源平合戦の史跡を訪ねて(源氏物語史跡)

『平清盛・源平合戦(神戸・屋島・下関・門司・北陸・滋賀県)』を主に、チョットだけ『源氏物語』の史跡も紹介しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

源頼朝の史跡巡り10 平家打倒絵

2017-07-28 03:10:43 | 頼朝史跡

源頼朝が流された蛭が島の周りの道路に頼朝や北条氏に関する絵が埋め込まれています。
源頼朝史跡巡りの最後にこの絵の中から頼朝挙兵~平家打倒の絵を取り出しました。

 

平安時代末期、平家全盛の時代でその棟梁が平清盛でした。



文覚上人(もんがく)
後白河法皇の怒りにふれ、ここ韮山に流さ、同じ時代に蛭が島に流されていた源頼朝に旗揚げを促しました。




源氏再興の旗揚げ
源頼朝は、1180年8月17日、伊豆の平家一門の山木判官:平兼隆を夜襲して源氏再興の旗揚げをしました。



富士川の戦い
源氏(白)対平家(赤)の初戦です。紅白対決はここからきました。






一の谷の戦い~屋島の戦い~壇ノ浦の戦いと続きついに平家は滅亡しました

一の谷合戦
義経の鵯越の逆落としで有名な戦いで、奇襲作戦が功を奏して平家軍を海へ追い落としました。
兵庫県神戸市須磨


浜にあった平家の陣に義経軍が山の頂上から一気に攻め込んだので平家は慌てふためき海に逃げ出しました。現在は、海岸線ぎりぎりにJR線、山陽電車、国道2号線が走っています。



屋島の戦い
四国の屋島に平家は陣を敷きました。そこに義経軍は一気に攻め込み大勝利をあげます。




屋島の合戦で有名な那須与一が矢で扇を撃ち落とした場所です。今は、埋め立てられてその雰囲気はありませんが、記念の的の絵が立っています。



壇ノ浦の戦い
関門海峡での戦いで、平家はここで滅亡しました。
源氏の大将:源義経と平家の大将:平知盛の銅像です。



清盛の妻:二位尼が8歳の安徳天皇を抱いて海に飛び込み自害しました。



『静岡県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 源頼朝の史跡巡り9 成福寺... | トップ | 明石海峡大橋 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しずか)
2017-07-31 22:57:47
これらの絵を見ながら歩いていくと、歩く距離も気になりませんね。
これは良い試みだと思いました。
ただ、歩きながらも撮影し続けているので、結構時間を取りますね!
Unknown (ラメール)
2017-08-01 02:45:07
しずかさん
訪問とコメントありがとうございました。

はじめは、読みながら歩いていましたが、
絵が多すぎたので、撮影してあとで整理してみました。
絵は2~30枚あったようでした。
はじめまして。 (iisaka)
2018-08-22 17:32:13
初めてご連絡させて頂きました。
私、株式会社スプリックスの飯坂と申します。
突然のご連絡で大変失礼致します。

管理者様のブログを拝読し、とても丹後が好き、もっと広めたいという気持ちが伝わってきました。与謝野町の古墳の

数が3500基もあることには私も驚きです。読んでいてとても興味深いものを感じました。

弊社では、学校の先生方

向けに授業準備のための無料情報サイト
「フォレスタネット」を運営しております。
この度、貴ブログに投稿されている

記事の数々を拝見し、
是非私共にお力をお貸し頂けないかと思いご連絡致しました。

「フォレスタネット」は全国の先

生方が実践等を共有し合うことで
先生方の授業準備をご支援するサイトです。
総数10万点以上の教材や実践例

等の情報を掲載させて頂いております。
他にも、授業内で使える小噺、小ネタも掲載しております。

しかし、全国の

先生をご支援する為に
より多くの情報を揃えていきたいと思っております。
つきましては、貴ブログにございます記事に

ついて、
是非フォレスタネットへ掲載させて頂けませんでしょうか。
掲載作業の一切は全て我々の方で進めさせて頂き

、管理人様のお手間はとらせません。
また、記事を掲載する際の名義は管理人様の名義のまま掲載させて頂きます。
歴史の授業は暗記科目と呼ばれたり、教科書通りの授業進行になりがちだといわれます。
そんな中、歴史の人物

にスポットを当てたり、教科書だけでは知り得ない場面を
取り上げる事で、歴史に思いをはせる子ども達が多くなって
いくはずです。

ご不明な点も多々あるかと存じますので、何なりとご質問頂ければと存じます。
この度は突然の不躾な

お願いとなり、大変申し訳ございません。
ご検討の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

ご連絡いただける際は下記

のメールアドレスまでお願い致します。
m.iisaka@sprix.jp
Unknown (ラメール)
2018-08-23 12:19:16
株スプリックス 飯坂様

訪問とコメントありがとうございました。

ご依頼のリンクの件ですが、文面から与謝野町様へのリンク依頼だと思われます。

>管理者様のブログを拝読し、とても丹後が好き、もっと広めたいという気持ちが伝わってきました。与謝野町の古墳の数が3500基もあることには私も驚きです。

私のブログは閉鎖はしていませんが、ほとんど更新もなく小学生への教材としては不向きだと思われます。

残暑厳しい中、仕事頑張ってください。

コメントを投稿

頼朝史跡」カテゴリの最新記事