一郷一会・関東周辺100名湯プロジェクト

一郷一会が威信をかけて ^^: 選定。センター系、スパ銭・・・ お湯さえよければどこでもOK! 料金上限1,200円也。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

43.くらぶち相間川温泉 「ふれあい館」

2005-06-14 23:12:07 | 群馬
アブラ臭香るこの緑黄色のにごり湯に、もう何度通っただろうか。
上州、倉渕村の山のなかに忽然と湧き出たお湯は、総計23.33g/kgの強食塩泉。それも通り一遍の強食塩泉ではない。

濾過された内湯は緑濁色ささ濁り。露天は非濾過のかけ流しで、緑黄色のにごり湯(透明度10㎝)には黄土色の固形物がたくさんただよっている。強塩味+苦味+しびれ鉱物味に臭素と鉱物臭まじりの濃厚なアブラ臭+微金気臭の個性的な味臭とほてほての浴感で、怒濤のごとく攻めてくる。
私にとっては、”アブラ臭ワールド”に引き込まれたいわくつきのお湯でもある。
”凶暴そうに見えて、やっぱり凶暴”系 (^^; なお湯の代表格で、脱衣所でヘタっているお客を何度もみたことがある。

疲れているときに”癒し”を求めに行くタイプのお湯ではない。どちらかというと、湯切れ状態で全身がミネラルを求めているときに、気合い一発、がっぷり四つでお湯と対峙する、そんな”闘うお湯”だと思う。

以前はかなり混むお湯だったが、対岸に「せせらぎの湯」(同一源泉)ができて、多少は空くようになった。「せせらぎの湯」は、お湯がややおとなしいようにも思えるが、施設がよく、時間制限もないので、一日じっくり過ごすにはおすすめ。(食堂はなし)

「ふれあい館」のレポ。(関東周辺立ち寄り温泉みしゅらん「掲示板過去ログ」)(ちと古いですが・・・)
「せせらぎの湯」のレポ。(同)

Na・Ca-塩化物強塩温泉 61.8℃、pH=6.9、湧出量不明、成分総計=23.33g/kg、Na^+=5498mg/kg、Mg^2+=510、Ca^2+=2178、Fe^2+=1.19、Cl^-=13857、HCO_3^-=127、Br^-=56.6、陽イオン計=8645、陰イオン計=14041、メタけい酸=203、メタほう酸=247、遊離炭酸=199、銅=0.23 <H.7.7.6分析>

文・画像 別働隊@うつぼ
この記事についてブログを書く
« 19.犬吠埼潮の湯温泉 「犬吠... | トップ | 36.草津温泉 「共同浴場」 »
最新の画像もっと見る

群馬」カテゴリの最新記事