源泉かけ流し本物の温泉を探せ!

温泉人の温泉人による温泉人のための温泉ブログ

肺の結節陰影

2018-09-04 13:23:25 | 男は体が資本だ!
数年前、
偶然に見つかった肺の結節陰影
2年の経過観察が過ぎ、昨年から1年ごとにCTを撮っている

昨年13㎜だった結節が14.5㎜と微妙に増大
先生いわく「1.5㎜だからね微妙…といえば微妙」

先生が微妙とおっしゃるのだから本当に微妙なんだろう(苦笑)

一応、良性といわれているけど、
大きくなると悪性に変化することもあるらしく
そうなったら摘出するしかない

ただ結節がある位置が悪く、下葉のど真ん中
切除となると左下葉摘出になるそうだ…

「まあ、左下葉とっても肺全体の20%だから
機能的にも大丈夫だよ」

とおっしゃっるけども、
しゅじゅつはイヤでござる!

でも3年前の11㎜から着実におっきくなってる訳で
モヤモヤ感は消えそうにない…

来年まで微妙な気分は継続確定
釣りと雪山で誤魔化すしかない。

コメント

越後湯沢温泉「本陣さくら亭」 リーズナブルで高サービス!

2018-05-14 18:11:44 | 本物の温泉を探せ!


久しぶりの温泉ブログ
越後湯沢温泉「本陣さくら亭」でございやす

トンネルの先には何があるのか??
大方の予想通り、ロビーに繋がっているんでゲスが、

そもそも

温泉ブログのくせに、
温泉ソムリエのくせに、
温泉が好きなくせに、

温泉投稿が少ない!

みなさん本当にすいません。
じつは面倒くさいんです…

なんですとぉ!
それを言っちゃあ、おしめえよっ


て、天の声?
わかりました…ぶつぶつ

なんか言った?

はひっ
な、なんでもありません

では、ちょこっと画像を紹介




上記写真は、大浴場・露天風呂・夕食・部屋
まさに風呂・メシ・寝ル のダメダメ男のセリフだけど
残りの人生これだけでいいや…

それでええんや!

わっかりましたぁ!

ズボラ温泉ソムリエの
気まぐれ温泉レポートはこちら ↓

「温泉新選組」- 越後湯沢温泉 本陣さくら館
http://www.onsen-shinsengumi.com/niigata/echigoyuzawa/sakuratei/index.html


--------------------------------------------------------
源泉かけ流し温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
コメント

大失敗…スクワット大作戦!

2017-12-26 01:34:53 | 男は体が資本だ!
眠気に負けない精神力と
斜面に負けない筋力を鍛えるための
スクワット大作戦が今窮地に陥っている

先日、
ガーラ湯沢で初すべりをしたが
一本目の段階で早くも足腰の疲労を感じてしまったのだ…

ぐぬぬ…

な、なぜだ…と悩むことなく理由は明白

連日のスクワットによる疲労蓄積に加え
前日に連続600回もスクワットをやれば疲れているに決まっている
40代半ばのおっさんの回復力を過信してはいけない

どうすればいいのか…

ここはひとつ
疲労に負けない筋力を目指すのみ!

20代30代ならそんなこともできたが
もう無理
おとなしく滑る前日は疲労回復に勤しむしかない

まだシーズンは始まったばかり
上手にやりましょう




コメント

温泉よりも筋肉ですかい?

2017-11-22 23:09:40 | 男は体が資本だ!
超久しぶりのブログ更新に、温泉の話題か?
と思ったら大きな間違い。
最近は温泉よりも筋トレ、しかも下半身(足腰ね)の鍛錬にご熱心なのだ。

理由は冬が近づいているから。

そうゲレンデをいかに「快適」に「スマート」に、
そして何よりも「より長く」滑るために足腰の鍛錬に勤しんでいるのだ!

必要なものは斜面に負けぬ筋力。
どんな眠くともベッドから起きだす強靭な心!

筋力を増すためのスクワット等の筋トレ。
ベッドから這い出す強靭なココロを養うためにも筋トレが必要なのだ!
(せっかく鍛えたんだから行かねば損だと思わせる・・・ため)

すでに四十台半ば
快適なゲレンデライフを愉しむための残り時間はそう多くない。
そう覚悟を決めて、いや喝をいれて鍛錬をするのみ!

