源泉かけ流し本物の温泉を探せ!

温泉人の温泉人による温泉人のための温泉ブログ

あとは様子見

2013-02-20 23:38:25 | 不景気だからこそ・・・株投資
今日、
一部残していた保有株を全て売却した。
利益は約三万円ほど。
これで充分、充分なのだ。

日米首脳会談の結果はいかに?
次の日銀総裁が誰になるのか?

来週マーケットは大きく動き出すだろう。
上に行くか、下に行くか?
どうせ行くなら大きく上放れて欲しい。

経済の流れがようやく少し分かってきた。
株式投資は本当に勉強になる。
ボケ防止にも最適だ(苦笑)
コメント

ア・バオア・クーからソロモン奪回へ

2013-02-19 15:10:34 | 不景気だからこそ・・・株投資
久しぶりの株話。

「ア・バオア・クーからソロモン奪回へ」

ガンダム通なら何となくニュアンスで理解してもらえそうだが、
タイトルだけをみたら何のこっちゃ分からん。

概略をいうと
話は先月中旬までさかのぼる。

1月のある日
さらなる戦果を求めるため
キケンは覚悟の上で
とあるチワワな金融株Iに手を出した。

すると・・・
なんと病院に行っている間にチワワが大暴落。
逆指値(いわゆる何円以下だったら自動的に売り)
設定をしていなかったために
戦力(投資資金)の15%を失うという大損害を受けてしまった!!

簡単に15%と書いたが、
例えば資金が100万円であれば15万の損失。

さらに挽回するために打った手も失敗に終わり、
気付いてみれば戦力の20%もの損害を出してしまったのである。

歴史で言うなら
虎の子の空母四隻全て喪失・・・
まさにミッドウェー海戦ばりの大敗北という感じだろうか。

この大敗北により
戦線はソロモンどころか
ア・バオア・クー(投資意欲の限界線)まで後退。
わがジオン軍は非常に苦境に立たされたのであった。

そして迎えた決算(1月下旬から2月中旬)

正法であれば、決算株は避けるべき。
だがこれで挽回するしかない!
と腹をくくり、
株価が上昇しそうな企業を絞り
乾坤一擲の勝負に出た。

結果は失敗もあったが、
大きな戦果を2つ獲得することができた。

ひとつめは
とあるスカイアクティブなM自動車

ふたつめは
とあるブリザックなBタイヤ

この2つのモビルアーマー投入により戦線は大前進。
陥落したソロモンをも奪回することに成功した。

現状は投資金額の3%プラス圏内。
さらなる戦果を求め・・・といきたいところ。
だが今回の成功は最後の恩恵だと思うことにした。

思い返せば、
さらなる戦果を求め!
と意気込むとほとんど失敗している。

考えれば
高値で売れたとき、相場も高値。
そこで買えば下落するのは道理。

もう無謀なことはしない。
これからは高値づかみをしないようにせねばならん。
学習機能ゼロではチンパンジーにも負けてしまう(苦笑)

今週は為替動向が予想しづらい・・・というかかなり不安定。
持っていた株は一部を除き利益確定しているので
ほぼこれ以上の損失はない。
見通しがつくまで休むのも相場。

冷静沈着。
書くのは簡単だが、
実践することは本当に難しい。

なかなかギレンのようにはなれないが・・・
立てよ国民よ!
ジークジオン!
コメント

清津峡温泉 「清津館」

2013-02-11 14:42:39 | 本物の温泉を探せ!


今回の温泉レポートは・・・
新潟県 清津峡温泉 「清津館」
日本秘湯を守る会の加盟宿である。

日帰り温泉や共同浴場の温泉レポートは更新していたが、
本格的な温泉宿の宿泊記事は久しぶり。

「温泉」「料理」「部屋」を中心に
利用者目線で気になる情報をたっぷりと掲載できた(つもり)。

場所は秘湯らしく山の中にある宿だが、
実際に行ってみると関越道の塩沢石打インターから30分ほど。
つまりアクセスとしては割と近い部類に入る。

新緑や紅葉の時期には混雑しそうだが
雪に覆われるこの時期は穴場っぽい。

何よりも貸切露天風呂は超おすすめ。
こんな素晴らしい雪見風呂は滅多にお目にかかれない。
久々に満点をつけたほど評価抜群の快適さだった。


どんな施設だろうか?
と、興味をもった方は、温泉ガイド「温泉新選組」をご覧くださいまし!


「温泉新選組」- 清津峡温泉 清津館
http://www.onsen-shinsengumi.com/niigata/kiyotsukyo/kiyotsukan/index.html

--------------------------------------------------------
温泉ソムリエNOBUの温泉ガイド
温泉新選組
http://www.onsen-shinsengumi.com/
--------------------------------------------------------
コメント