伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

天国からの手紙では無くて、電話だった

2020-02-21 11:45:39 | 残された人達へ~故人からの想い

(読者)
本日は、亡き母の誕生日です。お茶を供え、母を想いながら線香をあげていたら、右後ろ?頭の中?から電話の鳴る音がしました。
こもったような音であり、家の電話の音ではありません。母は15年以上前に亡くなりましたが、電話のコールには何か意味あるのでしょうか?
それと、苦労して早死にしましたが、ちゃんと霊界で幸せにしているでしょうか?
宜しくお願い致します。

(感想)
母親は、「いつも見ているよ」「ありがとう」という御礼が言いたかったと感じます。
「電話の音」が、故人の時代の電話の使用を意味します。
霊自身が持つ、イメージの電話音なのです

では、今の若い故人の霊からの電話音ならば、スマホの例の着信音なのか?
これが言えます。

意外なことに、故人からの電話、メールが来る、履歴に残る、という怪は、昔から有るのです。
東日本大震災の後にも、何件も発生しています。

・ 震災の後に、契約解除した故人の電話番号からの着信履歴が有った。空白のメールが来た。
(使用停止になった電話番号の再販売は、数年間は無いはずです)

・ 消防署で起こる案件に、古いボロボロの無人の廃屋(電気なし)から、深夜に「助けて」という電話が定期的に来る。先輩が「またか」と言って、無視で良いからと新人に言ったとか。
(掛けて来る電話番号は、昔にその廃屋の住所で登録されており、今は使用されていない番号であることが調査で判明済み)

なぜ、こういう現象が可能なのか?
霊体=磁気のカタマリである。
その思いは、電気的にも干渉が可能だからだと感じます。

誰もが死ねば、生きる人に伝えたいことが無数に有ります。
想像をしてください。
今日の仕事先から、自宅には二度と帰れなくなった、自分が急に死んでしまった、と仮想してください。

死後に故人が安定してから(バルドォ以降に)、生きる家族に伝えたいことが、
銀行のこと、暗証番号のこと、カギの場所、家族が知らない保険のことなどなど。
家族にも、
「ありがとう」とか、「愛している」とか、一言だけでも言いたいものです。

霊界では、「1度だけ」何らかの方法で、家族に意思を伝えることが許可されることが、まれに有ります。
許可されないのが普通ですが。
これも、故人の善徳貯金の有無で変わります。

でも、どうして霊界側は、故人と生きる人の間をそこまで断絶させたがるのか?
これに意味が有ります。
天の意思は、生きる人に対して、

分からない中を、生きてください
ということなのです。

私達は、先が見えない不明で不安な中を、
「どう生きる魂なのか?」「その本性は何か?」
を試されている最中なのです。

利益しか追わない人、ワレ良しの人、他人を蹴落としても平気な人、などなどは、
・ 先が分からない中に置かれることで、その本性があぶり出されて行く仕組み
こういう法則の目的で、この世界が創造されています。

この読者の母親は、「苦労して早死にをされた」。
こういう故人ほど、アノ世では恵まれた立場に反転します。

昔の人が言った、
・ 「若い時の苦労は買ってでもせよ」

これは一般的には、若いうちに『面倒なことでも、嫌がらずにやり切れる癖』をつけておけば、その後の人生を助けることを意味します。
でも、それは表面的な意味であります。

これは、因果の法則では、「若い時の苦労は買ってでもせよ」「他人のために苦労したけど報われなかったこと」は、死後にそのすべてがムダでは無くて、善徳貯金だったことに、多くの故人が驚きます。
これを知ると、「なんだ、そういうルールか」「では早く転生して、もっと苦労して、死後に上の世界に行きたい」と思う魂が多いのです。
霊界以上の世界とは、そう思わせるほど、安心と安定と、愛情に満ちた世界だからです。

だから、どんな厳しい環境でも、魂は生まれることを望んでいます。
でも、生まれ出れば忘れてしまい、社会を呪っている人も多い。
死後に、反省と、悔しがることでしょう。
また、やり直しです。
これが輪廻転生(りんねてんせい)です。

今日も、不安な中を生きましょう。
その中でも、微笑んで見せましょう
誰もが、いつかは死ぬ存在です。でも、今のままの心境で、死後も心が継続するから大丈夫です。
『安心・安心、ととのう・ととのう、なる・なる』

「雨降らば降れ。 風吹かば吹け。」
(by 一休)

生かして頂いて 有り難う御座います


※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の
コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、
コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

携帯電話からの投稿方法は、
もし「私はロボットではありません」が有れば、チェックして図柄が出れば指示にしたがい、すべての正解の図柄を選ばないと、投稿が出来ません。

「私はロボットではありません」をチェックする欄がない場合、そのまま投稿ボタンを進めてください。
コメント投稿の混雑の状態で、チェック欄の表示の有無が変わります。

・質問をされたい時は、名前欄に【質問、性別、数字記号による仮名】の順に記入してください。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

* 参考サプリ
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

* 参考の美容用品
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

* 参考の防災用品・食品
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E9%98%B2%E7%81%BD%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★
*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または女、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
返答は順番にしていますが、質問が多いために数日後になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。
差別的なコメントを投稿しないように。もし間違ってUPされても、分かり次第削除します。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」 http://isehakupedia.wiki.fc2.com/  日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

・【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://pori.starfree.jp/m/
・「商品リスト PC用」 http://pori.starfree.jp/m/g_all.html
・「商品リスト 携帯用」 http://pori.starfree.jp/m/g_top.html

*返答について
・伊勢白山道の返信集:(http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8 )無制限で最新の返答と、質問の全文が表示されます。もしこれで、質問文の全文が表示されない場合、http://luce-tabi.jp/index.php この画面で、最下方の下から2行目にあります、返信表示: * - [on]、これを「on」にしてください。これにより、質問文も全部が表示されます。

文字拡大: - + [14]
表示件数: - + [10]
移動表示: * - [off]
返信表示: * - [on] ←ココ
外部表示: * - [off]
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ココの「返信表示」のところを確認して「返信表示: * - [off] 」になっていたら、
「*」をクリック/タップすると、[off] が [on] に変更されます。

・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/  最新記事5日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。

・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (458)

誰もが明日を創るために派遣されています

2019-12-21 11:34:37 | 残された人達へ~故人からの想い

死ねば、誰もが思い出の中で生きます
故人は、アノ世では今生の善悪の「思い出」を、繰り返し再体験しながら生きます。
だから、自分の良心(神様)に反する思い出が多ければ、死後は面白くないのです。

これを書き換えるには、コノ世に生まれ出るしかないわけです
そして、皆さんはコノ世に生まれています。
「今度こそ」という思いで、生まれました。

生きる人からの、故人への供養の本質とは、故人を「忘れない」ことです。
そのために、様々な供養手段が有るだけなのです。
故人にも、アノ世にも、重要なのは「思い出」と言えます。

ところが、生きている最中は、済んだ思い出にも、過去にも生きないほうが良いのです。
生きる人は、過去よりも、今に生きるべきなのです

・ 死ねば、思い出と、過去の記憶の中に生きる。

・ 生きている最中は、過去に住んでは生けない
・ 生きている人が、過去に住めば、運気は落ちます。寿命にも影響する。
この違いを知って置いて欲しいのです。

亀を助けた浦島太郎の民話も、このことを示唆しています。
・ 助けた亀が連れて行ってくれた深海(神界)の龍宮城は楽しかったなあ。また行きたいなあ。
・ そうだ、御みやげのこの箱を開ければ、アノ時に、戻れるかも知れない!
・ でも、実際に箱を開ければ、一気に老化(死に近付く)してしまいました。

