広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

若貴よ!!頭冷やしていい兄弟に戻れないのか!?

2005年06月03日 | 独り言
二子山親方の告別式が青山葬儀所でしめやかに営まれた。

お兄ちゃんの喪主として号泣したのは「本当に偉大な父」「ファンの皆様あっての・・・」
と胸は熱くなったのに隣の貴乃花はむっつりとした顔だ。
ただこの兄弟は修復不可能な兄弟の関係があらためて浮き彫りになった。

偉大な父の死をもってしても元には戻らなかった。告別式では勝氏夫妻と貴乃花親方夫妻が祭壇の右側に立って弔問客に応対。しかし、横に並んだ両夫妻の間には微妙な距離が開いたまま。

入門直後は仲むつまじい兄弟だった。
若貴フィーバーで日本が熱くなった!!
ただ互いに昇進していくといろいろな出来事や人物が現れ
絶縁騒動などを経て関係は悪化の一途をたどった。
今回も喪主だけでなく遺産をめぐっての対立がささやかれた。 

親子関係を捨て、師弟関係の道を選び、尊敬する父に学びたい。
それを真っ当し日本に若貴フィーバーをもたらした功績までは良かった。
ただ今の若いものがあの厳しい稽古に耐えられるだろうか。
若貴が居た時は入門者が殺到していた。

日本の国技はどんどん衰退していくのか?
ハングリーな外国人が横綱、大関に君臨していくのか?

とにかく一時代を築きあげた親方、若貴。
お父さんが天国で安らかにそしていい兄弟として手本を見せそれぞれ
日本相撲界の発展を影から支えられのんかい!!

昨日の雨は悲しい雨。
兄弟の不仲に対する涙雨に見えたのは俺だけだろうか?
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 松井秀喜はオールスターに行... | トップ | ついにドイツへ王手!! »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
疎遠 (megumi)
2005-06-03 12:53:43
二人きりの兄弟なのに、お父様のお葬式なのに・・・。

見ていて、寂しくなりました。

お父様もきっと心残りだったでしょうね。

どうしても貴乃花が意固地に見えてしまうのですが、きっと兄弟二人にしか分からない何かがあるのかも知れません。

何年か後の「大人」になった二人に期待したいです。

あんなに仲が良かったのです。

元に戻って欲しい・・・というのは私の我が儘かなぁ。
Unknown (オガチャン)
2005-06-03 14:56:53
megumiさんへ

兄弟仲良くといきたいとこですが貴乃花のほうがかなり頑固のようですよ。

関係ないですが昨日この青山葬儀所の近く

の道(外苑東通り)凄い渋滞でした。
Unknown (ジョン小西)
2005-06-03 19:05:32
やっぱり・・・ここまできたらもう直らないと思います。

コメントを投稿

独り言」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

相撲道 (考える女)
最近の二子山家騒動は一体何なんだ。 本人達も、それを取り巻く人々(報道を含め)も 何か勘違いをしているんじゃないか? 相撲は「国技」となっているけれども単なる「スポーツ」ではない。 神に捧げる儀式である。伝統的な祭りなのだ。 伝統的といっても、歌舞伎のような