きのむくままに

或る日の出来事

白い蛙

2007-05-28 | Weblog

    近くのクリニックの待合室の 熱帯魚の水槽に

    アルビノの蛙が一匹

    熱帯魚と一緒に居ても 食べないんだぁ

コメント

湿原のかきつばた

2007-05-27 | Weblog

 

    

    何年も通った かきつばたの里

    今年は今まで見たことも無い花つき

    花もシミひとつ無く美しい

                     

    目の覚めるような一面の藍のじゅうたん

    最高の美しさに出会えて しあわせ

 

コメント

オートシェイプで にぎり寿司 できたー!

2007-05-23 | Weblog

     
              
                   

 オートシェイプでにぎり寿司に挑戦!

 大変だとあずりあずり 格闘

 だんだん面白うなって

 できたぁ~

 美味しそうでしょう? 

 遅ればせの誕生日?しょうかな? 

コメント

珍しい 薊

2007-05-10 | Weblog

 

       マリアアザミ

      近所でいろいろの植物を栽培している方の庭に変わった薊が群生

      棘が鋭く 葉も大きく、葉には乳白色の斑点がある。

      草丈も2m近いものもある。

      立て看板があって 名前の由来が記されていた

      『① 聖母マリアの母乳が葉にこぼれたから。

       ② 聖母マリアに捧げるミルクを運んでいた娘に薊の棘が刺さり

         その痛みに思わずミルクを葉にこぼしたから。』とある

      棘が大きく尖って見るからに痛そう 

      

コメント

FOP 進行性化骨筋炎

2007-05-08 | Weblog
深夜のテレビで 初めて知った
「僕の体が骨になる」
200万人に1人という 医者でも知る人の少ない病気
もちろん 治療法も原因も解らない
研究もされていない
筋肉が骨になっていく病気
まだ難病指定されていない
難病指定となれば 国が研究費、医療費の支援をしてくれる

4年生の捷冶(しょうや)君
生まれた時 外反母趾だったがこの病気のことはわからないまま
3歳の時解り
「どうしてうちの子が・・・」と一家で苦しみ
母親は「私の心臓をあげたら治るのならこの子にあげたい!」
父親は「捷冶のことで私が死んだら 厚生労働省がもっと動いてくれるだろうと
 思い ほんとうに死のうと思った」
家族の苦しい思いに胸が痛む
捷冶君は友達と遊び 精一杯今を生きている
関節もどんどん曲がらなくなり 不自由さが益す
母親が涙に声を詰まらせながら「捷冶が服を着替えらす時チラット『お母さん、病気でごめんね』と言うんです」
今年3月 数十年ぶりに 難病指定の見直しが有り 24の候補のうち2個が指定を受けた その1つが FOPだった
患者数の少ないものを優先したとのこと
一日も早く治療法が見つかりますように
捷冶君も家族も大喜び 一歩前進
この春から捷冶君 5年生
お母さんは「体の動ける今 1分1秒大切に精一杯生きて欲しい

20分余りの短い番組 大変なこと教えてもらった

コメント

春おっかけて 県北

2007-05-01 | Weblog

   あすから5月と言うのに 県北部ではまだ桜が満開

コメント