LOVE


蒸し暑い

でももう、じきに寒くなる。

 

最近のほっこり

 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

台風一過の軽井沢


連日雨のせいか9月が長く感じる。
てか、もう今年も後半で、来年の手帳やら年賀状やらを考えなくちゃの季節に突入じゃん
はぁ~

 

先日家族旅行に行きました。
全員そろっての家族旅行、何年ぶりだろ~。

目的は孫達のために軽井沢の「おもちゃ王国」に行くこと。

珍しく娘①も(途中合流だけど)行くことになったので、混んでる時期を外してみんなも休みを調整して、宿を予約。

そしたらね、母がごねだした
相変わらず健康体(自称高血圧)の85歳だが、最近膝が痛くて思うように歩けないので今回の旅行に同行するのはちょっと厳しいかな~とは思ったんだけど、誘わないとへそ曲げるからね。
買い物好きの母向けにアウトレットに寄る計画もしていたのだが、メインが「おもちゃ王国」という孫中心のイベントチョイスが気に入らないのか、「台風が来てるのに危ない」と言いだし旅行自体を亡き者にしようとし出した。
そのうち母の不機嫌時常套句「私のことが邪魔なんでしょ」とか「足手まといに思ってる」などが飛び出し、挙句「正式に誘われてない」と。
そっちか
母は頼まれたから仕方ない、自分から動くのは損だと思うような人だから、以前親戚が母を旅行に誘った時も「●●ちゃん(母のこと)って旅行に誘っても『わぁ~、私も行きたいわ』と言ってくれるならこっちも嬉しいけど、毎回『行ってもいいけどぉ~』っていう言い方なのよね」とこぼしてた。
それはさておき、結局母は留守番することになった。
それですねているかと思いきや、元々気が進まなかったようで誰にも邪魔されず家でのんびりと過ごしたかったようだ。
私はひ孫に付き合えないなら宿で温泉に入ったり散策したりしてのんびりすればいいんじゃない?と思ったけど、知らない所で一人で何かするのはイヤみたいで、母としては一緒に行って、SAとかでラーメン食べてお昼済ませたりするビンボー旅行は行きたくないというのもあったらしい。
それならそれで素直に言えばすんなりいくのに、アレコレ言い訳するからみんなが不愉快な気分になってホント大迷惑

で、旅行の方は、孫達も楽しかったようだし日頃仲の良くない娘①と娘②が結構話をしたりショッピングを楽しんだりで良かったです。
2泊3日の中日に孫②が熱を出して車で1時間もかかる休日診療所に行ったりとてんやわんやもあったけど、事なきを得ました。
孫が熱を出したことは母にはもちろん内緒。
「それ見たことか」って言われちゃうからね。すぐに治ってホント良かったわ~

それにしても母は来なくて大正解。
マジ歩くところが多かった。

コチラ我々が宿泊したホテルだけど、休日には1200人もの宿泊客がいるとのことで、広くて自分たちの部屋に行くのに渡り廊下を延々歩いて何分もかかった。
レストランや大浴場に行くのも迷路みたいで一苦労
レストランバイキングは子ども連れであふれてて、

 

おもちゃ王国はもちろん

軽井沢のショッピングモールに至ってはこの広大さ。

母にとってはうるさいし、確かに歩けないとつまんなかったかもね。

家でのんびりできたせいか、母も帰宅した時は上機嫌だった
そんなこんなで、旅行前は本当に台風が近づいていてどうなることかと思ったけど、台風も温帯低気圧に変わって旅行中は晴れて暑かったし、無事に帰宅しました 

