伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

「自分が」が消え去ると、本当の自分(神性)が出ます

2018-06-16 11:13:46 | Weblog


(晩年の山岡鉄舟:ウィキペディアより)

山岡 鉄舟(やまおか てっしゅう:1836年〜1888年)という幕末から明治に掛けて、明治維新ので活躍した剣の居合・座禅・書道の達人が居ました。

この御方は神仙界(しんせんかい)という、陰でコノ世に影響を残すために派遣される集団が神界の下方次元に在るのですが、そこの出の御方だと感じます。
なかなかの稀人(まれびと:めったに来ない客人)です。

ここ500年間の禅僧を観ましても、この御方ほど丹田(たんでん:ヘソ下と恥骨の間の中間のツボ)が鋼鉄のように視える御方が他に浮かびません。
禅を極めすぎて、早めにコノ世を去った器用な達人だったと言えそうです。

この御方の発言に、
・ 自分を忘れるために、禅を組め
・ 自分が、という者を意識する間は、何をしても芽が出ない中途半端。
・ 落語家ならば、自分の舌を意識する間はダメだ。「無舌」に成ってこそ、話が初めて活きる。
・ 画家ならば、筆を持っている意識で描いた絵は死んでいる。自分と筆が一体となって、手に持つ筆を忘れている間に描いた絵は活きている。
・ 自分が、と思っている間の人間は死んでいる(ロボット)
(以上は私のリーディングによる加筆有り)

以上のようなエピソードを散見します。
考えて観ますと、私達の悩みも「自分が」「自分は」「自分の」という悩みばかりです。

・ 自分という者を抜きにして、その悩みを見直して見ること。
これだけでも、今の悩みの半分は消え去るかも知れません。

高い次元の視点では、自分という個性は、本当の実在では無いのです。だから永遠の存在では無いのです。
時間限定(人生期間)で、コノ世に現れる影・泡なのです。
次に出る泡の形は(来生のこと)、今回の人生の反射が「映る」という映画館の仕組みです。

「自分が」という個性の反射を生む生き方をする限り、未来永劫にわたり陰と陽という「やったことは・やられる」という映画が再生を続けます。
「死で終わり」は無いのです。誰もが連続中です。

そこで鉄舟が指摘した、
・ 自分を忘れること。
が大切に成ります。

自分が生きているのでは無くて、人類全体が生きている。
更に大きな視点は、聖者ラマナ・マハルシのように、
自分という地球が生きている。
このように自分が思えて消えた時に、生き方が変わります。

今は難しい話かも知れません。
でも、誰もが「自分が」というモノを消すために、失くすために、何度でも映画館(コノ世)で再生されている可能性に気付いて頂ければ幸いです。

次の映画館では、私の文章は登場しない上映かも知れません。
すべては今回1度切りの旅をしながら、
・ 誰もが「自分が」という自我の自分を失くし、
・ 本当の自分(内在神と一体)に気付くまで旅行中です。
これを楽しみながら、静観して生きましょう。



(カレンダーの印の意味は「6月の自然観察日」参照)
・ 今日は、14日・15日の余波残を警戒しながら、
・ 明日17日・奇数日からの「中潮」を静観します。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (590)
この記事をはてなブックマークに追加

「包容力」と「それでもなあ」で原点に戻ること

2018-06-15 11:20:41 | Weblog

最近に感じていたことなのですが、
・ 男性よりも、女性のほうが悟る人が出る時代かも知れない。
ということを考えていました。
昭和の時代は違っていました。

これは今は性の同一化、中性的、性別を超えた人間としての方向への理解が社会で進んでいることも関係するかも知れませんが、
・ 精神的に幼い男性が増えている。女性は、現実を見ている。
・ 包容力の少ない男性が増えている
・ キレやすい男性が増えている。

このような面を感じています。
しかしここで、以上の私の感想の「間違い」に気付きました。
・ これは性別に関係が無いことである。
・ 男女共に言えることであり、性別に関係がない個人差の問題である。
このように思います。

精神性に関する理解センスが、「この人は持っている」と感じる人が、最近はたまたま「女性に多かった」ということでした。
では、それはどんな人だったか?
・ 愛情が強い人
・ 包容力が有る人
・ 慈悲(思いやり力)の有る人

このような人に、「いずれは悟る可能性が有る人」だと感じていました。
残念ながら最近の男性には、この3点を感じる人が少ないという意味でした。
でも、どうしてこの3点が少ない男性が増えたのか?

これを考えますと、
・ 幼少期の母親との関係性。
・ 愛情や思いやりを、親から受けなかった。
・ 親がいない御方の場合は、良い先生との出会いが残念ながら無かった。
・ 他人から愛情や思いやりを受ける環境では無かった。

人間は、自分が「受けていなかった事」は、「出しにくい」「分からない」という悲しい面が有るかも知れません。
でも、これも個人差の問題であり、どんな環境で育っても「動物たち」や「植物の育成」から愛情を学ぶ高い魂もおられることでしょう。

今日の言いたい話はここからです。
結局、何を言いたいかと言いますと、
・ 愛情が強い人
・ 包容力が有る人
・ 慈悲(思いやり力)の有る人

この3点は、
・ 悟るためにも必須条件である。
・ 精神的な理解センスに影響する。
ということなのです。

この3点が無く、
・ 言葉や表現が似ていれば、細かい言葉尻だけを追うことに執着して、理解というものから離れる。
・ アマノジャク的な、屁理屈の反論が心を占めて、理解しようとする包容力も無い。
これが近年の男性に特に多く見られる傾向です。

ところが言葉の矛盾を感じたとしても、それに囚(とら)われずに、
・ 「それでも、そこで大切なことは何か?」と原点に戻ることが出来る。
・ 細かいことは分からないけど、それでも大切なことが何となく分かる。
・ 矛盾を感じても、「それでもなあ」という大切な「大きな視点」に戻る。
このような傾向の人が居ます。
これは男女共に、苦労した人が特に持っておられると感じます。

死にかけるほどの苦行でも悟れなかった釈尊が、
・ スジャータという女性からの「愛情」と「思いやり」を受けて、1発で悟りました。
上記の3点が、最後の最後に釈尊に不足していた点だったとも言えます。
これが以上の分析の方向性の正しさを後押ししています。