以上から分かりますことは、
・ 生きている最中は、過去に住まずに、未来志向で生きなければ成らない宿命。
・ 死ねば、済んだ記憶の中でしか生きられない宿命。
つまり今に生きる私達は、明日を創るために、未来を出現させるために、天から派遣されているのが真相です。

済んでしまった過去の恋愛や、喜怒哀楽、故人との別離の中に、今も住む人が多いです。
過去に住む間は、今が、疎かになって行くものです
そのままでは未来にも、良くはないです。

生きる自分は、故人たちのためにも、未来を出現させるために、生きていることを知って欲しいものです。
故人を供養出来るのは、縁者の自殺者を楽にして救うことが出来るのは、生きている「縁ある人」だけが出来ることなのです。

金銭で他人が代行できることではありません。
それが出来ると言う人は、天に背く商売をしていることになり、その死後は怖いことです。

そういう金銭で代行の供養は、アノ世の故人を縛るような、排除するような、火で燃やすような無知で恐ろしい供養を提供しますので、生きる子孫にも故人にも良いことがありません。
縁者が思いやりの心から、故人に感謝を捧げる供養とは、天地の差があります。

最新の科学では、コノ世が『量子力学』
(りょうしりきがく: 多数が1つの現象を気にすることで、粒子の動きが変わり、検査結果のデータが変わる物理現象)

により出現している可能性が、年々深まっています。
このことは上記の、今に生きる私達は、明日を創るために、未来を出現させるために、天から派遣されていることと一致します。
だから私達は、日本から、世界と地球の未来を、大いに気にして行きましょう。

生きている今は、
・ 故人たちを忘れないで、
・ でも、済んだ過去の出来事はキレイに忘れて
・ 今と、明日の中で、生きましょう。
これの継続は、最善の未来を出現させます。
ただし、大自然、地球への感謝も、忘れないことが大切です。


(カレンダーの説明は「12月の自然観察日」を参照)


・ 来週を今から気にすることで、大地が揺れることを緩和させます。

備えあれば憂いなし。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E9%98%B2%E7%81%BD%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の
コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、
コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

携帯電話からの投稿方法は
もし「私はロボットではありません」が有れば、チェックして図柄が出れば指示にしたがい、すべての正解の図柄を選ばないと、投稿が出来ません

「私はロボットではありません」をチェックする欄がない場合、そのまま投稿ボタンを進めてください。
コメント投稿の混雑の状態で、チェック欄の表示の有無が変わります。

・質問をされたい時は、名前欄に【質問、性別、数字記号による仮名】の順に記入してください。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。

http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

* 参考サプリ
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

* 参考の美容用品
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

* 参考の防災用品・食品
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E9%98%B2%E7%81%BD%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8


※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★
*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。

・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。
差別的なコメントを投稿しないように。もし間違ってUPされても、分かり次第削除します


*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。
・日替わり記事捲り。おみくじ記事です。http://cgi.shinkyaku.com/k.cgi?random

・【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://pori.starfree.jp/m/
・「商品リスト PC用」 http://pori.starfree.jp/m/g_all.html
・「商品リスト 携帯用」 http://pori.starfree.jp/m/g_top.html

*返答について

・伊勢白山道の返信集:(http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8)無制限で最新の返答と、質問の全文が表示されます。もしこれで、質問文の全文が表示されない場合、http://luce-tabi.jp/index.php この画面で、最下方の下から2行目にあります、返信表示: * - [on]、これを「on」にしてください。これにより、質問文も全部が表示されます。

・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事5日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。

・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。

・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。

・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。

伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (439)

死別すると全てが思い出に変わる

2019-09-02 11:41:01 | 残された人達へ~故人からの想い

(読者)
伊勢白山道さんが常々おっしゃっていましたね。
死別すると全てが思い出に変わると。
まったくその通りでした。
過ぎてしまった後悔は、もうどうする事も出来ませんが、その気持ちをこれからに生かしていきます。

少しばかりの苦労なんて、
やはり過ぎてしまえば、
死別というものを通せば、
どれも良い思い出になって、全てが愛であった事に気づかされました。

切ないけれど、これを故人から教えてもらった事だと思って、生かしていく事以外にもう道はありません。
死別を経験せずにして、事前に想像することの難しさを知りました。
自分の考えの至らなさを思い知りました。
何にしても、こういうことがあるものだという事も教えられました。 (以上)

(感想)

家族とは、いつかは死別することが分かっていましても、実際に経験して見て初めて分かる感情が有るものです。
元気な時は、
・ あんな事言われた! プンプン。
・ もう嫌だ。
・ 別居したい。
などなど、誰でも有るものです。

でも、色々な喜怒哀楽と相克(そうこく:削り合い)が有った関係ほど、本当に死別しますと、
・ 生前には、気付いてあげられなかったこと
・ 相手の立場から、自分を見た場合の視点と感情。
・ 死別して、初めて味わう喪失感。

様々なことが、走馬灯(そうまとう:影絵が回転しながら映るように細工された箱)のように、自分の頭の中をぐるぐると駆け巡るものです。

このようなことは、死別をしなくても、会社や学校でも有ることです。
・ 皆に嫌われていて、自分も大嫌いだった同僚や上司が、突然に会社を辞める。
・ イジメに遭っていた同級生を、自分は黙って見ていたのだが、急に退学してしまった。

辞めたと聞いた最初は、「とうとう辞めたか」「やったー」「スッとした」と感じた。
でも直ぐに、その理由を知りたく成るものです。
聞き回った結果、自分とは関係無さそうだと分かり、安心する。

でも、その空席を日々に見て行く内に、
・ 過去に自分がしていた態度や言葉を思い出す。
・ 自分の態度は、あれで良かったのだろうか? もっと自分に出来ることが有ったのでは
と自問が始まる。
・ そして、何とも言えない寂しさを感じる。

このように感じられる人は、まだ良心(内在神)が心の表層に近いです。
何も感じない、当然だという冷めた感情しか無い人は、内在神を心の奥に押し込めているかも知れません。
この違いは、内在神からの応援を受ける距離感でもあり、人生の後半にその違いが転写して来るものです。何かに付けて、「欠けること」が健康や、金運や、仕事、家族運に出るものです。

もし、腹が立つ相手が居れば、
・ いつかは離れるものだと思うこと。
・ 自分は後から後悔しない態度をして置こう。
と思うことも参考にしてください。

いや、それでも腹が立つ相手ならば、
・ そういう相手とも、いつかは死別するという事実を想像すること。
ここまで想像が出来ますと、冷静な視点が持てるかも知れません。

誰もが、コノ世だけの短い一期一会(いちごいちえ:二度と無いこと)、短い出会いなのです。
何が有っても、死後には、そのすべてが良い思い出に変わります。
これを普段から意識が出来れば、相手を尊重することが出来るかも知れません。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

携帯電話からの投稿方法は
もし「私はロボットではありません」が有れば、チェックして図柄が出れば指示にしたがい、すべての正解の図柄を選ばないと、投稿が出来ません

「私はロボットではありません」をチェックする欄がない場合、そのまま投稿ボタンを進めてください。
コメント投稿の混雑の状態で、チェック欄の表示の有無が変わります。

・質問をされたい時は、名前欄に【質問、性別、数字記号による仮名】の順に記入してください。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。

http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

* 参考サプリ
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

* 参考の美容用品
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

* 参考の防災用品・食品
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E9%98%B2%E7%81%BD%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8


※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。
差別的なコメントを投稿しないように。もし間違ってUPされても、分かり次第削除します


*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。
・日替わり記事捲り。おみくじ記事です。http://cgi.shinkyaku.com/k.cgi?random