でもまあ気楽にいかんとね
人生楽しんでなんぼじゃい




コメント

ようやく下町ロケット

2017-01-25 10:41:51 | 温泉とは関係ないけれど
久しぶりに数日の休みが取れたので、
よっしゃ! ゲレンデぢゃ!
・・・と盛り上がっていたが

あろうことに風邪が襲来。
喉は痛くなり、声は鼻声。
しこたま風邪をひいてしまった。

野沢か湯沢か、はたまた草津か?
と悩んでいたが、
完全に白紙。

結局、
溜めこんでいたドラマを消化することに。

そして、
ようやく消化したドラマは
「下町ロケット」

えっ
今さら?

と思うかもしれないが、
一年以上寝かしてようやく観ることができた。

率直な感想は
なぜもっと早く観なかったのか・・・

と、ものすごく後悔。
涙腺が緩みっぱなしで涙涙の雨嵐。

最近はどうも涙もろい。
どうも感情移入が強くなっているようだ。

改めて
TBSドラマのクオリティの高さを思い知った。

逃げ恥に続き、
下町ロケットもハードディスクから消せそうにない・・・

コメント

都内で貴重な源泉かけ流し! おふろの王様 花小金井店

2016-10-04 10:23:56 | 本物の温泉を探せ!


わたしは温泉ソムリエである!

えっ? そうだったの??

と言いたくなるぐらい温泉はご無沙汰気味。

なんせ、
3月に入ったきり約半年もの間、温泉に行ってない。

ご無沙汰気味どころではない。
マジでご無沙汰なのである。

じつにマズい。マズすぎる。

どこか近くに、手ごろで、手っ取り早く
源泉かけ流し温泉がないものだろうか・・・

あった、あったずらよ!

と、急遽行くことにしたのが
「おふろの王様 花小金井店」
なのである。

じつのところ
かなり疲れが溜まっていて、
身体のメンテナンスもしたかったし、
蕎麦も食べたい。

という理由もあったのだが・・・

とにかく安近短で満足できる温泉を!
ということで花小金井まで車を走らせたのであった。

続きは・・・

温泉ソムリエ(自称)の
がけっぷち温泉レポートをどうかどうか見ておくなせえ。。。




「温泉新選組」- おふろの王様 花小金井店
http://www.onsen-shinsengumi.com/tokyo/ousama/ofuronoousama/index.html
                ↑
            ここをポッチとなっ

--------------------------------------------------------
源泉かけ流し温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
コメント

栃尾又温泉 自在館 地産地消の山家料理と癒しのラジウム温泉

2016-09-22 14:42:43 | 本物の温泉を探せ!


大好評?!
栃尾又温泉シリーズもいよいよ佳境!

第四弾! 日本秘湯を守る会 自在館
を満を持して公開!

構想 六か月(ほったらかし期間ともいうが・・・)
制作期間 二週間(サボリもいれて・・・)

ついに、ついに~
完成の儀相成りましてそうろう。。。

なぜこんなに時間がかかったのかと申しますと・・・
膨大な量の画像加工に嫌気・・・いや・・・二の足・・・というか・・・

ええ~い、
イヤになっちゃったんでごぜ~ますよ、お代官様ぁ!!
動画はともかく、写真と説明書きが面倒で面倒でぇ~

・写真点数 176枚
・動画 6本





でも
あっしはやりましたぁ
やりきりました!

ズボラ温泉ソムリエの
気まぐれ温泉レポートをどうかどうか見ておくんなまし!


「温泉新選組」- 栃尾又温泉 自在館
http://www.onsen-shinsengumi.com/niigata/tochiomata/jizaikan/index.html
                ↑
            ここをポッチとなっ

--------------------------------------------------------
源泉かけ流し温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
コメント

栃尾又温泉 奥の湯

2016-09-05 20:43:03 | 本物の温泉を探せ!


栃尾又温泉シリーズ第三弾!
奥の湯を公開ぃ!!!

(いつのまにかシリーズ化してる・・・)

相変わらず暑苦しい調子ではあるが、
初見参の「奥の湯」をレポートしてみた。

「うえの湯」と同じ建物内にあるので
単独の施設かと悩むところだが、
「うえの湯」「したの湯」ともに単独としている都合上、

(都合上?・・・都合で単独なのか??)

えーと都合がつかなくても・・・
単独施設としてレポートした次第でござんす。

残念ながら、
写真が撮れなかったので、ほぼ文章レポートのみ。

イメージ的には
「うえの湯」の空間に「したの湯」の雰囲気を取り入れた
浴場という感じだろうか。

ただ、
「うえの湯」「したの湯」と共通していえることは
3施設ともに素晴らしい「ぬる湯」があるということ。

ぬるラーには水前寺・・・
いや垂涎の的といえる浴場だろう。

瞑想の世界の中、
ねばりつくように時間がゆっくり過ぎゆく感覚を愉しみたい。

久々にマジメに書いてしまったが、
しゃ~ねぇ、見てやろうかのう?
と興味を持たれた方、

よろしければ続きの温泉レポートを見てください!

