Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

ついにこの日が

2019年10月07日 | 熊本地震の記録
「復興のシンボル」3年半ぶり雄姿涙ぐむ熊本の被災者

まだまだ復興途上だけど、ついにこの日がやって来た。
昨日はラグビーのワールドカップ、フランスVSトンガ戦が行われたので、
おそらく国外のお客さんに見て貰うためにこの日に合わせたのだろうと思う。
基本的には日曜・祝日の公開、しかも限定的。
それでもたくさんの人が訪れたのは率直に嬉しい。

その中の一人になるはずだった、我が弟。
残念ながら、搭乗予定の飛行機が機体整備不良に伴う欠航というトラブルに見舞われ、帰省はキャンセルとなった。
成田発のLCC。
羽田のように便数が多くないから、あえなく断念せざるを得なかった模様。

私は遠目ではあるが、頻繁に目にしている熊本城。
少しずつ、そして着実に復興して行っているのは分かる。
完全復興にはまだまだ時間が掛かるけど、とりあえず部分的に公開が再開されたことを喜んでいる。
来年のオリンピック頃には、さらに公開エリアが広がる予定だから、そのときはまた喜びに沸くんだろうな。
そのときが楽しみだ。
コメント

40ヶ月。

2019年08月16日 | 熊本地震の記録
一昨日の集まりの際に、やはりというか3年前の地震のことが話題になった。
「電気は早く戻ったから良かったね~」とか、
「水がないのは辛かった」とか、
「比較的過ごしやすい時期だったから、その点は助かった」とか、
「ガスが戻らないのも辛かった」とか。

当事者になっていない弟だけは、ほぼ蚊帳の外。
でも「なるほど、なるほど」と知識だけは蓄えられた様子。

そのうちに従兄から爆弾発言。
「防災講師として招かれて、あちこちで講演やっている。
あの時に撮影した写真を使って講演しているから、貴方方の写真があちこちでばらまかれています。」
ふぁ!?
いや、「ばらまかれています」って、あなたが「ばらまいている」の間違いでしょ(笑)
正面から写真を撮られた記憶はないので、たぶん横顔だとか後ろ姿だとか、
何かの作業中だとか、そんなのだと思うから、別に構わないけど。
あの時は、基本的にスッピンで過ごしていたし、疲れ切った顔をしていたから、化け物みたいだと思うが…。
もし見たことのある方、あるいはこれから見ることのある方、先に謝っておきます、凄い顔を見せてしまいごめんなさい。

従兄がどういう肩書きで講演をしているかは知らないけど、たぶん関東圏だと思う。
彼自身も16日の「本震」に遭遇しているので、リアルな声が聞けると思う。
もし、そういう講演に行かれる方、真剣に聞いてやってくださいな。
コメント

36ヶ月=3年。Part3

2019年04月16日 | 熊本地震の記録
久々に市道側(液状化が酷かったエリア)に行ってきた。



歩道も舗装されてはいるが、元々はタイル張りだったんだよな~。
もちろん贅沢は言えないのだが、もう少し波打っているのをどうにかして欲しい。
結構足を取られる。何度も危ない思いをしているから、お年寄りは歩き始めたばかりぐらいの子どもはもっと危険だと思う。



