MOCKING MONKEY BOOTH

野に咲かず、山に咲かず、愛する人の庭に咲く。

海の子

2019-07-14 | 日常
子供らが海に行くというので連れてきました。




天気もイマイチだし

朝方は波も少しあったので

微妙だなと思ったんですが

午後になると曇り空のままでしたが

波はだいぶ穏やかでした。


プールで泳ぐのと海で泳ぐのでは全然違いますから

横に泳ぐのと下に潜るのではね。


海に慣れてない子もいたから時々見張りながら。


自分が中1の時は


飛び込んで潜ってが面白かったですが


今の子達は磯遊びが楽しいらしい。


一部好きな面々もいましたが…



まだまだですな。


ま、家でゲーム三昧よりずっといいです。

しかし遊ばせてる時にこの間みたいな地震が来たらどうしたらいいんだろ…。

と思いました。





コメント

夏のスタートがイマイチです

2019-07-12 | 日常
ほぼほぼ夏になりました。

まだジメジメしてる日もありますが。


夜は窓開けるとまだ寝やすいですが、これからは寝苦しい夜がやってきますね。


とはいえ夏は好きです。


夏の始まりは、昔は6月の鍋島クラブ総会、出張水泳教室がその合図だったのですが

学校無くなってからなかなか夏のスタートのタイミングがはかれませんでしたら、

しかしながら、今林間学校で数校の子供たちが私達の海にやってきます。

今はこれが夏のスタートになってます。


私達は、地域に海洋塾という組織を立ち上げて、ヨットやビーチコーミング、漁師と連携しての磯見体験や漁船乗船、水族館や水産高校と連携しての勉強など、海洋教育に関するお手伝いをしているわけです。

塾長はノブさんこと、ヨウのオヤジです(笑)

今は夏はこの活動がメインでしょうか。


主に私はヨットや、磯遊びの指導手伝いをしています。

有休とって、もちろんボランティアです。

やってて自分が楽しいのでお金以上の価値があると思ってます。

あまりこういうことって出会えないと思うのでありがたいなと思います。


今年も先週から2週に渡って2校あったので、すごく楽しみにしていましたが

先週は地震の影響で大事をとって中止。

そして今日は雨天中止…。

残念です。


どうもスタートダッシュに失敗している感が否めません。



先週、ヒジリの練習風景。

無風でヨットは厳しいです。

私も磯に危険がないかチェックしました。




これは一昨年の写真。

ほんとはこんな感じて賑わいます。

早くカラッと晴れた夏の日が来て欲しいです。
コメント

八村塁選手NBAプレイヤーに

2019-06-21 | 日常
日本人選手がNBAのドラフトにかかる日がくるとは想像できませんでした。



25年以上前、自分が中学生の頃はスラムダンクやバルセロナオリンピックでのドリームチームの影響でバスケの盛り上がりはかなり高いものだった気がします。





メンツヤバイ。

世の中に衛生放送なるものが徐々に普及してきて、遠い米国のプロリーグNBAも、一般の我々が見はじめることが出来た時代です。


時のスーパースター、マイケルジョーダンやマジックジョンソンのスーパープレイに少年たちは夢中になっていました。


選手モデルのシューズを履き、選手がデザインされたTシャツを着て練習するなど、だいぶイキっていたと思います。

NBAがだいぶ身近な見物としてどんどん露出したピークの頃でしょう。

マツダのデミオのCMにピッペンが出てたくらいですからね。



自分はユタジャズが好きで、それはガードのジョンストックトンへあこがれからでした。



ゲームのコントロールがすごくうまく、正統派ポイントガードって感じがめちゃくちゃ格好よかったです。


当時はフィルジャクソン率いるシカゴブルズ全盛で、ロッドマンのリバウンドやファイナルのスティーブカーの3Pは忘れられませんね。




その後、バスケットには関わってはいたもののも、あまりNBAを見ることは無くなっていきました。

ダンカンとかオニールの世代になった頃からはあまり詳しくありません。

ただ当時のNBAを考えると、その場所に中学高校と日本で活躍した選手が、もちろん田臥選手がいてこれからの渡邊雄太選手もいますが、ドラフト1巡目で指名されるというなんとも信じられないことが現実でおきました。






