Love&Teeth

藤島歯科の治療室ダイアリー。インプラント治療や審美治療。趣味や日常の出来事を紹介します。

さくらんぼ

2008-06-30 11:47:18 | 食・レシピ
先日サクランボを頂きました。小学校の頃実家の庭に植えてましたが、とても酸っぱくってたべれませんでした。頂いたのは山形県の本場ものです。酸味と甘味のバランスが絶妙で食べ飽きませんでした。ごちそうさまでした。
さて今年も今日が前半最終日、折り返し点ですね。後半も頑張っていきたいと思います。毎日雨が続きますが、皆様体調を崩しません様に。Dsc08031


コメント

散歩

2008-06-26 17:19:47 | インポート
散歩
診療所から5分位のところはもう海です。太刀魚が釣れるらしいです。以前は黒鯛(チヌ)やメバル、カサゴを釣りに行ってました。

コメント

今週もおじゃま

2008-06-22 22:39:29 | インポート
研修の合間に新しいインプラントの情報を頂きにHenryのオフィスに行きました。メインのインプラントはお互いちがうけど、同じものも使います。20080621111905_2


コメント

骨補填材

2008-06-20 19:24:15 | インプラント
骨の無いところには骨を作らないとインプラントが入りません。抜歯をした後インプラントをいれて隙間が大きいところには骨を入れます。その骨がない場合に骨補填材を使用します。世界中でいろいろな材料が作られてます。動物や人間から作られた骨材料、化学的に作られたものなどがあります。生物で作られたもので骨の出来やすい物も沢山あります。しかし未知の病原体等を考慮して、他種骨(他の動物由来の骨補填材)他家骨(人由来の骨補填材)は使用しにくい物です。
 当院では自家骨(自分の骨)が採れない場合は、化学的に合成された骨補填材を使用しています。自家骨はゴールドスタンダードといって骨再生には一番最高の骨補填材です。
 そのため、ドリルでインプラントの埋入する穴を削ったとき、削られた骨をチタンのブラッシなどで集めインプラントの周りの隙間等に使用します。Dsc02617
Dsc02781


コメント

顎咬合学会in Tokyo

2008-06-15 23:26:35 | カンファレンス
土・日に有楽町の東京国際フォーラムで今年の本会議が行われました。咬み合わせの専門家が集まりました。
それに先立ち、セラミストの岡本さんとインプラント上部構造の新しい方法の打ち合わせ。午後から池袋のDr.Henryと大塚の矯正歯周病の専門医の仙田先生その後輩の森先生とシンポジウム参加。夜は、情報交換と打ち上げをしました。Dsc07896
Dsc07900
Dsc07919
Dsc07930


コメント

上顎洞のインプラント治療

2008-06-12 01:23:54 | インプラント
上顎臼歯部には上顎洞があって長いインプラントは入りにくいです。以前、私が徳島で歯科医師会の学術委員をしている時、解剖学者の養老武司先生の学術担当でご一緒させてもらいました。いい機会だと思い上顎洞についていろいろお話しさせてもらいました。私は、空気の中のゴミや水分をとる器官だとツネズネ思ってます。神様は無駄な物作ってないと思いますが、これは後日考えを記載します。
で、現在のインプラントの上顎洞周辺のアプローチは。2


コメント (2)

インプラント講習会のお手伝い

2008-06-09 23:31:28 | インプラント
8日(日)は大阪で京都インプラント再生センターの井上先生のインプラントセミナーのお手伝いをさせて頂きました。東北・関東から四国・九州と全国のインプラント専門医の先生方が受講されました。いのうえまさとし歯科医院の瀬川先生、畑山先生も京都大学の再生医療の研究をしながらのお手伝い頭が下がります。私も質問を受けて、幾つか臨床例からお答えを申しました。休み時間や帰り道井上先生と自分たちの症例の情報交換をいつものようにしました。
 藤島歯科医院では徳島インプラント再生センターを併設しております。難しいと思われてる症例も一度ご相談ください。

コメント

大阪くしかつ

2008-06-07 21:21:36 | インポート
大阪くしかつ


コメント

スプリットクレスト

2008-06-06 00:11:19 | インプラント
Photo


コメント

いろんなインプラント治療

2008-06-03 23:39:35 | インプラント
 今日の治療を例にどのような用意をしてるのか、、、。
 Nobel Guid を使いました。腫れ、痛み、出血がすくない。長さ・太さ・方向が正確に安全に決められる。ぶれが少ないので初期固定が得易い.等等、、歯ぐきを大きく開かないので麻酔の分量がおおよそ半分ですみました。
 太さ長さが骨の質で変わるかもわからないため、使用インプラントの前後の物は用意しておく。今日は10本使用なので30本は用意しています。常に100本以上はストックしております。 いつも4~5社のインプラントを使い分けます。チタンだけでなく、ハイドロキシアパタイトなども使用します。
 アバットメント(土台)も粘膜の厚さで数種類準備。骨が柔らかいと圧接する道具を用意(用意してましたが今日は使用しませんでした)
 抜歯、、普通に抜くと外側の骨が1㎜ないので割れ易いです。ペリオトームという薄い刃で骨を割らないように抜きます。普通だと5分もかからないような歯ですが、審美部位(特に前歯・小臼歯部の目につくところ)なので30分以上かかりました。即時埋入(抜歯して同時にインプラント埋入)し隙間が2㎜以上あるのでGBR(骨補填材・メンブレン)併用しました。
 ソケットリフト(上顎洞挙上術)奥歯は骨が6㎜しかありませんでした。左右ともです。
即時加重、、、10本中初期固定のいいインプラントを5本支台(土台)にして固定式補綴装置を装着しました。歯の無い時期がありませんでした。
 ガイドでインプラント埋入をもう少し深く入れたい時、今までは一度サージカルガイドを外していましたが、
今日ガイドを外さない方法を治療中考案しました。それで2本所定より2㎜深く埋入する事ができました。
 患者さんの帰るときの笑顔を、、、、。
 当院では患者さんにとって理想的なインプラント手術法をえらびます。他院で難しいと言われた方も一度ご相談ください。



Dsc07665


コメント (2)

写真

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/71/f3/07053986c34f94cbe7423568a4c8eb21.jpg