3年前の被災直後(撮影は5月)の、とある病院(弟の同級生の実家)。



自力復旧でこうなった。
仮説のスロープもなくなり、やや駐車場が傾斜しているものの、バリアフリーにはなっているんじゃないかな。

気になっていたのが、私が卒業した小学校。



玄関がこうなっていたのだが、これはどうなっただろう?と思ったら…。



もちろん中には入っていないのだが、見た目では気にならない程度には直っていた。よかった。



3年前はこんなだった給食室裏。
自分も使っていた階段がこうなると、今通っている子どもたちの安全が心配だったが…。



良かった。こちらも綺麗になっている。

まだ一部の電信柱は沈んだままだったり、家も傾いたままだったり、復旧復興はまだまだ途上だけど、
少しずつ前に進めているのかなと感じた。

このあたりのエリアは、その気になれば散歩がてら行けるので、折に触れて行ってみようと思う。
コメント

36ヶ月=3年。Part2

2019年04月15日 | 熊本地震の記録
昨夜午後9時26分。
「あ~揺れなかった~…」
なんだか一安心。
やっぱりこの時期って不安定になるな~。

さて、2年前の熊本城と現在の熊本城の比較をしてみようと思う。



これ2年前。撮影日は以降すべて、2017年4月4日と、2019年4月12日。



これ今年。
角度は違うが、同じ場所。
2年前と比べて「片付いている」程度。



これ2年前。



これ今年。
こちらも「片付いている」程度。



これ2年前。



これ今年。
2年前と比べて…以下略。



これ2年前。



これ今年。
違う場所に見えるが、同じ場所。
石垣の石が整然と並べられている。ようやっと「復旧」の足跡が(天守閣以外で)見えた。

2年前は加藤神社には行かなかったので、加藤神社から見える天守閣との比較は出来ないが、
2年前は草が生えていた天守閣の屋根が綺麗になったのは喜ばしい。
来年もまた比較出来るといいな。

コメント

36ヶ月=3年。Part1

2019年04月14日 | 熊本地震の記録


今朝の朝刊。
あれから3年。

先日、熊本城に行ってきた。



城彩苑に車を置けたので城彩苑から二の丸へ向かう途中で見つけた。
こういうのがあるなんて、今回初めて知った。



二年前にも同じところを写真に撮っていたのだが、さほど変わっていないなという印象。
後日、二年前と比べられるところは比べてみようと思う。



二の丸の駐車場の脇に休憩所が出来ていた。
そこの入り口ではケロロ軍曹加藤清正バージョンが出迎えてくれる。



二の丸から見える熊本城。
太陽の位置関係で、どうしても暗くしかうつらないのが残念。

今回、20年ぶりくらいに城内にある加藤神社に行ってみた。
そこの「熊本城絶景ポイント」なるところから見た熊本城がこちら。



「メカメカしい」と形容されるのを何度か見かけたが、たしかにロボットにでも変形しそう。
こんなこと起きては欲しくなかったけど、それでも起きてしまったものは仕方がない。
この様子を見ることは、今後叶わないのだから、今見られるこの状態を楽しむというのも一興だと思う。
でなきゃ、精神的に保ちません。

秋に行われるラグビーのワールドカップに向けて、天守閣だけが最優先で復興されている。
ということは、石垣はまだ全然手つかずの状態。
離れたところから天守閣だけ見ている分にはいいんだけど、実際に現地に足を運ぶと、「まだまだだなぁ」というのが最大の印象。
ワールドカップが終われば、本格的に石垣の復旧も始まるだろうから、それを待ち望んでいる。
コメント

時期的なもの?時間的なもの?

2019年03月21日 | 熊本地震の記録
昨日の夕方、18時31分頃突然ドーン!という音とグラグラっという揺れ。
とっさに身構えたが、数秒で揺れは収束。
つけていたテレビは、のんびり「田崎市場だより」が伝えられている。
携帯からの警報音も鳴らない。
とりあえずはほっとしたものの、心臓はバクバク。
時期も時期だし、時間帯も時間帯だしで、怖かった。

「田崎市場だより」が終わったら、通常ならばVTR内で紹介されたものの試食があるのだが、
さすがにそれはなく、地震情報が伝えられた。
「田崎市場だより」進行中に、各地の正確な震度情報が入ってきていたし、タイミングとしては良かったんだろうな。

この日の放送では、18時20分を挟む5分程度、「黄泉がえりagain」の特集が組まれていた。
まさかそれに誘発されたわけじゃあるまい?と思いつつ、タイミングの良さだか悪さだかに驚かされる。
音が大きかったから、かなりビビらされた。

食べる等して非常食が減ってきているから、少し補充しておくかな。
コメント

35ヶ月。

2019年03月16日 | 熊本地震の記録
来月であの地震から3年か。
「もう」なのか「やっと」なのか…。

先日の3月11日は東日本大震災から8年。
それと同時に乳児向けの「液体ミルク」販売解禁。
色々言う人はいるけど、とてもいいことだと思う。
熊本地震の時は、16日の地震で市内全域断水。
早い段階で試験通水→本格通水は始まったが、熊本市がすべての上水道を地下水でまかなっているというのが裏目に出たのか、
水が出るようになっても、蛇口を全開にしてもそうめんぐらいの太さの水しか出なかった。
しかも「数十立方メートルは飲料・調理に使わないで下さい」というお達し付。
とても赤ちゃんに飲ませられるような状態ではなかった。
こういう時に液体ミルクがあったら、お母さんたちは精神的にも楽だっただろうなと思っている。