しかも高校は宮城県の明成高校ですから。



久夫先生と八村。

いい写真です。


県内にも対戦した選手たくさんいると思います。


これまでは、米国では超メジャースポーツなのに日本での盛り上がりはいま一つ。

高校バスケもすごく面白いのにテレビは夜中に決勝をやるくらい。

甲子園、高校サッカー選手権、春高バレー、高校ラグビーとの扱いの差になぜだろうとずっと思っていました。


競技人口の割には代表が世界で勝てなかったことも一因でしたが

Bリーグの開幕

1億円プレイヤーの誕生

世界選手権出場

そして今回の八村選手や渡邊選手の活躍

来年の東京五輪と

ぜひチャンスを逃さず子供達がプロ選手にあこがれてメシの食える、夢のあるスポーツになってもらいたいと思います。


今の小中学生にはホントにうまい子いっぱいいますからね。



夢は膨らみます!

コメント

災害への備え

2019-06-20 | 日常
6月18日の10時22分、山形県沖を震源とする地震が発生しました。




鶴岡市は震度6弱とのことでした。

ホントに何事が起きたかと思いました。


自分は4歳の娘を寝せながら寝落ちしてたわけなのですが

初動で目が覚めたと思います。


どんどん大きくなる揺れと

テレビが倒れた大きな音。

これはまずいやつだと感じた瞬間

布団を被ってキコに覆いかぶさりました。


揺れがおさまり、電気をつけるとテレビが倒れ

飾ってあったようなものが散乱していました。

それでもキコは爆睡中。

嫌な焦りと恐怖から少し落ち着くことがてきました。


余震の恐れもありましたが部屋を出て

家族全員の無事を確認しました。


海のすぐそばの実家の両親とも連絡はすぐ取れましたが、

津波注意報が出ていたこともあり

住民の皆さんと共に

高台に避難したようです。


ひと山超えてウチに来るという話にもなったのですが

実際走り出してトンネルが崩壊していたり

道路が陥没していたりなど

それはそれでリスクもあるので

今回は近場の高台が正解だったように思います。


海岸線で避難した友達や

遠くから心配してくれていた友達とも連絡を取り合うことができました。


ここに来てこのコミュニケーションツールLINEは神ですね。

LINEは東日本大震災をきっかけに作られたそうです。

究極の安否確認システムと言えると思います。

ああいう時に連絡を取り合える安心感たるや

何者にも代えがたいでしょう。


実際の災害時

電話回線よりはインターネット回線が生き残ります。

だから今はスマホを使える状態に生かすというのが何よりも最優先の気がします。


災害時無料Wifi「00000JAPAN」というのもあります。

災害時に大手キャリアが開放するそうで

実際熊本地震でも使えたということです。


さて、テレビの画面の打ちどころが悪くいっちゃいましたが



幸い他の被害はありませんでした。

子供達も冷静に行動できましたが

やはり精神的に少しこたえている部分も見受けられます。


東日本大震災後に小学生になり

海の近くの学校ということで

何度も何度も事あるごとに津波のこわさを学んだことで

鶴岡での津波注意報に、リアルな恐怖を感じたのでしょう。


しかしあんなのは初めての経験で

ホントに怖い揺れでした。

実際揺れてる間は何もできません。

揺れが収まっても粛々とマニュアルに従った行動なんかできるはずもありません。


必要なのは情報収集と

臨機応変に最良と思える判断をすることです。


今回は地震発生の時間帯が

比較的被害を拡大しないためのバイアスとして働きました。


必要が無ければ子供やお年寄りは外出していない時間帯

火を使っての料理等は概ね終わり

寝に入るか入らないかの時間帯

もしくは家族団らんの時間帯

多くの家族は一緒にいた時間帯で連絡が取れる取れない等でのパニックも少なくすんだのではないでしょうか。


ただ、飲んでて二次会、もしくは代行待ちなんてことは十分あり得た時間帯でした。

ホント、いつ何時です。

ケータイの緊急地震速報も揺れてから鳴っても邪魔なだけでした。

物品、食品、衣類等、防災グッズ的にはどれだけの備えが必要なのかよくわかりません。

