アラ還キャンパー 改め アラ古希キャンパー放浪記

母親二人の介護が一段落し、夫婦二人でのんびりと・・・・出来るかな?

体験会

2018-09-24 19:02:53 | カヤック
午前中 佐倉市カヌー協会の体験会のお手伝いに。

6名の方が初めてカヌーを体験されます。

皆さん 「ワー スゴイ」

カナディアンカヌーにも挑戦

様になっています。

ぜひ入会を!

コメント (2)

帰宅

2018-09-23 19:32:41 | キャンピングカー
足柄SAを夜中の一時に出発。二時間ほどで東関道酒々井PAに到着。自宅までは30分の距離ですが明け方に住宅地をジーゼル車が走るのは遠慮した方が良いと思い此処で日の出を待ちます。

夜が明けて自宅に到着。

留守の間に季節は移り変わっていました。

庭の芝生も伸び放題。暫くは忙しくなりそうです。

長男夫婦がイギリスを旅行中です。長男にとっては30年振りの英国です。

ストーンヘンジは行ってませんでしたので彼らにとって初めてですね。

元祖?B&B に泊まって

English breakfast!

ひげが気に入ったショットはこれ!

まさにイギリスの原風景!

我々にはもう訪英のチャンスはないでしょうね!
コメント (2)

笠置 ー 足柄SA

2018-09-22 21:20:02 | キャンピングカー
笠置キャンプ場の朝

川霧が立ち込め幻想的な風景が広がります。

河原には釣り人の姿も

三連休とあってかテントがいくつも

朝食を摂りながら天気予報とにらめっこ

残念ながらフジタカヌーのツアーが行われる月曜日は雨の予報 今回 木津川で漕ぐ事は断念し帰路につきます。

道の駅 みなみやましろ村

比較的新しい道の駅なようで中も綺麗

意外だったのは野菜の価格

京都プライスを想像していたのですが四万十と似ています。思わず色々と買い込んでしまいました。

首都圏はそこそこ混んでいるようですが明るいうちに辿り着けるかどうか というところなので

安全運転のペース車を見つけました。

テレビでも紹介されていた 「子供達の絵 」をラッピングしたトラックです。 超安全運転!このドライバーに先導して貰えば安心です。

結局 足柄SA迄辿り着き 今日は此処で仮眠する事に。

お休みなさい🌙。
コメント (2)

坂東 ドイツ村

2018-09-21 18:59:36 | キャンピングカー
賀川豊彦記念館の駐車場で朝を迎えます。

朝の定時連絡 種子島とは安定して交信出来ますが関東とは信号が弱く上手く行きません。

しっかりと朝食を頂きます。

コーヒー ジャム以外はセブンイレブン調達。便利になりました。


ドイツ館 賀川豊彦記念館共に9時半のオープンなのでそれまでにドイツ橋 メガネ橋を徒歩で観に行きます。
大麻神社の奥にあると言う事で参道を上ると

楠がドデーンと控えて居ます。

デカイ! 裏から見ても

スゴイ! 樹齢何年だろう?

メガネ橋は‥長崎のそれをイメージしていましたが随分と可愛いそれでした。

もちろん しっかりと渡って来ました。

続いてドイツ橋

こちらはそこそこの大きさ

10ほど橋を作ったそうですがこれらは実用というより象徴的なもの?

徒歩で往復する間に開館の時間となり中へ。

資料によれば第一次世界大戦の際のドイツ人俘虜は当初 徳島 丸亀 松山にそれぞれ収容されて居たが ここ坂東に収容所を作り集約したとのこと。

という事は丸亀にも松山にも一時 俘虜がいたという事ですね。知らなかった!
三年の間に実に多種多様な事が俘虜達によって行われ多くの文化が四国にもたらされた事を展示物によって知りました。

中には瀬戸内の塩田に関するレポートも。

中でも有名なのがオーケストラ。楽器を工夫して揃え練習に練習を重ね!

自分なら出来たかな?と自問自答。

続いて賀川豊彦記念館。
賀川豊彦 聞いた事のある名前だなって思っていたのですがあの賀川豊彦とは結びつきませんでした。

神戸で生まれ 4歳で徳島の本家に引き取られ青年時代をここ鳴門で育ったのですね。

一時間ほど掛けて生い立ち 活動 などをしっかりと見せて貰いました。クリスチャンとして また 生協の創設者として社会に多大な貢献をして来た方がこんなのも近くで育ったとは知りませんでした。「死線を越えて」一度読んで見なければ!

賀川豊彦記念館を出てからは淡路島経由 京都府笠置を目指します。

途中 昼食を食べながらテレビを見ていると‥‥若い時の火野正平さん発見!

声で判りました。

30分ほど仮眠してさらに東へ。

大阪市内のど真ん中を抜けて奈良方面へ

大阪城が‥低い!

午後三時過ぎに笠置(かさぎ)に到着。

この辺りになります。

残念ながら雨と上流のダムの放水で水は濁っています。

流れのスピードは先日の四万十川とさほどかわらないのですが透明度が! ツアーも明日 明後日は 無いようですので今回は諦める事に。^_^
コメント (4)

姪っ子

2018-09-20 12:55:38 | 田舎暮らし
雨の中 実家を出発。

先ずは新居浜の姪っ子を電撃訪問!

一年ほど前に新築された建屋に引っ越して 個室も与えられ頑張っています。

科のボスです。(^_^)a

結局 昼休みを完全に潰して話し込んでしまいました。三年ぶりなのでご勘弁!

ギリシャ土産を頂きました。

その後 徳島迄走り 定時連絡兼安否確認。

この時間 種子島ー東温市 のパスが悪く ほとんど交信出来なかったのですが150km程遠くなった結果 種子島とは安定して交信出来ました。電離層からの反射角度の影響ですが実に面白い!