これから先家族そろって旅行する機会はそうないと思うから今回思い切って行って良かったです

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ぼやき


来週からまた暑さが戻るという予報がでているも、すっかり秋らしくなった今日この頃。

季節は変わってもカフェオレのテンションは未だ上がらず低空飛行のまま…

更年期は終わったと思っていたが、これもまた更年期障害の症状なのか!?
…と、自分のやる気のなさを病気のせいにしてみたりして


ゴロゴロすることなく、むしろ動いてないと落ち着かないからとすきま時間まで有効利用して動ける人って私の近くにも何人かいるけど、もはや生まれながらの性格なんじゃないか。
そういう人って忙しくてもいつも家の中が片付いていてお料理好きで自身もおしゃれで、しかも子どもも自立してる人が多い気がする。
そういう人にず~っと憧れてきたけど、今やそれも生まれ持った性格とあきらめる体たらくぶり

「動かなければ脳坐核(やるきスイッチが入るところ)も動き出さない」らしいから、まずは自分から動かないといけないんだろうな~。
わかっちゃいるけどほぼ試合放棄状態のカフェオレです~

 

 



 

 

 

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

念願叶う


台風の余波なのか、降ったり晴れたり曇ったり。


先日宝塚の舞台に誘ってくれたOL時代の先輩から頂いたご招待券で、行ってきました。

会場の目黒雅叙園の百段階段、行ってみたかったんだ~。

もう46~7年前(半世紀前じゃん 笑)従姉の結婚式で行ったことがあって、建物の豪華さ荘厳さに驚かされた。
10年位前にも友達の結婚式の二次会で行ったんだけど、その時の会場は新しいビルだったから。

で、百段階段というのは、目黒雅叙園開園当初から現存する旧館内にある階段のこと。
「百段」と銘打ってるけど実際は99段だそうです。

でも階段が99段ってさ~、年取ったら無理ね
今行っといて良かったわ

まずエレベーターの扉からして超豪華

エレベーターの内部もすべて螺鈿

噂の百段階段はこんな感じ。

画像の左側に段数のナンバリングがしてある。
頂上はまだまだ(笑)

上から見るとこんな感じ。

踊り場の左側に見える引っ込んだところが各部屋になっていて、今回のイベントはその各部屋に展示していた。

例えば

こんな風に展示してあるわけだけど、作家さん達には申し訳ないが作品よりも部屋の作りや装飾に興味津々。
だって、この部屋の天井や襖に施された日本画の数々ったら…

素敵すぎる~

こちらも

こちらも

ここにはUPしてないけど、障子や欄間など本当に豪華絢爛で職人の技術の粋が感じられた。

従姉の結婚式で初めて訪れた約半世紀前、特に印象的だったのはトイレで、自分が幼くて小さかったせいかトイレの個室がやたら広くて、個室一部屋が四畳半位に感じたんだよね。
しかも壁や天井も豪華だったように記憶している。
もう一度あのトイレに入ってみたいと思いつつ45年以上経っちゃったわけだけど。
そしたら今回ありました、トイレ。

さすがに四畳半はなかったけど(笑)やっぱりかなり広かった
しかも天井に日本画

私の記憶はあながち間違いじゃなかったのだ

残念ながらこちらのトイレは現在は公開だけで使用禁止
だけどよく見ると水洗なんだよね。
私が入った時は各家庭にまだ水洗式が普及していない頃だけど、ここは水洗だったような気がする。


そんな懐かしい思い出とともにアートと建築美を堪能した1日でした。

それにしても百段階段は意外と上り下りが楽だったけど、目黒駅と雅叙園間の坂がハンパなく急で息が切れて死ぬかと思った
足腰鍛えなきゃダメね。

 


 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

五輪のキーワード


暑さが戻ってきた
でもまた台風が近づいてるんだって


今更ですがリオ五輪が終わった
そこで思った今回の五輪のキーワード。

「出し切った」

数えてないけどかなりの数の選手が、しかもいろんな競技の選手たちが口にした。
すごい。
「出し切った」というのは、全力だ。
全力で己の限界に到達、いや、越えたってことだ。
もちろんそれがいい結果につながった選手もいるだろうけど、結果云々よりこれまでの血のにじむような努力が報われた瞬間だったと思う。
そういう戦いには悔いがないもん。