もし生活の中で、心配とストレスに包まれた時には、
・ 愛情が強いこと
・ 包容力が有ること
・ 慈悲(思いやり力)
これを思い出して欲しいものです。
これで、「まあ良いわ」「仕方がない」と冷静に戻ることが出来るかも知れません。
男女関係なく、性別を超えた人類の大切な点だと思って頂ければ幸いです。


生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (541)
この記事をはてなブックマークに追加

それでも、不幸中の「幸い」を信じること

2018-06-13 11:42:43 | Weblog

東郷平八郎氏の名前が出ましたので、彼について検索して感じましたことは、

・ とにかく運の強い人だった。幸運のカタマリのような人物だった。

・ 江戸期の神人・黒住宗忠(くろずみ むねただ。時の天皇陛下が認可した神格を持つ人物だった)さんのように、東郷氏も死後に神社の御祭神として祭られるという、日本人としては非常なマレビト(まれにコノ世に訪れて来る氏神様または聖なる人)だった。

・ とにかく憎めないような、おしゃべりでイケメンだった。


(英国に留学時代)

まさに現代の俳優さんよりもカッコイイかも知れません。
でも、話す日本語はなまりの強い鹿児島弁だったという。

昔の日本人は、このような濃い顔が多かったのか?
と思い調べて見ますと、終戦後に東京湾に浮かぶ米国戦艦ミズーリの甲板上で行われました、降伏文書調印式における日本側の代表団(戦犯裁判を経て処刑されなかった面々)である政府と元軍部の代表者の写真を見ますと、


(昨日の記事を見た読者から提供の写真)

え? 映画の撮影? と勘違いしそうなほど、味の有る顔の日本人ばかりに驚きました。
とにかく昔の日本人の方々の顔を見ますと、何か懐かしい感じがします。
どうして、そう感じるのか?
と考えて見ました。

・ どの人も若い頃は、まじめに勉学と武道に傾注した秀才ばかり。
・ そして、それぞれの生まれ故郷の氏神(うじがみ:地元の神社の山河の自然霊)に参拝していた。
このようなことを感じました。

・ 一生懸命に何かを努力した人間
・ 素直に故郷の自然霊の神様を愛した人々。
このような人には、1本の神気の筋が通るような、その人物の顔を創って行ったことを感じます。
・ でも、一部の強硬な戦犯者たちのために、全体が従うしかなかった時代の悲劇。

戦争という愚かな行為が起こらなければ、今頃の日本はどんな国に成っていたのでしょうか?
ただ逆に、厳しい軍事国家が、「痛手を経験せずに」そのまま増長していた可能性も有る訳です。
現代のような日本の自由が、無かった可能性も高いのです。

やはり、
人間 万事塞翁が馬 (にんげん ばんじさいおうがうま)
私たちの何が、幸いに・不幸に、転じるのかは未知なのです。


今が最善、と信じて生きて行きましょう。
もし今が不幸でも、もっと最悪からは助かっていること。
これが誰にでも言えるし、霊的には実際に水面下で起こっていることなのです。
このような視点も参考にして頂ければ幸いです。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (476)
この記事をはてなブックマークに追加

思いやりの有る「ユーモア」が、他人の人生を変える可能性

2018-06-12 11:40:33 | Weblog

今日は国際的に重要な会談が行われている最中ですが、その方向性が「どちらに転んでも」、
・ 日本にとっては、難局しかない。

・ 日本が大きな財布に成らされるのか?
または、
・ とばっちりの、日本へのミサイル懸念が増すのか?
・ 拉致被害者はどうなるのか?

最悪なのは、
・ 最初は財布に成らされて、平和的に合法的に、中身を抜かれるだけ抜かれて。
・ 後から、やっぱり更にオカワリ寄こせと、威力を増したミサイル脅迫。
このようなパターンだけには成らないように希望します。
これを10年単位の構想でされますと、日本は弱い貧乏国に成る可能性も感じます。

でも、半世紀以上も掛けて、初めて二人の代表者同士が話し合うのは良いことです。
・ とにかく動き出した。
・ 良くも悪くも、とにかく会話をしないと、凍結のまま。
どの国にとっても、平和的に会話が進んで欲しいものです。

こういう会談では、どのような会話が重要なのでしょうか。
お互いに、小物、小心と見られたくない。
という背後に国民を背負った男性同士の、メンツの上での会話が基本に出るかも知れません。

そこで、あえて「ユーモアの出し合い」「こんな時でもユーモアを出せる男か?」
という「余裕の見せあい」が会話の節々に出るかも知れません。
ユーモア = 相手を和ませるような《おかしみ》のこと。
これを言えるには、
・知識が必要 ・相手へ気遣いと思いやりの上での内容 ・個人の人間性と知性が出る

ここで思い出したエピソードが有ります。
第二次世界大戦中のアメリカ海軍の最高司令官だったチェスター・ニミッツという人物がいます。
日本との海上の激戦を戦った時の総責任者だった人物です。
マッカーサー元帥以上に、日本との死闘の現場に関わったとも言える人物です。

この米国のニミッツ最高司令官が、最も尊敬して自ら弟子だと「若い頃から」公言していた人物こそは、日本人の海軍大将、東郷平八郎だったというエピソードは、歴史の不思議です。

二人の最初の出会いは古くて、1905年(明治38年)5月に、東郷大将がロシアのバルティック艦隊を奇跡的に撃破した時の東京での祝賀会に、横須賀に停泊していた米国の戦艦オハイオに乗船していた幹部候補生だったニミッツ氏が招待されており、以前からどうしても東郷平八郎大将の発言に惹かれて会いたかったニミッツが、トイレに東郷大将が来るのを待ち伏せして挨拶をしたのが始まりです。

その時に英語が流暢だった東郷大将(英国に留学)は、若いニミッツ候補生とユーモアを交えて交流したようです。
これでますます東郷大将に心酔したニミッツは、「弟子にしてください!」とその場で直訴したそうです。
それ以来、東郷が死ぬまで文通が継続したそうです。
日本と米国が太平洋戦争で死闘を行う40年も前のエピソードです。

順調に海軍で出世したニミッツは、真珠湾攻撃で日米開戦が決定した時に、尊敬する東郷の国とだけは心底から戦いたくなかったようです。
でも逆に、日本の海軍のレベルと精神を、米国の中でも知り尽くした適任者だったという訳です。

