川ちゃん農園だより 自然のままに

農家の遊休土地をお借りしてはじめたものです。カメラも趣味ですので四季の移り変わりを記録して行きたいと思います。
  

運転免許「講習予備検査(認知機能検査)」および高齢者講習会

2017-01-31 19:36:05 | エッセイ風
 本日午後1時20分より、当該地自動車教習場で行われた。
最初は予備検査・認知機能検査である。このテストも75歳が初回で二度目である。同じような問題がでるとのことで、記憶してた問題は当たったが、記憶の問題16問の絵を見て記憶し、それを1問問題やってから答えるのです、前回より2問は多く答えるととしか出来ませんでした。記憶の問題は思いついた6問以外興奮すると思い出せません。目を瞑って思い出したが出ませんでした。
 次の項目は1~16までヒントが付いていましたので9割方答えがでました。
 結果は76点以上の「記憶力・判断力に心配ありません。」とのお墨付きをいただきました。

 運転適性結果は、総合判定で同年代との比較では「優れている。」30代~59歳との比較では普通とのことでした。

 動体視力・夜間視力では、静止視力では1.0 動体視力では0.3と30㎞の速度では約1/3程度に落ちることがわかりました。警察での免許更新では0.7以上の視力があれば可とでした。

 視界測定値では右眼88度、左岸眼84度で両眼172度で概ね良好とのことでした・
 最後に運転実技、普段運転しているのでこれは難なく通りました

 以上3時間強の日程を終えて、無事に高齢者講習修了証明書をいただいて、明日は最寄りの警察に出向いて運転免許証の更新をしみまいります。

 <いわどの山荘主人>

 <この頃ようやく梅の花が咲きだしました。>









 
コメント

近隣の友の死<惜別の唄>

2017-01-29 20:38:43 | エッセイ風
 この山里の地に移り住んで20年、ときの過ぎるものは早い、20世帯の里山ぐらし、定年して18年になる。野菜作りにに精を出して、小さいながら直売小屋も出している。
 そんな中、前には奥さんが乳がんで亡くしたした方もおられる。
 がしかし同じ班での引っ越しした当時からお世話になった旦那さん、畑でもとなりで一緒にやっていた方がこの度、幹細胞糖尿病が原因で他界した。
 けさ亡くなった知らせを受け、突然の知らせで驚いた。早速に線香をたむけにおとずれた。奥さんにお悔やみの言葉を述べ、死顔をみる、やさしい穏やかな顔をしている。1週間余りの入院のうちの急変であるとのこと。
 その先に糖尿病での医師会病院に入られたときには見舞いに伺ったこともある。当時から酒好きな方である。
 奥さんの言によると長患いで家族に迷惑を掛けたくないとのこころ遣いであろうとおっしゃっておられた。
  
 しめやかに午夕飯、酎ハイで友を送る、わたしの不器用なピアノの葬送曲は、蛍の光・家路と思いつき奏でてみる、友を送る好きなメロデイは、私の愛唱歌である惜別の唄です。
 
 !遠き別れに耐えかねて この高殿に昇るかな 悲しむなかれわが友よ 旅の衣を整えよ!
 島崎藤村の唄を奏でる、E♭メージャー、♭が三つのカサね、物静かなメロデイである。終わりまで通して弾けるように三度ばかり奏でる、自身泣けてきた。 
  明後日が通夜で明々後日には荼毘にふされる運命ににある。
 <いわどの山荘主人> 

<きょう庭の蝋梅>





コメント (1)

eーTax<電子納税>一番で済ませる<エッセイ風>

2017-01-27 18:48:06 | エッセイ風
 関係省庁・市役所・団体より確定申告の書類が国民健康保険納税済額通知書を終わりに
届いた。年金生活者の確定申告書類が整ったので一番を目指し、開始する。
 わずか1万円前後の還付を目当てにアワテルこともないのだが、eーTax<電子納税>開始以来10年、当時は定年後シニア大学でパソコンクラブに入って興味が有ったものだから、面倒なものでも懸命に努力をした。その頃住基カードやICカードリーダーライタなどはじまったばかりである。<最初は取り付け費用がかかるとの5000円減税がありました。>
 市役所と掛け合ったり、カードリーダーの不都合など問題もありました。
 ことしは住基カードがマイナンバーカードに変わり、昨年のうち、eーTax<電子納税>に必要になるとのことで、すでに取り付けました。
 準備万端、10年目のeーTax<電子納税>にかかる、78翁のやること、まして一年に一度のこと、例年通りと思い、国税庁ホームページの案内による<Mail登録してある昨年のeーTax<電子納税>者を対象>今年のメッセージをあける。
 順に進む、事前準備確認事項の項目がどうしても通過できない、関連を見るがダメである。
 昨年は国税庁のヘルプデスクに相談したのですが、所轄の税務署に聞くことにする。
 所轄の税務署のヘルプデスクのお嬢さん、親切に教えてくれる。手順通りにやると事前準備確認事項がクリア出来た。
 そこでマイナンバーの確認が必要であると教えられた。が暗証番号など思い付かなかったので調べ直してから再度連絡しますと一旦電話を離す。
 マイナンバーの暗証番号が
見つかったので電話を掛け直した。先のヘルプデスクのお嬢さんに繋ぎればと思ったのですが、それはカナワズ、代わりのヘルプデスクのお嬢さんにつなっがた。
 そのお嬢さんも親切でした。小一時間、マイナンバーの確認のためかかった。クリックの時間が長めになると二度押しのエラーがでたり、最後の確認が取れた時は翁老人も電話の向うのヘルプデスクのお嬢さんに感謝、こういう問題抱えた税務当局の辛抱、指導にお礼を申します。
 結果はマイナンバー税務確認が取れたので、その日のうちに計算してありました、僅かばかり還付金10,000前後の年金生活者の「ヘソクリ」をeーTax<電子納税>申告を終わりました。 
 所轄税務署、受付番号201701271115×××の申告書送信 受信通知を受けました。
 <いわどの山荘主人>