あべしっ 


「温泉新選組」- 栃尾又温泉 奥の湯
http://www.onsen-shinsengumi.com/niigata/tochiomata/okunoyu/index.html
                ↑
            ここをアタタタタァ!

--------------------------------------------------------
源泉かけ流し温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
コメント

究極のぬる湯! 栃尾又温泉 したの湯

2016-09-03 12:17:07 | 本物の温泉を探せ!


栃尾又温泉シリーズの第二弾!
満を持して「したの湯」がご登場ぉ~!!

いよっ
待ってました大統領!

どぉ~すか?
涼しいじゃあ~りんまんせんかぁ

へ?

文章が暑い・・・いや暑苦しい?

これは失礼したずらよ。

簡潔に申しますとですね・・・

まるでアトラクションのようなアプローチと
レトロ情緒漂う湯治場の情景とのギャップがこれまた味わい深く、
施設直下から湧き出る弱放射能泉が誘(いざな)う
このえない快楽・・・いや極楽が混在する究極のぬる湯!

それがぁ!
し・た・の・湯!

(※注) 熱演する吉田鋼太郎調でお読みください


ぜんぜん簡潔じゃない?
しかももっと暑苦しい??

むむっ諒解いたしました。
さらっとご紹介すると
まぁこんな感じでさぁ~





はよ出さんかい、ワレ~
などの声が聞こえてきそうですが

おおっ
っと興味を持たれた方はこちらをどうぞ!

「温泉新選組」- 栃尾又温泉 したの湯
http://www.onsen-shinsengumi.com/niigata/tochiomata/shitanoyu/index.html
                ↑
            ここをポチッとなっ

--------------------------------------------------------
源泉かけ流し温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
コメント

車の必要性

2016-09-01 11:52:20 | 温泉とは関係ないけれど
都内に住む人にとって、
車は必ずしも必要なものではない。

公共交通機関(電車やバス)を利用すれば、まず困ることはないし、
そもそもガソリン代や駐車場代を払うこともない。

このインフラというのが
地方での暮らしとの決定的な差。
そういう意味では贅沢品ともいえる。

自分に当てはめてみても
温泉めぐり、スノーボード、釣り以外であまり車を使うことはない。

ようするに
車は「趣味」をするための手段。
「生活」のためのマストアイテムということではない。


でも・・・

そのマストアイテムとはいえない車、
いざ手元にないとなると、
とてつもない寂しさが湧き上がってくる。

車がなくても好きなところに行けるさ!
・・・と思っていたが、
それは荷物を必要としない場合のみ。

・温泉めぐり
・スノーボード
・釣り

自分の三大道楽の中で、
温泉めぐりはできるが
スノーボードと釣りは荷物が多いので行き気持ちが失せてしまう。

とりわけ、釣りは本当に困る。
できるだけ軽装にしたいが、
クーラーボックス、竿、仕掛け、エサというように
がさばるし、臭いもくさい・・・

今のところ、
全治二週間程度(エンジン部品の調達に時間がかかる)とのことなので、
もうしばらくの辛抱というところ。

エンジン交換する予定なので
戻ってきたら慣らし運転が必要だろう。

まあ
それはそれで楽しいのだが(苦笑)


コメント

栃尾又温泉「うえの湯」

2016-08-25 21:25:25 | 本物の温泉を探せ!


ようやく・・・
今更ながら・・・

栃尾又温泉「うえの湯」をアップした。

なぜ「ようやく・・・」
と書いているのかというと
利用したのは半年前のことだからである。

だってしょうがないじゃないか。
あっしもいろいろと忙しい身でやんすから・・・

などという戯言は通じない。

要するに、
ちょっと面倒くさかったから。

何ですとぉ~!!!!

我ながらツッコみたくなる素直すぎる言い訳だけど、
まあ、許してくださいまし。

その分、
温泉の写真でも見てくださいな!




肝心のレポートはというと、
ぬる湯の・・・・

おっと、
続きはこちらの温泉サイトを見てくんしゃい。

「温泉新選組」- 栃尾又温泉 うえの湯
http://www.onsen-shinsengumi.com/niigata/tochiomata/uenoyu/index.html
                ↑
            ここをポチッとなっ

--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
コメント

白馬八方温泉 源泉の宿まるいし

2016-07-11 21:59:04 | 本物の温泉を探せ!