でもニミッツ最高司令官の東郷大将に対する尊敬は、太平洋戦争の終戦後も変わりませんでした。何と東郷平八郎を神様として祭るための神社を再建するために、米国内で寄付を集めて日本の関係者に奉納してもいます。
それほど若きニミッツを惹きつけたのが、東郷大将の初対面でのユーモアだったというエピソードです。
異国の人間の人生に、大きな影響と印象を与えたのです。

今日の会談では、良いユーモアが出たのでしょうか?
成り行きを静観しましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (487)
この記事をはてなブックマークに追加

極端が増える時節。中道が大切

2018-06-10 11:30:23 | Weblog

ここ20年間を見ましても、意味不明な通り魔的な、大量死傷者を出す大事件を起こす若者が増えています。
それらに共通する感情は、
・ 自分こそ被害者だ。自分は悪く無い。
・ 他人が憎い。社会が悪いからだ。
・ だから、何をしても良い。
という一方的な、幼い理由を感じます。

まったく甘えた根性とは、妄想で自分を被害者に思い込み、他人にはキバを剥くという「震えた小動物」のような極端な反応と行動をするものです。
ゲームというバーチャル世界(仮想の世界)にばかり浸り、学校にも行かず、勉強もせず、働きもせず、親や社会の補助で暮らしていますと、「その引け目感が」自身を被害者に転換させると想像します。

このような若者が、まだ犯罪を犯さないまでも、潜在的に増えていると思います。
その前兆として、
・ 楽に生きるための抜け道しか、考えられない思考。
・ ゲームやバクチのことばかりが思考の中心。そこから動かない。
・ 話し合っても、わざと論点も視線も合わせようとはせずに、逃げる、誤魔化す。

釈尊が居た僧院で、修行に励む若い修行僧の中にも、これに近い「ソーナ」という若者が居ました。
仏典によりますと、ソーナは、

・ 過去生において、釈尊が誕生する以前の古代、別の仏陀が存在していた時代に。
・ 商売をしていたソーナは、その仏陀のための僧院を建造していた。
・ その善徳の因果により、今生は大富豪の息子として生まれる。
・ 過去生での仏陀との縁により、今生では何不自由が無い身分なのに、修行僧として釈尊の元に出家した。

このソーナは、仏道にいくら自分なりに精進をしても、心の進展は起こらなかったのです。
周囲の者には、仏道を辞めたい愚痴か、遊びたい話ばかりでした。
先輩が説教をしましても、途中から遊ぶ話を始めたりと、話をすり替えて逃げるばかりでした
いよいよソーナが辞めたいと言い出した時に、釈尊の耳に入ってソーナが呼ばれました。

釈尊 :「ソーナよ、家に居た時に何をして遊ぶのが好きだったの?」
ソーナ:「琴を弾くのが好きでした」

釈尊 :「そうか。琴の弦は、強く締めれば良い音が出たか?」
ソーナ:「いいえ。切れやすくなり、良い音も出ません」

釈尊 :「では、弦を緩めれば、どうだった?」
ソーナ:「音も出ません」

釈尊 :「人生も修行も、琴の弦の張りと同じなんだよ」

と釈尊はソーナに話して、接見は終わりました。
これを聞いたソーナは、自分の「極端に振れやすい」という思考と甘えに気付き、仏道を続けることに成ったという御話でした。

自分の人生は何をしてもダメだ、自分は社会の被害者だと思い込んで、
・ 他人に何をしても良い。
・ すべて無くなれば良い。
という極端な心境に行く若者が減って欲しいものです。

そういう時は、
・ 心を緩めて。
・ 自分なりで良い。
・ ほどほどで、ちょうど良い。
・ と思い直して、思考の「中間」「中道」というものを探して欲しいのです。

とにかく極端な行動や思考は、損しかしない、悪い結果に行きやすい、ことを覚えて置きたいものです。
これからの、シンガポールでの会談の行方も、極端に行かないように静観したいものです。
公共機関で移動する時も、油断が出来ない時節だと思いましょう。


(カレンダーの印の意味は「6月の自然観察日」参照)
* 6・11,奇数・素数日・中潮日を静観。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (535)
この記事をはてなブックマークに追加

オスのサガに注意

2018-06-07 10:00:46 | Weblog

母親の「再婚相手」の無職の男性から、暴行と食事を与えないという半拷問のような責め苦を受けた、けなげな5歳の少女が亡くなりました。少女は、女性の前夫との間の子供でした・・・・。
ご冥福をお祈り致します。

母親は、再婚相手の逮捕された男性との間に男子の赤子を生み、育てていました。
過去に児童相談所や警察から暴力の痕跡を発見されて、せっかく保護されていた少女を、なぜ「もう関わって欲しく無い」と親が言って引き取ったのでしょうか?
ここが問題です。

虐待するほど子供が邪魔だったならば、もうそれで結構ですから日本国に預けたままにして欲しかったです。
いったい、預けた子供を親が引き取るメリットは何だったのか?
これを調査して欲しいものです。

・ 子供が居ることで、何かの金銭的な手当が増えるのか?
・ 親の気分転換のための虐待の道具にしたかったのか?
・ 何か、「少女」を利用するための目的が有ったのか?
再発防止の為に、今後の調査に期待します。

この事件を読んで最初に浮かびましたことは、「雄ライオンのサガ」という動物が持つ本能です。
ライオンは、オス・ライオンを王様として、複数のメス・ライオンが付き従うという一夫多妻制のハーレム状態のグループで暮らす習慣です。

他のオス・ライオンは、そのハーレムを襲って王様ライオンを追い出せば、自分が王様に成り代わる習性です。
その時に最初に行う仕事が、前の王様ライオンの子供を全部殺すことです

ライオンは、自分の子供をあえて、
「千尋(せんじん・底深い渓谷)の谷に突き落とす」
と言われますが、これは実は、
・ 「他のライオンの子供だけ」を突き落とす。
・ 自分の子供は可愛がる。
とも言えそうです。

このようなライオン的な所業をする人間の親がいるとは、昔から有ることなのですが非常に残念です。
離婚する夫婦の子供が幼い場合、その親権は、90%?という高確率で母親側が有利です。

