川ちゃん農園だより 自然のままに

農家の遊休土地をお借りしてはじめたものです。カメラも趣味ですので四季の移り変わりを記録して行きたいと思います。
  

春あめの花たち<エッセイ風>

2018-03-20 11:37:04 | Weblog
 けさの散歩道は、春の小雨模様の中を歩く・・、明け方の気温(9.6℃)より日中の気温(6.8℃)が下がるという天気予報である。
 さらに明日の春分は極寒、雪も混じるという・・ことです。

 そんな中、雨に濡れた花々を撮影順に追った。濡れた椿の花と遠く雑木林の木蓮が目立った。
 
 <いわどの山荘主人>模様、

 ①庭の枝木の滴の向うに隣の椿が、<9:56>


 ②庭の黄水仙と辛夷の花と白椿、<9:57>






 ③となりの垣根に咲く玉椿と雪柳、<10:02>




 ④椿垣根のあるお家、<10:04>










 ⑤雑木林にあるハクモクレン、<10:25>


コメント (1)

会社OB会写真定例会候補作品

2018-02-13 07:07:36 | Weblog
恒例の会社OB会写真定例会が隔月第3火曜日の2月20日、東京新橋で開催されます。
ついては12月定例会以降の撮りだめた中から2点選ぶのですが迷ってます。  
 写真愛好家のブロガーのみなさん、のご批評を仰ぎたいと思います。

忌憚のないご意見を賜れば幸いです。
 
 いつもお世話になっております。

 <いわどの山荘主人>

 <定例会出展候補作品 10点>
①白鳥が飛ぶ<2/9撮影> <9:46>EOS70D 1/50f29ISO120焦点距離300-473mm


②飛び立ち、<1/27撮影 8:06>EOS70D 1/60 F14 ISO100 焦点300-473mm


③白鳥飛翔、<1/14 8:01>EOS70D 1/60F8 ISO100 S300-473mm


④朝日の飛び立ち、<1/12 7:23>EOS70D 1/50F20ISO100 焦点250-395mm


⑤初日を浴びて、<1/1 7:20>1/500 F9 ISO125 S300-496mm


⑥川鵜魚捕らえる、<2/7 9:25>


⑦朝霧白鷺舞う、<1/29 7:37>70D1/100F22ISO100 S300→473mm


⑧雪とヒヨドリと蝋梅、<1/23 9:29>


⑨農園銀世界、<1/23 8:41>PENTAXKk-5Ⅱ 1/60F22ISO200 S17-25mm


⑩大霧とお日様、<1/18 6:59>


  

コメント (7)

幻想の世界・白鳥

2018-01-02 11:24:58 | Weblog
初日を浴びて川霧が唄う・・
 そんな中、白鳥が飛び立ちそして川霧に舞う・・
 まさに幻想の世界である。
 夢中でシャッターをキル。
 <いわどの山荘主人>{/fine_sim/}{/fine_sim/}

 幻想の世界・白鳥
 











 幻想の世界・白鳥 スライドショウ31枚
コメント (2)

年賀状2018

2017-12-27 17:25:36 | Weblog
 ブログ、フォトダイアリーを趣味にして11年6カ月、<4214日>
年賀状の季節が到来しているが、やや準備が遅れてしまった。
 賀状やり取りする仲間も物故してしまい段々と減っていく、そん中でどうしようかと考えている中に遅れてしまった。
 明けると79歳数えの傘寿である、この間中学卒業同級生夫婦の友を訪ねて情報を得るに、最近は余り連絡がないとのことでした。
 あの方はこの方はと・・あちこち傷んでいて元気な人は少ないようでした。
 
 明けて来る4月の花見のころでも同級生夫婦の家でささやかでも傘寿の祝いでもやりましょうかと話合って帰りました。
 <いわどの山荘主人>
 
 <年賀状の準備が」おわりました、> 
 ①案


 ②案

 
コメント (3)

千成瓢箪

2017-08-20 11:36:08 | Weblog
 千成瓢箪は、春の種集めの時、朝顔と一緒に買ったもの、初めての作品である。
 ビニールハウスの玄関わきに植えた。いまではしの竹を支柱として実を着け繁茂している。
 瓢箪の歴史はイネより古いとされている。姿はユウモラスで真ん中がくびれている。
 豊臣秀吉の馬印で名高い・・・・
  
 乾燥させてから明かりとりなどの工芸品に利用されている。
 わたしもいっぱい取れるので何か工夫してみたい。
 <いわどの山荘主人>

<千成瓢箪  6:45>




<瓢箪の花と実 7:14>






 
コメント (1)