・【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://pori.starfree.jp/m/
・「商品リスト PC用」 http://pori.starfree.jp/m/g_all.html
・「商品リスト 携帯用」 http://pori.starfree.jp/m/g_top.html

*返答について

・伊勢白山道の返信集:(http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8)無制限で最新の返答と、質問の全文が表示されます。もしこれで、質問文の全文が表示されない場合、http://luce-tabi.jp/index.php この画面で、最下方の下から2行目にあります、返信表示: * - [on]、これを「on」にしてください。これにより、質問文も全部が表示されます。

・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。

・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (348)

様々な順番

2019-08-21 11:51:19 | 残された人達へ~故人からの想い

一休禅師のもとに、ある豪商が訪ねて来ました。
家に孫ができたお祝いに、一休さんに何か御目出度い言葉を書いてもらい家宝にしたいというお願いで来られました。
 
その相手をチラリと見た一休さんは、なんと、
「親死ぬ、子死ぬ、孫死ぬ」
という言葉を、紙に書いて渡しました。

それを見て、御目出度い言葉を期待していた商人は激怒しました。
「死ぬとは、あまりにも無礼ではないか!」
と一休さんに詰問しました。

すると一休さんは平然と、
「では、あなたの家は、孫死ぬ、子死ぬ、親死ぬの順番で死ぬことを望むのかい?」
と聞き返しました。

それを聞いて、ますます激怒して呆れて帰ろうとする商人に向かって一休さんは、
「親が死に、子が死に、孫が死ぬ。
これほど御目出度い順調な死の順番が世にあろうか?
これが逆になることこそが、真に不幸なことだ
と言いました。
 

このエピソード以外にも一休さんは、
・ お正月で賑わう京都の大通りに出て、杖の頭に骸骨の作り物をしつらえ、
「ご用心、ご用心」と人々に向かって骸骨を見せながら叫び練り歩いた。
一休さんは視点に、常に「死」というものを置いていたことを感じます。

ただ、豪商に対するエピソードなのですが、
・ もし貧乏な家の人が、やっと生まれた孫への御祝の言葉を願って来た場合、
一休さんは何と書いたでしょうか?

私が思うには、
親が長生き、子は更に長生き、孫は更に更に長生き
と書いたと想像します、笑。
一休さんは、本当に食えない人だったと思います。

ただ、一休さん御自身も、天皇の隠し子説が有るように、特別な身分から落ちて浮浪者も体験している人生です。
その人生の大きな落差を体験した結果、
・ 富裕者への反発心。
・ 特別な身分だった自身の生まれを恥じた。

一休さんが若い頃に自殺未遂をしたのは、こういう自分の生まれへの反発心という「青さ」が有ったのではないかと感じます。
でも、一休さんは、そういう生まれの御蔭で、有名寺院にも6歳で修行に入門を許され、当時の様々な最先端の学問を学んでいます。

更には、当時の時代を動かすほどの大教祖・蓮如(れんにょ)さんの自室へ顔パスで入って昼寝をしていたというエピソードも、その特別な生まれが有ってこそだと思います。
一休さんは、上の世界も見て、下の世界も体験し、コノ世の無常・はかなさを思い、
死というものを真面目に見ていたのでしょう。

以上からの学びは、
・ どんな時も死を忘れないことが、その人を謙虚にさせる。
・ 確かに、死にも「幸福な順番」というものが有りそうだ。
・ でも、死の順番が変わったとしても、それも個人のそうなる事情があってのことであり、崇高な死であるのは違いは無いこと。

このように感じます。
皆さんの人生の参考に成れば幸いです。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

携帯電話からの投稿方法は
もし「私はロボットではありません」が有れば、チェックして図柄が出れば指示にしたがい、すべての正解の図柄を選ばないと、投稿が出来ません

「私はロボットではありません」をチェックする欄がない場合、そのまま投稿ボタンを進めてください。
コメント投稿の混雑の状態で、チェック欄の表示の有無が変わります。

・質問をされたい時は、名前欄に【質問、性別、数字記号による仮名】の順に記入してください。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。

http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

* 参考サプリ
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

* 参考の美容用品
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

* 参考の防災用品・食品
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E9%98%B2%E7%81%BD%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8


※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。
差別的なコメントを投稿しないように。もし間違ってUPされても、分かり次第削除します


*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。
・日替わり記事捲り。おみくじ記事です。http://cgi.shinkyaku.com/k.cgi?random


・【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://pori.starfree.jp/m/
・「商品リスト PC用」 http://pori.starfree.jp/m/g_all.html
・「商品リスト 携帯用」 http://pori.starfree.jp/m/g_top.html

*返答について

・伊勢白山道の返信集:(http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8)無制限で最新の返答と、質問の全文が表示されます。もしこれで、質問文の全文が表示されない場合、http://luce-tabi.jp/index.php この画面で、最下方の下から2行目にあります、返信表示: * - [on]、これを「on」にしてください。これにより、質問文も全部が表示されます。

・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。

・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (518)

愛する故人たちと今を生きること

2019-03-02 08:48:54 | 残された人達へ~故人からの想い

人生には、愛するペットとの別離や、大切な家族との死別が有るものです。
また、愛する人と死別すると想像するだけでも、自分も死んでしまいたく成ると言う人もいます。

でも、自分が本当にそのペットや人を愛していたならば、
・ 自分も死ぬ、のでは無くて。
・ その相手を供養するために、自分が生きる。生きなければ生けない。

という発想の転換が大切です。
故人やペットを誰が供養するのか?
それが出来るのは、自分しか居ない。
と思うことが、亡くなった存在に対する正しい態度だと感じます。

霊的にも、故人を追い掛けて、もし自分が自殺をしてしまいますと、会える可能性はゼロに成ります。
死後の行き先が、まったく別次元だからです。

でも自分が、与えられた命を最期まで通常通りに生き切れば、先に亡くなった「最期まで生き切った」故人たちと普通に会えると思って大丈夫です。

では、どうしても自殺をした故人と自分が会いたいと思うならば、その方法は無いのか?
方法は、有ります。
自分が生きている間に、自殺をした故人を供養して行くことで、故人の状況も変化を起こします。
これにより、再会の芽が生じます。

しかし、自分が本当に人生を正しく生き切ってアノ世に逝った場合、
・ 自分がアノ世に行きますと、自殺した故人と会いたいという気持ちが消えているのが大半なのです。

その理由は、自分の死後に魂の視野が広がり、
様々な正しく生きた自分が知る故人や先祖たちとも再会し、
アノ世では過去生も含めた色々なことを、自分が思い出すからです。

そして、自殺をした会いたかった故人の、自分が知らなかった陰の部分や、様々な事情も、アノ世では分かってしまうからです
自分の魂が公平な視点をアノ世で取り戻した時に、自殺をした故人については、「仕方がない」「また生まれ出た時は会いたい」という前向きな気持ちに成ります。

自分が生きている間に、故人たちを供養するということは、
・ 故人たちと一緒に生きていることに成る。
これが言えます。

だから故人を本当に自分が愛していたならば、
・ 自分も早く死にたい、では無くて。
・ 少しでも自分が長生きをして、長く故人を供養したい。
という発想の転換をして欲しいのです。

ある御夫婦が、旦那さんの生前は喧嘩ばかりしていたそうです。
ところが旦那さんが病気で死んだ後に、もう会話も喧嘩も出来ない旦那さんの供養をして行くにつれて、
・ 自分だけの本当の旦那さんに成った。
・ 初めて、夫婦だという実感がした。

このような感想を漏らした婦人がおられました。
養=に生きること。
まさに「正しい」供養の実践で、これが起こったということです。

だから、これが夫婦だけでは無くて、親子関係でも言えますし、恋人同士でも、ペットにも、
・ 自分が供養をすることで、亡くなった存在たちと今を生きることに成る
これが起こっています。