でも、再婚相手や同棲相手の男性により子供が虐待死、性的暴行される事例が今までも一般的に報道されています。
これから離婚率が増加すること(夫婦別姓が実現すれば霊的には離婚は増える可能性)を想定して、親権制度の見直しが重要に思います。

幼児の保護の観点から、親権制度を至急に考えて欲しいものです

場合によっては、児童相談所が期間限定の親権?に近い権利を持って欲しいものです。

虐待を受けていた少女は、朝の4時から強制的に、自発的に、目覚まし時計で起きて平仮名の練習を一人ですることを強要されていました。
これが出来ていないと、遅くに起きて来た親から宿題をチェックされて、「出来てない!」と虐待をされたのでしょう。

その少女が死ぬ前に残した、平仮名の文章が報道されています。
これはまるで、少女の「遺書」です。
こういう聡明な5歳のけなげな少女が存在したことを、覚えて置きます。

太陽は、朝に生まれ、夕に他界します。
隠れた世界で夜を過ごして、また朝に生まれ直します。

これが神道の教えの全てです。
常に更新すること。生まれ直しの真理。生き通しで有ること。
高い魂ほど、このような厳しい条件で、一瞬だけコノ世に遊びに来ることが起こります。
コノ世の価値観とは、まったく違う大きな視点の原理でアノ世は動くからです。

それはナゼか?
高い魂は、自分自身が虐待の犠牲に成って、見せて、証拠を残し、これから出るかも知れない虐待致死させられそうに成る子供たちを、
・ 未然に助けるために。
・ 幼児虐待をコノ世に教えるために
・ 新しい制度を創るキッカケと成るために。
わざわざ生まれに来ます。

それだけ虐待された幼児たちの死亡増加が、アノ世で問題にされているということです。

生きる人は、親への厳しい裁定を望みます。
でも、コノ世だけで決着を「見たい」「見ないと気が収まらない」と焦らないことです。
死後も有ることを忘れては生けません。

生きる人間は、せっかちなのが注意点です。
恐ろしく長い視点を持ちましょう。
すべては完全に公平に、自業自得に成ります。

栄養失調状態でも聡明な少女が残した、遺書のような「お言葉」を最後に書いて置きます。

「もうパパとママにいわれなくても
しっかりとじぶんから きょうよりもっともっと あしたはできるようにするから 
もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします

ほんとうにもう おなじことはしません ゆるして 
きのうぜんぜんできてなかったこと これまでまいにちやってきたこと
をなおします

これまで どれだけ あほみたいにあそんでいたか 
あそぶって あほみたいなことやめるので もうぜったいぜったいやらないからね 
ぜったいぜったいやくそくします」 (以上)


(カレンダーの印の意味は「6月の自然観察日」参照)

* 今日から新月週間の「増幅期間」「巨大化週間」が始まりますので、明日も静観。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (722)
この記事をはてなブックマークに追加

すべては、一期一会

2018-06-06 06:10:27 | Weblog

ある映画の中のセリフに、

・ 「同じ川には、2度と入れない。何故なら川はずっと流れているから」

というものが有るようです。
次に同じ川に入りましても、前と同じ水ではありませんし、水温も違うことでしょう。
このセリフに真理を感じます。

このセリフから思い出します言葉は、
「一期一会」です。
(いちごいちえ:一生に一度だけの機会。茶会は毎回、一生に一度だけの出会いだと思い、主客共に誠心誠意をもって行うべきこと、という茶道の言葉)

そして、私達の人生も、今生とまったく同じ条件のことは、過去生にも、未来の転生にも有りえません。

生まれる国、その年代、性別、容貌、性格、親や兄弟、職業・・・・。
このような同じ条件は、もし生まれ変わるにしても、まったく同じであることは有り得ません。

今生の条件は、一期一会です。
もし今の人生が、二度と嫌だ、こんな嫌な・・・、と思う人も多いかも知れません。
でも、そういう人生だからこそ、コノ世を卒業した時には「生前に気付けなかった特別な思い」を感じることでしょう。

辛い人生ほど、アノ世ではお宝だったことが分かるからです。
・ すべては、自分の為に、出現してくれていた。
・ 過去生のアノ時の償いを、自分がさせて頂いていたんだ。
・ 自分の為に、付き合ってくれていた家族に申し訳ない。

誰もが死の川を渡れば、過去生のすべてを思い出し、今回の人生を振り返ります。しかも映像付きのリアルな3D映像を見ながら、内在神だった存在から、その時々についての解説を聞きながら・・・・です。

その時に、多くの魂は、ギブアップします。
・ 申し訳ない、の一言に尽きる。
・ 何も言えない。
・ 「そうだったのか」の繰り返しと、深い後悔の去来。

誰もが死後の49日の間に、このような反省期間を持ちます。
このような死後の反省を、多くの人が何回も何回も繰り返して来ています。
そして毎回のように、反省と後悔をしたのです。

以上の文章を読むだけでも、何となく、そのような経験をした感覚を思い出す御方も居られることでしょう。
別に思い出さなくても、「そういうものかも知れない」「何となく分かる」と思って頂ければ十分です。

自分は死後に反省と後悔をしそうだと思えた人は、やはり生き方が微妙に改善するものです。
これで十分です。
知ると知らぬでは大違いです。

今の家族とも、同僚とも、知人とも、「今生の条件では」最初で最後の出会いです。
来生で出会うにしても、違う「条件」と「環境」の同士でしょう。
このように考えますと、嫌な相手ほど許せる気持ちも理解が出来るかも知れません。

すべては、「出会う」相手の立場を来世で体験し、お互いに生まれ直して、旅を続けます。
大らかな気持ちで、他人を見たいものです。

以上は、私の夢想の記憶です。
根拠はありませんから、皆様なりにもし感じることが有れば幸いです。



(カレンダーの印の意味は「6月の自然観察日」参照)

*明日からを静観します。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (507)
この記事をはてなブックマークに追加

悩みの真相と、滅却方法

2018-06-05 07:28:33 | Weblog

今日は、仏典に見る悩みの解決方法について、紹介させて頂きます。
伝わる仏典は、大般若経を含めて非常に膨大な量です。
でも釈尊が仰ったことは、とてもシンプルなことです。
そのほんの一つの側面から、人が持つ悩みについて考えて観ます。

