Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRAND PRIX」

2018年09月28日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー


制作が発表されてから楽しみにしていた。
特に、何で早輝があのユニフォームを着ていないのか、そのあたりが凄く気になっていた。
謎はとりあえず解けた…かな。

内容は、いかにも「ゴーオンジャー」という感じで楽しかった。
今回の敵は、どう見てもモデルはあの人だよねぇ。
「聖域なき構造改革」という言葉、久々に聞いたなぁ。
「ゾンターク」という名前も、「忖度」からだよねぇ。
そういうところが、「ゴーオンジャー」らしくて好き。

やはり凄いなと思うのは、「全員」揃ったってところだよねぇ。
戦士7人はもちろん、相棒炎神の声優さん、果てはガイアークの3大臣まで。
そのまま「炎神戦隊ゴーオンジャー」セカンドシーズンに突入してもいい感じ(笑)

ほとんどのメンバーが30代になって、声も落ち着いた感じが好感を持てた。

まだ一度見ただけなのだが、何度か見直していきたいな。

コメント

「ゴーオンジャー」総合的な感想

2009年02月09日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
そういえば、この人たち「エコロジー」を謳う戦隊だったんだっけ?
ストーリーとして扱いにくいテーマだろうなぁと思っていたんだけど、案の定でしたね。
完全に「ヒューマンワールドを汚すガイーアク」VS「それを阻止するゴーオンジャー」という図式になっていた気もする。
目新しさはないにしても、そのシンプルさは私は好きだなぁ。

あと、前にも書いたけど、アイテム出しすぎ。
変身アイテムだけで3種類もあるし、炎神に至っては12体。
それが全部合体しちゃうんだもんなぁ…。
個人武器やマンタンガンは、ほぼ毎回のように出ていたのでいいとしても、
カンカンバーやゴローダーGTは、あまりお目にかかる機会がなかったような…。
登場時は「すごい武器」だったはずなんだけど。
なんだかちょっと勿体ないなぁというのが正直なところ。

総合的な感想としては、全50話文字通り「マッハ全開」で突っ走ったなぁという印象。
蛮機獣の声の人たちもみんな個性的だった。
ガイアークの面々もどこか憎めなかった。
だから、キタネイダスとケガレシアを倒したのがヨゴシマクリタインだったというのは、
ゴーオンジャーが倒したわけではないという意味で良かったなぁと思う。
もっと言えば、ぜひこの2人には生き延びて、ジャンクワールドあたりで仲良く暮らしてもらえたら…と思っていた。

続編が作れそうなラストで終ったゴーオンジャー。
違うワールドでの活躍を見てみたい気もするが、あまりダラダラと続くのもどうかと思うので、
さしあたっては来年の「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー」で再会できるのを楽しみにしておこうと思う。

さてさて、その「侍戦隊シンケンジャー」の予告。
和装の5人、かっこいいなぁ!
そして、じい役の伊吹さんの口上!
いやぁ、さすが格さんですね。これだけでワクワクしてます。

コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP Final

2009年02月08日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
ついに最終回。いい意味でやりたい放題だなぁと感じた。
古代炎神の力を発揮するはずの、カンカンカンエキスプレスにスピードルたちが入ったり、
ウイング族の武器のはずのウイングブースターにバスオンやべアールVが入ったり(笑)
素顔の戦士たちによる名乗り上げも、すっかり定着した感じかなぁ。
「相当な負荷がかかる」はずのG12フォーメーションも、結構長かったな(笑)
そして後日談。
軍平のもとにやって来た上司、キタネイダスの声の人だったんですね。
「ピザ貰って行くゾヨ」というセリフで気づいた(笑)
ケーキ屋にいた女性がケガレシア…ということは?ということで、
大翔と乾杯していた男性がヨゴシュタインの声の人だとすぐに気付けました(笑)
あとは声で分かったんだけど、ケーキ屋の店長さん?が、べアールVの声の人で、
サーキット場の送迎バスの運転手がバスオンの声の人で、
走輔に整備にイチャモンをつけられていたメカニックがスピードルの声の人。
バルカやガンパードの声の人はいなかったのかな?気づいていないだけ?
で、まさかまさか、最後に本当に「旅立ち」を迎えるとは。意外でした。
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP49

