Love&Teeth

藤島歯科の治療室ダイアリー。インプラント治療や審美治療。趣味や日常の出来事を紹介します。

3月の診療案内【改訂版】

2017-02-21 11:14:44 | ニュース

 

3月は23日(木)、30日(木)も診療いたします。

コメント

妊産婦さんと歯周病

2017-02-16 11:29:46 | 歯科

 

『歯周病』とは名前通り歯の周りの病のことで、

歯を支えている骨のほか 周りの歯茎の病気です。

 

名前だけを聞くと、お口の中だけの事だと

受け取る方がほとんどかと思いますが

実はこの歯周病、全身の疾患と深く関わっている事が

近年わかってきました。

 

糖尿病や心筋梗塞のリスクが高まったり

歯周病菌が気管や肺に入り

気管支炎や肺炎を起こしたりする事もあるのです。

 

そして最近では

熊本県の産婦人科、歯科との連携研究において

早産や低体重児の出産とも

関連しているという報告がありました。

 

妊娠中に歯周病にかかっていた方の羊水から

歯周病菌が見つかったというのです。

 

歯周病はお腹の中の赤ちゃんにまで

影響を及ぼす危険性もあるのですね。

 

しかし妊娠してからの歯科治療というのは

なかなか大変です。

 

日頃からお近くの歯医者さんで

定期的な検診やクリーニングを受けて

お口の健康を保つことが理想的ですね。

 

 

コメント

歯科治療と献血

2017-02-15 15:00:07 | 歯科

 

 

出血を伴う歯科治療

(歯石除去を含む)を受けた方

出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)に関しては、

抜歯等により口腔内常在菌が血中に移行し、

菌血症になる可能性があるため、

治療後3日間は献血をご遠慮いただいています。

 

 この注意事項、

献血をされたことがある方はご存知かと思いますが、

歯科医院で出血を伴う治療を受けた3日間は
 
献血ができません。 
 
 
 
出血を伴う治療とは 具体的にどのようなものでしょうか。
 
抜歯などの外科治療はもちろん、
 
なんだか少し意外なのが 歯石除去
 
これも それらに含まれます。
 
 
 
こまめに定期健診で歯石を除去されている方や
 
健康な歯茎の方はそうでもないのですが、
 
重度の歯周病、長い間歯石を放置し
 
周りの歯茎が炎症を起こしている方は
 
歯石のお掃除をしただけで出血してしまう事が多いのです。
 
 
出血をすることで、
 
お口の中にたくさんいる口腔内常在菌が
 
血管の中に入ってしまいます。
 
やがてそれは全身を巡り、菌血症を起こすのです。
 
そんな血液が輸血されると大変ですよね。
 
よってこのような注意書きがあります。
 
 
お口のケアをするということは
 
からだ全体の健康にも繋がるのですね。
 
 
 
 
コメント

3月の診療案内

2017-02-06 17:06:54 | ニュース

 

3月の診療案内です。

 

コメント

休診のお知らせ

2017-02-04 11:30:30 | ニュース

 

2月13日(月)は

研修会のため、休診とさせていただきます。

コメント

写真

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/71/f3/07053986c34f94cbe7423568a4c8eb21.jpg