同胞(はらから)

将棋に関するあれこれ
糖質制限ダイエット備忘録
B級グルメ探訪記

ゴキゲン中飛車で試し斬られ!

2018-09-10 16:55:41 | 今日の教室

Gunji君との一戦より、先手Yowai60でゴキゲン中飛車なんぞ試してみた。

あまり振り飛車指さないので、はっきり言って苦手で、その中でも今の中飛車は分からないが、大会では出るだろうと斬られ役となりました。

▲8八飛としたら、△7五歩と仕掛けるだろうと思い誘いの隙か真の隙か、このままだとこう着状態が続くので、どうするのと訊いてみたら仕掛けられました。

角切からズバッと△7七銀と急所に打ち込まれる事になりました。

彼は、前々から切れ味が鋭い手を指してましたが、有段前は勇み足モードが多く空振りも多数でしたが、段々ピーポイントにストライクが入るようになりました。

この攻め手順は無理攻めかと、ソフトで検証してみましたが、プロ的に見れば無理攻めなのかもしれませんが、多少不利でも攻めてる方が勝ちやすいから、これで良いのかもしれません。

今のペースで良いと思います。

 

 

Comment

力の差は、ソフト相手で埋めましょう

2018-09-09 23:16:18 | 今日の教室

1図 先手5五歩までの図。

先手:Yowai60 後手:Yukinari君

Yukinari君は、もうお外の大会に積極的に参加いているので、教室では模擬試合モードで振り駒にしています。

矢倉模様で指してたら、流石に研究家で新矢倉の手順で来たので自然に受けて上の図になりました。

Yowai60は古い人間なので、こんな形の方が経験値があるので指し易い。(個人の感想です。)

2図 先手1四歩までの図。

細かい刃の鍔迫り合いが矢倉戦の特徴で、実力アップには良い戦法と昔から言われています。

上の図になって後手は、お一人様終盤戦模様になってしまいました。

評価値的には、1300位の先手有利なので逆転の目は相手がYowai60なので充分ありますが、それはそれとして、1図から2図までの手順でどこが疑問だったかソフト解析してみてください。

できれば、その局面からソフト相手に練習試合を繰り返すと実力が身に付きます。

現代の強くなる方法です。


 

 


Comment

風車に合流

2018-09-02 23:47:06 | 今日の教室

▲1九飛までの図。

先手:Gunji君 後手:Yowai60

ツノ銀雁木で打ち破ろうと進めてたら、新対策で早繰り銀模様で2筋突破を感じたので、それは嫌よと3三桂としてたら上の図になってしまった。

竜王戦の挑戦者決定戦第二局、広瀬八段を真似したわけじゃありませんが、実は真似しました。

現在Gunji君は、岐阜の順位戦S級にチャレンジしているので、Yowai60が4面指しで出来る相手じゃないのですが、毎回何とか工夫して誤魔化している感じでしょうか。

後手番なので、千日手歓迎バージョンで先手に打開してもらう戦い方で良いのでしょうか。

Gunji君は、少し伸び悩みの感じですが、ここが力を貯める時期ですので慌てず騒がずですね。


 

 

Comment

こんな子も居るんだね

2018-09-02 23:20:42 | 今日の教室

 

小学3年生の、ご新規さんが来てくれました。

教室で出している3手詰問題は、スラスラ解いてしまって驚き桃の木山椒の木。

手合わせの前にインタビューしてみると、お家で詰将棋・次の一手の筋を本で勉強していて、そして実戦は4歳の弟と指しているとの事。

将棋の戦法も形も知っていて、三間飛車・左美濃も知っている。

2年前の、Gunji君登場の時の様な感じがしました。

在野に、こんな逸材が居るとは、世の中は面白いです。

まだまだ、実戦勘が整って居ないので野球でいえば球は早いがストライクが入るのが偶然に任せている感じでしたが、好きで通ってくれれば伸びるかもしれません。


 



