本家ヤースケ伝

年取ってから困ること、考えること、興味を惹かれること・・の総集編だろうか。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自衛隊に入ろう♪

2007-04-11 05:10:30 | 社会
 武器庫の見取り図流出 陸自、また「ウィニー」
2007年4月9日(月)19:46 (共同通信)

 小銃や拳銃の保管場所を明記した陸上自衛隊松戸駐屯地(千葉県)の武器庫見取り図などの内部情報が、2等陸曹の私物パソコンからファイル交換ソフト「ウィニー」を通じインターネット上に流出していたことが9日、分かった。自衛隊では同ソフトによる情報流出が相次ぎ、防衛省は全職員に業務用データの私物パソコンへの保存禁止と過去の保存データ削除などを指示したが、2等陸曹は従っていなかった。

============

中国人妻、不法在留認める 海自情報流出発覚のきっかけ
2007年4月10日(火)11:08 (朝日新聞)

 海上自衛官のイージス艦情報持ち出し問題が発覚するきっかけとなった護衛艦「しらね」の2等海曹(33)の中国人妻(33)による不法在留事件で、妻に対する出入国管理法違反罪の初公判が10日、横浜地裁横須賀支部であった。妻は起訴事実を認め、検察側は懲役1年6カ月を求刑した。

 起訴状によると、妻は05年3月4日ごろ入国し、今年1月19日まで横須賀市内の自宅などに不法に在留したとされる。神奈川県警は1月、妻の逮捕に関連して市内の2曹宅を捜索し、日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法で特別防衛秘密に指定されているイージス艦情報が入ったハードディスクを押収した。

============

 海自情報持ち出し 「艦船に興味」 2曹が供述
2007年4月6日(金)14:19 (朝日新聞)

 海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の護衛艦「しらね」乗組員の2等海曹(33)がイージス艦などの情報を自宅に持ち帰っていた問題で、神奈川県警などの調べで、この情報は「プログラム業務隊」(当時)と呼ばれる部隊が作った教育用資料で、その中に十数ページの「特別防衛秘密」(特防秘)にあたる部分があったことが分かった。

 捜査当局の調べでは、情報が保存されていたパソコンの外付けハードディスクは、3年前に2等海曹が購入。情報を入手した経緯を、2等海曹は「同僚隊員から入手した」とし、理由について「艦船などの軍事情報に興味があり、手元に置いておきたかった」と供述しているという。

 県警によるとこの同僚は30歳代で、「しらね」の乗組員ではないという。2等海曹と同様、職務上イージス艦の情報に接する立場になく、任意の調べにも「渡していない」と情報提供を否定しているという。

 このため、捜査当局は2等海曹の供述にあいまいな点が多いとして慎重に調べを進めている。

 県警は1月20日、中国籍の2等海曹の妻(33)に対する入管難民法違反容疑で横須賀市内の2等海曹宅を家宅捜索。押収したハードディスクを解析したところ、情報は約800ページ分で、特防秘に該当する「イージスシステム」に関する数値なども含まれていたとされる。

 県警は特防秘の漏出を禁じた「日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法」違反容疑での立件も視野に、情報流出の経路の特定を進めている。

============

 *幹部は官製談合、中堅以下の実働部隊は情報漏洩と、どこまでも間抜けで危機管理の欠片もない自衛隊だが、考えようによってはこれだけアホなら「戦争」なんて逆立ちしたって出来ない相談だから平和でいいのかも知れない。

 *「艦艇に興味があった」からデータを持ち出したなど、殆ど「鉄道マニア」のノリである。これが我が国を守ってくれる筈の自衛隊の実情であるから、「憂国の士」は「何かあったら自衛隊が闘ってくれるからいいんだ。るんるん♪」などと(その辺の「チンピラ右翼」みたいに!)他人任せなことは言ってないで、自ら率先して自衛隊に入ろう。w

 ただ昔は街頭の入隊勧誘で「大型免許は只で取れるし、海外派遣されることもないから安心だ」などと言っていたが、今は海外へも行くから安心・安全は保証出来ないからそこのところはよぉく弁えて入隊して頂戴ね。あ、それそれ、てれつくてんてん♪ってか、ぷいぷい。w

============

 *cf.自衛隊に入ろう♪

自衛隊に入ろう♪の歌詞付カラオケのサイトもあるが、このページを作った人は「今聞けばどう考えても自衛隊入隊勧誘の唄だ」と二度まで繰り返して言っている。 当時の自衛隊広報部も当初同じ錯覚をして、CMソングとして使用したい旨を高田側に申し入れたという漫画的な有名な逸話が残っているのだが、これは正真正銘「完璧なプロテストソング」として作られ「しゃれ」と「冷やかし」と「おちょくり」で歌われていた唄なのであって、これを唄っていたのは『べ平連』等「Peace & Love」が大好きな反戦活動家と、及びその周辺で遊んでいた「ヒッピー風の(?)自由人」たちなのである。

 この唄の替え歌には「自衛隊」を「民青」に置き換える唄もあった。w
 民青というのは「民主青年同盟」の略で日本共産党の下部組織である・・などというと、共産党からは必ずと言っていい程「何を言ってるんだ!?平和と民主主義を愛する人なら仮令自民党支持者でも同盟員になれるんだ」と反論されたものだが、これは仮に事実としても絶対実現されることのない「事実」なのであった。
 というわけで、自衛隊にも民青にも入る気など更々ない連中が歌っていた唄である。w

 *cf.試聴はここ♪ですが、これは上述のように「お上をおちょくった」という理由から(?)放送禁止になっていたことを、私ってばころっと忘れておりました。今は210円で買えるようです。w

高田渡 - goo 音楽高田渡 - goo 音楽

コメント   この記事についてブログを書く
« センキョ余話+ウイルス。 | トップ | 女流棋士会の分裂。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事