でも意識だけはやはり忘れてはいけないと強く感じました。

そして携帯電話のモバイルバッテリーの満充電、また家族と約束事をしておくことも大事です。


鶴岡地域は地震は来ない、来ても大したことない、だから津波も基本的には来ないものだとずっと思っていましたが

そんなのは何も根拠はなかったということです。

自然災害が起きたら、人は無力でした。

悲しいかな、災害が起こらないよう祈るしかありません。



震源に近い新潟県村上市や温海地域に住んでいる方はかなりの建物被害があったような報道です。

また鶴岡市内でも少なからず被害があります。

余震が続かず、一刻も早く日常が戻ることを心から祈りたいと思います。

また、たくさん心配してくれた友達に心から感謝です。
人の温かみに触れました。

嬉しかった。

ありがとうございました。
コメント

ウッドデッキ塗装

2019-06-16 | 日常
これもちょっと前の話ですが。

やっとできました。

ウッドデッキ塗装。




これまで中々休みとか天気とかのタイミングが合わず

実行できずにいたのですが。

やってみれば何もそんな大変なことはなかったです。


デッキブラシでしっかり洗って

しっかり乾かす。

本当は磨きという工程もあるとよいのですが

省略。

マスキングをしっかり行い

あとは塗って乾かすのみ。

とってもキレイになりました。








ただ、やはりプロに言わせると

板と板の間とか

デッキの裏とか

塗らないと。

ということです。


確かに裏面はnon塗装。

気持ち一つかな。

ちょっと向かうのにパワー必要…。


友達に手伝ってもらって

晴天の中

音楽聞きながらペンキ塗り



とっても楽しくできました。
コメント

Kico's ファーム

2019-06-15 | 日々
小さな畑があります。


今年はトマト、キュウリ、ナス、里いも、カボチャ、さやいげん、スナップエンドウ、サンチュ等々が植えられています。

昨年度はお父さんが体調不良のため

指示を受けながら

グーグル先生から聞きながら

だいたいでやって、何とかなったのですが、

今年はお父さん復帰のため

かなりのクオリティーの見た目です。




私は冬を越えた荒れた畑を耕して

石灰撒いてウネを作るくらいで

ほぼお父さんがやってくれます。

畑ってやはり結構手をかける必要があって

雑草とったり

栄養あげたり

ツルの誘導してあげたり

いらないところカットしてあげたり。

片手間では大変。

自分らだけではとっても無理です。


私の仕事は水をあげるくらいで済みますから

ありがたいものです。



毎日の水やりをがんばって美味しい里芋が採れるといいです。

芋煮大好き人間としては。

あとはキコとの遊び場です。

キコと一緒に水やりして

収穫して

なかなか良い教育です。


しかし畑始めて数年なりますが

野菜とかってこんなに作れちゃうものなんだと

感動したものです。

きゅうりとかこれでもかと出てきますし

収穫のタイミング忘れるといきなりオバケができます。


あ、あと昨年の秋

草刈り機で勢いづいて

妻の大切にしていたアジサイをやっちゃったみたいなのですが

見事な復活を遂げております。


アジサイマジツヨイ。

ただし花は今季は無理かもってことです…。
コメント

4月の花見

2019-06-14 | 日々
6月も中旬

梅雨にさしかかる頃になった所での更新。

今年の花見は初めて日和山公園にいきました。

満開前、まだ8分咲きにもなってなかったかもしれないですが。

季節感無視です。





この公園

自分幼い頃に行ったことはあるかもしれないですが
確かな記憶としてはないのでほぼ初訪といってもいいでしょう。


思ってたのと違いました。

コンパクトで全体が見渡せてすごくよい場所だと思います。

駐車場も港付近に止めれるし。

高台にあがれば眺めもよい。


ただ昔は大好きだった屋台の食べ物たちも

今は何も食べたいと思うものがなくなってきました。

ものは美味しくなっているのでしょうけど

自分が変ってしまったのだと思います。