小鬼百合<花だより>

2017-07-12 15:58:29 | Weblog
 わが庭に鉄砲ユリが咲いて山百合がさいて、最後は小鬼百合が咲いて庭を明るくしてくれる。

 ①鉄砲ユリ <花言葉・純潔> <6/27 7:28>



②山百合、<7/7 src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/05/fe/0830d9370f114c70a7640b37262e44aa.jpg" border="0">



③小鬼百合 草むらに頭一つ抜きんでる、 <17:03>




 *庭の一輪づつ、時を分けて咲く百合の花である、ブログ取材するものにとってはありがたい。
 
 

コメント (2)

会社OB会写真定例会候補作品

2017-06-12 05:10:40 | Weblog
 恒例の会社OB会写真定例会が第3火曜日の6月20日、東京新橋で開催されます。
ついては4月定例会以降の撮りだめた中から2点選ぶのですが迷ってます。  
 写真愛好家のブロガーのみなさん、のご批評を仰ぎたいと思います。

忌憚のないご意見を賜れば幸いです。
 
いつもお世話になっております。

 <いわどの山荘主人>

 <定例会出展候補作品 8点>
①みどりの影 2017.6.10 <6:42>1/30 f10 iso100


②花菖蒲モデルさん  2017.6.4<9:36> 1/400 f7.1 iso200


③後ろ姿 2017.6.4 <9:24> 1/500 f7.1 iso100 1/500 f7.1 iso200


④マクロレンズの世界・馬鈴薯の花 2017.5.18 <11:20> 1/30 f14 iso100


⑤青麦風景 2017.5.2<7:34> 1/100 f9 iso100


⑥ひたち海浜公園ネモフィラの丘 2017.4.28 <11:55> 1/320 f11 iso100


⑦つつじと松 2017.4.23 1/125 f10 iso100


⑧若葉 2017.4.19 <8:26> 1/400 f7.1 iso100 焦点距離 18mm→27mm










コメント (9)

山里の新緑<季節のたより>

2017-04-21 10:06:07 | Weblog
 きのう一昨日とヒカリが正面にあたったころの新緑のやさしさ、清々しさ、さわやかをとらえた。
 遊休田んぼの上に面する県道沿いの雑木林と開拓されて残してくれたコナラの大木の緑・新芽である。
 雑木林のみどりや大木を下から見上げるみどりの光の美しさに感嘆いたしました。
 <いわどの山荘主人>

 <午前の朝日による新緑 8:26>






 <午後の雑木林の緑 17:21>




コメント (2)

寒波の中、白鳥飛来地

2017-01-18 19:56:48 | Weblog
 きょうは白鳥飛来地に行こうか止めようか、床の中でためらった。
ためらった時の方が偶然ではあるが、イイ条件に恵まれる。
 時間のタイミングが合い、短い時間で飛び立ってくれて、飛び立ちから大空を舞う白鳥の姿がとらえられた。
 <いわどの山荘主人>


 <8:00 スタート>







寒波の中、白鳥飛来地スライドショウ
コメント (1)

冬将軍居座る<氷と霜>

2017-01-16 11:46:26 | Weblog
 16日も冬型の気圧配置が続くために、今冬一番の寒さ<当地域ポイント天気、最低気温 △6.0℃>である。天気快晴あさの農園見回りもしばれる。頬が風を感じなくても痛い。
 農園は全面真っ白、面白いことには、その下を潜って進むモグラ君、いま盛り上がったばかりの土の山ができている。<7:46>






壊れた座椅子にふり注ぐ大霜、陽で光っている。<8:50>


ハウス前の手桶水、凍って木槌で叩けども割れない、厚さ1Cm強張っている、<8:55>






直売小屋脇の葉ボタンさすがに冬の観賞野菜元気である、<8:01>


 *この地域は、今朝の朝日新聞「天声人語」欄に、若き日の田中角栄が地元・新潟での演説で山脈を削って豪雪をなくすと・・・、新潟と群馬の境にある三国峠を切り崩してしまえば「季節風は太平洋側に抜けて越後には雪は降らなくなる、みんなが大雪に苦しむことはなくなるのであります!、」荒唐無稽ではありますが、人の心を惹き付けるものがあります。日本海側と大平洋側の冬の気象の状況、雪に悩む違いを表しています。
 きょうもそんな気圧配置になってます。
 <いわどの山荘主人>


コメント (2)