生活管理・日用品ブログ

増田カイロの臨床における生活指導内容。NAET施術と併用して弱アルカリ体質を維持しましょう。

冬の電磁波対策【暖房編】

2021-11-09 | 電磁波関係

◆◇◆すべての暖房対策の共通事項◆◇◆

デジタルマルチメーターで自分がいつもいる場所の身体電圧を測ってください。
身体電圧が500mv(0.5v)以上あれば必ずアーシングできるように対策しましょう。
名称画像お求め先
スパンボンドユニカ静岡支店
アースコットン
アースリネン
プラグインアース
アーシングコード白姫ラボ または 増田カイロ
 

電気式床暖房

床全体に敷物がある場合

  1. ラグやカーペット等の下にスパンボンド(ユニカ静岡支店)を敷きます。
  2. プラグインアース(ユニカ静岡支店)かアーシングコード(白姫ラボor増田カイロ)のワニ口で挟み、ラグやカーペットを上にかける。
  3. デジタルマルチメーターで電場が低くなったか確認する。

ラグやカーペットが動かせない場合

  1. アースリネン(150cm×250cm 18,000円税別;ユニカ静岡支店にて販売)を敷く。
  2. プラグインアース(ユニカ静岡支店)またはアーシングコード(白姫ラボor増田カイロ)のワニグチで挟む。
  3. デジタルマルチメーターで電場が低くなったか確認する。

敷物を置いていない場合(座椅子・ソファー・椅子などを含む)

  1. 自分のいる場所にアースコットンまたはアースリネン等(ユニカ静岡支店にて販売)を敷く。
  2. プラグインアースまたはアーシングコード(白姫ラボor増田カイロ)のワニグチで挟む。
  3. デジタルマルチメーターで電場が低くなったか確認する。
        (対処にお困りの方は要相談)   
 

ホットカーペット

できれば電磁波カット(あくまでも磁場のみカット)を購入しておく。 (ユニカ静岡支店に在庫があるかCheck!) それでも電場は抜けないため、アーシングは必須です。
 
  • ホットカーペットと専用カバーの間にアースリネン(150cm×250cm 18,000円税別;ユニカ静岡支店)またはスパンボンド(販売・お問い合わせ:ユニカ静岡支店)を敷いてプラグインアース(ユニカ静岡支店)またはアーシングコード(白姫ラボまたは増田カイロ)のワニグチで挟む。
  • 寝室にホットカーペットがある場合、就寝時にはコンセントを抜く。 
 

石油(灯油)ファンヒーター、ガスファンヒーター

  1. プラグインアースまたはアーシングコード(白姫ラボor増田カイロ)のワニグチを、本体金属部分に挟む。
  2. デジタルマルチメーターで電場が低くなったか確認する。
  

電気ストーブ、パネルヒーター、遠赤外線ヒーター、オイルヒーター
(電気ファンヒーター・セラミックファンヒーター等々)

  1. プラグインアースまたはアーシングコード(白姫ラボor増田カイロ)のワニグチを、本体金属部分に挟む。
  2. デジタルマルチメーターで電場が低くなったか確認する。
 

エアコン

  • コンセント/プラグ形状が二つの場合(日本における一般的なプラグ形状)エアコン本体からアースのコードが出ていて、コンセント下部にあるアースターミナルにつながっているか確認。
  • アースコードが無くてもコンセント/プラグ形状が三つになっていればアースが取れています
  • コンセント形状が2つにもかかわらずアースコードがない場合は施工した会社に連絡・相談する。
 

電気毛布・電気あんか・電気膝掛け・電熱マット

できれば電磁波カット(あくまでも磁場のみカット)を購入しておく。(ユニカ静岡支店に在庫があるかCheck!) それでも電場は抜けないため、アーシングは必須です。
  1. 必ずアースコットンまたはアースリネン等(ユニカ静岡支店にて販売)等を使用して人体に直接触れないようにする。
  2. プラグインアースまたはアーシングコード(白姫ラボor増田カイロ)のワニグチで挟む。
  3. デジタルマルチメーターで電場が低くなったか確認する。
電熱マット アース対策なし(身体電圧2~5V)電熱マットアース対策あり(身体電圧0.001~0.003V)
 

石油(灯油)ストーブ/暖炉/囲炉裏(コンセントがないもの)はアーシング不要です

暖かく、電磁波の少ない冬を楽しみましょう(^^)
桐井 記 & 前衛的なイラスト:桐井(^^;

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2021年11月季節の注意点 | トップ | ストームグラス »
最新の画像もっと見る

電磁波関係」カテゴリの最新記事