Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

2回目の更新

2019年07月27日 | 訃報
本日、2度目の更新です。

我が家の愛犬、レンが14歳の生涯を閉じました。
生前、可愛がってくださった皆様、ありがとうございました。



コメント

偉大なる軍神、永遠なれ

2018年12月22日 | 訃報
俳優の石橋雅史さん死去 85歳 「水戸黄門」「スーパー戦隊シリーズ」などで名悪役

見出しを見つけたときは、驚きしかなかった。
85歳、決して早すぎではない。
来るべき時が来た、というところだと思う。
でも、でも…。

やっぱり寂しい。

7本尻尾の軍神にして偉大なる科学者。

「科学戦隊ダイナマン」で、石橋さんが演じられたカー将軍を形容する言葉。

今日はカー将軍が初めてダイナマンの前に姿を現した回、第34話「強敵!メカシンカ」を見て追悼しようと思います。

石橋雅史さん、どうぞ安らかにお眠り下さい。
ご遺族の皆様、心からお悔やみ申し上げます。
コメント

ショック!!

2017年08月28日 | 訃報
熊本以外の方には、馴染みのない方だと思いますが…。

荒木恒竹アナウンサーがご逝去されました(TKU・テレビ熊本)

大西市長のTwitterで知りました。
私の世代だと「若っ人ランド」というローカル番組で有名でした。
先日、「阿蘇に゛波浪注意報゛?」という記事を書いたけど、
その記事中にある「そこらのアナウンサー」が、この荒木アナウンサーでした。

私の母校にも何度か取材に訪れていらっしゃいます。
お話することも、取材を受けることもありませんでしたが、学校内で見かけると興奮したものです。

ついこの間まで、テレビの中で活躍していらしたのに…とショックがすごく大きいです。

荒木アナウンサー、どうぞ安らかにお休みください。
コメント

ショック!!

2017年05月21日 | 訃報
「五星戦隊ダイレンジャー」能見達也さん死去

朝から昨晩流れていたTwitterを眺めていたら。



このツイートが目にとまった。
同時に私の時間が一時的に止まった。
な、なんでっ?
実は、能見達也さんのTwitterをフォローしていた。
まさか、と思いたい。
でも、お兄様のTwitterに飛ぶと、本当なんだな、と思える内容のツイートがいくつもある。
我々以上にショックを受けていらっしゃるお兄様のお気持ちを考えると、心が痛む。


直にお見かけしたことがある、能見達也さん。



2年前の7月、熊本で公演があった「ハオト」という作品を見に行った。
当時の記事には能見さんのことには触れなかったが、能見さんもまた、素敵な人だった。
客席の通路まで使った演出で、本当に手を伸ばせば届くんじゃないか、という至近距離で姿が見られたのは今でも鮮明に覚えている。
アメリカ合衆国国歌だったと思うが、ハミングだったけど歌声も聞かせて貰えた。
舞台から落ちない、ギリギリの際まで来ての演技の際には、最前列にいた私に、汗だか唾だかが飛んできた。
それもいい思い出。

能見さん、どうぞゆっくりお休みください。
コメント

ショック!

2017年01月28日 | 訃報
私の携帯電話、電話帳に登録されていないアドレスからのメールは「迷惑メールフォルダ」に振り分けられる。
一応、「メールが来た」旨の通知音はなるのだが、ポップアップなどでの表示はされない。
そのことがある意味で「悲劇」を生んだ。



この状態になっていたのが「悲劇」の始まり…。

昨日の夕方、迷惑メールフォルダに振り分けられたらしいメールを受信した。
それで迷惑メールフォルダを見てみたら、あらま、7件もたまっていたよ。
念のため迷惑メールフォルダをチェックしてみたら…。



この状態に変えてみて分かった。

大学時代の先輩から届いていた。
先輩のアドレス(というよりキャリア)が変わったようで、それを知らなかったものだから「迷惑メール」と見なされていたようだ。
受信日時は1月21日。
内容にショックを受けた。
私の指導教官である教授が亡くなったという知らせだった。
気づかなかったことが悔やまれた。
どちらにせよ東京にいたのだから、お通夜にも告別式にも参加出来なかっただろうとは思う。
でも、気づかなかった自分を責めている。
何らかの方法があったんじゃないか、とも思う。