どんな悲しい死別でも大丈夫です。
魂は、死ぬことが出来ないからです。
もし死別しても、まだまだ続きが有ると思って、今を明るく生きましょう。

以上は、根拠のない私の死生観です。
皆さんなりの、解釈をして頂ければ幸いです。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

携帯電話からの投稿方法は
もし「私はロボットではありません」が有れば、チェックして図柄が出れば指示にしたがい、すべての正解の図柄を選ばないと、投稿が出来ません

「私はロボットではありません」をチェックする欄がない場合、そのまま投稿ボタンを進めてください。
コメント投稿の混雑の状態で、チェック欄の表示の有無が変わります。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。
・差別的なコメントを投稿しないように。もし間違ってUPされても、分かり次第削除します。


*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。
・日替わり記事捲り。おみくじ記事です。http://cgi.shinkyaku.com/k.cgi?random


*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (542)

思い出す故人には、とにかく謝っておくと御得(徳)

2018-03-01 11:24:50 | 残された人達へ~故人からの想い

取引先の知人男性に会った時の話です。
2月に入ってから、心臓がナントナク重い、苦しい感じがするとのことでした。
彼はスポーツマンであり、とても心臓に問題が有るような外見ではありません。

でも話を聞きますと、寝る時に仰向けで寝ると苦しい、以前よりもノドが乾く、ドキドキする、などと話します。
それは狭心症のサインかも知れないから、とにかく循環器病院へ行くことを勧めました。

でも、「忙しいから病院へは行けない」「もう俺は死ぬんだ〜」
と言う訳です。
半分冗談か、真剣か分からないことを言います。
コーヒーを飲みながら、「まさか」と思い、彼の心臓から背中裏を心中(霊眼)で視た時に、上手に隠れている初老の男性霊(エクトプラズム状態)を視ました。

そして彼に、「初老の男性で心筋梗塞で亡くなった故人を知らないか?」
「あなたを非常に恨んでいるような男性だ」
と教えますと、しばらく考えた彼は驚く顔をして「いた」とのことでした。

以前の共同経営者だった男性が、喧嘩別れをした数年後に、心筋梗塞が原因の事故に遭って亡くなられているとのことでした。
でも彼は怒る訳です。
「私を恨むのは筋がおかしい」「私にも言い分が十分に有る」
とのことです。

それでも彼は、以前から私には霊感が有ることは知っていましたので、素直に聞いてくれました。
私が彼に言いました事は、

・ 死ねば仏様だ。どんな理由が有ろうとも、とにかく初老の男性に心から心中で謝ろう。
・ 亡くなった故人には、とにかく謝るのが一番に御得だから。

そして彼に聞きますと、家の仏壇には「名字+霊位」だけの先祖全体の位牌が有るとのことでしたので、
・ 線香3本を順番に三角形に立てること。
・ 3本めの線香を、男性に謝りながら立てること。
これをするように教えました。

後日に彼が言うには、3本めの線香を立てた直後から、心臓から違和感が「抜ける」のが分かったそうです。でも、彼は怒るのです。

・ 本当に不思議な現象だ。でも、こんな理不尽なことは無い。
・ もし教えられなかったら、私は病院に行ったりして、時間的に仕事も大変なことになっただろう。
・ あの感じでは、死んでいたかも知れない。
・ 霊が分からない人間には、こんな不公平なことは無い。

でも私は、
・ それは共同経営者が亡くなっている事実の縁が有ったことだから、仕方がない。
・ コノ世はそういう縁で繋がっているものだ。私とアナタの関係のように。
・ これからも、故人を思い出した時は、心中で謝ったほうが良い。
・ また、心臓の違和感が起これば、今度こそ直ぐに病院へ行って欲しい。

以上のようなことが有りました。
今日の言いたいことは、ここからです。 パチパチ

* もし嫌な故人を思い出すことが有れば、心中で謝って行くことをお勧めします。
思い出すたびにです。

もう理由など関係ないのです
死ねば、どんな故人も仏様です。
これが最高のお祓い、浄霊に成ります。
・ とにかく嫌な思い出の故人には、謝って置くことです。

* もし病気で有っても、霊が原因のものは10%も有りません。やはり自分の生活が原因です。
だから、とにかく医師の診察を受けることからです。

上記の話の彼の例は、非常に珍しい部類です。
初老男性の怨念が、非常に強烈だったのです。
執着を持った霊が、ドラマで犯人が警察のサーチライトから身を隠すシーンのように、必死に憑依を隠そうとすることを久しぶりに視ました。

ただバレますと、彼への怨念をぶちまけていました。
そして憑かれた彼にしても、
・ 心臓がおかしいという思い込みで、本当に心臓が変に成り、死へと誘導されていた。

おそらく検査をしても、肉体的な問題は出なかったと予想します。
でも、症状は有る訳です。
こんな話をすれば、「私も憑かれていないか?」と心配をするのは人情です。
でも、大丈夫です。

・ 霊が誰かを、特定する必要は無いのです。
・ とにかく思い出す嫌な故人が有れば、謝って行くこと。
これだけで、もし本当に霊障が有れば、消えます。

思い出す故人は無いけれど、憑依や霊障が心配だ。
こういう人は、
・ 生活努力と、先祖への感謝を普段の中でしていけば、本当に大丈夫です
先祖への感謝磁気を貯めることが、物事を改善させる力となります。

先祖とは、遺伝子DNAの集合体です。
自分にとっては、本当に色々な意味で「免疫力」にも成ります。
先祖への感謝をして行けば、大丈夫です。

※ 新刊 「柔訳 釈尊の教え 第1巻 」
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864901449/isehakusandou-22
2018/3/17 から書店で新発売です。
生涯にわたり、何度でも思い出す時に読んで頂きたい普遍的な真理の内容です。
ブログ記事を、更に分かりやすく、噛み砕いて、改変・加筆を致しました
心の幸福へ至る道が示されています。
宜しくお願い致します。

※ 速い検索システム。http://luce-tabi.jp/ ルーシェさんの検索システムが週末まで工事・停止中です。
この代わりに、リーコメ(http://ry-comme.sakura.ne.jp/index.php?d=-1)も利用してね。

※ ブログのURLの最初が、「https://〜〜」に変更されました。
各自の携帯/パソコンで利用しているブラウザ(このブログを見ているアプリ/ソフト)のブックマーク(お気に入り)にある「伊勢ー白山道」を1度削除し、
新しいアドレス/URLの https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou へ登録し直しましょう。
これのほうが繋がりやすい感じです。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ブログランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (628)

誰もが夢の途中、旅の途中

2018-02-10 10:48:06 | 残された人達へ~故人からの想い

死別も、重い病気も、人同士のお別れも、自分が老いることも、自分が死ぬことも、
・ もう、これで終わり。
・ 自分はダメだ。
・ これで最期。

、、、、、このように思うから人は悲しくなるのではないでしょうか?
もしこれを、

・ まだまだ、途中のことだ

と真から思えた人は、上記の嫌な事々も、悲しまずに、慌てずに、それなりに楽しめるかも知れません

・ 何事も、これで終わりと思わないこと。
・ まだまだ、これからだ、と思うこと。
・ 私は旅の途中に居るだけだ。

このように思える人は救われます。
これは宇宙的な視点、真理だからです。

果たして、コノ世に「これで終わり」というものが有るのだろうか?
そんな簡単に、終わらせてくれるのだろうか?
因果の視点では、これが無いのです

・ 何事も、決して終わることが無く、継続する輪廻(回る車輪・生まれ変わり)である。

釈尊の教えの中心は、
・ いかにして、強制的な転生(生まれ変わり)を終わらせられるのか。
これに尽きる訳です。
これを解脱(げだつ)、悟り、と呼び、宇宙の中でも非常に稀な現象としています。

