ちいさな幸せみっけた

「ちいさな幸せ」を幸せと感じられますように。

読み聞かせ絵本 その3

2008年11月05日 | BOOK観察
息子のため・・・というよりも自分が欲しくて買った絵本たち。

もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ?みるみる絵本)
もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ?みるみる絵本)

とても色鮮やかなイラスト。

そして可愛いらしい表現。

いろいろアレンジして読んであげると、息子も嬉しそう。

オリビア
オリビア

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

こちらのふたつは・・・0歳児にはまだ早いですよね

6ヶ月くらいの時はたまに読んであげていたのですが、最近は1ページの文章が長いと「早く次へいけ!」と促されてしまうためこの本達はしまいっぱなし。

もう少し大きくなったら、読んであげることにします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 読み聞かせ絵本 その2 | トップ | 息子よ、すまない・・・ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
100万回生きたねこは (aniki)
2008-11-05 22:54:39
名作ですね。読んだ後に「う~む」と唸った経験があります。
ねこの (のりうさ)
2008-11-06 09:33:04
100万回生きたねこ、いい本ですよねー
のりうさも好きな本ですー
絵本、大人がよんでもとっても感動するものがありますねー
クリスマスは本屋さんも大人の絵本がたくさんでるのでのぞきに行きますー
anikiさま (かず)
2008-11-06 15:06:49
100万回生きたねこ、深いですよね。
なんかものすごく考えさせられる内容ですが、
小さい子供にはどこまで理解できるものなのか。
それでも、何か感じるものはあるのでしょうね。
のりうささま (かず)
2008-11-06 15:10:51
絵本て、なにげに感動するものが多いですよね。
泣ける本だと、読みながらウルウルしちゃったりして
子供にビックリされることがあります(笑)

本屋さんでは子供の絵本を選んでいるつもりが、
自分が欲しい本を買っちゃったりして(笑)

コメントを投稿

BOOK観察」カテゴリの最新記事