先輩には東京にいたことは伏せて、「たった今気づいた。申し訳ない」という旨のメールを送った。
先輩からは「熊本から来るとは思わないから、大丈夫、気にしないで」というお返事を貰った。
もし、メールに気づいていて、熊本にいたら、お通夜には間に合わなかっただろうから、告別式には参列していたと思う。
自分の中でのけじめをつけるためにも。

まだまだお若いと思っていたけど、冷静に考えると、80代後半にはなっているんだよね…。
いつ訃報が来てもおかしくない年齢ではあるけど、やっぱり衝撃は大きかった。
先輩からのメールによると、どうやら所謂「ピンピンコロリ」だったらしく、長患いがなかったのは良かったのかな…。

なんか、まだ頭の中がゴチャゴチャしていて、まとまりのない文章になってしまった。
でも、これが今の私の正直な気持ち。
先生、学生時代の6年間、ゼミに入ってからの4年間、お世話になりました。
どうか、安らかにお眠り下さい。
コメント

面白かった講演

2015年05月29日 | 訃報
今井雅之さん死去 大腸がんで壮絶な闘病の末…

闘病等のニュースを見ていたが、こんなに早くとは…。
驚いた。

大学に入った年の大学祭で、今井さんを招いての講演が行われた。
友人たちと連れ立って聞きに行った。
それまで、特に意識することのない俳優さんという位置づけだったが、これを機に「意識する」俳優さんに変わった。
ちょっとコワモテだけど、お話は凄く面白かった。
大学の名前から、「女子大ではないか、と思っていた」とか(実際は共学)、「キリスト教系の学校じゃないか、と思っていた」とか(宗教には関係ない)。
他にも自衛隊での訓練の様子も話してくれた。
聞いているだけでも疲れそうな訓練内容だったが、それを面白おかしく紹介してくれた。
自衛隊の訓練の様子の話だけが凄く印象に残っている。
俳優業の方のお話もあったはずなのだが、あまり印象に残っていない。
在学した6年間で、唯一聞きに行った講演なので、そういう意味でも凄く印象に残っている。

まだ50代と若いから、進行も凄く早かったんだろうな。
本当に色々あって大変だったと思う。
どうぞ、安らかにお休みください。
コメント

はかない

2014年09月16日 | 訃報
父の従弟が亡くなった。
50代、まだまだ還暦には程遠い年齢で、あっけなく逝ってしまった。
闘病しているという話は聞いていたので、「ついに来たか」という気持ちと、「もう!?」という気持ちとが同居していた。

父の従弟、スミさん(仮名)。
父とは一回り以上離れていたので、あまり父たちの間でいとこ同士という感じはない。
でも、曾祖父母や大叔父大叔母に挨拶に訪れたときに、家にいればよく遊んでくれた。
その場にあるものを使っての遊びを伝授してくれた。

将棋盤と将棋の駒を使ったすごろくとか、将棋の駒の山崩しとか。
あまりに私や弟が熱心に遊ぶので、スミさんは私たちに将棋の駒や将棋盤を譲ってくれた。

私たちが成長するにつれ、スミさんのあまりよろしくない噂なども耳に届き始め、次第に距離が出来てきた。
それでも表面上はスミさんとはそれまでと同様に接していた。
年に1~2回あるかどうかという状態だったので、特に意識せずとも接することは出来た。

スミさんのことを尊敬する、とまではいかなかったが、嫌いにはなれなかった。
父の従弟として、それなりに…という感じだったと思う。

昨年、スミさんの体調が思わしくないと聞いた時には驚いたし、治ってほしいとも思った。
でも、手術も不可能と言われたらしく、どのような顔をして会ったらいいのか分からなかった。
幸か不幸か、私や母が訪れるタイミングでスミさんは外出していたため、一度も会うことはなかった。

お通夜に行ってきたが、遺影に使われている写真の中でスミさんは笑っていた。
亡くなる数日前に撮影された写真だというのに、本当に今にもケラケラ笑い出しそうな雰囲気。
薬の副作用で、バルーンのように顔がパンパンに腫れていたのが痛々しい。
スミさんがいわゆる「デブ」でないことは、親戚みんな知っている。
だからこそ、パンパンの顔を見るのが辛い。

大叔父が喪主としての挨拶をしていたが、こちらも凄く痛々しい。
娘さんか娘婿さんに代わって貰えばよかったのに…とも思ったが、やはり自分の口で挨拶したかったのだろう。
冷静に聞いていれば支離滅裂な文章なのだけど、それだけに胸を打った。
今は気が張っているだろうけど、あとで反動が来なければいいけど…。