本当にお疲れ様でした。
「出し切った」コメントを聞くと私も気持ちがスカッとしました。
そしてこれから始まるパラリンピックでも「出し切って」ください。

 

 

 

 

そんな自分は全く「出し切って」ないので

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今月もまったり


台風被害はなかったけど、猫の目のような天候で連日のゲリラ豪雨


先日イラスト仲間と上野の国立西洋美術館で開催中の展覧会へ行ってきた

風刺が効いてて面白かった。
西洋美術館は世界遺産になってから2度目の来館だったけど、今回は人が多かったな~

8月は後半に突入してから外出することが多くなったけど、結局今月もあんまり何もしないまま終わる
せめて仕事のない日には(仕事もほとんどない)掃除や片づけをすりゃぁいいんだけどね、やってない
あ~、ヤバイ、ヤバイ

 


 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ちょっとそこまで


関東地方に台風が近づいておりまする


先日久しぶりに谷中へ行ってきた

目的は谷中にあるお寺、全生庵で開催中の「幽霊画展」
ここには幽霊画のコレクションで有名な落語家の三遊亭円朝の墓があるのだ。
昔の幽霊画ってなぜか左向きの幽霊が多いのよね。
単に作者の多くが右利きだったから
展覧会の規模は小さいけど、お寺の中ってことで雰囲気バッチリ~

その後せっかく谷中まで足を運んだんだからと猛暑の中谷中銀座まで歩いた
谷中は5年ぶり位だ。
この20年間で4回位来てるけど、ホント5年に1回のペースだわ(笑)

最近は谷中が猫やかき氷でブームになってるとのことだけど、5年ぶりの谷中銀座は「あれ?こんなに短かったっけ?」という印象だった。
外人さんもそこそこいたが、午前中だったせいか人通りもそこまで混んでなくて賑わってる感じもなく、あっという間に散策終了~

用事が思ったより早く済んじゃったので、この後町田で開催中の「妖怪がいた!」展に寄る

最近の作家さんの作品も多く展示してあったけど、やっぱり昔の作品はいいゎ~
自然や姿が見えないものへの畏れや崇めみたいなものが身近に感じられる時代の作品には求心力があります。


それにしてもgooブログの「お出かけ」のジャンルって、どうもいま一つ
今回は展覧会に行ったので「お出かけ」の中の『イベント』にしたけど、『国内旅行』じゃ仰々しすぎるし『その他』では寂しいし、そこまでの目的がなくてお出かけするジャンルとして『ちょっとそこまで』的なのがあったらいいのにな

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

またも初体験




3~4日前、孫が使っているゴム製の人形に足が引っかかって、ドテッと
上の絵文字のように頭を打ったわけではなかったのだけど、足をひねって床に強打して指が痛い。
倒れる瞬間は立ち直れそうだったのに体の自由が利かずに見事に転んだ
そしてひねり王子…。
ああ…歳だなぁ


先日孫達を連れて、自身も初のサーカスに行ってきた。

前から観てみたいとは思っていたが、孫達も興味を持って観られる年齢になってきたし…ということで、行ってきました。

意外と舞台が狭く、以前に観たシルク・ドゥ・ソレイユに比べるとショボく感じちゃうけど、一歩間違えれば大ケガにつながるような技の連続でパフォーマーも動物達も毎日すっごく練習してるんだろうな~というのが伺えた。
この年になってもまだまだ初体験なことがあるってちょっとうれしい
足はひねりたくないけどね(苦笑)

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夢舞台再び


オリンピックが始まった。

スポーツは全くしないけど、観るのは好きなのでオリンピックは毎回楽しみだ。
特にシドニー五輪の頃だったかな、自分の中ですごく盛り上がってて「オリンピック前に事故や病気で急死するようなことがあったらすごく心残りだな~」とまで思ってたくらい。
でも今回のリオ五輪はなぜかそこまで興奮しない
年のせいか