先ず悩む時は、
自分という存在をよく見て欲しいのです。

私達が、「有る」と思い込んでいることは、
本当は「無い」のです。
例えば、この肉体さえも、部品の寄せ集めに過ぎません。
本当の私は、肉体のどこにも居ません。

では、私達は心に居るのでしょうか?
喜怒哀楽、どれも私達は感じますけど、どれか1つに私達が留まることは無いのです。

・ だから私達は、肉体の総合的な動きの「流れ」の中に居ます。
・ 私達は、心が喜怒哀楽と変化する「流れ」の中に居ます。
でも、これだけではまだ私達は存在しません。
この2つが重なり合った時の「流れ」の瞬間瞬間の継続中・ingだけに、私達は初めて存在するのです。

この2つの流れが離れた時が、死です。
肉体の流れが消えた・終わった、心だけの流れの世界へと移行します。

そこで肝心な、今の私達の悩みを見てみましょう。
「悩みは本当は存在しない」
と言われましても、痛いものは痛い、心配なことは心配です。終わることがありません。

でも、大切なことは、どんな悩みも「流れている」「変わって行く」ということが、上記の肉体と心の流れの中に住む私達には、言えることなのです。
変わらない悩みなどありません。
悩みの状況は、必ず変わって行きます。

ここまで読みましても、まだやはり、心配は尽きないかも知れません。
そこで考えるべきことは、
・ 私達は、誰もが死んで行く存在だということです。
死を前にした時、それを悩む価値が、本当に有る悩みなのでしょうか?
大半の悩みは、ここで削げ落ちます。

それでも残る悩みは、それは自我(ワレヨシ)の執着の悩みとされます。
それは死後も残る、転生に悪影響を残す、今生の自分が創った悪い部類の悩みである可能性が出て来ます。

魂の自由性のために、自我の継続も許されており、死後も自我が持つ悩みが継続します。
この悩みの場合は、それから逃れたくて自殺をしても決して消えることがありません。

自殺により肉体の縛りが消えますと、更に10倍にアノ世で悩みが増幅・巨大化します。
まだ生きたまま悩んでいる方が、10倍も楽でお得でした

このような全体の流れを知った上で、
改めて今の自分の悩みを見て(観て)みましょう。
その時に人は、「観」「自」「在」菩薩(かんじざい ぼさつ)となり、
静観し続けることで、自分の悩みを滅却することが可能だと仏典は示唆していると私は感じます
実践が自分に教え、先行きを導きます。

行け行け、進め進め。滅却の彼方へと。

いかがでしょうか?
皆様の参考になれば幸いです。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (424)
この記事をはてなブックマークに追加

今の自分の「良さ」に気付けないと、ダメになるのは国も同じ

2018-06-04 08:50:24 | Weblog

日本の漫画で、「外敵から生き残るために城壁の中に住む」という内容のものが数年前からヒットしました。
実は外国ではセレブ用に、これが既に「街」「町」単位で実現化している所が出始めているようです。

住民層の税収の違いにより、
・ゴミ収集の間隔 ・病院の多さ ・警察官の多さによる治安度 ・図書館などの公共施設の有無。
これが道路を挟んだ区切られた地域で、天地の違いが生じている。

更には、住宅街の広大な地域のすべてを1つの塀垣で囲い込み、
・ 入り口にガードマンを置いて24時間の監視と検査をする。
・ 二重に区切られた平垣の間の空間に、訓練された獰猛な犬たちを放ち、住宅街の全体の周囲を常時パトロールする。
これを高額な町会費で実現している、現実の住宅街。

また、未来のSF映画においても、城壁で隔離された近代都市と、城壁の外の電気も無い所で暮らす貧しい住民たち。
このようなテーマのものが増えています。

でも不思議なことに、そのような守られた秘密の場所に住むセレブたちは、「公平」「人間の間に壁は不要」「自由」を公的には口にしている矛盾があるようです。
そのほうが仕事(自分の収入)や、自身の安全のために都合が良いようです。ポリティカル・コレクトネス(公平性を無理に強調すること)とも指摘されています。

やはり真相は、老子が指摘するように、
・ すべては逆であるようです。

また外国では、公的保険制度が脆弱なために、出産でも、手術でも、大半がまず1日〜の超短期間での半強制的な退院が、高額な医療費のために実行されています。
個人加入の保険契約(高額)が無ければ、盲腸手術が500万円〜の世界です。

もし救急車を呼べば有料であり、1回10万円(米国の場合)〜の世界です。しかも痛い最中でも、追加のオプション料金の説明と支払いについて、説明を聞かされてから来るルールです。

しかし日本では、公的保険制度の御蔭で救急車も無料、入院日数も治療対応も夢のような環境です。
これを湯水のように対外的にも、無償治療に近い高度治療を提供している天国のような国が日本です。

日本は改革開放を無理にしていますが、外国では逆に治安の問題多発から、セレブたちは区切られた環境の中で住み始めているというのが現実です。

個人の自己責任が強調される。治安も自分で注意するしかない。
日本は、全体には優しくても、個人には厳しい国に成って行くのでしょうか?
まさに運命の分かれ道が、今に来ているかも知れません。

財政破綻をせずに、好きなことを主張しながら、より良く成長が本当に出来るのか?
命あっての物種。
私としては、治安だけでも安全に確保されていれば、日本は何とかやって行く芽が有るとは感じます。

でも、これが無くなって行きますと、良い芽も育たないことでしょう。子供たちが育ちにくい国にしては生けません。
日本は国土が小さいですから、北欧のような、小国でも個人に優しい国、金額の大きさを追求しない経済。
大きさよりも、生活の質を求める志向性。

このような小国理想を言う・言える公的な仕事をされる偉い人達に出て来て欲しいものです。
何でも大きさを維持するために無理をしますと、全部がダメに成ってしまう気がして成りません。

以上はあくまでも個人的な意見です。
変わり始めた時は、止められない
これを覚えて置いて頂ければ幸いです。


(カレンダーの印の意味は「6月の自然観察日」参照)

*今日と、6月5日奇数日も中潮です。静観しましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (393)
この記事をはてなブックマークに追加

終わった恋愛に「もしも」はない

2018-06-03 10:40:02 | Weblog

女性に多い傾向ですが、過去の終わった恋愛、元彼への執着を、いつまでも引きずる人が多いです。
これは既婚者ならば、旦那と「思い出の中の元彼」を比較して、今の生活で理由の無い喧嘩をする因子に成ります。

