源泉かけ流し本物の温泉を探せ!

温泉人の温泉人による温泉人のための温泉ブログ

スポーツはシーズン中にかぎる

2011-11-30 09:57:56 | スポーツ観戦が熱い!
最近、球界が騒がしい。

フロント人事の問題。
FA問題。
契約交渉問題。
監督人事問題。

ストーブリーグ(オフ)の時期は、何かとドロドロとした話題しかない。

野球はスポーツ。
汗をかいて、勝負する姿が美しいのであって、
やはりシーズン中の話題に限ると実感する。

球団にとっては経営、
選手にとってはゼニカネの問題が大事なのは理解できる。

プロは「お金」をもらうからプロ。
でも、その「お金」は球団からもらうのではない。
お客やファンからもらっていることを忘れてはいけない。

ファンにとって大事なのは
選手と選手との対決シーンであったり、
真剣勝負するスポーツの醍醐味である。

だからといって、
別に高校野球をしろ!
といっているわけではない。

しかし、その頃のピュアな気持ち。
きれい事かもしれないが、
「野球少年のこころ」をいつまでも持ち続けてほしい。


--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
--------------------------------------------------------
コメント

サッカーA代表 北朝鮮戦

2011-11-15 23:40:04 | スポーツ観戦が熱い!
結果はすでにご存じの通り、
日本は北朝鮮に負けた。

負けてはいけない相手に負けただけに
悔しさとともに落胆も大きい。

でもスタメンを見たとき、
試合の勝敗よりも
ザッケローニの意図を強く感じた。

それは・・・
とにかく怪我人を出さないこと。

3次予選突破を決めている日本にとって
焦点は最終予選に移っている。
しかもこの試合は激しい接触プレーが想定される。

だからフィジカル面に不安があったり、
所属チームで主力級の選手である
遠藤、香川、内田、吉田をあえて外したのではないだろうか?

後半劣勢にもかかわらず、内田以外は出場していない。
特に遠藤と香川については万が一(怪我)のことを考えて
温存したと思っている。

サッカーの試合のコメントとは思えないが
重篤な怪我人がでなかったことが何より。
次のウズベキスタン戦に勝てば、1位突破もできる。

ただ北朝鮮選手の動きが凄かったことも事実。
怪我を恐れず、体ごと突進してくる。
あの動きはスポーツ選手の動きではない。
まるで兵隊そのもの。

あのスタジアムがローマ帝国のコロッセオ、
北朝鮮の選手がグラディエーター(剣闘士)に見えたのは自分だけだろうか?
グラディエーターは奴隷。
無様に負ければ・・・死が待っている。

予選突破はゼロだが、日本に勝てばそれで帳消し。
もし日本戦に負ければ、恐ろしい仕打ちが待っている。
そう思うとあの動きは合点がいく。

そんな独裁国家が現代にある。
合点はいくが、笑うに笑えない。


--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
--------------------------------------------------------
コメント

2011 プロ野球ドラフト会議

2011-10-28 23:13:39 | スポーツ観戦が熱い!
ボクはジャイアンツファンだ。
ガキの頃より野球と言えば
巨人しか考えられない大のG党だ。

昨日のことだがプロ野球ドラフト会議があった。
注目の東海大菅野は抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得した。
巨人ファンとしては菅野は巨人と思い込んでいただけに
正直、ショックは大きい。

でも・・・
これがドラフトなのだ。
決められたルールのもと、
全球団が公平に選手と独占交渉する権利を与えられる。

日本ハムの指名をとやかくいうつもりはない。
同じ巨人ファンからは文句を言われるかもしれないが
菅野には選択権はない。
残念ではあるが、ルールはルール。

現実を直視し、日本ハムに入団するか、
初志を貫徹し、浪人や社会人に進み、来年以降のドラフトを待つか・・・
22歳の若者が決断をするには重い問題かもしない。

どんな決断を下そうが、
後に後悔する決断だけはしないことを願うばかりだ。


--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
--------------------------------------------------------
コメント (5)

我が巨人軍は永久に不滅です

2011-10-16 19:20:00 | スポーツ観戦が熱い!
ここにおよんで・・・
というか最後の最後で
我が巨人軍(苦笑)が久々に強い姿を見せてくれた。

すでにペナントレースの優勝はない。
クライマックスステージ(CS)の出場権をかけて
戦っている。

すなわち3位に残るか(あわよくば2位)、
4位に転落するかの瀬戸際というわけだ。

この中日3連戦。
「負ければ眼前での胴上げという屈辱を何としても回避したい」
という一心がにじみ出る戦いをみた。

残り一試合。
そしてCS第一ステージ。
勝ち進めば第二ステージが待っている。
その先の日本シリーズまでとはいわない。

昭和に逆戻りするが、
一試合一試合、
死力を尽くした野球を見せてほしい。

そう
「巨人の星」の星飛雄馬、
「侍ジャイアンツ」の番場蛮ように。

そう思ったら、
ふと長嶋茂雄の引退セレモニーでの言葉を思い出した。


「不運にも、
我が巨人軍はV10を目指し監督以下選手一丸となり、
死力を尽くし、最後の最後までベストを尽くして戦いましたが、
力ここに及ばず10連覇の夢は破れ去りました。
私は今日ここに引退を致しますが、
我が巨人軍は永久に不滅です。」


最後の試合が終わり、
たとえ負けたとしても
このセリフが言えるぐらいのプレーを見せてほしい。

残念ながら・・・
サッカーの国際Aマッチはそれがみえる。
でも今の野球にはそれが見えない(みえてこない)
その差が今の野球人気の低下の奥底にあるような気がする。

暑苦しいぐらいもがけ!
目を見開き、歯をくいしばれ!
それが男のスポーツだ。


何?
いま時そんなの流行らない?
KY?
女の子に嫌われる?