悟ったと自称する人間の99.99%は、まだまだ途中です。
有料先生の場合は、金銭を搾取される側の人の立場の人生を体験するために、必ず強制的な転生が、普通の人以上に余計に起こります。解脱など有り得ません。

釈尊は、成し遂げることが非常に難しい解脱が、人の魂のテーマであり、人類の課題だとして、膨大な原始仏典の中で、「その方法を」「生き方を」説明しています。

・ 要するに、自分に与えられた環境、今生の今の条件の中で、新たな因果を創らないようにして真面目に生きるしかないよ。

・ 死さえも、慌てて考えるな。怖がるな。これで終わりと思うな。

・ そんな簡単に「終わり」が無いのが宇宙の真相だ。

と繰り返し、色々な形で説明しています。
釈尊の言葉 ダンマパダ編」「釈尊の言葉 スッタニパータ編

以上のような「まだまだ途中に居る」という思想を、
* 神道では「中今」(なかいま:今とは永遠に継続する中心点に過ぎないこと)
と表現しています。

まだまだ途中ならば、途中の出来事ならば、
・ 私は悲しくない
これを今日は知って欲しい訳です。

旅の途中ならば、何が有っても思い出です。むしろ、色々と有るほうが楽しいかも知れません。
ギリギリ、ドキドキ、もう止めて〜〜。何でも有り。
これで良いのです。

もう自分は終わり。これで最期。
このように思わないことを参考にしてください。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ブログランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (630)

生き切った人は、崇高な死を迎えます

2017-07-04 11:10:21 | 残された人達へ~故人からの想い

「あるベテラン看護師の言葉」:

私は長年看護師をしていました。
病院でも在宅でも、何百人以上もの患者さんを看取ってきました。 長く闘病された方が亡くなった後、
「やっと楽になれましたね」
といつも思っていました。天寿を全うされ、死にゆくことはそんなに悲しいことなのでしょうか。
死は通過点だと思います。

(感想)
ある医師の感想にも似たことを聞きました。医師の大切な仕事は治療だけではなくて、最後の死亡確認と死亡診断書を書くことだそうです。
色々な御遺体と面した時に、

・ 事故などで急死した御遺体からは、無念を感じ。
・ 長く真面目に闘病生活をされた人の臨終時は崇高で、何か口では表現が出来ない大いなる存在がその場に来ているのが分かる。

ということでした。でも、その医師は無神論者でした。
「今の社会でいう概念の神」などは信じないで、もっと根源的な何かを感じるのでしょう。

確かに、神様に名前が付いた時点で、
・ 人間が名付け親とは、これはいかなることか?
・ 人間が感知が出来る範囲のモノが、それは本当に神様か?

「天才を理解するのは、天才しか出来ない」と昔から言われますが、人類が神様を本当に理解しているのか?
ましてや商売や色恋沙汰に神名を利用する現状を見ますと、そういう部類の自称の神様に対しては、
「私は無神論者です」
と言い切る医師の態度は、実に正しいものです。

ここで思い出されますのは、海外の書店に行きますと今でも日本関連コーナーの英訳本の棚の良い場所に在るのが、宮本武蔵が書いた「五輪書」(ごりんのしょ)の英訳本です。いまでも海外で売れているそうです。
宮本武蔵が「独行道」(どっこうどう)に書いた、

* 我、神仏を尊びて、神仏を頼らず
(自分は神仏を尊んで拝むが、神仏に頼ることはしない)

または、西行法師が伊勢神宮・内宮を、五十鈴川を挟んで遠目で見た時に詠んだ和歌、
* 「何事のおわしますをば知らねども  かたじけなさに涙こぼるる」

これらこそは、本当の神様の存在を表現する言葉なのです。
無神論者の医師は、実は本当の神様を感じるがゆえの無神論者なのかも知れません。

ベテラン看護師さんの感想にしましても、看護師に成り立ての頃は一生懸命であり、人の死を見るのが、
・怖かった、・悲しかった、・嫌だった
と思います。

でも多くの死に際に接する内に、
・「良く頑張ったね」という自分に内在する慈悲心からの言葉
・ 頑張って生きた人が出される死による「解放感」の雰囲気
これが看護師さんを変えて行かれたのでしょう。

元気な人も、たまには病院に検診に行くことで、
・ 謙虚に成れます。

今悩んでいる人も、病院で頑張る人々をたまに見ることで、
・ 自分の悩みが、何でも無かったことが分かるかも知れません

こういうことも言えそうです。
今日も、「何事のおわしますをば知らねども」、何かの御蔭さんで誰もが生きています。
これに感謝して暮らしましょう。
この態度の時には、誰にでも神様は近いのです。

生かして頂いて 有り難う御座います


下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

注意! アマゾンの安い「マーケットプレイス業者」に注意!

表示されている値段で買わずに、スマホの場合は、画面の下方に、「新品&中古(数字)」押してね。その中に縦並びにある業者の内で、買う場合は「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてね。

PCの場合は、右側の立て並びにある業者の中で、「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてください。アマゾン販売・発送が無い場合、下方に有る「新品の出店:数字」を押せば、業者の一覧が出ます。業者名を押せば、1年間の販売評価の数字一覧が有れば良いです。激安業者に注意。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (560)

大きな流れを知って置くことは、嫌な執着を無くして行きます

2017-06-11 11:27:41 | 残された人達へ~故人からの想い

* 人は、今の自分を支えてくれている・ing・モノが何か?
* 自分が支えられている間は、ソレに気付かないものです。

* 自分を支えていたモノを失った時に初めて、
* ああ、コレが自分を支えてくれていたんだな。

と初めて気付くものです。
でも、もう遅い訳です。
人は、失って見て初めて気付く
これを大小、様々な形で、レベルで、人は繰り返しています。

・ アレほど嫌いだった仕事も、本当に辞めてしまうと、時間が経った今でもアノ職場を思い出す。
自分に規則正しい生活と健康を提供していたのは、アノ嫌いな職場だったのかも知れない。

・ あれほど憎んだ親だったが、本当に死別すると、自分が親に対してシタことばかりを今でも思い出す。
反面教師でも、自分を育ててくれたのは間違いがない。いつまでも親を思い出す気がする。

・ ペットを失って初めて、いかに自分が癒やされていたのかが分かる。
生きている間に気付いて、もっと大切にしてあげれば良かった。

・ クラスで虐められている生徒を見て見ぬふりをしていた。
でも、その生徒が本当にクラスから消えてしまうと、今でもアノ子のことを思い出す。

では逆に、何かを得て気付くことは有るのだろうか?
・お金 ・恋人 ・結婚 ・子供 ・仕事 ・家や車 ・健康 などなど。

確かに最初は喜びも、視野の広がりも、感謝の気持ちも、何かを得ることにより有るものです。
でも、何かを得た、5年後、10年後も、
・ 得た時の喜びは継続しているのでしょうか?
・ 既にアタリマエに成っていないでしょうか?
・ ソレが、失って気付くモノに変化をしていないでしょうか?

