大政・小政の気ままな日誌

キャンピングカー(小政号)の出番が減って覚書のブログになっています。ボケ防止の為に毎日継続することを目標にしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

念願の乗っ込み鯛を求めて

2017年04月27日 | 釣り
土曜日のリベンジと、メンバーは変わったが、年金生活組での釣行です。

前回は遠い釣り場だったから起床は1時だったが、今回は人数も少なく負担金軽減で近場の釣り場なので

朝3時起きの僅か2時間の差だが、目覚めがスッキリしています。何時もの先輩を待って・・・

今回は10年ぶりに合う先輩のワンボックスカーで・・・・粟野港を目指します。

船頭さんとの待ち合わせ時間は6時だが、いつものように30前には到着して、船に乗る準備をします。

出掛ける時にパラ・パラと小雨が降って、予報通りの雨模様かな~と思ったが、ここでは当分降りそうにないような

降らねば良いが、波は小さく、風も小さい、おまけに大潮、これで雨が降らねば、絶好の釣り日和となる。

そんな期待を胸に、いざ出航です。



角島大橋が見えて来ました。



島近くで釣り船が沢山釣っています、水深70m近くの浅い所、ナブラ(小魚の群れ)に海猫の群れが飛んでいます。

船頭さんがこの辺で釣って見ようかと・・・・取りあえずブリでも狙いますか・・・



言う通り最初のヒットは、鯛釣りがは数年ぶりの先輩がダブルで小さ目のハマチ、その後も隣がハマチ・・・・

釣れないのは私だけ・・・当たりすらない!、仕掛けに懲りすぎたかな~、嫌な予感がした時に

小さなハマチばかりだから、瀬替わりしようと船を移動します。やった・・・!



角島が遠くに見え隠れする瀬まで移動します。その間に仕掛けを交換して・・・・



波1mは更に小さくなって、風も全く気にならなくて・・・予感通りの絶好の釣り日和となって

高級魚は沢山釣れるが、肝心要の真鯛が釣れないのです、師匠が5匹、車を出した先輩1匹、船首の二人は0匹

夢に見た乗っ込み真鯛は、敢無く玉砕・・・・お腹一杯に食べて、とこか知らない瀬に行ってしまったのか?

真鯛は釣れなかったが、色とりどりの魚が釣れて、久々の釣行を堪能したのです。



いつものように釣果の始末は明日にして、取りあえず今晩のツマミにハマチを刺身にして・・・



ぬるめの風呂で疲れを癒し・・・少し汗ばむまで湯船につかり・・・刺身を頂きながら飲むビール、至極のひと時です。

こうして太公望は深い眠りにつくのです。
コメント

タイラバ作成2段

2017年04月01日 | 釣り
今日の予定は、合馬菜園で種蒔きの予定であったが、午後からの雨と思っていたのに

朝早くから雨が降って・・・例年だと桜が満開で、こんな雨で散り始めるが、今年はまだ1〜2分咲き程度かな?

「百姓殺すにゃ 刃物はいらぬ 雨の三日も 降ればいい」など言うが、この時期は菜種梅雨と行って2〜3日雨が降り続くが

明日はゴルフの予定なので、きっと晴れるはずだ🌞

そんな日だから、昼飯でも食べに行こうかと車で出掛ける途中に、カミさんに電話が入って📲アッ!女子会が入ったと・・・

美味しい!パン屋さんへ寄って、一度我家に送り届けてくれて、鼻歌混じりで出掛けた。見飽きた亭主より女子会の方が楽しいでしょうね。

・・・だから、今日はタイラバの製作に・・・



針の結び目はより小さくして、エビ🦐の通りをスムーズにして、エビの痛みを小さくする工夫です。



結び目は熱収縮(蒸気を当てると収縮するビニールパイプ)、強い歯でくいちぎれるのを少しでも軽減しようと、果たして効果あるか?



如何にも釣れそうな仕掛けでしょう。



コメント

師匠の極めたテンヤ仕掛け

2017年03月29日 | 釣り
4月にかけて予定月ビッシリつまりつつ、今日は珍しく予定が入ってない。

早目に桜鯛準備をしなくてはと、師匠に教わった仕掛け作りをしておこうと、近所の釣具屋さんへ行こうと思ったが

いつも買い過ぎて、後悔してしまう!どうも思考範囲が限られているのか、

同じ物を買ってしまうのです、先ずは棚卸しをしようと・・・



針も同じような・・・号数もマチマチで、仕分けから・・・



他にも・・・何故こんなに買ってしまったのだろうか?