父といい、スミさんといい、50代で亡くなるというのは辛い。
父もスミさんも逆縁。
病気なのだから仕方がないとはいえ、遺された親は辛いだろうなと感じる。
様々な要因から、葬儀には参列できそうにもないけど、自宅からスミさんの冥福を祈りたい。
コメント

信じられない

2014年01月27日 | 訃報
波平の声、永井一郎さん死去(時事通信) - goo ニュース

夕方に携帯のニュースサイトで見つけた訃報。
驚いたのはもちろん、心臓がバクバクするほどのショックを受けた。
つい昨日、波平さんの声を聞いたばかりだったのに。
しかも波平さんが童心に返って、大張りきりするというエピソードだったのに。

いつかは波平さんの声が変わるかもしれない、という事態は覚悟していた。
ご年齢からして、いつ変わってもおかしくないと思っていた。
でも、それでも降板のニュースが先だと思っていた。
そして、新しい波平さんの声に慣れてしまった頃、訃報に接するのではないかと、勝手に想像していた。
それが…。
まさか訃報が先だなんて。

波平さんの声がどなたになるのか、まだ分からないし、今はまだ波平さんの声は永井さんしか考えられない。
だけど、永井さんが波平さんを愛してくださったのだから、視聴者として、新しい波平さんの声も受け入れたい。
拒絶するのは簡単だけど、新しい波平さんの声を受け入れ、愛していくと決心した。
それが永井さんに対する、最大の供養になると思うから。



コメント

ご報告。

2013年11月18日 | 訃報
先日書いた、大伯母の件。
本日、午前8時10分、永眠いたしました。

7時45分頃、叔母から連絡があり、母がすっ飛んで行き、8時過ぎに私もすっ飛んで行きました。
私が到着した時には、主治医の先生もいらしていて、死亡確認が行われていました。
「気付かなかった」ということで、自責の念にかられている叔母に、先生は
「まだそんなに時間は経っていない」と優しく声かけされていました。
まだ身体は温かく、亡くなった、ということが実感できなかったのですが、少し身体をまっすぐにしてあげよう、
とみんなで身体を抱えあげても、何も反応しない大伯母を見て、ようやく受け入れ始めた…というのが実情です。

要介護5の95歳を自宅で介護する。
それを話した相手は、必ず驚いていました。
使えるサービスはフルに使って、何とかやっていました。

見ていた叔母も母もそろそろ限界に近付きつつあったので、そういう意味ではホッとした部分もあります。
95歳と11ヶ月の大往生。

母方の祖父(大伯母の弟)が、12月1日。祖母(大伯母の義妹)が11月21日、そして大伯母が11月18日。
それぞれの命日が近接しているのは、仲が良かった証拠でしょうか…。

何だか気持ちがふわふわしていて、支離滅裂な文章になったかと思いますが、今の私の状態そのままなので、このままアップします。
コメント

続くときは続くなぁ…

2013年09月24日 | 訃報
昨日、母の従兄が亡くなったとの連絡が来た。

・2012年6月29日 自転車の事故

この記事の最後に触れているおじさん。
約1年と3ヶ月。
一度も目覚めることなく、この世を去った。
間の悪いことに、叔母が出雲の献茶会で今日から不在。
母と伯母で通夜・葬儀に行くことにしたらしい。
親のいとこだからね、「○○おじさん」と呼ぶくらいに親しくはあったけど、私は参列しなくていいらしい。

先月末には、東京に住む従兄の奥さんのお父さんも亡くなったし、続くときは続くなぁという印象。
亡くなるとまでは行かなくても、私の祖父も入院中だし、大伯母も相変わらずの状態だし。
そして、全く別件ではあるが、父方の叔父と叔母に関して、あまり聞きたくなかった話まで入って来て、混乱状態。

何だかもう、ゴチャゴチャしていて、私も何が何だか分からない。
うわ~っと叫びたくなることもある。

そういう時は…。従妹にお伺いを立てて、赤ちゃんを抱かせてもらいに行っている(笑)
うん、赤ちゃんの力は偉大だ~。
ほんの少しだけど、肩の荷が下りた気がする。
「気がする」だけで、本当は何も下りてないけどね(泣)