つまり人は、
・ 失って初めて気付くことは、生涯にわたり思い出すことが有る。
・ 何かを得て気付いたことは、時間経過と共に忘れる。
・ 何か得て気付いた学びは、それを失って気付く学びへと変化して行く。

このような見方も言えそうです。
失っての気付き > 何かを得ての気付き
だと、人のサガ・本能の視点から根本的に言えそうです。

これは何故かと考えますと、
・ コノ世の肉体こそは、失って行くことが法則として決まっている。
・ 魂が、コノ世に生まれて1つの人生を得て、それを段々と無くして行く過程が人生だ。
最後は全部を無くして新たに旅立つ。

・ 得たものは必ず無くして行くのが、コノ世の宿命。
・ すべては、感謝することに気付くために、無くして行く旅。

でも、そもそも自分は得たモノが少なくて、無くすばかりの人生だ。
と思っている人も、おられるかも知れません。
その人生を、自分の良心(内在神)が納得して認めるもので有るならば、その何も得られなかったと自分が思う人生でも、
・ 何も持たない中でこそ、崇高な生かされている感謝、という最高の気付きが起こるはずなのです。

これが湧いて来ないならば、逆に恨みしか湧かないならば、自分の良心がその原因を今までの自分の人生を見て知っています。
まだ、自分が努力するべきこと、反省するべきこと、が有るということを自分の良心が発信しています。

誰もが、すべてを無くして行き、そして自分の良心の判断を人生の最後に受けます。
どんな環境の中であっても、生かされたことへの感謝が湧いて来る人生ならば、それが最高の大成功の人生だったと言えます。

もしそう成れますと、1つの大いなる魂の卒業となり、魂の境涯が上がる環境へと旅立ちます。
コノ世のどんな成功や快楽よりも勝る、永遠の幸福に心が住むことに成ります。
今日も自分の良心が認める生活を、して置きたいものです。

生かして頂いて 有り難う御座います


下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

注意! アマゾンの安い「マーケットプレイス業者」に注意!

表示されている値段で買わずに、スマホの場合は、画面の下方に、「新品&中古(数字)」押してね。その中に縦並びにある業者の内で、買う場合は「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてね。

PCの場合は、右側の立て並びにある業者の中で、「アマゾンが販売・発送します」を高価でも参考にしてください。アマゾン販売・発送が無い場合、下方に有る「新品の出店:数字」を押せば、業者の一覧が出ます。業者名を押せば、1年間の販売評価の数字一覧が有れば良いです。激安業者に注意。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (495)

生き残った縁者たちが明るく生きる姿を故人に見せることが、最高の供養と成る

2017-03-11 11:06:14 | 残された人達へ~故人からの想い

東日本大震災から丸6年が経過を致しました。
たくさんの被災者たちのご冥福をお祈り致します。

亡くなられた家族の思い出と共に、多くの方々が今も生きています。
今を生きる残された家族を生かし支えているのは、亡くなられた故人たちの「思い」であり、せめてもの故人たちからの「希望」かも知れません。

自分たちが生きることが出来なかった代わりに、せめて助かった家族たちが、生き残った縁者たちが、元気に生きて欲しいという切なる故人の思いが、草葉の陰から送られていると感じます。
実際には、今はアノ世の故人たちのほうが笑顔であり、悲しみながら生きる家族を心配して見ているかも知れません。逆なのです。
私は、そう感じます。

大自然の災害で亡くなるということは、普通の個人の死とは意味が違い、今生の死に関しては、
* 神様が引き取る。
* 個人の功罪の因果を飛び越えて。

という大恩寵(恩寵:おんちょう。神様からのプレゼント)が死後に働きます。
人生の途中で、強制的に大自然により絶たれた命への特別措置法がアノ世で働きます。

本来ならば地獄に落ちたはずの魂も含めて、すべての魂が痛みがない霊界に置かれ、一定期間の後に、
* 早めの転生(てんせい:生まれ変わり)か、
* 善徳の多い魂は、上位の霊界へと安住される。

と感じます。
実は、コノ世のほうが苦しい世界かも知れません。
自殺(内在神殺し)は地獄へ行きますが、真面目に生きて亡くなった人、大自然の災害で強制的に引き取られた人、は霊界に戻ることが出来ます。

誰もの人生は短いものです。
その死後に必ず霊界に行けることは、これは貴重なことなのです。
誰もが死後は、自分の人生の総決算を受けることに成ります。

アノ世のことが自分自身で何となく分かり始めるほど、垣間見るほど、悪人を見ても責める気持ちが失せて行くものです。
その死後の行き先を、完全なる総決算が有ることを、自分で確信しているからです。
わざわざ自分が嫌なことを言う必要も無く、気の毒な可哀想な人だなという感想を持ち始めます。

これからも、先に亡くなられた故人たちが私達を心配しなくても良いように、故人のためにも明るく生きましょう。
それが、故人たちへの最高の供養に成るのです。



カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照。「3月の自然観察日」に3月の詳細あり
* 明日の3月12日の満月に掛けて、今日から月の影響が増します。
防災意識で要静観です。
奇数月3月は、温度差が生じ、毎年に要注意の防災月間です。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (504)

死にたいと思うその今の生活は、それでも、誰かにとっては生きたかった今

2016-05-24 10:51:22 | 残された人達へ~故人からの想い

「もう死にたい」「死んでしまいたい」
と口には出さなくても、心中で漏らしている人が多いです。

私は「死にたい」と思うことはありませんが、
「今日で最後だとすれば、思い残すことは無いか?」
「やり残したことは無いか? 悔いは無いのか?」
と、自らに問い、

「自分自身の事ではもう何も無いが、まだ、もっと他人の為に成ることをしたかった」
と、考えることが有ります。

人が死を意識することは、
* 自暴自棄になり自分自身を更に悪くさせることも有れば、
* 人生の期間限定を思い出させて、すべての嫌なことを許し、前向きに明るく軌道修正させることも有ります。

今のあなたは、どちらのパターンに傾いているのでしょうか?近いのでしょうか?

ただ、忘れては生けないことは、たとえどんな人生であっても、それでも、
「死にたいと思うその今の生活は、それでも、誰かにとっては生きたかった今」
だということです。

喜怒哀楽、苦しいこと、悩み、絶望、失恋・・・・、そのすべてが、本当に死に行く人にとっては、それでも、
「もっと生きたかった」「体験したかった」
ことである可能性を知って置きましょう。

生きてさえいれば、
「何でも、ええじゃないか」
という言霊の「思い」が、江戸時代末期、人が生きる意味を見出せずに世紀末思想が社会に蔓延した時に、空から「天照太御神」の神札と共に人々の心中に本当に降って来たのです。
この時に多くの民衆が、その場でファンキーに踊り始めたのでした。

これはまさに、天照太御神が、
「それで、ええじゃないか」
と日本人を祝福してくれているような現象でした。

漫画『天才バカボン』のパパの口癖は、「これでいいのだ」でした。
これは昭和時代への、天照太御神からのプレゼントだったのかも知れませんね。

人生は、本当は深刻ぶることなど一切無いのが真相です。
生きてさえいれば、それで良いのです。もう既に、それが神様からの最大のプレゼントなのです。

あとは、その中で、楽しむのか、死にたいと泣くのか、自分自身が選択して行くだけなのです。
今日も、明るく楽しんで生きましょう。

太陽は毎日、夕方に死んで、朝に生まれ直しています。
まさに人の転生(生まれ直し)と同じです。
自分の心は永遠の存在ですから、とにかく安心致しましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。


防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

伊勢白山道 問答集 第1巻【感謝の先祖供養編】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900574/isehakusandou-22/ref=nosim

携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4864900574&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html)


「 柔訳 釈尊の言葉 第2巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900418/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4864900418&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html


「 柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から ( http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (576)

人は過去に住んでは生けない。

2015-12-30 10:56:47 | 残された人達へ~故人からの想い

もうすぐ、今年も終わろうとしています。
奇数年は要注意なのですが、2015年もナントカ過ぎようとしています。

今朝に感じましたことは、
「人は過去に住んでは生けない」
「過去に住もうとしている人が多い」
「過去に住む人は苦しみも継続する、運気は上がらない」
ということでした。

