせてください」との話がありました。


1月19日
今週1月22日(日)中山7R・ダート1800m戦に田辺騎手56kgで出馬投票していくことにします。相手関係を確かめたところ想定メンバーはかなり弱いこと、獣医師の診断で心臓の具合が良く、状態と息遣いに関してもすこぶる良いことから、今週の出走に踏み切りました。初ダートとなりますが、これでダート適性がきちっと判断できる出来にあります


脚元の事がありますからやむを得ないとは思いますが、小島茂先生、使える状態にあるから使ってみようとか考えていませんか?ダートなんて聞いてないですよ。脚元の事を考えるなら使わなくてもいいかなと思います。何だかブレていませんか?

iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の結果

2017年01月16日 16時57分40秒 | 今日の日記
iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の出走馬

2017年01月14日 07時17分18秒 | 今日の日記
iPhoneから送信
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユニゾンデライト復帰

2017年01月11日 22時47分51秒 | まさるの「この一頭」

骨折で休んでいたユニゾンデライトの次走報が飛び込みました。ずっと待っていました。だって新馬や未勝利で戦ってきたメンバーは強かったですから、ユニゾンにも1000万くらいまでは軽く突破出来ると思っていたからです。
ミライヘノツバサが先日オープン入りしました。昨日の敵は今日の友。彼のレースをずっと見ていますが、かなり強くなっています。以前より力をつけていますね。この間の特別戦なんかあれは重賞級だよ。スゲー脚だった。内田騎手もきっと手離さないだろうね。
ユニゾンだって1年前はミライヘノツバサといい勝負していました(負けもあり、先着もあり)し、デビュー戦では今年は重賞制覇を期待しているアップクォークとも戦っています。ユニゾンだってもっともっと強くなりますよ。


以下は公式近況。
第一目標は1月28日(土)中京・芝2000m(若手騎手)戦に置いて、ここだと厩舎所属の長岡騎手騎乗の予定です。仕上がり的に間に合わないようであれば、翌週2月5日(日)東京・芝1800m戦にずらして、ここだと田辺騎手の騎乗となる見込みです。年末の帰厩後は順調に調整ができていますが、休養期間が長かったことから、ただ回ってくるだけでは終わらせたくなく、ある程度しっかり仕上げてから出走させたいと考えています。


長期休養明けでもここは田辺騎手で行きましょう。休み明けが得意とは思えませんが、先生ここはもちろん東京1800ですよね。久しぶりの競馬、広いコースでのびのび走らせてあげましょう。府中1800は瞬発力より持久力。小島茂先生、一択ですよ。中山の方が脚質的に向いている気はしますが、それは春競馬で。
展開が向けばあっさりがあっても驚かないです。私は将来的にユニゾンデライトはオープンにまで上がると見ています。体質がしっかりしてくればきっとまたミライヘノツバサやアップクォークと戦う時も来るでしょう。
それにはまずは500万条件を突破しないと。2回中山で500万はクリアかなと思っています。

ユニゾン、これからは無事に走っておくれよ。
今の私に力を与えておくれ。現地観戦出来るように今から根回ししておかなくちゃ(笑)

iPhoneから送信
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新年から暗雲立ち込める

2017年01月10日 23時35分58秒 | 今日の日記
私の出資馬は現3歳世代はまだ一頭も勝ち上がっていません。トゥザクラウン(一口30万円)に出資したので頭数も絞った事もありますが、他の馬もなかなか上手く行ってません。
さらに私をガッカリさせたのはトゥザクラウンが横綱ならば、小結くらいですが年末の藤澤厩舎の復活を見て、まだ間に合うと桜花賞を密かに期待していたグランデセーヌがデビューを控えて天栄でトレーニング中に鼻出血を発症してしまいました。公式にも細かい事は書かれていませんが、肺からの出血ならこれから無理ですし、外傷性の鼻出血である事を願うばかりです。

馬選びは本当に難しい。

キャロットの二頭の期待馬がコケてしまい、さすがの私もガックリと膝をついてしまいました。私は走らなくとも健康な馬を選ぶのは得意でしたが、この世代には私の馬見は全く通用しなかったようです。厳しい世代になりました。クラシックの夢が描けないどころか期待馬が失敗した事は本当に残念です。


iPhoneから送信
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今週の結果

2017年01月08日 16時52分45秒 | 今日の日記
ストレンジクォークはつくづく運が無い馬ですね。レース前に何となく嫌な予感がしていましたが、わざわざ遠征して雨に降られて初物づくしでアウト。
パドックも覇気がありませんでした。
小島厩舎に果たしてこの後打開策があるのか聞いてみたいです。
わざわざ遠征までしてこんな競馬では普通に中山で良かったですね。実に勿体無いレースになりました。

厳しい2017年のスタートとなりました。



iPhoneから送信
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加