ちょっともらえばいい感じです。

普通の店舗で提供するような屋台風焼きそばだって、

今の時代もはや屋台を超えている感。

屋台風ってことは屋台に寄せてるはずなのですが。

今は出店とかお祭りの雰囲気代を差し引いても

余るくらいに美味しいものに慣れてきているのかもしれないですね。


何を食べるかというよりも

どこで誰と食べるかということも

実は食事には大事な要素だということです。


だから店舗の間違いない美味しい焼きそばもいいけども

たまには油っぽくてちょっと汚い盛り付けで味もそこそこだけど

外で大切な人とベンチで食べるお祭りの焼きそばもいいってことです。


出店はほんとに大好きでしたが今はサクラを見上げたり

何か食べてる子供を見たりすることの方が楽しかったりしますね。



コメント

長男中学校入学

2019-06-13 | 日々
なんとも時の流れの速さを感じます。

この春から中学へ進学しているわけですが

ぶかぶかの制服の着せられ感。



早く身長伸びてもらいたい。

いつまでも子ども扱いしたくないのですが

上の女子と違って無意識にしちゃってるかもしれない。


この辺は親も勉強ですかね。


いろいろ意識して

ものごとを考えて

時間を大事に使ってもらいたいので

なんとかヒントやきっかけや気づきを与えたい。


でも結局頭ごなしにやらせる感じになってしまいます。


何が本当に大事なのか…。

自分で気づいて

考えて

大切に思うから大事にできるんであって。


勉強が大事だ

時間が大事だ

部活が大事だ

仲間が大事だ

若いときからIT技術を学ぶべきだ

本をたくさん読むべきだ…


全部大事ですが、彼にとってはまだどれも「まあね…」

くらいの感覚でしょう。


ただ一つ言えることは

まず友達と楽しく中学校生活を送り

沢山笑うこと。


友達が大事だということだけは間違いない。

大人も子どもも

関係ない。


だから友達には優しく

大切にできる人間になってもらいたいと思います。
コメント

Kico's Birthday

2019-06-08 | 日々
年度があけて

いろんな人から

暇だろーって言われます。



自分のペースで時間を作れるようになったので

ぷらーっと色んな所に現れたりすると。



そう言われるのもまたこれまでの濃ゆい時間と


今の充実が身に染みます。


外的要因で予定が埋まっているのと


自分で立てた予定で埋まっていくのでは


景色がまるで違いますね。



そして後回しにしてきた諸々を


やれるようになりました。


暇という感覚は無く


やりたいことが多過ぎて


まだまだ時間が足りない


という感じです。


自分に期限のあるミッションを与えながらこれからどんどん攻めていく予定です。



そんな今日はキコの誕生日。




4歳になりました。


朝からずっと一緒にいて


何回もおめでとうとありがとうを伝えました。


この時期特有のませた言動がまた楽しませてくれます。




そう、キコがいる以上暇なんてことはありえないのです。

お互い最高の遊び相手なので。


明日は妻が仕事のため


キコと一緒の休日です。


今日産まれたてのウーモと共に充実の休日を過ごしたいと思います。







コメント

2019年4月1日

2019-04-01 | 日々
今日は4月1日です。

いつもの年であればエイプリルフールで少し世間は盛り上がる日ですが


今年は何と言っても新元号発表の日。


令和


に決まりました。


中々緊張感ある発表でした。


春休み中の息子も


Fortniteを一時中断して


テレビをつけて見ていたそうです。


新時代の幕開けです。


自分が10から30代を過ごした平成。


色々ありましたけど

総じて楽しく幸せだったと言えるのではないかな。


令和の時代は自分の子供達が同じ年代を生き抜いて行くんですね。


初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす






子供達には楽しく幸せに過ごして欲しいなと思います。


そして自分も。

