きのむくままに

或る日の出来事

雲 「高積雲」?「巻積雲」?

2011-10-26 | Weblog

 

夕方の空を見上げると雲が空一面を覆っていた

調べてみると「高積雲」というらしい

 

 

高積雲(こうせきうん)は 小さな塊状の雲片が群れをなして、斑状や帯状の形をつくり、白色で一部灰色の陰影をもつのこと。

まだら雲ひつじ雲叢雲むら雲)とも言う。

 空の中層にできる雲(中層雲)。

ひつじのような固まりの雲が並んでいるような雲。

巻積雲に似ているが、高積雲は1つ1つの固まりが大きく巻積雲より低いところに見える。

秋の晴天に見られるが、次第に厚くなってくるときは天気が崩れる

 

寒気団の内部の気流の影響や、寒気団上部に暖気が接した際にできることが多く、

小規模な大気波の影響で帯状・波紋状に発達して広がっていく。

何か不吉な出来事の前兆の雲ではないかとされることが多い雲である    ちょっと心配(+o+) 

 

巻積雲」の可能性もある

 地上からは小石を敷き詰めたように見える氷の粒でできた雲 小さな雲が集まっている。


 うろこ雲やいわし雲と呼ばれることもある

 

 

コメント