それはさておき、
またも宝塚の舞台を観に行く機会が訪れた。
約一年ぶりだが、今回はタダのチケットを入手した友達からのお誘いだ。
前回は妹が出演者のコネでチケットを入手したのだが、ちゃんとチケット代は払いましたのよ
しかし今回はタダにもかかわらず2階席最前列のど真ん中という超いいお席
はぁ~、ありがたや、ありがたや。

そして行ってきました。
演目はコレ

たまたまだけど、前回と同じ花組です。
事情通からこの演目はレビューはないと聞いていたけど、最後に大階段で歌って踊るレビュー的なものもあって楽しめた。
それにしても早着替え、すごいね

また機会があったら(タダ券狙い?)行ってみたいものである

 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ネズミからの~ その3


関東地方大荒れ

気がつけば8月
な~んにもしないダラダラ月間が2か月も続いちゃったよ
太った~
そして未だ低空飛行中~

 

害獣調査から約1年…

その間何もなく、もうネズミは来ないと安心した矢先の今年4月中旬、どこからか「チューチュー」と…
その時は「どうぞ外の小鳥の声でありますように」と願ったのだが、その後月に1~2度天井裏で足音がっ
あ~、また出たのか…それにしてもどこから入ったのか。
入りそうなところは塞いだし、トラップも仕掛けたのに。
毎日じゃないところを見ると、どうやら今回もねぐらではなく我が家を通過点に使っているのか?

そんなある日のこと、近所の家に害獣駆除用のケージを持った人が入るのを目撃した
その家は住人のおばあちゃんが施設に入っていて普段空き家なのだが、明らかにケージは犬や猫のペット用じゃなくてタヌキとかハクビシンのような動物用の形と大きさである。
しかも2個も持って入ってたよ。
ネズミだけじゃなく、ハクビシンとか出るのか
ただ、家で聞こえる足音はもっと軽い感じなのでやっぱりネズミだと思う。

ネズミにしろハクビシンにしろ、糞尿とかされると困るし、ヤダな~と思っていたら、ここ2か月間は足音も鳴き声も聞こえなくなった。
思えば日本最小の鷹、ツミが我が家の庭に現れてからだ。



偶然だろうけど、夫が冗談で「飼えばネズミがいなくなるかも」と言ったのが本当になった
ツミの再来、熱望っす

そして、このままずっとネズミが来なくなりますように

 

 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ネズミからの~ その2

 

 

その2。書いた記事消えた~

気を取り直して…その2。

クレームを受けてリフォーム会社の人が確認にやってきた。

屋根裏点検口からはやはり体が入らず完全に確認することができなかったが、同様に写真を撮って確認。
手を伸ばせるだけ伸ばしてタバコの吸い殻をゲットした。
リフォーム業者は吸い殻が今回のものではなく30年以上前にリフォームした時に残されたものだと主張した。
しかし画像を見ればわかるように、柱と梁をつなぐL字型の金属版やネジが止められている部分の真下に吸い殻はある。
その部分は今回リフォームした部分なのだ。
百歩譲って前のものだとしても、今回リフォームした際になぜ撤去しておかなかったのか。
木造住宅にタバコの吸い殻を放置しておくなんて危険じゃん
やっぱりあのクソ大工、仕事がいい加減なんだよな~

さらにその先の釘が斜めに止めてある柱、これはさすがにってことで、補修することになった。
屋根裏点検口からは無理で、補修するには天井をはがすしかないのか?と思われた時、照明器具を外した穴から手が届きそうだということになった。
後日大工さんが(クソオヤジじゃない人ね)補修に来て、照明器具の穴から何とかしようと思ったのだがやっぱり手が届かなかった。
結果…写真ではわからなかったが肉眼で確認したら、構造上このようにしか釘が刺さらず、されど釘はちゃんと適切にとまっているので耐震も構造上も安全である、と。
ホントかな~
なんだか釈然とはしなかったけど、母はこれ以上いじってほしくない様子。
ましてやリフォームが済んだ天井に穴を開けるなんて無理。
ということで、「安全」という言葉を信じて補修終了