白馬八方温泉もようやくラスト!

トリを務めるのは「源泉の宿まるいし」

とまぁ、カッコをつけているが
温泉レポートは今年の三月のもの。
じつに四か月遅れの更新ということになる。

真夏直前の時期に
スキー場にある温泉宿のお話とはお寒いかぎりだが、
まぁ、これはこれで堪忍してつかわさい!

白馬といったら冬というイメージが強いけど、
避暑地としても最高の場所。

日本一のアルカリ性温泉も湧きだすとくりゃ、
これからの季節にもピッタリですぜぇ、ダンナぁ!

温泉よし!
メシよし!
接客よし!

の三拍子に加え、とってもリーズナブル!

施設外観源泉かけ流しの内風呂湯口
夕食の前菜盛り合わせ牛肉の朴葉焼き馬刺し
朝食のヘルシーバイキング朝食のヘルシーバイキング朝食のヘルシーバイキング

あっしはこの宿を白馬の定宿と決めましたさかい。
どうかレポートを見てやってくんさいな!

文章メチャクチャ、方言デタラメ
でもレポートはマジでおます!

ほな、よろぴく~


「温泉新選組」- 白馬八方温泉 源泉の宿まるいし
http://www.onsen-shinsengumi.com/nagano/hakubahappo/maruishi/index.html
                ↑
            ここをポチッとなっ

--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
コメント

温泉新選組 開設10年

2016-06-21 09:21:41 | 温泉とは関係ないけれど
手前味噌で恐縮ですが・・・

おかげさまで
温泉ガイド 「温泉新選組」 が
サイト開設して丸10年が経ちました。

(最近まですっかり忘れていたけど・・・)

2006年6月20日開設なので、
昨日でちょうど10年、
あっという間に時が経ったような感じがする。

ちなみに、一番最初のバージョンがこちら


ん~
現在のとはかなり雰囲気が違う

新選組を前面に押し出した
まさに無骨サイトそのもの(苦笑)

この初心を忘れてはいけない。
スノーボードや釣りにうつつを抜かしている場合ぢゃない!

でも
その寄り道というか、ゆる~いところがこのサイトの隠し味。
(隠れてないけど・・・)

とまぁ・・・

これからも温泉には厳しく、
自分にはゆる~く
やっていきますので、

今後ともよろしくお願いいたします!!







コメント

松之山温泉 ひなの宿ちとせ

2016-06-06 15:02:04 | 本物の温泉を探せ!
ひなの宿ちとせ

新潟県松之山温泉
以前から訪れたかった温泉である。
草津温泉・有馬温泉とともに、日本三大薬湯のひとつとされ、
昔より効能高いといわれていた温泉である。

その松之山温泉にある代表的な宿
それが「ひなの宿ちとせ」である。

ほんやらの湯 内風呂ほんやらの湯 露天風呂
月見の湯フロントロビー

じゃらん・楽天トラベルをはじめ
予約サイトのクチコミでも評価が高く、
ぜひ泊まってみたいと思っていた宿だったが、

「おひとりさま」専用ザク(ザコ?)
のあっしにとっては高嶺の花ということで訪問機会を逸していたでござ候。

ところがどっこいぎっちょんちょん(死語、死語ね・・・)

スキー場に行く予定を急遽変更し、立ち寄り湯として
訪問することができたのでござる。

(言葉が迷走してるな・・・)

宿泊レポートではないけど入湯レポートということで、
どんな温泉だったの?
と気になる方はぜひポチッとしてくださいまし。


「温泉新選組」- 松之山温泉 ひなの宿ちとせ
http://www.onsen-shinsengumi.com/niigata/matsunoyama/chitose/index.html
                ↑
            ここをポチッとなっ

--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
コメント

今シーズン最後の越後湯沢温泉 「山の湯」

2016-05-02 14:49:46 | 本物の温泉を探せ!


今シーズンの締めは山の湯!

雪の少ない今シーズン
もう滑れないのがちょっと寂しい。

そんなことで行ってきました
恒例の山の湯

程度はあれ、いつも冬景色だったが今回は完全に春。
気温20℃、山々や路地には緑の新芽が芽吹き、
季節の移ろいを感じられた。



また来シーズンにお世話になります!

スパシーバ山の湯!
(なぜにロシア語?)

「温泉新選組」- 越後湯沢温泉 山の湯
http://www.onsen-shinsengumi.com/niigata/echigoyuzawa/yamanoyu/index.html
                ↑
            ここをポチッとなっ

--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
コメント