お兄ちゃんが、イオンの大会へ行った関係で、お母さんと登場したアカリさん。

8枚は卒業したので、6枚で指してみました。

定跡教える前に、どれくらい指せるか試し斬りのつもりが斬り切られ唖然。

2枚の定跡風に指して来るので、これはこれで上手を倒せたら4枚くらいの力になっている感じですね。

次回に、定跡教えると、もう勝てなくなりそう。


 



アカリさんの入会で、ナオちゃんが喜んでいた。

やはり女子会員が、自分以外に居る事は良い事のようです。

一応、振り飛車で形を覚えたので、攻められる中飛車を伝授してみた。

藤井九段のニコニコ放送で、初心の内は金が7八に居て、簡単に飛車を成らせない方が良いと言われていたので、原始の中飛車で棒銀の手筋が使えるようにしてみた。

これで、男子に勝ったのが嬉しかったのか、苦手な詰将棋にも取り組むと言って来た。

里見香奈女流四冠も、幼いころ高橋和女流三段から毎日詰将棋しましょうと、約束の指切りをして毎日取り組んだ事も有名です。

大会に出て勝ちたいなら、詰将棋をしましょう。

詰将棋苦手らしいので、苦手な人の取組み方は次回伝授します。

来週も来て下さい。






Comment

若い人は、お強いお強い

2018-08-27 10:33:51 | 今日の教室

26日は、将棋教室が休講なのと飛騨支部が古川で、ミニ大会が開催されてましたので

見学に行って来ました。

 

優勝したK君と最後に、15分切負けで対局してみました。

大学卒業⇒地元就職で若い人が地元に残って下さるのは嬉しい限りです。

 

後手番だったので、相掛り風にしようと思ったら雁木に組まれてしまいました。

それも、当方が今研究中のツノ銀雁木になり若人は研究熱心ですね。

 

こちらも少し研究がありまして、角道時間差オープン+早繰り銀で攻略しに行きましたが

上手く対応され良い勝負なのだが、雁木の柔軟性を感じる一局でした。

 

彼は、スマホでぴょ将棋と練習していると言ってました。

手軽に自分のペースで行えて便利な時代になりました。

Comment

雪洞作戦

2018-08-21 13:39:14 | 今日の教室

小3の女子が、新入会されました。

8枚で指してみましたが、棒銀を玉&金コンビで守ったら香車を絡めて端から破られ、中央に逃げるも確実に攻めて来て、最後は右下隅まで追い詰められチェックメイト。

何か負けず嫌いで、負かすと泣き出しそうになるので、それなりにさしましたが指導対局中に2級くらい成長した感じでした。

次回は、灘流で受けてみるかと大人げないことを思ってしまった。

 

話は変わり、現在研修会で活躍しているKiraさんも、三年前はドラゴンキッズに参加してた事も考えると、好きで続ければ急成長もありかもです。

最近、女子会員さんが少なくなったので、これを機会に増えると良いですよね。

 

後方で、ぼんやりと見守る作戦=雪洞作戦です。

 

 

Comment

安用寺先生の指導対局

2018-08-11 17:50:26 | 今日の教室



































Comment

対策と遣隋使

2018-08-06 05:01:54 | 今日の教室

最近は、増田六段の新矢倉戦法に嵌っていまして、今回は右銀を4七に配置して行こうと思ったら、Gunji君も対抗策を練って来ました。

東京の将棋会館へ行った時に、斎藤慎太郎七段の著書を買ったらしく、△4四角と指されてしまいました。

▲2四歩と仕掛けると罠に嵌りそうなので、この歩はいつでも突けるから、後回しにして4四角の不安定なポジションを狙う事にしました。

場合によっては、7七に居る銀を前線に繰り出し、藤井聡太七段の飛翔の左桂をも視野に入れる構想で駒を進めてみました。

変化無限で、将棋は楽しいですね。


Comment

6五歩戦法@飛車落ち

2018-08-06 03:18:48 | 今日の教室

上手△3三桂までの図。

最初は、普通の定跡手順でスタートします。

そうすると、上の図に進む可能性が大きいです。

上手が△3三桂としないと▲4五歩の仕掛けが成立します。

上手の△3三桂を見てから、▲6六歩と指すのがキモで、ここから▲6五歩と位を確保して行きます。

上の図は、中田宏樹八段との指導対局で、ここから上手が△3一角と、こちらの端を狙われたので▲4五歩と開戦して行きました。


 

