川ちゃん農園だより 自然のままに

農家の遊休土地をお借りしてはじめたものです。カメラも趣味ですので四季の移り変わりを記録して行きたいと思います。
  

2018弁財天夏祭り

2018-07-30 11:56:10 | エッセイ風
 地元弁財天夏祭り・”共に踊ろう”の看板できのう日曜日夕刻6時よりはじまる。それが模様をお伝えします。
 途中の道端の向うの峰には台風一過の入道雲が大きくモクモク湧き上がっている・・
 ①夕日の入道雲の下で踊る、<18:47>


 地元の祭りには子ども向け模擬店が並ぶ、はじめにバルーンアートを覗く、造形の作り方を習っている、
 ②<18:05>




 次に射的コーナー、③<18:13>




 金魚すくいコーナーに回る、④<18:15>




入道雲夕焼けに染まる中、”共に踊ろう”夏祭りがはじまる、祭り実行委員長のご挨拶、⑤<18:38>


































 夕日をバックに・・家族連れ、⑥<18:50>


 夕日が沈むころ、⑦<18:56>




  歌謡ショウ、鈴木和歌ショウはじまる、⑧<19:14>






 民謡踊りのフィナーレとなる、⑨<19:32>




 *神輿の代わりに民謡踊りをコアとして子供向けにバルーンアート・射的ゲーム・金魚すくいとそれにプロの歌手を招いての歌謡ショウ等で祭りを盛り上げてくれている実行委員会の皆様に感謝をいたします。
 これが地域交流の礎になるものと心から思ってます。
 きょうの撮影ポイントはコアの民謡踊りと夕焼け入道雲とのマッチングができるかということです。
 何とか上手くいったのではと自負しました。
 <いわどの山荘主人>(傘寿爺)

 




コメント

台風接近の朝、

2018-07-28 11:03:00 | エッセイ風
 台風12号が関東地方に接近している・・、今夕は東海地方・近畿南部に上陸するという予報である。通常ルートの逆走である、関東地方から西日本に向かう珍しい事象です。
 朝の様子をお伝えします。”農園のひまわり”葉が枯れて大きな実生が頭を垂れている。
 雨に打たれて”埋葬の列”の様相である。
 朝の”ひまわり回廊”はうら寂しい限りです・・・
 <いわどの山荘主人>

 雨に打たれる”ひまわり回廊”<7:34>




 ひまわりの実生、<7:37>








 ひまわり葬送の列、<7:43>







コメント (2)

農園の朝顔

2018-07-26 10:16:16 | 花だより
 農園の廻りを道行く人に和んでもらおうと”ひまわり”を・・<今年はやや早めにおわる、> 次には”朝顔”が咲きはじめた、<去年の種・(七色)を育てたもの>どの種類の花色かは咲いて見ないとわからないという次第です。
初披露目です、手入れが行き届かないのでこれから配置など工夫をいたします。
 <いわどの山荘主人>

 ①支柱柵に咲く朝顔、<5:47>


 ②柵に咲く”あさがお”たち、<5:53>











コメント (1)

浦和よさこい2018

2018-07-23 14:10:02 | エッセイ風
 猛暑の中、”浦和よさこい2018”が南浦和駅東西駅前を会場に<日曜日・22日>定刻11:45分よりはじまりました。
 浦和に住む会社OBの友人に誘われての参加です・・、猛暑の中ではありましたですが各チーム演舞連の熱気と迫力は真に迫るものがあり、素晴らしいものがありました。
 さすが近郷近在から又東京からまで49連、本格的な”よさこい”踊りを見物するのははじめてでしたので非常に感動しました。 
 演舞もイイですが特に旗振り役割の方たち先導や後方支援など格好よくもあり、撮影をさせていただきました。
 それでは撮影順に掲載させていただきます。
 <いわどの山荘主人>

 ①西口会場風景、<11:30>




 ②さいたま観光大使の紹介、<11:36>


 ③演舞団の紹介、<11:50>






































④旗振り役に感動する、<12:00>














コメント (4)

鬼百合(おにゆり)

2018-07-20 14:25:45 | 花だより
 わが庭は鉄砲・山・鬼百合(ゆり)と順に咲いて楽しませてくれている。百合のお仕舞はオニユリです・・、近所の畑の端に植え付けられたオニユリを地蔵堂を背に撮りました。
 ①<16:57>




 ②畑のオニユリ、<17:03>


 ③道路端、<17:03>


 ④アップの鬼百合、<17:10>




 *7~8月に咲いてくれる花には感謝します。太陽の花”ひまわり”は堂々としてますが、今年の農園のひまわりは成長がやや不具合で堂々に咲くには至りませんでした・・、
 それでも猛暑のなか、ご苦労さんです。
 <いわどの山荘主人> 
コメント (1)

凌霄花(のうぜんかずら)

2018-07-18 09:51:13 | 花だより
 猛暑の中で・・ 濃橙紅色・・ ラッパのような花・・ 青空に立ち登るように咲いている! 今盛りが過ぎようととしている。
 千年の昔より日本の夏を彩ってきた花・ノウゼンカズラ・・ 涼風がかすかに運ぶ頃までこの紅色はつづく!!
 近所の垣根に咲く凌霄花、①<6:20>