今年も大切な方々と死別をした人がおられるかも知れません。
でも故人は新しい今をアノ世で生きておられます。
「正しく」死んだ故人の死後とは、それはそれは楽しいものです。
もう嬉々として、生きる子孫のことよりも新しい世界を「思い出しながら」、いろいろな真相や真実に目覚め、懐かしい再会に驚嘆されています。

自殺さえしなければ、誰もが勝利者なのが真実です。
コノ世で正しく苦労した人ほど、アノ世では裕福なのも真相です。
すべての帳尻は合わされ、神様の栄光が貫徹しているのが宇宙の実相です。

なのに、生きる人だけが過去に生きようとし、
いつまでも故人に執着し(故人はアノ世で嬉々として楽しんでいるのに)、
大切で超貴重な今を捨てている人が多いのです。

今年がどんな年であろうとも、もう置いて行きましょう。
そして、今を懸命に生きて見ましょう。
この継続は、来年を凄い年に出来るのです。
白紙の今を頑張りましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

柔訳 釈尊の言葉 第2巻  
( http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900418/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900418&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html )


「 柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

(英訳 老子の言葉)(英訳 老子の言葉)英訳 老子の言葉『TAO TE CHING FOR EVERYDAY LIFE』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900345/isehakusandou-22/ref=nosim 
携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4864900345&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html


[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (534)

忘れないという愛情

2015-02-02 11:29:07 | 残された人達へ~故人からの想い

古来から日本人の死生観には、独特な愛情が有ります。
どんな人でも死ねば、最後に仏様(神仏)として葬(ほうむ)って来たことです。故人を「仏様」として埋葬しています。
もう亡くなれば、故人の罪は終わった、ご苦労様、として罪人でも墓を用意して来たのが日本人です。

ところが外国では、この死生観はアタリマエではありません。1000年経っても悪人は悪人であり、まず墓が用意されることはありません。
そして、どんなに年月が経過していましても、故人の悪口を公然と人前で言うことが平気です。悪人の墓でもあろうものならば、破壊されるか、ツバを吐き掛けることをするほどです。

しかし日本では、故人の悪口を人前で言う人は非常に少ないです。逆に、どんな罪人でも死んでしまいますと、その故人の悪口を人前で言うことを逆に「恥ずかしい」と思えるのが日本人の特徴です。
村の外れには、罪人の墓がひっそりと存在することもあるのが日本の風土です。

この死生観の大きな違いは、現代社会でも外国から非難されるほどの誤解を生んでいる現実が有ります。外国人が忌み嫌う日本人を、神社に祭ることも非難される訳です。
でも日本人は、どんな故人にも愛情を持って尊重しているだけなのです。本当にご苦労様、という意味以上のものは、そこには何もありません。

この精神性と霊性の違いには、非常に大きな隔たりがあります。
もう死んでしまった故人という「弱者」を、利益が無くても忘れない愛情を持つのが日本人です。
そこには損得勘定などありません。しかし外国では、故人は終わった存在として二世代以上も経過しますと、国にもよりますが弔(とむら)いの行事などすることは稀です。日本では新しい故人と合わせて先祖代々の霊を、春と秋の彼岸日と夏のお盆の年に3回も慰めるのが一般的な家庭の行事です。

別に思い出さなくても良い故人を、忘れずに慰めるのが日本人です。
このような草葉の陰の存在の弱者への愛情が、社会でのエチケットやサービス精神、便利な発明を継続できる根底に有ると感じます。

数学者・岡潔(おか きよし)は、これを日本人の情緒(じょうちょ)として、高度な知性であるとしました。
そして、情緒こそが、神様の心に一番近い感情であり、神様との交流手段に成り得る思いとしています。

愛情深い人間に成ることが、魂がコノ世に生まれて来る目的です。
何が有ろうとも、貧乏であろうが、病気であろうが、愛情深い情緒を持ってコノ世を去ることが出来た人間が、真の勝利者です。アノ世では、天国の門が開きます。
まずは、故人という弱者を忘れない習慣を持つことからが大切です。これが、色々な気付きを生活の中で自分にもたらします。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

携帯 健康食品・サプリ http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 生活用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。
サプリメントの摂取も医師の許可を受けてからにしてください。
ここでの話は、あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください
このブログ記事の内容のコピー、引用は一切厳禁です

最新本 「森羅万象 9」
予約は、パソコンからは(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785797/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯電話からは(http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785797&at=isehakusandou-22

「自分の心を守りましょう 」
(パソコンから予約):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785738/isehakusandou-22/ref=nosim
(携帯から予約):http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785738&at=isehakusandou-22

検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://goo.gl/YtYlB

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (649)

なぜ、それが気になるのか?を静観すること

2014-05-23 09:59:27 | 残された人達へ~故人からの想い

「憎んでいた家内が本当に先に死んだ」

女房に早く死んでもらいたいなと、ずっと思っていたんだ。
いつも俺に口うるさいことばかり言うからだ。
疲れて会社から戻ると、すぐに顔を洗えとか、靴下を脱げとか。
そして、夕食を食べている最中に、これみよがしに海外旅行の案内カタログが常に置いてあったな。ヨーロッパだとか、ハワイとか。
そんなもの行けるわけないのに。たとえ行っても帰宅後の仕事の山を考えれば、ちっとも俺は楽しくないのに。あれは安月給の俺への嫌味だったんだろ?

それに昔、俺が大事に残していた漫画の蔵書を、掃除の邪魔だといって勝手に捨てたよな。あれはいまでも俺は怒っているんだからな。
その代わりにお前の形見は全部捨ててしまったよ。これでお相子さ。

また、不景気で俺の残業代がカットされた時も、お前は俺の小遣いを半額にしたよな。
その御蔭で、昼は外食を毎日の楽しみにしていたのに、お前の手弁当を食べるはめになった。
それもその弁当に、ノリやフリカケで可愛らしい絵が書いてあるから、おれは恥ずかしくて一人で隠れて食べてたんだぞ。
本当なら行きつけの喫茶店で、キレイな姉さんを見ながら食べられたのにだ。

俺の大事な小遣いを半額にして、お前は何を溜め込んでいたのか?
お前が死んで分かったが、自分の生命保険を倍額にしているじゃないか。
その後に自動車にハネられて、お前は死んでしまった。
事故死だから、その更に倍の保険金が俺に入ったよ。
今だったら、どこでも旅行に行けるよ。残念だったな。

しかも、俺の誕生日に車にハネられるなんて、嫌味か?
あれほどダイエットしろと俺が言っただろ。動きが鈍いんだよ。
お前がその手に何を買って持っていたのかは、俺は絶対に見なかったよ。
そんな荷物、そのまま捨ててしまったよ。だってグシャグシャだったからな。

でもな、俺が一番悪かったと今は思っている。
もう2年経つが、どうしてもお前のことを忘れることが出来ないんだ。

(感想)
ネット社会では「自虐ネタ」が、その真偽は別として流行ることがあります。読者がそれを意識したかは知りませんが、これがコメント欄に投稿されていました。
普通ならばUPしないコメントなのですが、ただ人生の教訓が一部に在りますので取り上げました。

人間は、アイツさえいなければ、良いのに、楽になれるのに、幸福なのに、・・・・。
と思うことがあるかも知れません。
でも、この広い70億人の社会の中で、自分が憎む相手とは、それこそ本当に深い縁が有るのが真実なのです。
自分が気になる相手、好きになる相手、憎む相手も、やはりそれが嫌であっても昇華するべき縁があるために気になるのです。
本当に縁が無ければ、どんな善悪を相手から受けましても、不思議なほど気にならずに過ぎ去るものなのです。