これが高じれば、旦那も何となく、妻に男性の影を感じ出して違和感を覚えるものです。
でも妻は、実際に元彼と再会したわけでもなく無実ですから、疑われる雰囲気に余計に旦那への嫌悪感が増します。

こういう切っ掛けで本当に離婚した、女性Aが居ました。
基本的には真面目だった女性Aは、完全に離婚してから、元彼に連絡を試みました。
そして相手の男性も独身だと聞き、喜び勇んで会いに行きました。

ところが10年ぶりに再会した元彼は、当時よりも20kgも太り、頭髪も含めてまったくの別人のように成っていました・・・・。仕事も、不安定なようでした。
でも女性Aは、この元彼への秘めた思いが切っ掛けで離婚したことから、元彼と交際を始めます。

でも、元彼と交際する女性Aが思い出すのは、今度は元旦那のことばかり・・・・。
すると元彼も、女性Aが元旦那と自分を比較していることに気が付いて、その内に暴力的に変わって行きました。
元彼としては「バカにされている」という感じを受けたのでした。

そしてとうとう、元彼とも喧嘩別れした女性Aは、どうしても気になる元旦那に連絡をしたくなりました。
元旦那の連絡先は変えられていましたので、彼の実家に連絡をしました。

すると電話に出た元義母に、
「あなたが離婚後に何をしていたか、家族の全員が知っている。
バカにするのもいい加減にして欲しい!」
と激しく罵倒されて切られました。

女性Aは、昔の影を追い求めた自分のバカさ加減に改めて気付き絶望しました。
働くにしても仕事も決まらず、そしてとうとう最後は自殺をされました。
私は、女性Aの友人女性Bから、夢に女性Aが出て来るという相談を受けて、この話を聞きました。

女性Bは、以上のすべての流れと、詳細な内心の思いの相談を女性Aから聞いていたのでした。
女性Bも既婚者だったのですが、なぜか自分の元彼を思い出すことに気付き始め、忘れていた女性Aの顛末を思い出して心底からゾッとしたのでした。

女性Bは、女性Aからの影響を自分では気付かない内に受けていたのです。
危うく女性Aと同じような運命をたどるところでしたが、供養により解放されました。

このような「過去の恋愛」への執着は、独身女性にも良いことではありません。
元彼への思いから、新規の縁談もすべて自然と壊れる、縁談話から自然と遠ざかる現象が、女性には多いのです。
結婚適齢期を過ぎてしまう女性が多いです。

つまり過去に終わった恋愛は、ヨリを戻しても100%またダメになる、幸福には成れない、と思ったほうが女性の運命には良いと感じます。
過去に「終わった」という実績は、その相性には問題が有るのです。
本当に縁が有る相手ならば、終わりません。

女性は、
・ 済んでしまった過去に対して恋愛をする。
・ 済んだ過去に対して夢を見る。
という優柔不断な面が有る人が多いので、注意を参考にしてください。

常に今の最新の現状を見ることが、すべてに対して大切です。
恋愛に、「もしも」のパターンは無い。
これぐらいに思って置くほうが、女性の人生とその老後には、結果的に良いと思います。

それでも、他人の成功パターンを聞かされて、上記の話に納得されない女性も多いことでしょう。
でも、最悪パターンを知って置くことは、決してムダではありません。
今は良くても、10年後、20年後、がどうなるか?要注意です。

このような話を書いた理由は、過去の恋愛への執着が家族や多数を巻き込む、混乱させる、他者に迷惑を掛ける、来生への悪い因果を創ることに成ることが多いからです。
昔を思い出しても、恋愛に関してはろくなことが無い。
これを参考にして頂ければ幸いです。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (606)
この記事をはてなブックマークに追加

時代による祓いの変化

2018-06-02 08:42:51 | Weblog

古代は、感謝の気持ちの奉納が御「祓い」でした。
今の神社で行われます、お祓いに行く時の理由・心境とはかなり違います。
現代では、嫌なことが有りますと、それを避けたいがためにお祓いをする習慣に成ってしまっています。

「細心の注意をハラウ」と日本語で表現をしますが、古代も大自然の神様とは注意をハラウべき存在とされていました。自然災害により人命が簡単に奪われることは、古代も多々有ったと思います。

その注意を払うべき存在に対して、嫌なことを祓わせる仕事をさせるとは、まるで怖い偉い人に仕事を命じるようなことをしていることに近いです。
逆に怒られないでしょうか?


・ 神様に対して、自分個人の嫌なことを避けたいがために、お祓い祈願をする事と、
・ 自分の心配は有るが、神様に「感謝の気持ちだけ」を奉納するお祓いをすること。

どちらが結果的に、嫌なことが起こらないのか?
どちらが祓いの力は強いのか?
・・・・これが霊的には、「感謝の気持ちだけ」のほうが強いと私はします。

神様に、細かいことを説明したい気持ちとは、それは神様が全知全能であるとは信じていない証拠かも知れません。
自分自身が本当は神様を信じられないので、嫌なことを祓って欲しいという個別指定の詳細な「説明をしたく成ります」。

伊勢神宮などに参拝しますと、もう生活のすべて、何から何までが瞬時にスキャンされていることを「無言の気」の中で感じます。
「もう何も言う必要は無い」
「ただ、ただ、感謝すること」
こういう気持ちに参拝で成れますと、既に最高のお祓いがされて終わっています。

私も家族に、細かいことを想定した注意を言いますと、
「もう〜分かってるって!」「信じてくれてない!」と返されることが有ります、笑。

しかし、コノ世の肉体次元では、これは大切です。
「分かってくれるだろう」「言わなくても分かるはず」・・・・これは「甘え」や「事故」にも繋がるものです。
でも、神様には不要です。

神様には、
・ 自分の嫌なことを避けたいためのお祓いよりも、
・ 「それでも生かされている原点への感謝だけ」をするほうが、祓いの力は強く作用する。
こういう視点も参考にして頂ければ幸いです。

命あっての物種、と日本語で言うものです。
命さえ有れば、それが種となって、大きく咲く可能性が誰にも有ります。
でも、それが信じられないだけなのです。
更には自分には、それは絶対に無い!と「強く信じる」人のほうが多いかも知れません。