2009年02月01日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
まさか、ここでキタネイダスとケガレシアがいなくなるとは思ってもみませんでした。
どこか別の次元に飛ばされて…なんてラストを期待していたんですが…。
“正義解散”で消されたメンバーが元に戻るという布石を残して、来週最終回…と思いきや!
次回予告で思い切り復活してるじゃないか~!!
これじゃ、ハラハラもドキドキもない…。
すっかりお馴染みになった素顔の戦士による名乗りあげ。
来週が楽しみです。
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP47

2009年01月18日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
ヨゴシュタインにそっくりなあの人はお父さんでしたか。
チラカソーネ、最初「チカラ…」と読みそうになって一字一字ゆっくり読んでみたところで、むせちゃいました(笑)
で、やっぱりたった1話の命でしたか…。
軍平が範人を女装させようとしているシーンは苦笑いでした。
何で範人にこだわるんだろう?早輝でもいいじゃないか~と思ってしまって…。
そして、やたらと2人がクローズアップされるなぁと思っていたら、ラストシーンで固まりました。
そ、そういうことだったのね…。

ところで、今更ながらに母が「この人たち、キャンピングカーで生活してんの?」と言いだした。
「そうだよ~」と答えると爆笑。そんなに面白いですか…?(笑)
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP46

2009年01月11日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
ボンパーが誤解から家出…。
見るまでは、最終回間近のこの時期にやることかな?と思っていたんだけど、
この時期だからこそのエピソードになっていたと思う。
ボンパーは「ポンコツ」発言を自分のことだと思っちゃったようだけど、
私はすぐにギンジローのことだと分かりました(笑)
みんながみんな、それぞれにボンパーのことを大事に思っていることが分かったお話だったと思います。
そして、ガイアークに新たな(また!?)幹部登場?
でも、口癖といい、声といい(笑)、あの人にそっくりなんだけど…?
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP45

2009年01月04日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
サブタイトルのとおり、まさに「初夢キカク」。
ちょっとしたお年玉かな?
OPにスーツアクターさんたちのお名前がなかったので「?」となっていたのだけど、
内容が始まってみれば納得。戦闘シーンは回想のみなのね…。
G5プリンス、いろいろと意見はあるのだろうけど、私は好きです(笑)
役者さんたちのブログを見ると、「恥ずかしい」という言葉がちらほら見られたけど、その気持ちも分かる気がする(^^)
このあとの「キバ」が重い内容だっただけに、この軽さは気楽に見ていられて良かったなと思います。
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP44

2008年12月16日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
東京では「ゴーオンジャー」しか見られなかったのだが、意外な発見が一つ。
時刻が表示されてる~!!
はい。少なくとも熊本では、時刻の表示がないので、なんだか少し違和感(笑)
というわけで。

サンタさんが金ちゃん!それだけで嬉しい♪
サンタさんのイメージはともかくとして、存在を否定しないところに、子どもたちへの配慮を感じました。
新たな大臣、キレイズキー、やっぱり1話で退散かと思いきや、復活しましたね~。
でも、次回予告の7人の笑顔を見ると、やっぱり…なのかな?
それにしても、語尾に「ケロロ軍曹」を思い出してしまった…。
ところで~、いくつかの感想サイトを見ても、突っ込みがなかったんだけど、
ギンジローに掲げられていた「メリークリスマス」のアルファベットの綴り、間違っていません?
「Merry Christmas」が正しいのに、「t」が抜けているぞよ?
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP43

2008年12月14日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
あ~、やっぱり掃除大臣は短い命だったかぁ!
と、その前に。
大翔が早輝を守る気満々だったのに、幽霊が出てくるや、早輝の後ろに回り込んだところで大爆笑。
でも、こう言うのっていいですね。
男性に守られるのもいいけど、守ってあげるヒロインも素敵です。
特に、この組み合わせでそれが見られたのは、拍手喝采してもいいかと。
(最年長の徳山さんと最年少の逢沢さんという組み合わせということで…)
前回の武器大放出に続いて、今度はロボット大放出。
なるほど、ガンバルオーとセイクウオーは、組み合わせ自由ですか。ふむふむ…。
なんか不気味な伏線を残して、次回は明けてから。
長いようだけど、忙しい時期だし、いいか!
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP42