アイツさえ居なければ、・・・・・会社の同僚や上司、家族、親戚、あるいは自分の子供。
でも、どんなに自分にとって嫌な人間でありましても、本当に自分との縁が何らかの理由で強制的に切れますと、生涯にわたって思い出して、あれは何だったのか?と気になるのが良心を持った人間に起こることなのです。

縁がある最中は、本当に苦しくて、嫌いで、絶望することも有るかも知れません。
でも本当に死別しますと、その嫌な人間の良いところや、自分の悪かった部分を冷静に気付き始めるのです。
そして、多くの人間は後悔をするものです。
あの時、もっと自分が出来ることが本当は有ったのではないか?
出来ることならば時間を逆流させて、やり直しをしたい。
色々と自分の良心が思います。

アノ世に帰りますと、嫌なこと、苦しかったことも、本当に良い思い出に変わります。
しかも、それに遭った意味を、理由を、魂が自分で思い出すことが出来るのです。
過去からの「流れ」を自分の魂が思い出した時、
その体験を自分は当然にする「べき」だったし、
受ける「べき」だったことが、
心の底から分かることを誰もが体験します。

その時に、「誰も悪くなかった」ことを自分で認識します。
そして、あの時の人々のことを思い出して、
「本当に申し訳なかった」と真から魂は反省をします。
でも、済んだ後ですから、自ら自覚してそれに応じた先へと進んで行きます。

今が苦しい人こそ本当にチャンスなのです。
その最中に自分が何を思い、自分が何をするのか?
これを自分の本心(良心・内在神)が試している最中なのです。
誰もが自分の良心との真剣勝負をしています。

まったくのムダなんて、コノ世には無いのです。
すべてが因果のヒモ付けの上で出現しています。
だから、新しい明日への良いヒモ付けのために、今日もナントカ生きましょう。
コノ世は時間限定の一瞬で過ぎて行く世界です。
だからどんなことも明るく思いっ切り、「来る」ものは受けて見ましょう。
すべては必ず良い思い出に変わります。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
防災注意報まとめ http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html
【携帯版伊勢白山道 TOP】 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html

携帯 健康食品・サプリ http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 生活用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 蒸留水関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。

携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、最新記事のコメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。
サプリメントの摂取も医師の許可を受けてからにしてください。
ここでの話は、あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。
実名は絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください
このブログ記事の内容のコピー、引用は一切厳禁です

最新本 「自分の心を守りましょう 」
(パソコンから予約):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785738/isehakusandou-22/ref=nosim
(携帯から予約):http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785738&at=isehakusandou-22

「柔訳 老子の言葉 写真集」
「上巻」 
(携帯からの予約)(http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=4766785681&at=isehakusandou-22
(PCからの予約)http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766785681/isehakusandou-22/ref=nosim
「下巻」 
(携帯からの予約)(http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?a=476678569X&at=isehakusandou-22
(PCからの予約)http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476678569X/isehakusandou-22/ref=nosim


検索に使用しましょう。 「伊勢白ペディア」
http://goo.gl/YtYlB

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (486)

子育ては継続します

2011-02-20 11:42:50 | 残された人達へ~故人からの想い

何時の世でも、早い時期の親子の死別ほど辛いものはないです。やはり、もっと色んなことを子供に体験させてあげたかった、共に経験したかった、という思いが残るものです。
でも、生きていれば、それはそれで学校や健康問題、交友関係、子供の先行きを心配して、子供以上に親が悩んでもいるものです。
結局、人の死とは、死んだ本人以上に周りに居る生きている人間の学びの経験の要素が強いのです。
人間とは、自分「だけ」のために生きていますと、必ず行き詰まるものです。
家族を生かしたい、従業員や縁ある人を活かしたい、と良心が思うから頑張れる要素を持つ生き物です。

では、生きがいとしていた子供を亡くしたならば、どうすれば良いのか?
自分が生きる限り子供を供養する覚悟を持てば良いです。子供の魂も永遠不滅な存在ですから、供養して行けば必ずアノ世で育ちます。
子供が亡くなっても、感謝の供養によるアノ世での子育てという、生きる限り親には供養の義務があると私は感じます。
ここで大切なのは、亡くなった子供の霊だけでは無く、子供の世話をして頂くために先祖全体への感謝の供養が大切なのです。
今は薄れて来ていますが、昭和の時代には現実界と霊界の間に中幽界(ちゅうゆうかい)という次元が在りまして、その世界では近代的な病院から保育所、温泉の保養所などの、肉体を離れた魂が休息する世界がリアルに在りました。

今はしませんが私の昭和時代には、私に縁ある知人の子供が亡くなりますと、私の霊格の波動をあえて落として中幽界にアクセスをします。
そして、死んだ子供が赤子ならば、中幽界の託児所にいる先生と、赤子と縁ある先祖霊の2名を呼び出したものです。託児所の大半の先生が女性であり、日本人ならば苗字ではなく下の名前だけを自ら名乗っていました。何人も先生はいましたが、今でもサユリ先生と名乗る霊体は顔まで覚えています。
最初に先祖霊に赤子の魂を預け、先祖霊からその先生に赤子の魂を預ける意志を伝えてもらうのです。これで、赤子の身元引受人の先祖の所在と、霊体が安定するまで預かる託児所との関係が成立します。この世での親と、昼間に預かる託児所との関係と同じです。
先祖霊から赤子の魂を受け取った先生は、「ああ、こんな所にいたのね」と受け取って行かれます。
このような私の脳内の理(ことわり)の手順(これが結びの働き)を踏むだけで、何も知らない親御さんは翌日から何か心境が改善したと言ったものです。

今の平成では、このような幽界を触る行為は一切不要です。むしろ厳禁です。
先祖全体への供養をしていれば、亡くなった縁者は必ず救われて行きます。それほど、神と先祖と生きる人との間の距離感が縮小しているからです。
太古は、神界と生きる世界の2つしかなく、霊界でさえも後世に発生した次元です。(過去記事を参照http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/c171accc1f7a854cf668a3c4dd54fd44
今でも霊媒(れいばい)という仲介者を使う供養をする有料先生が居ますが、これは100%魔道に変わっています。アノ世の変化も知らない証拠です。

感謝を「与える」先祖供養とは、先祖霊や縁ある故人を癒し救い、自分も「与える」行為の反射を受けて「救われる」原理なのです。
神様は、自ら「感謝をする」ことで「対象を産み出す」存在です。神様は、他から感謝をされるから、与えてくれるのでは無いのです。
私たちも、見えない先祖のお陰、この世でも「陰で働く人々」のお陰で「生かされて」います。
だから、せめて感謝の気持ちぐらいはドンドン与えて行きましょう。感謝の先祖供養が継続できる人は、絶対に大丈夫です。
我良しの人は、供養も継続しないです。自分のために生きているからです。
良い気持ちは、他人にいくら配っても尽きることはなく、逆に自分が何かを「与えられ」ます。これは絶対の理です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

下の三ヶ所のクリックも、毎日宜しくお願い致します~。

人類の 5% 運動を広めたいです。
    
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
携帯からクリック出来ない場合は、
[携帯用画面]
http://www.geocities.jp/poriporry/m/ 
サプリ関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係  http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。


全ての質問と疑問の答えが、この本にあります。
「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766711009/isehakusandou-22/ref=nosim


簡単な表現の文章ですが、強い改善力を目覚めさせる本です。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4391139154/isehakusandou-22/ref=nosim
修正点です。174ページ4行目の続きには以下の文面が入ります。
「いかないのです。まずは、心に神様を意識して生きましょう。」


リーマンの最新著書:伊勢と白山の統合写真集。価格も奉仕です。
伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4270006099/isehakusandou-22/ref=nosim

コメント (611)