新たな気持ちでリスタートです。
コメント

終わりは始まり

2019-03-31 | 日々
週末にチームの全国大会に同行してきました。




その帰り道で今綴っています。

年度末の最後の最後まで活動することができる。
全国大会出場チームにのみ許された特権です。

2勝1敗。最後まで素晴らしい戦いぶりで全てを出し尽くし悔いなしといった所だと思います。




そして、私も今日をもって14年続けた指導者を引退します。


個人的な思い出はいっぱいで、毎年のチームにそれぞれの思いがあり、とてもとても全てを語り尽くすのは時間がかかり過ぎるのですが


今思うこと。

本当に人に恵まれたなということです。


最後の数年はチームの統合があり

子供達がストレスなくプレイできる状況を作ってあげることが自分の大きな責任であって

それまでの歴史あるチームへの責任でもありました。


状況は全く違いますが自分は2回のチーム統合を経験しました。


チームの統合、合併というのはただ子供の数が足し算で増えていくという面だけではなく様々な問題に直面します。


子供達や保護者同士の関係の他、それぞれの運営方法、会計、繰越金、集金方法、プレースタイル、戦術、チーム名、ユニフォーム、円陣の方法、ランニングの掛け声、挨拶や集合の仕方、練習会場、練習方法、反省会の仕方、地域の声等々・・・


細かい所を上げるとキリがなく

人数が増えるメリットだけでなく

子供が辞めてしまうとか

大小様々な諍いが起こるとかデメリットのリスクもあることは想像できるかと思います。


それを全てクリアするには両チームの子供達、家族、保護者、指導スタッフの一致団結が不可欠の中、

私が経験した2回の統合は

本当にみんなが子供達のために動き

尽力し誰一人辞めず

大きな問題もなくチームが動きだすことができました。


それは私にとって本当に言葉にできないような安堵と喜びでした。

子供達、保護者、指導者、全て人にに恵まれた結果です。

そんなチームなので両チームにはすごく愛があります。


そんなチームの勢いが結果に表れるには時間はかかりませんでした。


最初の年、昨年度は県大会準決勝で敗れ、目標の全国大会には届かず、東北大会出場。




悔し涙の昨年度から、県体育館に忘れ物を取りに行くと望んだ今年に


見事県で優勝、全国大会出場を果たしました。


一緒になって2年目です。

統合のチームを軌道に乗せないといけない

なんて思ってはいたものの


自分が特別何もしなくても


チームは関わる皆んなの力で推進力を増し


どんどんどんどん加速度を上げて進んでいきました。


全国大会です。

強いだけでは行けないです。

半端ないです。


今回全国大会に出場してきた選手達は、全国に相応しい選手達でした。

保護者の応援も素晴らしかった。

ベンチもサブメンバーも皆んな素晴らしかった。



こんな素晴らしい大会に同行させてもらって

ホントに感謝しかありません。



指導を始め、右も左もわからなくて一から勉強することからスタートし、

一緒に始めた仲間とあーでもないこーでもないと悩み

超弱小からすこし善戦できるチームになり

予選で1勝できるようになって予選突破が現実な目標となり

予選突破できるようになって県大会出場が目標となり

2年連続で県大会に出場したのち

団員数の減少が顕著になり

2度のチーム統合をして

東北大会、そして全国大会へ。



その時その時の子供達は

常に全力で

本気だったから

少しでも今の人生の糧になっていて欲しいなと

思います。


そして、今年全国に連れてってくれたチーム。

今のこの6年生と、今日をもって引退です。

遠征の夜は、必ず人狼ゲームに誘ってくれる

かわいい子達でした。

今回も最後に楽しませてもらいました。



明日からは新年度。

終わりは始まり。

すぐにスタートです。

子供達に負けないように

自分磨きを頑張りたいと思います。

今までお世話になった選手達、保護者の皆さま、ミニバス関係者の皆様、ミニバスを通して関わった全ての皆さまに心より感謝申し上げます。



あ、キコがミニバスやるって言ったら…

応援頑張ります!


