Love&Teeth

藤島歯科の治療室ダイアリー。インプラント治療や審美治療。趣味や日常の出来事を紹介します。

口内炎

2019-07-09 12:23:02 | 日記

 口内炎は、お口の中にできる小さな潰瘍です。

原因はいろいろあります。

 その中でも、歯が尖ったもの、入れ歯が擦れてできる傷、

歯ブラシで突いてできた傷が原因のものは治りやすいです。

 原因の歯や入れ歯を歯科医院で調整し、お口の中を清潔にしていれば

治りやすいです。

 口の中の傷で、3週間経っても治らない時再発を繰り返す時は

原因が他に考えられます

 こんな時は大学病院などを紹介さしていただきます。

また最近口内炎の治療でレーザーで焼灼する場合が増えています。

これには注意が必要です。一旦治ったように見えて

再発する場合に原因の特定が遅れる場合があります。

出来るだけレーザーなどは使用しないで治癒経過を見るのがよろしいです。

 

 

 

 

コメント

顎咬合学会 症例から考えて

2019-06-29 14:16:59 | 日記

 

 毎年6月に恒例となっている、東京国際フォーラムでの
顎咬合学会に行ってまいりました。 

 メインゲストの南カルフォルニア大学のDr. Bach Le教授
の講演を聴講しました。

 今回のテーマは、骨造成術の長期検証

内容:今回の講演は骨造成の技法やそれに伴って必要な骨補填材について網羅したものです。

インプラント治療では骨がなければ埋入出来ません。

 抜歯や歯周炎で欠損した骨のない部分は自然に治癒し、ボリュームを保つことはできないものです。

 これらに対する骨造成の技法や材料を一つ一つ長期にわたり観察し検証しています。、

そしてそれらの臨床症例をビジュアルで紹介しました。

 治療後1〜2年ではそれほど骨の吸収はわかりにくいですが、5年10年を超えてくると

どの症例も吸収が進んできていました。

インプラント治療では骨がなければ埋入出来ません。

また作った骨は炎症によって吸収が早いものです。

 メインテナンスしにくいもの、メインテナンス出来てないものは炎症も起こり吸収も早いものです。

術前のプラニング、定期検診の大切さ、炎症の早期発見、対応処置などいろいろ考えさせられるテーマでした。

 

 

 

コメント

歯周病の歯ブラシは?

2019-05-27 10:50:45 | 日記


歯周病の方のブラッシングは何処をどのようにするのでしょう。

  • 歯周ポケットの中に繁殖している細菌を機械的に取り除くのがブラッシングです。
  • 歯周ポケットの中にブラッシの先端を入れて、窓のサッシを掃除するように弾きとばします。
  • 歯ブラシは先端が細くないとポケットに入りません。毛先が広がったものも入りません。

歯周ポケットは4㎜を超えるとほとんど歯ブラシは届きません。

歯周ポケットが広がっていると歯石がよく付くので

定期的に歯科でとってもらいましょう。

あまり難しい場合は歯茎を切除する場合もあります。

コメント

歯のはせつ

2019-02-03 12:20:03 | 日記

歯の破折にご用心

長野県上伊那地区の歯科医師会の作成したポスターです。

長野県は歯科口腔衛生の取り組みが全国でも進んでいる地区の一つです。

この地域の先生方が咬合力(咬む力)の歯への影響を伝えているものです。

当院でもこの考え方に賛同し、掲載させていただきました。

コメント

明けましておめでとうございます

2019-01-05 14:47:38 | 日記

本年も皆様にとって、良い一年でありますように。

写真は1月1日の大川原高原です。遠くに徳島市が広がり眉山、津田山も見えます。

コメント

学術セミナー

2018-06-22 14:45:44 | 日記

セミナーに出席しました。
日本の審美歯科で多く用いられてる
ホワイトニングの10%過酸化尿素が含まれている
オパールエッセンスという商品についてでした。

藤島歯科で使用されているものと同じものでした。

コメント

日本顎咬合学会に出席しました

2018-06-19 11:32:32 | 日記

6月9、10日の(土)(日)に東京有楽町の国際フォーラムで
日本顎咬合学会の総会が行われました。

基調講演は南カルフォルニア大学(USC)歯学部学長のDr.Avishai Sadan
が新しい接着の概念を電験レベルでの基礎について詳しく考えを講演しました。

その使用している新しいセメントは当院でも使用しているものの一つでした。


日本の接着剤は性能も良く、海外の多くのDr.にも用いられているほどのものです。 

コメント

ハミガキはいつしてますか?

2018-05-22 16:04:39 | 日記

 

ブラッシングは何を磨くのかわかっていれば、いつ磨くのかわかってきます。

 

では、何を磨くのでしょうか。

それはプラークです。

プラークとは、9割方細菌です。

ブラッシングはプラークを取り除くことが目的です。

 

プラークはいつできるのでしょうか。

食後すぐにはつきません。

唾液が少ない夜にプラークが増えます。

なので、寝る前のブラッシングを丁寧にすることが大事です。

また、寝てる間にも唾液が少ないので細菌が増えます。

そのプラークを減らす為に朝起きた後のブラシングも行ってください。

 

食後のブラシングは食物残渣を取り除く程度で。

 

コメント

植物園

2018-04-06 11:34:47 | 日記
芝桜
コメント

新年のご挨拶

2018-01-09 11:36:12 | 日記

 

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

 

お口の健康を保持することは、身体全体の健康を守ることに繋がります。

今年もお口の健康についてブログを更新してまいります。

コメント

写真

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/71/f3/07053986c34f94cbe7423568a4c8eb21.jpg