2008年12月07日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
何だか、どこかで見たようなキャラが2人ほど…(笑)
美羽の制服姿は素敵でした。スカートが膝丈ぐらいまであって、なんだか懐かしくなりました。
そして、「大ボス」登場?
でも、今までも「新たな幹部か?」と思わせておいて、さっさと退場というのも多かったからなぁ…。
エンディングがついに、4曲目!
もう、何歌っているんだかさっぱり分からな~い!!
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP41

2008年11月30日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
トリプターが卵を温めているのにびっくり。
たしか、ヒューマンワールドでは10分しか元の大きさを維持できなかったんじゃ?
と思っていたら、時間切れ(笑)よかった、ちゃんと設定が残っていて。
大翔が一生懸命育児をしているのはほほえましかったなぁ…。
生身のアクションも凄かった。
この時期になると、皆さん、素面でのアクションにも磨きがかかっていて、見ごたえがありますね。
それにしても、もう41話かぁ…。早いなぁ…。
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP40

2008年11月23日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
劇場版、見に行っておいてよかった~というのが最初の感想(笑)
見ていなくても、ついていけたとは思うんだけど、
烈鷹似の青年と走輔のやり取りは、見ていないと理解しづらかったんじゃないかな?
炎神大将軍の必殺技のときの、コックピットでのポーズにダイナマンを連想しちゃいました(笑)
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP39

2008年11月16日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
「東映ヒーローMAX」で、ネタバレしていたので、劇場版とつながることは分かっていたんですが。
でも、まさかまさか。あの怪人たちの声の方々までゲスト出演してくださるとは!
劇場版では、途中でどっちがどっちだか分らなくなったんだけど(笑)、今回はちゃんと最後まで区別がつきました。
来週は半田さんも出るようですが、せっかくなら春田さんや菊地さんも出てくれると良かったのになぁ。
ま、贅沢は言えませんね。
そういえば、最近、お祭り行っていないなぁ。
平成15年に、祖母と父の初盆で地元の精霊流しに参加したのが最後かな?
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP38

2008年11月09日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
女の子大活躍!炎神に女の子がべアールしかいないことに、改めて気付かされました(笑)
男性陣の女装…。役者さんたちのブログでオブラートに包みながらも、公表(?)されていたので、
ある程度の覚悟ができていたせいか、それほど衝撃はありませんでした。
それにしても、須塔兄妹、お互いが「動けない」となると、とたんに我を失うあたりは流石兄妹というべきか。
大翔は暴走、美羽は茫然自失。
やっぱりお互いが必要なんだな~と実感しました。
ラストの「ご褒美」。マッサージとお手製の御馳走でOKなんて、寛大だなぁ。
無茶苦茶なショッピングと河豚をねだった女性たちもかつていたのになぁ(笑)
コメント

炎神戦隊ゴーオンジャーGP37

2008年11月02日 | 炎神戦隊ゴーオンジャー
冒頭の乾杯部分、しっかり未成年組がオレンジジュースだったのには、細かいなぁと感心した。
でも、美羽役の杉本さんもたしかまだ未成年では…?(汗)
そんな中で、走輔のラジコンに乗ってご先祖炎神のソウルたちが家出。
それを見つけた大翔たちがご先祖たちのソウルを回収。
したのはいいんだけど、そのラジコン、子どもたちにあげちゃいましたか。走輔の断りなしに(笑)
ご先祖炎神たち、初登場のときは随分大きな態度を取っていたけど、今では神妙になっていて、そのギャップが何だか可愛い♪
で、また新たな武器登場。まだ出しますか(笑)
もうこうなってくると、最終的にどれだけの武器・ロボットが出てくるのかが楽しみになってきた。

前、ドリルバンキが出たときに「ドリドリ」という語尾にスピードルが怒っていたけど、
今回はエンジンバンキの語尾が「トラトラ」で、ジェットラスが怒っていた。
そうか、ジェットラスはトラだったんだ。と改めて思いだしました(笑)
何しろ、べアールがジェットラスに恋した話を見るまで、ジェットラスのモチーフはカラスだと思っていたので(笑)
ずっとそのイメージを引きずってしまっています…。

コメント