コメント

最近多いな

2013年06月14日 | 訃報
“ラオウ死す”声優・内海賢二さん逝く(スポーツ報知) - goo ニュース

内海さんって、75歳だったんだ…。
というのが最初に抱いた感想。

「北斗の拳」は弟が見ていたけど、私はあまりあの手のアニメが好きではなかったので、ちらちらとしか見ていなかった。
だから有名なセリフがあると言われてもピンとこない。

私が内海さんを初めて知ったのは、NHKの人形劇・「ひげよさらば」の黒ヒゲ役。
舞台となっている「ナナツカマツカ」丘、随一の荒くれ者(野良猫だけど)で、野良犬に勝ってしまうこともしばしば。
でも奥さんにはめっぽう弱い(笑)
そんなギャップのある黒ヒゲだ大好きだった。
その黒ヒゲと、「Dr.スランプ アラレちゃん」の則巻千兵衛が同一人物だと知った時は衝撃を受けたものだ。

まだまだ声を聞いていたかった方の1人だけに、残念でならない。
どうぞ安らかにお休みください。
コメント

相次ぐ訃報

2013年04月16日 | 訃報
俳優・西沢利明さんが膀胱がんで死去 『宇宙刑事ギャバン』など出演(ORICON STYLE) - goo ニュース

昨日の三國連太郎さんに続いて、西沢利明さんまで…。
先日の長石多可男監督もそうだったけど、訃報は淋しい限り。

心からお悔やみ申し上げます。

下の記事で「宇宙刑事シャイダー」の話題がちらっと出ているのは偶然です。
書いた本人がビックリしてます。
コメント

久々の衝撃

2012年11月15日 | 訃報
昨日、衆議院の解散を巡るニュースを見ていたら、ニュース速報が2回出た。
1度目は、衆議院の公示・投票日に関する速報。
このときは「へぇ~」というぐらいの感じだったが、2度目の速報はさすがに衝撃を受けた。

森光子さん死去、92歳…放浪記・時間ですよ(読売新聞) - goo ニュース

つい最近まで見ていた記憶があるのに…。
お年もお年だから、仕方ないのかもしれないけど、ショックだった。
ジャニーズの面々と仲良くしている様子などを見るにつけ、「若いエネルギーを吸ってるんだろうな」と微笑ましく見ていたものだ。

ニュース7では、衆議院解散のニュースが一段落ついたところで一度このニュースに触れて、再び解散のニュースに戻った。

それだけ偉大な人物だったんだということを改めて認識した。

ご冥福をお祈りいたします。
コメント

園長先生、安らかに…

2012年08月22日 | 訃報
新聞の訃報欄に、通っていた幼稚園の名前で死亡広告が出ているのに気付いた。
視線を横にずらすと、死亡記事も出ていた。
「これって園長先生?」
母に訊ねると
「そうだよ。」
との返事。

え~、園長先生ってこんなに年だったの!?

と驚いた。76歳。
というのも、私が中学3年の時に、ここの娘さんが1年生で入学してきて、
学年は違うものの同じ○組で、同じ委員会に所属していたため、仲良くしていたのだ。
体育祭の時には、お母さん(副園長)から直々にご挨拶頂き、恐縮してしまった。
同時に、覚えていてくれた、ということに感動した。

どうしてもそのことが頭にあったため、もっと若いと思っていたのだ。
2つ下の娘さんのことがなければ、ここまで驚かなかったと思う。

最近は、園長先生について、いい話を聞かなかったのでちょっと心配していたのだが…。
園長先生は、お寺の住職でもあり、住職としての園長先生には何度か会ったことがある。
だが、卒園したころの印象とはかけ離れていてかなり戸惑った。
もうその頃には病を患っていたのかなぁ?


園長先生、安らかにお眠りください。
コメント

ビックリ&ショック…

2011年04月26日 | 訃報
田中実さんの訃報に接し、ただビックリというかショックというか…。

先日の田中好子さんのときは、キャンディーズ時代を全然知らないので、
ショックとまでは行かなかったんだけど、今回ばかりは…。

今一番印象に残っているのは、やはり「ウルトラマンメビウス」のサコミズ隊長役かなぁ。
他にも色々と見ていたけど、サコミズ隊長が一番好きだった。

メビウスのDVD(自分で録画したやつ)、もう一度見返してみようかな。
サコミズ隊長が発する「GUYS、Surry Go!」が大好きだった。
他の人じゃ、ちょっと迫力不足というか…。

支離滅裂な文章になってしまった。
ご冥福をお祈りいたします。
コメント