コメント

親は木の上に立って見る=難しい

2018-10-16 | だいじゅ
先日、全日本少年サッカー大会の県予選がありました。


天気にも恵まれ


ケガ人もなく


いい雰囲気で試合に臨んでいたように思います。



結果です。


1回戦vs AC zeele


2-1勝ち。


イケイケだったものの終盤に1点返されて


バタバタな終わりでした。



2回戦vs 松原


2-2

からの

PK 2-0負け。



終わりました。


相手はシードで酒田地区1位のチームでしたが


あと少し。


届きませんでした。


結成から半年でここまで仕上げてくれた監督には感謝しかありません。








悔しき。



それでも


0-2から後半2-2に追いついてのPKってことで。


勝利に向かってチームで戦ってる感が


めちゃくちゃ格好よかった。


PKは仕方ないです。


子供達の涙が感動的でした。


あと一本が遠かった。


勝ちたい気持ちが現れた試合、試合後の涙です。





決して常勝チームではないけども

山王の監督の言葉を

だいじゅには伝えました。

数日経ったのでもう忘れてるでしょうけど。



努力しても報われないこともあるし

かといえば努力しなくても勝てることもあるし

勝ちたいと思えば勝てるということでもないし


戦力が

A>B B>C

でも

A>Cとはならないのが勝負の世界。


勝負の世界から学ぶことは

多いです。


この悔しさを何かに生かしてくれたら

いいなと思います。



自分達の頃のスポ少も


勝てば嬉しい、負ければ悔しい


はもちろんありましたが


いわゆる日常の延長であって


親になって、こんなに気持ちが入るものだと思いませんでした。


だいじゅの小学校サッカーもこれで一区切りです。


まだまだ応援続けたいけど仕方ありません。


彼のサッカー生活はまだまだ続くわけで


あれ、中学校いったら何部入るのかな。


わかんないけど。


親の道楽が一区切りということです。


色々大変なこともありましたけど


楽しかった。


かなり楽しませてもらった。


最後に最高の試合を見せてもらって


指導者、子供達には感謝感謝。


もう少し、この仲間たちと、保護者のみんなと遊んでいたいけど


子供達日常とっては単なる通過点ですからね。


もう毎週末の天気をやたらに気にしなくても良くなるのも何だかね。



低学年の頃からずっと小さくて


結局今も小さいままで


でも武器をもってなんとか仲間たちと一緒にプレイすることができました。


時にはキツイ言葉で泣かせてしまったこともありました。



子供に期待し過ぎだ

誰の子だよ

俺の子だもの、そんなもんだろ


でもこいつはもっとやれるはずだ

いやいや十分やってるよ


何でもっと必死に戦わないんだ

取られたら取り返しに行けよ


お前のフォローでみんな苦しい思いして走ってのに何で仲間にお任せなの?


そんな走りたくないならやめればいいじゃん。


たいしてサッカーのこと知らないくせに本当に色々な思いを言ったり言わなかったり。


その度に


そんなことは実はあまり意味ないことも感じていました。



親は木の上に立って見てるんだよ


ってことを強く思うのですが


そう簡単なことではありませんでしたね。


何なんでしょうね笑

何熱くなってたのでしょう笑

バカ親です。


バカ親の言葉だけで、子供の繊細な心と行動を変えれるわけがないのです。






だいじゅがサッカーを始める前、


すごく小さい時に書いた絵です。


どういうことで


こんな絵を書いたのか


この文を書いたのか


全くわかりませんが、すごくしみる絵で


妻とともに大好きな絵です。


今も大切に飾っています。



ゆっくり温かく見守って


頼ってきたら話を聞いてあげるくらいの父だったら


もっと違ったかもしれないと


思いました。


ただし今冷静に考えるとです(笑)


ま、次のステージでも頑張ってもらいたいです。


俺は生涯こいつの応援団長なのでね。














コメント (2)

