伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

ネームバリューにダマされずに本質を見る大切さ

2012-08-23 11:11:26 | 老子の言葉

老子の言葉 第一章

(独自の超訳)

これが正しい人生(道)だと言い表せる様な人生(道)は、本当に正しい偉大な人生(道)などではない。

これが本当の「名前」だと呼べる様な名前は、真実の名前ではない。
天地が創られた時には名前などは存在せず、万物が生み出された後にそれらは勝手に名づけられたのだ。
だから無欲な心をもって見れば、“名前に左右されない”物事の本当の姿を人は見る事ができるだろう。
欲望の心のままでは、人は物事の上辺の姿しか見る事ができない。名前(人の地位)に左右されてしまう。

この世は、すべてが1つの同じ根源存在から創られたのに、陰と陽という2つの別々の名前を持っている。
その1つなる根源存在を「深遠なる神秘」と私は名づけたが、その神秘(玄)もやはり別の神秘からこの世の全ては生み出されている。これが、この世の万物が生まれ出る門(仕組み)です。

原文
「道可道、非常道。名可名、非常名。無名天地之始、有名萬物之母。故常無欲以觀其妙、常有欲以觀其徼。此兩者同出而異名。同謂之玄。玄之又玄、衆妙之門。」

(感想)
どんな人間の人生も“意味が有り”、それぞれ非常に大切な人生だと言うことです。
コノ世で偉い人物の人生が正しい訳では無く、どんな人生でも二度と無い大切でかけがえのない人生なのです。
人は、自分の人生は失敗だったとよく言います。
でも、生み出した存在(親)からすれば、わが子たち(人間)がコノ世で色んな経験をして七転八倒していても、それが輝いて美しく見えるのです。
親は、自分の子供が学校で悪い点数を取ってくれば将来を心配して怒りますが、祖父母は孫が取る点数よりも孫が存在するだけで十分なのです。
だから生み出した根源存在からすれば、どんな人間の人生も素晴らしいのです。

人間が他人を見ている時は、その人物を見ているのか、その人の名前(持ち物など)を見ているのか、どちらなのでしょうか?
知人によく似た人物が名前を偽って成りすましますと、多くの人々はダマされます。
知人の心・性質までは知らないから外見だけでダマされます。しかし、ダマされた人は、普段から知人の心を見ようとしていたのでしょうか?
私たちは日常生活において、他人の外観(ネームバリュー)だけを見ようとはせずに、相手の気持ち・本質を見る視点を持つことが大切なのです
自分の家族にも、家族の気持ちを「見ようとする心」を自分が持つことが大切です

最後の文章は、非常に大きな内容を老子は言っています。おそらく現代物理学においても言える内容だと思います。
この宇宙の始まりと実相を言語表現しようとすれば、言葉の限界があります。しかし、老子の深遠性は、的確に表現していると感じます。
要約しますと、
「宇宙は、1つなのに、2つの名前(陰陽の側面)を持っている。
しかし、その唯一の1つは、2つから生まれているのだ。」

1=2、という「循環」から万物が発生していることを老子は示唆していると私は解釈します。
別の表現にしますと、男女2名から子供が生まれます。
夫婦では1組ですが、大人の人間では2名です。
また、宇宙から地球を見ますと1つの天体です。しかし、地上から見ますと、多くの国々や70億人の人類が存在しています。1=70億。

つまり名前という視点を変えれば、同じ1つのモノであってもコロコロと姿も数量も変化するのです。
このようなことが、世の中には色んな場所で意味で存在するのです。
だから老子は、
「名前というものにダマされずに、その本質を見ましょう」と言っているように私には感じます。

「読者の超訳」
ひとがこれが神様だと言い得るような神様は、本当の神様ではない。人は神に色々な名前を付けるが、それは「本当の」神の名前と言えるだろうか。
天地は名前も形もないところから始まり、そこから「あれ」や「これ」と名前や形になって万物が生まれて来たのだ。
名前や形にとらわれずにその本当のところ(妙)を見つめる(見神)。また名前や形にとらわれてその上っ面に目を奪われる。一見違うように思えるが、これらは私たちの意識の深いところ(玄)から生れて来る、同じ一つの神秘のはたらきなのだ。その神秘のはたらきの奥に更なる神秘(玄之又玄)がはたらいている。全てのいのちの不思議はそこから生れて来る。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

[携帯用画面] http://www.geocities.jp/poriporry/m/

サプリ関係
 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係   http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
伊勢白山道の本 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください

「森羅万象 6」
半年掛けて醸造した心血の作品です。新たな開示があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785150/isehakusandou-22/ref=nosim

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://www.geocities.jp/maruzo369/isehakupedia.html

コメント (448)   この記事についてブログを書く
« 老子 | トップ | 氷が溶ける場合は内部から空... »