 棕櫚の木にツタワル凌霄花、②< 6:33>










 *この棕櫚の木にツタワル凌霄花か木高さ2.5mほどあり、となりの家の人の話では2週間前から廻りキレイに花が着いていたと・・、百日紅と同じく暑い中我慢強く咲いてくれる、千年の想いがします。
 <いわどの山荘主人>

  
コメント (2)

夕焼け小焼け<エッセイ風>

2018-07-16 21:17:27 | エッセイ風
 日中は酷暑なので家の中にいる、家の中にいても暑さは変わらない・・、
 録画した森繁の社長漫遊記ものをみて時間をつぶす、
 その間の暑さ対策は濡れタオルを首に巻いて扇風機で煽るのです・・、
 映画は森繁節特有の面白さで楽しませてくれる。
 そのまも缶ビール二本でやり過ごす・・、

 PM5:00も過ぎたので畑を見やる、水濡れタオルを首に巻きシャツを肩にかけて上半身裸で畑まで闊歩する、裸が風を誘う、やや感度がイイ・・
 作業は裸でとはいかないので、シャツをまとう、トマトの伸びすぎた芯を摘み、そして整枝をする。
 植え替えたばかりのタイガーメロンの苗に水をやったりするとハウスの時計がPM7:00を回っている、
  
 すると西の空が夕焼け空、明日も晴れて暑くなるなどボンヤリしていると、朝茜はいつも撮るが夕焼けはまだ今年は撮ってない・・、慌ててとって返してカメラを持つ・・、<何秒間でも夕焼けが間に合ってほしい・・>
 ピークの明るさ美しさは過ぎてしまったが、やや次の段階である、AFではシャッターは下りないが、MFではシャッターは切れた、どうにか撮れたらしい!
 今のデジカメは性能がよろしいのである。
 ①ISO感度12800、s1/15、F4.5 <時刻19:22>


 





 *薄暮<19:00頃>の畑で思い立って”夕焼け小焼けで日が暮れて”の童謡である。明日も晴れる予告である、カメラを手にする前の淡い夕焼け小焼けでした。
 <いわどの山荘主人>



コメント (1)

菅谷館跡・山百合

2018-07-15 11:38:14 | 花だより
 菅谷館跡の山百合が見ごろかと思い、まだ左近の猛暑になる前6時には訪ねた。
 ”山百合が咲いています”の入り口の幟(のぼり)案内されて土塁に目をやると夏草の茂みの上に伸びている山百合、
 ①<6:12>




 鮮やかな花弁を反り返らせ開花する山百合の華麗さ!②<6:20>







 菅谷館跡に陽が差す、③<6:36>




 大樹と蔦と山百合のコラボ、④<6:49>




 帰りの土塁、⑤<6:51>


 *きょうも猛暑のつづきである、クーラーの嫌いな小生、扇風機でやっているがこの扇風機の風が生暖かくなってくると限界です。適当に水分補給をして適当にクーラーを使いなさい・・
身の為です。
 <いわどの山荘主人> 


 

 
コメント (3)

瓢箪(ひょうたん)猛暑日

2018-07-13 14:40:59 | エッセイ風
 きょうも猛暑日、ビニールハウスの前では”ひょうたん”が陣取っている。暑さにも負けずに・・、
 瓢箪の歴史はイネよりも古い、福井県の鳥浜貝塚からは縄文時代のものが出土されている、このことは栽培作物としては最古のものである。
 豊臣秀吉の馬印として名高い千成瓢箪は小ぶりで多数の実を付けるそうです。
 去年から作っているが実を加工して細工をこしらえようとしたが不器用で結局はハウスの前で楽しむばかりでした。
 <いわどの山荘主人>

 ①猛暑に空高く向かって実をつける瓢箪、<13:06>




 ②ひょうたん、<13:08>






 ③ハウスの前の陣取る”ひょうたん”、<13:09>
コメント (3)

蝉の初鳴きと農園のひまわり<季節のたより>

2018-07-10 22:03:27 | 季節のたより

 きょうも猛暑でした・・、日中の農作業は控えて夕暮れになるPM5:00頃より3次メロンの植え付けの準備のため豆トラでの耕しを終えた。
 ちょうどその頃<PM6:30>か、カナカナと蜩(ひぐらし)の初鳴きにせっした・・、蝉が鳴きはじめると本格的な夏の訪れである。また夏の実感です!
 そんな夏の風景は何と言っても”ひまわり”である、そのバックには夏雲の象徴である入道雲です!
 ひまわりと入道雲をお届けいたします。
 
 ①農園の外周に植えられた70本のひまわり、<7:01>






 ②青空をバックに凛と立つひまわり、<7:02>








 ③早咲きの向日葵、先に咲いて先に終わる、<>




 *いつものように南東外周、1m間隔に70本の苗を植えたのですが栄養の関係で生育がマチマチになってしまい並びがイイ・・イイ写真が撮れなかったのは残念でした。
 <いわどの山荘主人>
コメント (2)