最後の公式戦です。

2018-10-12 | 日々



明日からの大会が


小学校生活で最後の公式戦となり


今日はその最後の練習でした。


湯野浜にも通いましたね。


小さい頃、高太郎と湯野浜に修行にきてたことも

随分前のこと。


懐かしい。



憧れの先輩たちがたくさんいた加茂ではじまり


大山と統合して大山チームで多くの仲間と出会い


そして今年は中学校区が全て統合したQuinto鶴岡FCでの活動。



3チームを渡り歩き、

中々連動した活動ではなかったわけですが


その度に


色んな仲間と指導者に恵まれて


楽しくサッカーやれてきたことは


本当に幸せなことですね。


思うような結果は出ないことが続きましたが



今年はQuintoになってひとつ上のレベルで試合できましたし


カリスマ監督の下で良い経験させてもらいました。


明日はチームで楽しくサッカーして


いい顔見せて欲しい。


それで欲を言えば結果に結びついて欲しいなぁ。


と思います。


…って親になった今、いろいろ書いてますが


自分の小6の時を思えば


最後の大会だからといって


そこまで深く考えてないし、試合に臨む思いは普段とそこまで変わらないのですよね(笑)


ま、それでいいと思います。

がんばれー。


コメント

水晶婚式

2018-10-04 | 日々
本日は我々の結婚記念日です。

なんと15年目。

今回は水晶婚式だそうです。


このブログも何婚式から書いていたかな

と思って振り返ってみると

2008年の木婚式から書いてました。


木婚式⇒鉄⇒銅⇒電気器具⇒陶器⇒アルミ⇒鋼鉄⇒絹麻⇒レース⇒象牙


そして15年は水晶です。


やっと記念日としてしっくりくる名称です。


それもそのはず。

この毎年記念日は、この水晶から5年刻みになるそうです。

何か節目な感じ。

水晶は無色透明の結晶ってことで、

その意味するところは


クリアで曇りのない信頼関係の象徴とされている…。

のだそうだ。

一般的には

15年とかになると近くにいるのが当たり前すぎていないと変な感じ。

いてもありがたみを感じないけど、いなくなると不安。

機嫌の良し悪しまで離れていてもわかる。

ということです。

なるほどなるほど(笑)

あとは

長年の不満、鬱憤が爆発するタイミングでもあるとか…。

なるほどなるほど(汗)


いろんなことが当たり前になっちゃうから


居心地がよくなったり


楽になったりするけど


その反面もあるんだよってわかってないといけないですね。


ありがとうと伝えることが大事です。


15年経っても、思いやりが大切ですね。


過去の記事見てみると、


お互い10月4日は研修会だ、飲み会だで


不在なことが多かったのですが


本日は家で夕食を食べました。


そして久々にみんなで結婚式のDVD観ました。


観ましたというか、しょすぐで観てられませんでした。

15年も前なのなでお客さまも若い若い。


そして、家族もそうだし

親戚とか地域の人達で

もう亡くなってしまった人もたくさんいました。


子供らいないし

親も年取ったなーと思いました。



さてさて16年目式は定められておりませんので


5年後です。


いいおじさんになった私は何を書くのでしょう。



5年経ったら

ウタ巣立つし

ダイジュは高校生

キコが小学生になってる


俺たちは45…。

想像つかない

けど

あっという間でしょうね。


そんな2018年10月4日


天使の日でございました。









コメント

雑草との戦いは永遠に…。

2018-09-24 | 日々
自宅まわりの除草ってみなさんどうしてるんですかねぇ。

雑草魂とはよく言ったもので

半端ないです。


庭の雑草なんて


実家暮らしの今までは何とも思ったことがないけど


やらなきゃ永遠になくならない。


背の高いやつは草刈機で一網打尽できますけども

やはり根っこ残ってると

雨降ってすぐ伸びるし。


目くさいです。


週末はなんやかんや家にいることないし


犬走りだけでも防草シート敷けばよかった…。


ってことで


最後の手段は手です。

だいぶ肉体労働でした。


ほんとにこの除草だけは何とかなりませんかねえ。


雪が溶けたら畑周り以外の外周は


ラウンドアップ入ります。



キツイ除草作業も



キコに邪魔してもらいながらだと



随分楽しく。



蚊におでこ刺されながら


お手伝いしてくれました。









かいいわー。

コメント