448 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
質問 (Unknown)
2012-08-23 11:27:33
誰からも深く愛されていないからか、勇気が出ません。
掃除のパートやはりやろうかなと思うのですが、電話する勇気が出ません。どうしたら出来ますか?
Unknown (わさび)
2012-08-23 11:28:34
リーマンさん、おはようございます。今日の記事から目に見える表面的なものではなく心の目で観なさいと言われたようです。
質問です (フィービー)
2012-08-23 11:30:14
老子の言葉、とても心に沁みました。
基本的な質問で、大変恐縮なのですが、現在わが家には小さな仏壇があって、そこに17センチの高さの先祖の位牌があります。「○○家先祖代々諸精霊位」と書かれています。これで3年間供養してきましたが、仏壇の高さが1メートルなので、50センチの台を購入した際、
麻の短冊に自筆で書いた位牌を置き、供養をはじめました。
供養をしていて、なんだか2つも位牌があっていいのだろうか?という疑問が生まれてしまいました。ご先祖様がどちらに寄っていいか迷ってしまわないかと・・・。
こもまま、この状態で続けていいのでしょうか。それとも自筆で書いたものは、処分したほうがいいのでしょうか?過去ログを見てもよくわかりませんでした。
どうぞよろしくお願いいたします。
Unknown (実践太郎)
2012-08-23 11:31:41
すいません。昨日の記事と同様、やっぱり三本供養がポンと頭に浮かびます。無欲な気持ちで見えない方々と向き合えば、本当の姿を見ることができる。
伊勢白山道=三本供養=与える気持ち=(リーマンさん+読者)=読者オリジナル道=感謝=それ自体が根源
欲を無くすのは難しいので、与える気持ちを持つことからチャレンジしてみたいです^^
質問です (Unknown)
2012-08-23 11:34:33
>その1つなる根源存在を「深遠なる神秘」と私は名づけたが、その神秘(玄)もやはり別の神秘からこの世の全ては生み出されている

とは、根源存在さえも別の根源存在から生まれているという意味ですか?
「見ようとする心」の葛藤 (onomi)
2012-08-23 11:35:20
家族のいろいろな思いをくみ取って、自分なりに考えて選んだこと。
でも、私の本心ではありませんでした。
私は自分の経験からの判断ではなく、家族の意見を尊重して、その中でベストを尽くそうと思いました。
しかし、子供が犠牲になっているのではないかと考えると、今でもくじけそうで、やはり無理をしすぎではと新たな道を考えてしまいます。
ものは考えようだから、私や子供の受け取り方次第なのかもしれません。
でも、この極限の中で子供が壊れてしまわないか・・・
家族のそれぞれの気持ちを考え、嫁として母として葛藤する毎日です。
私がしっかりと明るく支えなくては・・・
とにかく子供の心からの笑顔が見たいです。
名前かぁ。 (のんちゃん)
2012-08-23 11:36:40
有名な美容院、ショップ、病院、なんでもかんでも名のあるのが好きです。その中に良いのも悪いのもありますね。ついつい、そっちになびきます。
私の人生も大したことなく過ぎ、このまま老いて死んでいくのだと思いますが、ご先祖様からしたら、それでも良いのでしょうね。自分ではとてもそうは思えないんですけどねぇ。。。
あー!どうも最近、ゼッ不調だす~
外宮の碧い池のように、心の奥の奥はあのように澄んでいるのでしょう。私も他人も。
ありがとうございます。ただ お礼が言いたくて。 (Sweet)
2012-08-23 11:37:09
リーマンさんのブログに出会い 一日一日清々しく成ってます。
悠久の宇宙の 全てに感謝です。
生かしていただいてありがとうございます。
バカボンのパパ語訳の「老子」 (issa)
2012-08-23 11:50:14
とっつきにくい漢文をわかりやすく解説する、バカボンのパパが語訳した『バカボンのパパと読む「老子」』(ドリアン助川著)が図書館にありました。伊勢白山道さんの高次元からの超訳とは少々違いますが、楽しく読みたい方には良いのではと思いました。最近は白山道さん応援のまる(=・3・=)ぞうさんのブログも拝見し、少しずつ内観を意識するようになりました。いつもありがとうございます。
女性目線の防災対策①(非常用持ち出し) (ふわっと)
2012-08-23 11:50:56
東京リ○○○新聞に掲載されていた「女性向けの防災対策」が役に立つと思ったので、内容を投稿させて頂きます。(備えあれば憂いなし!)

1. 着替え(下着含む。※ブラ付きのキャミソールやタンクトップが便利)
2. オールインワンクリーム(肌の乾燥対策。最低限のお手入れ用)
3. BBクリームと口紅(※メイク落としには使い捨て拭き取りシートを用意)
4. 抗菌剤(肌に優しいものでスプレータイプを。体・髪・手の衛生を保てる)
5. 生理用品(使い慣れた物を準備)
6. 口腔ケア用品(歯ブラシやうがい薬等)
7. 手鏡(健康状態の確認の為。心のケアにもつながる)
8. シャワーキャップ(髪のにおいを抑えられる)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

老子の言葉」カテゴリの最新記事