用途別に整理整頓から・・・





塗装のマネキュア・・・



・・・で足りない物を買出しへ



師匠直伝の仕掛けです。



こんな感じで、100mの海底に着底して・・・



ジワリとたぐり寄せて、棚取りし・・・
この鉛が動き出すと、渦がおこって、小鰯のが逃げまわってような動きだとか?



棚を取れば・・・大鯛が飛びつくのです。



この鉛も、いかにも釣れそうな色合いでしょ・・・でも海底100mで、色など分かるはずもないですね。



次の釣行4月11日楽しみです。
コメント

師匠が薦める、鯛釣仕掛け

2017年03月26日 | 釣り
2月に膀胱癌の宣告を受けて、手術をした釣りの師匠からから、お電話を頂き釣りを極めたとか・・・?

聞けば2回連続して、生まれて初めての大釣りをしたとか?癌の手術をしたばかりなのに?

癌は内視鏡手術で、初期段階だったので大丈夫だと、先生が太鼓判を押してくれたそうだ。

スッカリ安心した師匠は、我慢してた釣りに誘われて、心配する我々に知らせずに・・・

心配だったが^_^、良かった!良かった!、魚釣りに行けるのだから素晴らしい回復力です。

早速お邪魔して話を聞いた、大鯛4匹にブリ80cmクラス8本を頭に、入食いだったとか・・・・

数々の仕掛け作りを教わったが、今回のは今までとは全く違和感があるが・・・・



テンヤの針にタコベートを使うと言う、ブラックバスを釣るルアー仕掛のようだ。



ポイントはタコベートをめくって、ヒラヒラの奴を簡単に取り換えられるとの事だ
連子鯛が入食いになるとこれがボロボロになるので、簡単に取り換えられると経済的だろう。



おまけに針が3本も付いている。



針が掛かりした鯛は、体を捻転して逃げようとするので、ここに付けて逃がさないとか・・・・



以前師匠は、仕掛けはシンプルが一番で、後は腕を磨くだけと豪語していたが、手術をきっかけに人が変わったようだ!

土曜日の昼下がり、夕刻まで釣り談義・・・・来月の釣行は釣れそうな気がしてきた。



コメント

三重苦の釣行

2017年02月28日 | 釣り
3か月ぶりの釣行ですが、3名と寂しい釣りになりました。

師匠は突如病気を発症して、先週膀胱の手術で入院となりまいた。

いつものメンバーも白内障が進行して、手術待ちだとか・・・・

年を積み重ねると、何処かに持病を抱えて行くものですね。

このメンバーでいつまで釣りに行ける事やら・・・師匠のカンバックを待っていましたが

お一方が12月中止になり、11月以来釣りに行ってない!どうも禁断症状が出たようです。

飛び入りメンバーを誘ったが、いまだに週3回仕事をしている人だから、急には難しいとの事で

お二方の解禁は先になりそうなので、禁断症状が悪化してはと3名だけの釣行となった。

天気予報では曇り・波1~1.5m・風は南後西40m/s・大潮となっていた。

釣りには向いてない情報ばかりだが、何とか釣りが出来る条件なのですが・・・・・

釣り場に到着しました、朝日が昇り始めて釣行開始です。



朝マズメの釣りに絶好の時合ですが・・・・



テンヤを投入して、一投目に小さなアオハタ、高級魚だが小さすぎる。

次に入れて棚立ちをした途端に流される、大潮で潮の流れが速い・・・おまけに時折襲ってくる大きなウネリトと風・・・

最悪の釣り条件に・・・釣りにならない、禁断症状のベテラン釣り師は、中程度のヒラス(ヒラマサ)と雑魚魚3匹

もう一方のベテラン釣り師も雑魚1匹で釣れないが、辛抱強い人である。70cmクラスの大鯛を釣りあげた!

釣れたのはいずれも潮止まりの昼前後だけ・・・この中では雑魚中心に20匹の釣果は上出来だった。

余にも釣れないので、このエビでも土産に持って帰るかと・・・



潮が速すぎて、風も更に強くなり・・・・全く釣りにならない。早めの納竿(納テグス)とした!

小雨が降る中・・・激しいウネリニに襲われながらの帰船です。寂しい!



この釣行では珍しく明るい内に帰り着いたが、船の揺れで体はいつもより疲れて・・・マハタ(35cm)の刺身と



アラカブのガキの煮つけ用を調理して、後は明日の仕事にして・・・・風呂に飛び込む、アー気持ちが良い!

先ずはビールから・・・・至福のひと時です!アラカブの煮つけ写真を忘れてた。



今日はグッスリ眠れるぞ・・・・

コメント