生活管理・日用品ブログ

増田カイロの臨床における生活指導内容。NAET施術と併用して弱アルカリ体質を維持しましょう。

スマホを充電しながら電場を抜きたい【プラグインアース使用】

2020-07-25 | 電磁波関係
スマホやノートパソコンは充電中は触らないのが基本中の基本。
しかしお仕事で使うとなると、そうは言っていられないときもあるのは事実です。
では充電中でも電場の影響がなるべく無いようにするにはどうしたらよいのでしょう。

AndroidまたはPCの場合

Androidスマホの場合や、パソコンだけど職場ではUSB機器使用の許可が下りない場合は、プラグインアースを使って下図のようにセットしましょう。


プラグインアースから出ているケーブルを一旦抜いて、100円均一や家電量販店などで売っている「オーディオケーブル」を付け、


端末側には二又のオーディオジャックをつけ(ピンクのコードはイヤホンです)




セット完了です。



スマホの接続は以下のようにしてください
▼スマホ非接触時の身体電圧



▼スマホ接触時の身体電圧(対策なしでは3~9Vまで上がります)



これなら充電中のパソコンやスマホでも触ることができます。
二又のジャック購入の注意点としては、イヤホンだけでなくマイクも使用される方(通話やZOOM、Skype等)は端子の部分が「横3本線」のものをご購入ください。



横3本ならば、「マイク機能」も使えます。
PCに接続している黒い分配ジャックは2本線なので、マイク機能が使えないものです。ご注意ください。


iPhone・iPadを充電しながら電場を抜きたいとき

今まで古いApple製品なら、上記の方法でできたのですが、最近のiPhoneやiPadにはLightningコネクタ(充電できるコネクタ)しか開いてません。
こりゃ困ったぞ…と思っていつものお助けマン、ユニカ静岡支店の水野さんに聞いてみました。

水野さんからの返信メールとともに送られてきたのが以下の写真。

右側の写真では、USBコネクタ(左側)にプラグインアースのUSBコードを、Lightningコネクタ(右側・充電口)に充電用のコード(青)を挿してますね。
これならば充電しながら電場が抜けます。イヤホンだって使えます(^^)♪
※マイク機能は使えませんでした

しかもスマート!
水野さん曰く「このアダプタのLightning端子(iPhonte本体と接続するほう)にAndroid用(type-Bあるいはtype-C)に変換するアダプタをつければAndroidや他の機器でも使えます」とのことです。




iPhone・iPadのアダプタ使用に関しての注意点

  • 今回対策したのはあくまでも電場です。
  • クリニック内の説明でもよく言いますが、高周波対策(電波)ではありません
  • プラグインアースを使用している場合のみ、水野さんが検証したものです。万が一コンセントからアースを直に取ってショートした場合はスマホも壊れてしまいますのでご注意ください。
  • 電磁波測定士の水野さんが、あくまでも市販の物で対策実験した結果であることを、ここに明記いたします。
※Android/PCの電場の抜き方は、桐井が勝手につなげてみたものです。
※ベストなのは、あくまでも「充電中は触らない」です。
桐井記

デジタルマルチメーターで身体電圧測定【動画あり!】

2020-07-24 | 電磁波関係
身体電圧計として使える「デジタルマルチメーター」は、お値段ピンキリ。
増田カイロでは、ご家庭で導入しやすいように「安い!」「すぐ使える!」「わかりやすい!」の3拍子そろったものをおすすめしています。

写真をクリックorタップすると、Amazonの購入ページへ移動も出来るようになっております。
2つのマルチメーターを載せていますが、どちらか在庫のあるほうをご購入いただけます。

http://www.chiromasuda.com/multimeter.pdf
Crenova デジタルマルチメーター 電圧 電流 抵抗 導通チェック 周波数 ダイオード コンデンサー測定 電子測定機器 ワニ口クリップ付き 日本語使用説明付き 電池付き 18ヶ月保証
Crenova


あるいはNeoteckの以下のものです。


上記マルチメーターを使って身体電圧を測る場合、実際どのように出来るかを、2本の動画にしてみました。

■身体電圧計の使い方─台所のアース


■身体電圧計の使い方─スマホとPC


デジタルマルチメーターをひとつ持っておくと、身の回りの電場環境を「だいたい」知ることができます。
アースアイテムを使用して、電場を抜いていたつもりだったのにできてなかった!ということがないためにも、各人持っていた方がよいでしょう。

2千円以内~2千円台で購入できるCrenova(あるいはNeoteckのどちらか)のデジタルマルチメーターは、シンプル・簡単・便利で非常に使いやすいです。
値段が釣り上がりすぎていたら、別のものを探しましょう(必ずワニ口コードがついているものにしてください)

「もっと安いものはないか・・・」と探しても、このように安価で操作が簡単で、ワニ口コードまで付いているものはありません。
特に自分で検電ドライバーをお使いになって電気抜きの作業をしている方。
安全のためにひとつひとつ調べておいた方がよいかと存じます


自分のマルチメーターの赤いリード線をつける方に、握りやすい(身体電圧を測りやすくするための)プローブとコードをつけたい場合、リラクリフェの通販ページで購入してください。
https://riraku-life.com/probe-code/
このお値段ならいいですね(^^)


クリニックの患者さんで、購入された方には使い方の用紙を差し上げます。
受付でお申し付けください。