行方尚史八段との指導対局では、下手の▲6六歩に対して△6四歩と反発されて来られました。

こちらも、作戦変更して巨泉流(かなり古い)に組みかえてみました。

振り飛車党ならお勧めかもしれません。


Gunji君は、今回の指導対局は飛車落ちでチャレンジですが、まだ勝てないと思うので、どこまで通用するかを試してみて下さい。


 

 

Comment

中盤力

2018-08-02 06:15:02 | 今日の教室

飛騨支部のブログより研究してみた。

比較的手が限定されそうな局面なので、当り外れのリスクは少ない感じだが、後手の選択した手は流石ですね。

序盤の強さ=知識(定跡知っている)。

終盤の強さ=詰将棋沢山解く。

中盤力を鍛えるのが一番難しいのかもしれません。

時代が違うので、Yowai60の昔の話は博物館になっているので、新時代の鍛え方を紹介します。

例えば、上の図の様に振り返りを行い、ここからソフトと戦ってみて評価値が1000点離れたら、もう一度振り返りを行い自分の悪手を反省してから、今度は先手・後手を入れ換え相手側を持って対戦してみる。

そして、また1000点離れたら、解析して反省しまた逆を持って指してみる。

将棋ソフトは何回お願いしても、嫌がらない・疲れない・忘れない。


効果の確認は、たまに下界へ降りてネット将棋指すとか、大会へ出てみるとかすれば感じられると思います。

高い月謝と交通費・往復の時間が必要な空間へ行かなくても、これだけで充分な気がします。

 

 

Comment

振り返れば

2018-07-30 06:53:30 | 今日の教室

前飛騨支部長先生とGunji君の一戦から、よこで観ていて次の一手考えていました。

感想戦でも話題にして、どうなんだろうかと検討しました。

家に帰り、Hageyubi師範に訊ねてみました。

実戦で、Gunji君が指した手も、カミセブンに入っていて納得でした。

 


将棋ソフトの使い方は2通りで、このように先生として最善手や次善手を探す方法と、棋力を調整して練習相手として使う方法です。

自分が、見えてなかった手を解析で出て来ると楽しいし、将棋の深さを思い知らされますね。

 

 

Comment

暑かった

2018-07-29 21:55:10 | 今日の教室



出来るだけ、冷やしましたが、暑かったですね。

Comment

Gngi君 伸びてます

2018-07-29 21:50:31 | 今日の教室


H前飛騨支部長先生との一戦。
伸びてます。
Comment

楽しかった四十八滝

2018-07-23 11:18:51 | 今日の教室

鱒つかみ取り~塩焼き  将棋大会  バーベキュー 

四十八滝廻り

ここまでの企画を行って下さり、ありがとうございました。

参加した子ども達も大変満足してくれた事だと思います。

私は、缶ビールをチビチビとロングランでで飲み続け15本くらい飲んだでしょうか、翌日の滝廻りが少しきつかったです。

 


 

Gunji君は、翌日に岐阜の順位戦に参加して見事に初・二段戦で初優勝の報が入ってきました。

おめでとうございました。

次回からは、次のステージにランクアップして三段から上位の水に慣れて下さい。

研修会のCレベルに達すれば、これまた優勝候補に名乗りを上げれる事でしょう。

いつまで負かし続けられるか、こちらもチャレンジしますね。

 


 

今週は、高校生の先輩たちと高山市へ全国大会の挨拶に行って来ます。

7月24日(火)16:00~

また、報告します。

 

 

 

Comment

四十八滝7

2018-07-22 11:21:15 | 今日の教室








































Comment