そしてさらに後日、今度はいよいよネズミの存在を確認するため害獣駆除業者が来た。
しかし、その前年11月から天井裏で聞こえていた足音が業者の来る1か月前からパタッとしなくなったのだ。
屋根裏点検口からは天井裏全体が確認できなかったものの、ネズミの糞を発見
やっぱりいたーーーーっ

ただし業者さんによると1か月前から音がしなくなったのは現在はいなくなっているからじゃないかとのこと。
いなくなるなんてあるのかな?
どうやら我が家はねぐらではなく、通過点だったのではないか、と。
カフェオレが住んでいる地域は住宅地として開発されて約35年~40年になる。
近所でも建て直したりリフォームしたりする家が増えているので、ねぐらを追われたネズミが移動しているらしい。
家の内外を調査した結果、やはり現在はいなくなっているようなので、ネズミが入り込みそうな場所をふさいでしばらく様子を見るということになった。

そしてそれから1年…

その3に続く

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ネズミからの~ その1


夏本番 だけど今日の関東地方は過ごしやすいです。


日本最小の鷹「ツミ」が我が家に飛来した記事で、一昨年から出没し始めた天井裏のネズミについてちょっこと触れた。

一昨年の秋、寝ている部屋の天井裏で物音が
泥棒とかそんなんじゃなく、「タタタタタターーーーッ」と、いかにも小動物が駆け回る音。
え~っ、それってネズミ それともハクビシンとか

28年住んできて今までそんなこと一度もなかった
それどころかゴキブリも出たことなかったのに。
しかも2012年の秋に大々的なリフォームをして天井も引っぺがした。
それなのに翌年から天井裏にネズミが出るってどういうこと
やっぱりあのヤブ大工のオヤジ、何かやりやがったなと思わざるを得ないほど納得がいかないネズミの出現。

「ネズミ」なのか「ハクビシン」なのか「コウモリ」なのかわからないけど、そうこうしているうちに毎日のように足音が聞こえるようになり、ついに「チューチュー」という鳴き声ゲット
あ~、やだやだ

害獣駆除の業者に来てもらおうと思っていた矢先、テレビで害獣駆除するために壁や天井を容赦なく引っぺがす業者の様子を放映していた。
駆除のためとはいえ、リフォームしたばかりなのにベリベリやられたら困る。
だけどこのまま放置してネズミが増えたり糞尿や死骸が溜まるのは気持ち悪い。

で、もし壁や天井を剥がすことになっても最小限で済むようにリフォームをしてもらった業者に相談することに。

しかしその前に、状況確認のため天井裏に入ってみることにした。
もちろんそれは夫の役目(笑)
ところが屋根裏点検口からのぞいてみたが、狭くて天井裏に人間が入ることはできなさそうだ。
仕方なく伸ばせるところまで手を伸ばして写真を撮ってみた

それがコレ

う~ん、パッと見ネズミのような小動物は見えないが…

 待てよ

写真中央のやや左に見えるのは

タバコ!?

そして、写真中央やや右上の柱にご注目。
釘がちゃんと刺さってないのでは
しかも柱と梁の間が浮いている

この部分は明らかに新たにリフォームしたところ。
あのクソオヤジ~、見えない所だからって手抜きしたんじゃないの
(そう考えるとこのリフォームで耐震工事したのもクソオヤジだから、心配になってきた
しかも木造住宅にタバコの吸い殻を置き去りにするなんて言語道断だ

いったいどういうこと
で、この画像をリフォーム会社に送って文句言う。
最初はネズミ調査のつもりが矛先がリフォーム会社へ。
クレーマー・カフェオレ復活

 

その2へ続く

 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

歴史に浸る日


先日両国国技館の隣にある

江戸東京博物館で開催中のコチラのイベントに行ってきた

妖怪絡みの展覧会は何度か足を運んでるけど、今回は初めて観るものも多数あって勉強になった
それにしてもまだ夏休み前の平日の午前中なのに結構混んでた。
週末や夏休み中だったらどんだけ混みあうことか…

