答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

負うた子に教えられる

2018年01月16日 | 北川村やまなみ太鼓

4歳の弟子ができた。子どもに太鼓を教え始めてから16年、今まででもっとも幼い弟子だ。

何度目かの稽古が終わり、明けて翌日夕方、おかあさんに手を引かれた彼女と会った。

マメができたという。

しかも、皮を剥いだのだという。

どれ、と見せてもらった。

あらあらかわいそうに、指先がズルムケだ。

がんばったね、と声をかけると、

痛がりもせずうれしそうだ。

バチを固く握りしめたその打ち姿が思い浮かんだ。

ふつう、指先に力が入るものではないが、とりあえず正しいバチの持ち方などを教えることはせず、とりあえずお兄ちゃんお姉ちゃんの真似をして大きく太鼓を叩いてみよう、という指導にもならぬ指導に、とにかくしっかり握らなければ、とがんばったのだろう。なにより、稽古中に泣きごとひとつ言わなかったその姿勢に驚く。


ひるがえってこのオジさんはどうなんだ。

われとわが身を顧みて、宙をにらみ軽く嘆息してアタマを掻く。

「負うた子に教えられる」

この理がわからなければ師匠ヅラはできないな、と内省しつつまたアタマを掻く。

 


 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

  

 有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

 発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

コメント