不思議なことです。自分がダメに成るほうを人は強く信じられるのです。
今までの人生パターンから、期待をしないという保険を無意識に掛けています。
それならば、それでも良いからどうせダメ元で、余計に「感謝だけの参拝」と「先祖への感謝」だけをして頂きたいものです。
その継続は、興味深いことに成ると思います。


(カレンダーの印の意味は「6月の自然観察日」参照)

* 地球上空の電子状態(http://www.swpc.noaa.gov/products/goes-electron-flux)が乱れてい
ます。
今日から不安定な「中潮」(ニュートラル状態。極端に振れやすい)が連続します。6・3奇数日も注意します。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (418)
この記事をはてなブックマークに追加

人が持つサガの強さとは

2018-06-01 01:15:47 | Weblog

切腹マニアという造語を聞いたことが有るでしょうか?
ある昭和の有名作家も、切腹マニアで苦しんだと聞きます。
とにかく何のサガなのか?自分自身で切腹する幻想に取り憑かれて、想像するだけでも恍惚としたエクスタシィに浸る幻想を抱くようです。

その有名作家も、切腹の真似ごとを繰り返した後、最後は自身で割腹自殺をされました。
当時の世間は、あまりの凄まじい死に方に震撼したものです。

これは、その人の無知がさせるサガなのか?
生活苦から逃れるためなのか?
ところが彼の場合は、最高の学歴、名家の出身、富裕層、社会で高い評価を受ける、豪邸と美人な奥様と子供たち、というあり得ないほどの成功を収めた日本を代表する若きスーパーエリートだったのです。

実は、これに似た切腹マニアが今でも男女を問わず意外と居るのです。
私の過去の相談者にも、似たようなタイプの30代の男性がいました。
その人の場合も、商社に勤務する順調な人生を歩んでいるのに、とにかく意味不明な切腹への渇望に苦しまれていました。

彼を視ますと、彼自身が過去生で武士の頭領の時代に、部下に切腹を命じてさせていました。それも何人も。
すると今生の彼は、過去生の自身の反射を受けて、

・ 自分も同様な切腹をしなければ生けない。そうしないと自分は許されない
という感じで、彼自身の生霊と、過去生の部下たちも誘導をしていました。

彼の場合は、彼自身がヨリシロ霊位の供養を理解して、自身で先祖供養をして行かれました。
数年後には、「あれは何だったのか?」と、霧が晴れるように幻想から解放されました。彼の運命が変わりました。
でも、刀剣などを見た場合に、過去の感じを思い出すようです。

でも多くの人の場合は、自分のサガに巻かれて突き進むと思います。
彼には先祖供養が出来るだけの良い面、善徳も有ったからでしょう。
ここで思いますことは、因果やサガ(性癖・浮気性・特殊な趣味など)のリピート再生力の強さです。

有名作家にしましても、冷静に分かっているはずなのに、自身で止めることが出来なかったのです。その学歴を見ましても、尋常では無い意志の強さを持つことは間違いがありません。でも、ダメだったのです。

しかし、先祖供養の御蔭と言いましても、証明が出来ないことです。供養が良いとか、効くとか、言うことが出来ません。
それよりも精神医学的な分析が出来る範疇の事案かも知れません。

でも、このような切腹マニアに取り憑かれた人を、どうすれば良いのか?
そういう人が、他者を傷付ける妄想に転じた場合、やはり危険です。
これが自身の過去生だけでは無くて、

・ 引っ越しを契機に(知らずに刑場の跡地に引っ越したなど)
・ 結婚で名字が変わってから。(相手の家系が持つ因果)
・ 勤務先が変わってから。(場所の影響)
・ 古刀や、戦国時代の鎧(よろい)などを入手してから。

ひょんな切っ掛けで、人生が変わる人も見られます。
もし、自分が危険な方向性に変わったと感じた場合は、上記のような他者のパターンを知っているだけでも、自分で「イカン、イカン」とブレーキを掛けられるものです。
更に先祖(遺伝子の集合体)に感謝を思うだけでも違います。

意味不明な自分のサガに負けないように、このような知識も参考にして頂けるならば幸いです。
でも、先祖供養を勧めている訳では、決してありません。

これも、自分が持つサガが決めることだからです。
無理は不要ですし、自身のサガで出来ない人もいます。
人類が持つ未知の領域が、まだまだ有るということなのです

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (528)
この記事をはてなブックマークに追加

行動優先の美学

2018-05-31 00:15:58 | Weblog

悩む人を観ていて感じますことは、
・ 行動が無いということです
・ 同じ心配をただループ思考するだけで、今にするべき行為の停止状態。
・ 例えば、離れた所にあるテレビのリモコンを、座ったまま思考や祈りだけで、手元に引き寄せたいと模索しているような感じです。立って歩けば、直ぐに済むことを。

* 思考>行動。
(行動よりも思考優先)   

これは、武道で言えば弱い。
悟りで言えば、思考(自我の思い)が邪魔であり、思考する間は絶対に悟れません。

社会で成功する人は、とにかく行動優先。行動的です。
その上での緻密な分析思考が、後から勝手に本能で瞬間的に分かる。

上手く行っている人は、実はあまり考えていない。有りのままを子供のように見ている。
何をしてもダメな人は、悩む思考が優先して、「どうせダメだからと」行動自体が消えています。自分の思考の漏電により、心身も衰弱して行きます。
このようなパターンが観られます。

釈尊の言葉にも、
人間は、自分自身がしている生活行為の内容によって、
最低の人間に成ったり、
最高の人間に成ったり、
と身分も決まる
」 (記事「真理を素直に聞ける人も、素晴らしい人」より)

とあります。
社会の制度や、祈りで、その人のランクが決まるのでは無い。
その人の「行動により」、その人自身が決まって行く。
このような示唆をされています。

そうしますと、先祖供養も、神祭りも、日々に行う行動が優先なのです。
祈りや感謝は、その後に付いて来る行為に過ぎません。
何でも思考だけで、座ったままでの「引き寄せ」や「祈り」だけでは、何も変わりません。

就活、婚活、転職、・・・・このような事も、「先ず行動有りき」で進んで行かないと、何も起こらないし、変われません。
因果論でも、先ず起点となる因子が無いと、その反射は起こりません。