そんなことは百も承知だわい!
うだうだ言うな!
そんなヤツは月にかわってお仕置きよ!

何もかも古すぎる・・・
ダメだこりゃ


--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
--------------------------------------------------------
コメント

サッカーA代表 タジキスタン戦

2011-10-11 23:06:02 | スポーツ観戦が熱い!
もう今日は何も言うことはない。

もういいだろう・・・
と感じるほどに得点を重ねた。
こんな大勝はそうあるものではないだけに、
今日、サッカーを見られたこと(テレビだけどね)に感謝をしたい。

でもひとつ感じたことがある。
やはりサッカーは点を取るスポーツ。

攻めが抜けて、守備に徹するだけでは
いつかはゴールを割られる。
タジキスタンの戦い方を見てつくづく思い知らされた。

「守りだけではダメ」

たかがスポーツのひと試合だが、
人生の指針を見る思いがしたのは
ボクだけだろうか?


--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
--------------------------------------------------------
コメント

サッカー日本代表 ベトナム戦

2011-10-07 23:22:27 | スポーツ観戦が熱い!
イマイチ!
「イマイチ(今市)は日光の手前」と言っていた人がいたが
(ワタシじゃないよ!)
イマイチなんだよねぇ・・・

バランスが悪いというか、
試合とボールの流れが悪いのが明白にわかった試合だった。

本田がいないからどうかとかの問題ではない。
別に同じプレーをしなくてもいい。
どじょうが金魚の真似しなくてもいいのだから(苦笑)

逆に
素直にベトナムの選手を褒めてあげたい。
明らかに格上の日本に対して、一生懸命プレーをしていた。
サッカーというのはそんなスポーツだと思うし、
まして国際試合ともなれば一層そうあるべきだと感じる。

どんなスポーツであれ一生懸命打ち込む姿は美しい。
何よりもフェアな試合ほど美しい。

そうスポーツはケンカではない。
武道と同じように
相手を尊重する心を無くしてはいけない。

賛否両論あるだろうが、
来月平壌で行われる北朝鮮戦も
政治と感情を抜きにしてフェアな戦いを見たい。


--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
--------------------------------------------------------




コメント

なでしこJAPAN

2011-09-09 00:20:41 | スポーツ観戦が熱い!
最近女子サッカーが面白い。
正直なところ、
W杯の準決勝くらいから注目し始めたにわかファンなのだが。

男子サッカーと違う点は、バレーボールと同じように、
スピードが速すぎる男子と違い、ボールを目で追うことができるところだろうか。
ゴールをする瞬間も少し余裕をもって見ることができる。

それに加え、選手の名前と顔が一致するようになると俄然面白くなってきた。
ちなみにお気に入りはDF鮫島選手。
どうしてもルックスで選んでしまってるが(苦笑)

実は選手以外にも佐々木監督にも注目している。
よく見ると監督という仕事以外にも大きな仕事があるように見えるのが興味深い。
何かというと、それは大勢の個性ある若い女性を束ねる管理職という仕事である。

サラリーマンをしたことのある人なら実感していただけると思うが、
職場では女性は「かなり強い」。
ひとりという単位ではなく、数人単位になると絶対にかなわない。
女性(OLさん)達に嫌われたら、仕事は回らない。
そう逆らってはいけないのだ(苦笑)

その点をふまえて、なでしこJAPANを見ると
男性が営業職の職場ではなく、
女性が営業職の職場。

いわば生命保険会社といえるのではないだろうか?
生保に勤めたことはないが、
大勢の女性を束ねる男性管理職の苦労は想像に難くない。

それと同じ・・・いやそれ以上の苦労をプレッシャーを感じながら背負っている。
でもそれを表に出さず、
ユーモアやオヤジギャグで乗り越えている佐々木監督は素晴らしい。
次の中国戦も楽しみである。


--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
--------------------------------------------------------

コメント (2)

サッカーアジアカップ 一歩一歩前進だ

2011-01-22 00:35:27 | スポーツ観戦が熱い!
サッカー見ると心も体も熱くなる!
ついに新しいカテゴリーを作るほど感動した。

試練と逆境を乗り越え、そしてゴールに向けて前進する。
今日の激戦は本当にスポーツの神様が与えてくれた試合だろう。

結果的には満足。
でも、課題も見えてくる。
アウェイの試合ではカードをもらわない配慮も必要になる。

改めてサッカーというスポーツは、体は熱くなっても、
心は冷静でなければならないスポーツだと思う。
いや、スポーツ全般にいえることかもしれないが。

日本代表には、勝利の余韻を噛みしめて、
今晩はゆっくりと休んでほしい。
そして明日からは次の戦いに向けて、始動してほしい。

いつの間にか温泉ブログからサッカーブログ化しているが・・・
今ぐらいは許してくんなまし。


--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
--------------------------------------------------------
コメント

熱いぞ! サッカーアジアカップ

2011-01-14 03:17:32 | スポーツ観戦が熱い!
サッカーが熱い!
互いに国の威信や期待ををかけて戦う姿は、まさに全身全霊。
シナリオのないゲームに感動した。
こんな時間まで観戦した甲斐があるものだ。

でもホームタウンディシジョンの力は凄い。
オフサイドが覆ったり、キーパーがレッドカードで退場するなんて
普通のジャッジではちょっと厳しい気がする。

でも、それがホームタウンディシジョン。
それを乗り越えなければサッカーは勝てない。
次のサウジアラビア戦も、気張って見るぞ~

部屋は寒いが、心は熱い!
こんなに興奮して寝れるのだろうか?


--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
--------------------------------------------------------
コメント