 <きょうの茶花 椿と蝋梅>




コメント (2)

霜の結晶<マクロレンズの世界>

2017-01-26 12:10:06 | マクロレンズの世界
快晴放射冷却現象のあさ農園にでる、陽が昇る。農園のベンチの上に凍てついた霜の氷が光っている。霜の結晶が出来て逆光から覗くとピカッピカッ輝いている・・・
 マクロレンズを取りに戻る。
 一脚で霜の文様を撮りにかかる。並べただけの板ベンチ、木の目が映し出される霜の結晶である。
 スライドショウで贈る。<17枚>

 <いわどの山荘主人>

 <板ベンチの霜結晶 7:36>


 <ビニールハウスの壁に張り付いた霜結晶 7:46>

霜の結晶スライドショウ17枚
コメント (1)

翁78歳<エッセイ風>

2017-01-24 18:46:38 | エッセイ風
 われ78回目の誕生日を迎えたり! けさも何の変哲もなく・・・、
 6時に起床、暖房にスイッチを入れ、室温<6.1℃>を見、体重計に乗る<60.5kg>、血圧測定<上が146 下が71 脈拍70> 今シーズン二番目の最低気温のせいか、血圧がやや高めに推移する。
 これらのデータをパソコンにメモする。次いでOutlook Mailを覗きしてから、インターネットBlog開いて、きのうのアクセス状況をしる、コメントが入っているか、感度の模様をしる。<1/23現在アクセス閲覧数302 訪問者数80>      >
 終わって農園見回り、<今冬二番目の寒さ、ポイント天気△5.8℃>放射冷却の現象からベンチの霜降が凍て付いて、朝日にピカッと光っている。
 <写真 PENTAXワイドレンズ 7:38>

 
 直売小屋の陳列をする、きのう午後採ったほうれん草に白菜、それにター菜、京菜など並べ直す。
  きょうのお客さの来場を期待しながら・・・
  あさの日課が終わる。

  午後は、農作業は気が付いたところで行う。その後は、写真取材した画像をPCに移す、きょうの出来をみる。

  午後3時から4時の小1時間はわたしの楽しい午夕飯である、二食主義をとりながらカミさんの手作りでの食卓、缶酎ハイをゆっくりいただく、テレビのニュースショウ番組、その時の話題、今は小池東京都知事の話題がいっぱいである。
  ほろ酔いとなる、そろそろ鼻歌がでる、その鼻歌のメロデイをわが拙い手でピアノに向かう、毎日の日課が指の脳の刺激になり、健康を維持しているのではないかと、・・・信じている。
 夜はブログの話題作りに、ブログ仲間の情報を知るべく閲覧してコメントの交換を行っている。
 8時過ぎには布団の中からTVをみる、眠くなるとそのまま寝入ってしまう時がある。
  早寝、水分取りすぎでトイレの回数を多いのでそれでTVを消したりもする。

 78歳ともなれば痛みもでます、血圧も高めで毎月かかり付けお医者さん見てもらっている。
 昨年喜寿の記念にと人間ドック・脳ドックの診断を仰いだところ、首から下は健全との診断でしたが、左内脳血管に閉塞が見つかりました、自覚症状はないのですが脳梗塞が恐れがあるので十分に気を付けています。
 てな訳でここまで生きて来れたことに感謝いたします。
 会社入社同期の6人中、去年2人一昨年2人と亡くなってしまい、同期入社の会をそれまで続けて来たので非常に淋しい思いをしています。
 <いわどの山荘主人>

 <誕生日の自画像>





コメント (4)

eーTax<電子納税>準備

2017-01-22 19:17:55 | エッセイ風
 自宅からインターネットで申告・納税を・・・、国税庁のキャッチフレーズに!
 初回からやっているeーTax<電子納税>が10年目を迎えた。78歳になる老翁が今年も準備にかかる。
 なにせ1年に一度のeーTax<電子納税>、ことしからマイナンバー制度が取り入れられ、住基カードから変わった。
 そのためにマイナンバー登録を写真入りで昨年中に終えてある。
 そのマイナンバーの使用の第一号です。
 これから管内の税務署と繋いで準備にかかる次第です。

