きのむくままに

或る日の出来事

初秋の花 リコリス 彼岸花 現の証拠 ダリア 蝶花 百日草 マラカス 秋明菊 藍 花水木 カリン 

2018-10-08 | Weblog

 

               

年々咲く花数が少なくなって・・・

 

 

ゲンノショウコ

           赤     

 

   

ピンク

どう見ても「ピンク色」

                  

                                      クリトリア     

 百日草

              

                ベビーマラカス

 

秋明菊

                                      

 今年は赤花ばかり

 

たで藍

      

 

 花水木

紅葉して 赤い実が鈴なり

           

カリン

               

        

コメント

キーホルダーを作りました

2018-10-07 | Weblog

 

友達から「大坂の娘から『この世界の片隅に』のキーホルダーが欲しいから買って送って」とのこと

上映館に行って聞いても無く 『ネットなら有るんじゃあ?』と言われ

手芸店でキーホルダーのセットを購入

パソコンで画像を採り作りました~

               

簡単にできました!

喜ぶかな?

 

コメント

秋の味覚

2018-10-06 | Weblog
お題「秋の味覚といえばなんですか?」に参加中!

 

 たくさんありすぎて・・・

 最近は口にもしていませんが「松茸」

 栗・葡萄・梨・柿・秋刀魚などなど どれも大好き❤

コメント

Carpセリーグ優勝!三連覇!②

2018-10-05 | Weblog

 

優勝の晩には 特番が各局で放送され深夜3時過ぎまでテレビにかじりつき

寝不足で翌日はふらふら

決まった瞬間!

翌日の新聞には大きく赤い文字が躍る

           

 

      

              

      待って 待って 待った リーグ優勝三連覇 地元胴上げ❤

焦らされたので余計に嬉しい。

 丸の去就が心配だけど・・・・

 

コメント

文楽鑑賞

2018-10-04 | Weblog

 

毎年楽しみにしている 文楽地方公演に出かけました。

昼の部

「義経千本桜 椎の木の段・すしやの段」 

                

すしやの段の 竹本津駒太夫の熱演に感動!  汗だくだくの熱演に・・・

 

                                            

夜の部

開演前 ロビーで記念撮影会!

毎年楽しみな催し❤

                                           

 

「義経千本桜 道行初音旅」

これも有名な演目で 何度も観ていますが

華やかな踊り 狐の早替わりには思わず声を上げてしまいました!

                                     

 

                      「新版歌祭文 野崎村の段」

有名な演目で 何度か観たことがあります

「おみつ」の潔さに 凄い!の思い

    

         公演が終わり 余韻に浸りながら家路に  また来年 楽しみにしています。

 

翌日の新聞記事

 

  

コメント

久々 お食事処「ざこわっぱ」

2018-10-03 | Weblog

 

久しぶりに友人と行って来ました~

  

            

やっぱり 美味しい~

お客さんが多いため カウンター席でしたが「また来よう!」と言って友達と店を後にしました。

 

コメント

Carp「リーグ優勝シール」を作りました!

2018-10-02 | Weblog

 

Carpが優勝したので 「ビール掛けTシャツ」の図柄のシールを作りました。

                                                      

スマホに貼りました❤

防水シートを貼るのが上手くいかず 苦心しました。

友達にあげるつもりです。

 

コメント

瀕死の「殿様かえる」

2018-10-01 | Weblog

 

2日前の弱った「殿様蛙」が家の前の道路で仰向けになっていました!

「えっ!死んだの!」

道路なので車に轢かれたら・・・と移動さそうとしたところ 動いた!

まだ生きていたが仰向けで口を開けて 尋常ではない

木陰の落ち葉の上に移動

数分後姿がなかったけど 息絶え絶えなのになかなか死ねないのって辛いだろうが・・・

どうしようも出来ない(涙)

 

コメント

映画「検察側の罪人」

2018-09-30 | Weblog

 

時間があったので出かけました。

あらすじ

東京地検の検事・最上毅(木村拓哉)と同じ刑事部に、検察教官時代の教え子だった沖野啓一郎(二宮和也)が配属されてきた。

沖野は老夫婦刺殺事件の容疑者・松倉重生を取り調べることとなる。しかし、松倉は、かつて最上が関わった女子中学生殺人事件の関係者でもあった。

2012年4月、大田区蒲田で刺殺事件が起きる。被害者は都築和直(74歳)と晃子(71歳)、2人暮らしの老夫婦。老夫婦は年金のほかに、アパート貸しの家賃収入で生活をしていたが、和直は競馬が趣味で、競馬仲間たちに数万から数十万円程度の金貸しをしていた。最上の指導のもと、沖野はこの捜査本部事件を担当することになる。

捜査に立ち会った最上は、複数の容疑者リストの中から一人の容疑者の名前に気づき驚愕する。松倉重生それは、すでに時効となった23年前の根津で起きた女子中学生殺人事件の有力容疑者と当時目されていた人物だった。

殺された少女・久住由季(当時中学2年生)は、最上が大学時代に親しくしていた寮の管理人夫婦の一人娘であった。しかし結局は証拠不十分で逮捕には至らず、事件は迷宮入りしたまま時効を迎えた。

松倉は、リサイクルショップでアルバイトをする、現在63歳の風采のあがらない男であった。最上は、松倉が今回の蒲田の刺殺事件の犯人であるならば、今度こそ松倉に罪の償いをさせ、法の裁きを受けさせなければならないと決意する。

別件で逮捕された松倉は取り調べ中に、すでに時効の成立した23年前の根津の事件についてはあっさり自身の犯行を自供したものの、今回の事件に関しては一貫して犯行を否認し続ける。

捜査が進むにつれ、新たな有力容疑者(弓岡嗣郎)が浮上するなど、松倉犯人説は難しくなっていくが、最上はあくまでも松倉にこだわり続ける。

直接、松倉の取り調べを担当する沖野は、最上が執着する事情を知らず、彼が指示する捜査方針に疑問を持ち・・・・                                                                                              

                                        ※以上ネットよりに引用です

 あまり観たいとも思わなかったんですが

ついつい見入ってしまうほど ストーリーも素晴らしかった!

ハラハラドキドキのスピーディーな展開に目が離せない

結末も意外

                 

二宮の演技も最高に良かった

観に行って良かった。

 

コメント

折紙「鶴の小物入れ」

2018-09-29 | Weblog

 

お食事に行った時 友達から教えて頂きました。

沢山折って友達にプレゼントしました。

大きな鶴に10個入っています!

 

 

コメント