せっかくここまで来たのだから、博物館内の常設展

やっぱりいいな~、江戸東京博物館
歴史はそれほど詳しくないけど嫌いじゃない。
江戸の町を再現した実物大レプリカやジオラマを見るのは超楽しい
で、アチコチ観たり、写真撮ったりしてるとガイドさんがついて詳しく説明しているお客さんが結構いる。
外国人はもちろん、団体客じゃないのに日本人もガイドさんがついている。
それで私も頼むことにした
ガイドさん、ボランティアなんだってね。

約1時間半、江戸時代を中心にいろいろ説明してくれて大いに勉強になりました
例えば江戸城の天守閣は50年位しか存在しなかったとか、時代劇でよく見る町中の野良犬は野良じゃなくて町で飼ってる番犬だったとか。
江戸東京博物館のある「両国」の地名は、隅田川以西『武蔵国』と隅田川以東『下総国』を結ぶ橋(隅田川にできた最初の橋が「両国橋」なんだって)ができたところだったから、とか。
江戸で店を開くときは上方から男衆(店番や賄さんなど)を連れてくる決まりだったから、江戸の町は圧倒的に男性の方が数が多くてそのため独身男性があふれかえっていたとか。
それで吉原が発展したとか。
他にもたくさん「へ~」なお話たくさん聞けてよかったです。
だけど1時間半、歩き続けてしゃべり続けるのはご年配のガイドさんには少々キツそうで…。
しかも私、質問攻めにしちゃったから
ちょっと申し訳なかったけど、まだ聞きたいところが全部聞けなかったので(他のガイドさんで私の聞きたい箇所を説明している人もいた)次回はまた別の人でガイドしてもらおうと思います。

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

正体判明


7月に入って俄然夏らしくなった。

前回の記事の謎の鳥、「ツミ」という鷹だった。

日本最小の鷹だそうで、幼鳥だと思っていた我が家に飛来したツミは成鳥でした。

ん~、謎が解けてスッキリ


 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

衝撃スクープその2


昨日我が家の庭に珍しい鳥が飛来した。

大きさはヒヨドリ位かな。
割と大きめ。
背中が黒い。

この後どこかに飛んでいったがすぐに戻ってきた。

そして木の上で何か食べてる。

ゲッ!

何か羽むしってんだけどぉ
よく見たらスズメのヒナみたいな…。
肉食の鳥ってまさか

この凛々しい立ち姿は…

鷹じゃね!?

怖っ

小さいから子どもだとは思うけど、こんな住宅街にタカ?
そう、実は前にも目撃してる。
だから今回の記事のタイトルが「その2」な訳よ。
「その1」で遭遇した鷹は野生なのか訓練中なのかわからなかったけど、今回はどう考えても野生。
夫に話したら「餌付けして育てようか?そしたらネズミもいなくなるかも」と。

話は逸れるが、この家に住んで20数年見たこともなかったネズミが、リフォーム後天井裏に出現した。
リフォーム後ってねぇ…あのヤブ大工、何か仕込んだんじゃねーか!?
その話は前々からブログに書きたかったのだが、忙しくて延び延びになってて、詳細はまた今度書くけど、とにかく最近天井裏にネズミらしき足音が聞こえて気持ち悪いので夫の意見になるほど~と思ったりして。
で、ちょっとググってみたら猛禽類は捕獲して飼育することは法律で禁止されているらしい。
捕獲も飼育もするわけじゃなく、餌付けってどうなの?と思ったら、餌に「生きてる鳥」が必要らしいよ。

無理~

孫達も危険だし、近所の人とか襲われても責任取れないし
冗談だけど餌付けは却下(笑)

食べ残しの鳥の死骸とか庭に置き去りにされたら超イヤだし、ちょっと怖いけど、時々来てネズミを撃退してほしい
その成長ぶりもちょっと見たい気もするしね

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