鳴門市の第九の里まで走り今夜は此処で停泊。明日朝 見学です。

コメント

帰宅準備

2018-09-19 19:38:52 | 田舎暮らし
秋の羊雲が広がります。

庭の柿も間もなく食べごろ!

もう少し居たいところですが一旦成田に戻るべく帰宅準備に掛かります。
冷蔵庫の中も整理しなければなりませんので新しいものは買わず在るもので済ませます。

焼き芋は昨晩 風呂の残り火で焼いたもの。^_^ 甘さが不足していたのでジャムで頂きました。邪道などと言わないで!
田舎暮らしがあっているのか

食後に測ったものですがいたって快調。

先日籾摺りを終えた玄米を精米機にと思ったのですが近くの農協に設置されている機械は out of order 。

何もこの時期に!と思わず突っ込んでしまいましたが致し方ありません。それではと農機具メーカーに設置されている所へ。 メーカーのお膝元なら大丈夫でしょう!ところが皆さん考える事は同じ???先客が! ヒゲの後にも順番待ちが!

Mika の友人が栗を持って来てくれました。美味しそう!成田に持ち帰ります。

最後の夕飯は田舎暮らしに相応しいものとなりました。

栗ご飯に芋煮 焼き茄子とピーマンとジャコの佃煮。食が進みます。
コメント (2)

四万十川

2018-09-18 19:35:03 | カヤック
超手抜きの朝食

甘酒 ジャガイモ 白米 とサバフレーク缶詰

朝食のあと キャンプ場内を散歩

いつのまにか曼珠沙華の季節になっているのですね。

キャンプ場近くの橋の上から今日下るコースを観察。ちょっと緊張しますが 本番では左の穏やかな瀬を下りました。

9時半に出発地点に集合。基礎練習?!のあといよいよ憧れの四万十川へ。

6名の内今日が初めてと言う人が四人。ちょっと心配になりましたが皆さんすぐに慣れたようで思った方向に漕げています。

この辺り 広い!
一列に並んで

ひげはちょっと離れて

瀞ではおしゃべりする余裕も出て来ました。

四キロ下って半日コースは終了。キャンプ場に戻り お昼を食べて撤収! 次は三泊四日位で上流から中村迄キャンプしながら下ってみたい!

夕方 実家に戻り無線で定時連絡

明日も晴れそうです。
コメント (2)

御三戸嶽 面河川 ー 江川崎

2018-09-17 18:20:44 | カヤック
シンプルな朝食を済ませ

旅支度

カヤックとキャンプ用品

一番目の目的地は面河川

赤い橋が33号線 高知ー松山間の主要道路です。

面河渓へ入るのに幾度となく見ていた御三戸嶽ですが河原に降りて近くから見た事がありませんでした。

と言うことで

ここでひと漕ぎ

雨が多かったですが水は既に澄んでいます。

上流に向かって500メートルほど上りましたがそこから先は押し戻されるので引き返します。

瀞と流れの速い処が交互に現れます。流れの速い処では写真を撮る余裕はなくて懸命に漕いでいます。
漕がないでも下れると思われるでしょうが流れに身を任せるとカヤックが意図せぬ方向に流されますので目指す方向に懸命に漕ぎます。

この辺りは支流からの流れと合流し複雑!^_^

二時間ほど楽しんで撤収!

次は聖地 四万十川です。

こちらも既に澄んでいます。

岸辺には

50センチを超える大物が!野生化した鯉?!

先ずはカヌー館 キャンプ場にチェックイン。

受付のお嬢さんが綺麗すぎて!何処かのタレント事務所から派遣されているのかと思うほど!

若いグループは一緒に写真を撮って貰っているが流石にお爺さんは言い出せませんでした!残念!^_^

チェックインを済ませテントを設置

広い一画を独り占め

荷物を放り込んで徒歩で道の駅まで。

文旦が驚きの二個入り200円

勿論即購入
毛蟹も閉店間際と言う事もあって二杯で250円

勿論即購入!

気を良くしてキャンプ場に戻り早速 蟹を頂きます。味は上海蟹と全く一緒!上海蟹も淡水育ちですものね。

ちゃんとオスメス入っていました。

主食はアルファー米の白米 簡単で便利! お一人様には量が多すぎますが。

夕焼けが

明日も晴れ!午前中はガイド インストラクター付きのカヤックツアーに参加。四万十川を味わいます。
コメント (4)

ダイポールアンテナ

2018-09-16 08:52:56 | アマチュア無線


天気予報は晴れ!

予報通り町の方から晴れ間が広がって来た。

ケヤキを支柱とし柚子と椿の木にそれぞれ伸ばしたダイポールアンテナ。中心周波数が150Khz ほど低い方にずれています。

我慢?して使っておりましたが

重い腰を上げて

柚子の木から少し離すと

良いところへ落ち着きました。3.5MHz にいたってはドンピシャ

もっと早く手当しておけば良かった。

今日の作業は籾摺りを終えて玄米となったものを冷蔵庫に収納。

これで一族六家族?の一年分! 食糧危機が来ても主食だけは大丈夫です。\(^^)/

裏庭でテントを拡げてキャンプの練習!^_^

我慢すれば二人で寝ることは可能でしょう。

いざとなれば実家に退避!^_^




コメント

籾摺り第二段

2018-09-15 18:48:53 | 田舎暮らし
天気予報は

微妙だったのですが午前中は晴れ!

という事で義妹夫婦も上がって来て籾摺り第二段開始です。

例年に比べて二割増の収穫でした。夏の晴天が効いたのかな?

珍客!

小さいからと安心してたら妹が指を噛まれた!
コメント