はじめた楽しみは確定申告での、年金源泉徴収分が僅かではあるが還付される<ヘソクリ>からである。
 さらにPC取り扱いでの同年代での偉ぶりでもありました。
 年金生活者の簡単な税務申告、紙でやっても大した手間はかからないのです。
 住基カードの取り付けや、今度はマイナンバーの取り付けなど面倒の多いことにも興味・関心があったのでやってみました。
 
 それがeーTax<電子納税>10年を迎えることになったのです。
 率先垂範、税務署から感謝されてもと思いますが、これも趣味です。
 というような訳でで公的年金等の源泉徴収票が送られて来たのでこれから準備にかかります。

 去年は家のまわりに白梅の花が咲きはじめましたが、ことしは若干遅い様です。

 <いわどの山荘主人>

 <ことし通い詰めた白鳥さんたち・大空を舞う>










コメント (3)

大寒のころ<季節のたより>

2017-01-20 12:01:36 | 季節のたより
 きょうが大寒、一年で最も寒いころであります。天気予報によりますと、南岸低気圧が近づき北からの寒気の影響で太平洋側も雪になるのではないかと予報されております。
<11:00>
 この頃になりますと、春の野菜作りの準備に入ります。
 まずプランを練ります。
 種の購入、野菜苗床<木っ端堆肥の仕入れ>、農機具<特に豆トラ耕運機の手入れ>など、
 きのうはマメトラ農機に出向いて爪の交換をしていただいてきました。なにせ10年間の使用に耐えて来たものだから、鉄器のの爪が1/4減っていました。
 帰って試運転したところ、キレが良くなり耕運の深さが違います。今後はわたしの寿命と機械の寿命の根比べです。
 ことしも木っ端堆肥の発酵熱を利用してのトマト・きゅうり・茄子などの苗作りに精を出して行きたいと思ってます。床苗作りも5年目を迎えて経験も得ましたので成果を挙げたいです。
 78翁ことしも張り切ってまいります。 見ていてください。
 寒の半ば、大寒、寒中見舞い申し上げます。
 <いわどの山荘主人>

 <庭の萬両、春の願いを込めて>




 
コメント (2)

寒波の中、白鳥飛来地

2017-01-18 19:56:48 | Weblog
 きょうは白鳥飛来地に行こうか止めようか、床の中でためらった。
ためらった時の方が偶然ではあるが、イイ条件に恵まれる。
 時間のタイミングが合い、短い時間で飛び立ってくれて、飛び立ちから大空を舞う白鳥の姿がとらえられた。
 <いわどの山荘主人>


 <8:00 スタート>







寒波の中、白鳥飛来地スライドショウ
コメント (1)

冬将軍のつづき<結氷の弁天沼・道端の蝋梅>

2017-01-17 07:08:54 | 季節のたより
 きのうの冬将軍のつづきです。今冬の最低気温<氷点下6℃>を記録した近くの市の景勝地弁天沼<鳴かずの池>まで様子を見にいった。
 その途中の道端に咲く季節の花「蝋梅」行き帰りと時間差で追ってみた。

 行きの蝋梅はまだ陽が浅いのか十分に光っていない。<8:36>




 弁天沼に着く、全面結氷している。<8:19>


 氷に映る太鼓橋、<8:23>


 弁天沼<鳴かずの池>の由緒書<8:24>


 帰りの蝋梅 裏側より撮る<8:36>






 *ことしの蠟梅の咲きはやや遅い、大寒波の中で撮ることになった。それでも寒さの中で咲く花、蝋の様であるから蝋梅と称している訳だからかっこイイ・・・。しかし冷たい花の感じがする。
 <いわどの山荘主人>

コメント (3)

冬将軍居座る<氷と霜>

2017-01-16 11:46:26 | Weblog
 16日も冬型の気圧配置が続くために、今冬一番の寒さ<当地域ポイント天気、最低気温 △6.0℃>である。天気快晴あさの農園見回りもしばれる。頬が風を感じなくても痛い。
 農園は全面真っ白、面白いことには、その下を潜って進むモグラ君、いま盛り上がったばかりの土の山ができている。<7:46>






壊れた座椅子にふり注ぐ大霜、陽で光っている。<8:50>


ハウス前の手桶水、凍って木槌で叩けども割れない、厚さ1Cm強張っている、<8:55>






直売小屋脇の葉ボタンさすがに冬の観賞野菜元気である、<8:01>


 *この地域は、今朝の朝日新聞「天声人語」欄に、若き日の田中角栄が地元・新潟での演説で山脈を削って豪雪をなくすと・・・、新潟と群馬の境にある三国峠を切り崩してしまえば「季節風は太平洋側に抜けて越後には雪は降らなくなる、みんなが大雪に苦しむことはなくなるのであります!、」荒唐無稽ではありますが、人の心を惹き付けるものがあります。日本海側と大平洋側の冬の気象の状況、雪に悩む違いを表しています。
 きょうもそんな気圧配置になってます。
 <いわどの山荘主人>


コメント (2)