以上は当たり前のことなのですが、とにかく悩む人からは「行動が消えている」と言うことなのです。
目的が有れば、先ず出掛けて見ること。
座っていても、ダメなのです。

でも人間は弱いものです。
「それが出来れば、悩んでなんかいない」
これも分かります。
だから、自分なりに、自分が出来る範囲で、小さなことから挑戦するだけでも参考にしてください。

誰もが期間限定で、自分が自分自身を試しに来ています。
納得をさせるのは、他人ではありません
自分自身を納得させるために、誰もがコノ世に来ています。
自分の本心が「もうこれで良か」と思えるまで、その結果は関係なく挑戦したいものです。

本当の真理ほど単純です。
先ず行動して見ること。
これを思い出すことを参考にして頂ければ幸いです。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (453)
この記事をはてなブックマークに追加

それは、ナゼ? が大切

2018-05-27 10:59:36 | Weblog

超優秀な有名進学高校の中で何十年間も勤務する教師が、
「あんな天才は未だに見たことが無い」
と言う生徒が、今はどんな人生を歩んでいるのか?を調査する番組を見ました。

その生徒は、東大を卒業、今は国の研究員と大学講師を兼ねる30歳代の人物でした。
そのずば抜けた学力が身についた生い立ちを探りますと、非常に興味深い発言をされました。

* 自分が幼児の頃から、親に「それはナゼ?」と質問をすると、両親共に真剣に調べて納得するまで教えてくれた。

* 親が分からないことが有ると、都心まで出かけて関係する本を購入して来て、読んでくれた。

これの繰り返しが幼児期に有ったということでした。
学校に入りますと、今度は自分自身で「それは、ナゼ?」を先生に質問したり、図書館で調べ倒したようです。

これは過去記事「幼児の何で?は大事」で書きました、米国の天才児を調査して出された統計と同じことが指摘されています。
天才児を創るには、高価な特別な教育は不要なのです。
親の学歴も関係なくて、

・ 「それはナゼ?」という幼児の疑問を無視せずに、「親なりに」答え続けること。

この面倒な(笑)ことは、忙しい親には苦行かも知れませんが、「このような子供との時間を持つ」ことで将来の子供の教育費が安くなり、外国では無償奨学金として返って来るかも知れません。

私は親が調べて教える答えが、それが別に正しく無くても大丈夫だと思います。
・ 子供は、親の大きな愛情を受けている。
これがミソだと感じます。
この愛情の時間が、子供の知能に影響すると感じます。

生まれながらに親が居ない子供の場合は、やはり出会う先生が親代わりであり、人生に影響することでしょう。
子供の疑問を調べる、答える環境がせめて有って欲しいものです。

大人になれば、「それはナゼ?」と思いましても、「そういうものか」「仕方がない」「忙しいから」で、調べずに納得して終わってしまいがちです。
もし、このように枯れずに、自分で調べる人は若さを維持するかも知れません。

しかし、幼児の「それはナゼ?」がこれほど重要だということは、神様が人類に残した「初期設定」に、
・ 疑問を持つこと。調べること。
が重要な進化の促進剤として、機能している可能性を感じます。

中高年に成っても、「それはナゼ?」を大切にすること。自分で調べること。
これが老化防止の意外な刺激になることを、参考にして頂ければ幸いです。


(カレンダーの意味は「5月の自然観察日」を参照)

5月28日は、満月の前日の中潮(不安定なニュートラル状態)です。
大地を静観します。南海と、関東。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (557)
この記事をはてなブックマークに追加

「無言の教え」の真相

2018-05-26 11:49:16 | Weblog


(読者が今朝に、飛行機から撮影した富士山です)

大自然は美しいです。
無言なのが、特に良いです。

心が弱った時の人は、話し掛けられるのも苦痛なものです。
でも、「無言の言葉」というものは感じるものです。

禅で伝わる釈尊の御話の1つを紹介します。
ある時に、出家をせずに独自に禅を追究している青年が、釈尊を訪ねて来ました。

・「自分で禅を解明できず煩悶としています。
釈尊様、どうぞ禅の境地とは何か?を教えてください」

と、悲壮な顔をして問い掛けました。
すると釈尊は、何も言わずに若者を澄んだ目で見られました。

そうしますと若者は、何かに気付いたようにハラハラと泣いて、
・ すべての迷いが消えて、心が晴れました。
・ 今は、そのことにただ包まれております。
と釈尊に言って、礼をして去って行きました。

若者が去った後に、釈尊の傍らで全てを見ていた阿難(アーナンダ)が、
「あの若者は釈尊に見られただけで、大変に有難がって涙を流していましたが、いったい若者は何が分かったのでしょうか?」
と尋ねました。

釈尊いわく、
「優れた馬は、乗る人のムチが当たらなくても、そのムチの影を見ただけで、これからの行き先が分かり走り出すものなのだ」
と答えられました。

釈尊の姿(影)を見ただけで、若者は自分が行くべき姿、自分が成るべき理想の人の表情が、禅で求めて行くべき先が分かったのかも知れません。
百の説明よりも、釈尊の影が、すべてを説明したと言えます。

でも私が感じます更に奥の解釈は違います。
釈尊が本当に見ていたのは、
・ 若者の鼻についた鼻クソを、ただ見ていた。
・ 若者のオデコに居た、ハエを見ていただけ。
と仮定してください。

それなのに若者は、すべてが分かった気がして去って行ったと想像してください。
要するに、どんな気付きも、悟りも、
・ 自分個人の内心で起こる現象。
・ その正邪は別にして、どんなことも自分の心の問題であること。
・ 自分を納得させるか?否かの問題である。
・ 自分を本当に救えるのは、自分自身である

伝わる説話には、後世の肉付けが起こり、釈尊の影だけでも巨大化させます。
これでは、釈尊の影・雰囲気に実際に面会して触れなければ悟れない。
とも成りかねません。

でも、真相は違います。
私は、「釈尊は鼻クソを見ていただけ」、「若者が自分で気付いた」、という解釈をします。

とにかく「有言の教え」と「無言の教え」、この2つが有るものです。
大自然は、無言の教えをしてくれています。
今日も大地の声に、耳を澄まして居ましょう。揺れないように。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/

「商品リスト PC用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (498)
この記事をはてなブックマークに追加