ちいさな幸せみっけた

「ちいさな幸せ」を幸せと感じられますように。

◆博士の愛した数式◆

2006年02月14日 | BOOK観察

今日は久々の『BOOK観察』でございます・・・テレビばっか見てないでちょっとは本読まなくちゃと思うんですけどねぇ、なかなか。

さて、今回は現在映画が公開中の「博士の愛した数式」の原作を読みました。
ちょっと気になっていた映画なんですが、映画館に足を運ぶほどのものかな・・・と、ちょっと躊躇っておりました。
そんな折、給食のおばちゃんさんのブログに「イマイチだった」との感想がアップされておりました。
その感想を読み、私は躊躇いをなくし、映画ではなく小説を読むことに決めたのでした。
本来は映画を観てから原作を読みたい質なのですが…


それでは、小説の感想を

私、本って基本的に朝晩の通勤時間でチマチマ読み進めるのですが、今回は続きが気になってしょうがなく、お昼休みに読んだり、家に帰ってから読んだりと、一気に読み上げてしまいました。
すごく良かったです。まず、設定がおもしろいですね、よく思いつくもんです。それに全体の構成がとても良いと思います。

80分しか記憶のもたない数学者と家政婦、そしてその二人の仲をつなげる役割を見事に担っている家政婦の息子√(ルート)。
このルートがたかだか10歳という年齢にしてなんと出来た人間か!
博士に対しても、母親に対しても、子供とは思えぬ気遣いです。

中盤、予期せぬタイミングで突然込み上げてきた涙。


「僕の記憶は 80分しか もたない…」


うかつにも電車の中で泣きそうになりました。
映画のプロモで流れているあのシーンだと思われます。
その一言に泣き崩れる博士を見て「80分しか記憶がもたない」ということがどういうことなのか、その現実を毎朝突きつけられている博士の気持ちが一体どんなものなのか・・・それは私の想像を遙かに超えるものであることに気付き、何とも言えない切ない気持ちになりました。

どんな障害を背負おうと、人は生きていかなければならない・・・そこに命がある限り。

読み終わった今、映画を観に行こうか少し迷ってたりするんですが・・・
正直、この物語を映画にしておもしろいのかな、という疑問を抱きます。
お話としては一気に読みほしてしまうほどおもしろかったのですが、主に家政婦さんの心理描写をしたもので、映像になった時、どこまで深く感じ取ることが出来るのだろう、と。

給食のおばちゃんさんが「最初から最後まで淡々としていてインパクトのなく、イマイチだった」とおっしゃられていたように、確かに話の中で特に盛り上がるような出来事もなければ、ビックリするような結末が待ち受けているお話ではありません。ただ、主人公の気持ちに感情移入することが出来れば、きっと何かを得られる、そして温かい気持ちになれる作品だとは思います。

今は本の余韻に浸っていたい気もしますし、大画面で見る必要もないと思いますので、やはりDVDの発売を待とうかな。

映画を観て「イマイチだった」と感じられたのなら、小説を読んでみてはいかがでしょうか

「博士の愛した数式」 映画公式サイト

コメント (12)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« Kawaba Ski Resort - 川場ス... | トップ | 『シムソンズ』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画 (のりうさ)
2006-02-14 19:59:51
ずっとみてみたいと思ってますー。

給食ちゃんのブログみたときから。。

またきちんと本か映画をみてからコメントしたいですー
Unknown ()
2006-02-14 21:11:36
わたしも読みました~!!

すごく気に入った本です。

本当に続きが待ち遠しくって急いで読みました(笑)



映画を観たわけでもないのに、

深津さんと寺尾さんの顔が浮かんできて

あのルートもちゃんとあの子になるんですよ。



自分の頭の中で映画にしてみたら良い出来でした(笑)
小説… (給食のおばちゃん)
2006-02-15 08:09:05
 知り合いから、小説はとてもイイよって聞いてました だから、余計に映画があれっって感じだったのかもしれないよ 深津絵里も好きな女優さんだし、期待が大きすぎたかもね~ 機会があれば小説を読んでみたいです
のりうさサマ (かず)
2006-02-15 21:08:38
小説オススメで~す

映画もキャストはかなりはまり役だと思うのですが・・・



読んだら or 観たら、ぜひ、感想聞かせてくださいね~
綾サマ (かず)
2006-02-15 21:12:32
>自分の頭の中で映画にしてみたら良い出来でした(笑)



うっほぉ!すばらしい!!

キャスト知ってしまうと、本読んでてもそのイメージになってしまいますよね。

ただ、寺尾さんに関してはちょっと若いかなぁ・・・という印象が。



映画観たいような気もするのですが・・・早くもDVDが待ち遠しいです
給食のおばちゃんサマ (かず)
2006-02-15 21:17:58
映画は期待過剰で見ちゃうと、残念なことが多いですよね~!

確かに、キャストもいい感じで、話も面白そうだし、期待してしまう作品だと思います。



今回はキャストを知ってからの読書だったので、イメージが崩されることもないし、アドバイスどおり映画は観にいかなくてよかったと思います~
映画よかったですよ (とも)
2006-02-15 23:03:33
そういえば、東京行ったとき原作読んだのだった・・・

新宿の紀伊国屋で買ったのでした。



まだ、原作読んだ感想書いてませんでした

(風邪ひいてましたので)



映画館で観るかDVDで観るかはともかく

映像化された「博士の・・・」



よかったですよ。
読んだよ。 (mist)
2006-02-16 00:33:08
けッこー前に。

でも、どうしても博士のイメージが寺尾聡ではなく、深津ちゃんもあの家政婦さんとしては若すぎて・・・

何となく、行きたいけど、まだ映画は見ていません。



淡々としてるけど、それがいいと、うちの院長はいっていました。

原作とにてるけど、別もの・・・と。
ともサマ (かず)
2006-02-16 20:27:01
>映画よかったですよ



そういわれると、映画館に観にいきたくなってしまうんですよね・・・

DVDだと半年待たなくてはですからね。

あぁ、かなり優柔不断に心が揺れています

レディースディでも狙って観にいってこようかな?
mistサマ (かず)
2006-02-16 20:32:36
おぉ、読まれましたか!?

映画化される前に???



劇的な展開はないけれど、ホンワカした感じでいい物語ですよね。



ルート君 あんな賢い 子がほしい

             (かず 心の俳句)

コメントを投稿

BOOK観察」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

博士の愛した数式クチコミ (A DAY IN THE LIFE)
博士の愛した数式クチコミ 現在公開中の映画、『博士の愛した数式』を応援しています。 80人以上にクチコミするとDVDに名前が掲載されるようで、やっと58人にクチコミできました。残り22人です。 下のアドレスをクリックするとクチコミ用の動画が見れます。 http:/
博士の愛した数式 (のりうさ日和)
{/fine_face/} 小説はベストセラーです{/hiyo_en2/} 物語は若いシングルマザーの家政婦さんとその息子、博士と義理のお姉さんとで 静かに進んでいきます 家政婦さんの足の大きさは‘24’ 博士が言うにはとても潔い数字だそうです ‘4’の階乗です ‘11’は最も