幸い、我が家には赤ちゃんはいないから、その点は楽だったけど、従妹の家は下の子がまだ2歳だったし、
ミルクこそ飲まなくて良かったが、かなり神経すり減らしたみたい。


ミルクの話題からは離れるが、最近、「水にお湯を加えてはいけない」というのを読んだ。
震災後、やったよね、コレ…。
そうめんほどの太さの水が出るようになった時に、子どもたちをお風呂に入れようとなった。
浴槽の半分くらいまでに水を貯め(半分ほど貯めるのに5~6時間!!)、
夕食を終えた頃から、ガンガン井戸水でお湯を沸かしてお風呂へ。
水の中に100度のお湯をザッパンザッパン入れていくというのを繰り返した。
2つのやかん(カセットコンロ使用)と電気ポット1つでどんどんお湯を沸かしていった。
どのくらい繰り返したかは忘れたが、かなり沸かしまくった。
本当はあれってやっちゃいけないことだったんだ…。
まぁ、ああいう事態でも「やっちゃダメ!!」なんてヒステリックに言い募るような人はいないと思うけど。


その場に置かれてみないと分からないこともたくさんあるよな~と、ここ数週の出来事を見ながら思った。
コメント

1000日。

2019年01月08日 | 熊本地震の記録
最初の揺れから、今日で1000日だそうだ。
もうそんなになるのか。
和水町やその周辺で、先日被害を受けた方々は、リセットされてしまったような気分だろうな。

年末には、動植物園が全面再開。
あれだけ被害を受けていたのに、3年弱で再開にこぎ着けたのはすごいと思う。

少しずつ復興への歩みが実感できるようになってきた。
年始早々に大変なことが起きてしまったけど、幸いなことに人的被害はないとのこと。
小さな被害はそれなりにあるようだが、大きな被害は少ないらしい。
この程度ですんで良かった。

今日はフリーズドライの味付きご飯をいくつか買い込んできた。
これらの賞味期限が迫って消費するような、そんな日常が続きますように。
コメント

今一度備えの確認

2019年01月07日 | 熊本地震の記録
今朝の朝刊のトップは、3日に起きた和水町での震度6弱の地震を受け手の「今一度備えを!」という呼びかけだった。
写真が掲載されていたのだが、東急ハンズでいろんな非常食が売られているらしい。
我が家の場合、「非常食=カップラーメン、レトルトカレー」という状態だったのだが、
写真を見ると、フリーズドライのご飯類がたくさんある様子。
それを見て、「こういうのも用意しておくといいな」と思った。
明日、街中に出る用事があるので、東急ハンズに寄ってこよう。

油断しているつもりはないのだが、やはりあの地震は参った。
エリアメールまで届くという、ある意味修羅場。
ここまでのは、あの一連の地震以来だったから、ややパニックになった。
しかもあの一連の地震とは関係ない、ということで二重にビックリ。

実はあの日、弟が帰省していたのだが、彼は近所の叔母たちの家を行脚中だった。
地震があった時間は、従妹の旦那さんと酒盛り中だったらしい。
やはり揺れそのものよりも携帯から鳴り響く警報音にビビったと言っていた。
我が家だと2人分だが、従妹の家だと、弟を含めて4人分だからね~。
そりゃさらに修羅場だろう…。

和水町は、今年の大河ドラマの主役の1人、金栗四三翁の出身地。
本来なら昨日、パブリックビューイングが行われる予定だったのだが、地震を受けて中止。
それでも町の有志が集まって「鑑賞会」を開いた、という記事も載っていた。
残念ながらというか、昨日は金栗翁の出演はラストだけだったが、次回からは登場。
熊本でのロケも続々登場のようなので、今回の被災地を励ましてくれることを願う。
コメント

まだ無理だろうね…。

2018年09月14日 | 熊本地震の記録
【北海道震度7地震】液状化被害の札幌市清田区 「復旧めど全然立たない」…初の住民説明会、責任の所在で紛糾

昨日で北海道地震から1週間。
そして今日で、熊本地震から2年5ヶ月。

液状化に関しては、ホント、他人事じゃない。
ただ、1週間では何も進まないのは仕方がないんじゃないかなぁ。
熊本でも本格的に液状化に関して、行政が動き始めたのは1ヶ月近く経ってからだったよ…。
行政が動き始めてからも、二転三転して、結局被災者が個人で家を直したり、地盤改良したりしている。
熊本県民性の悪いところなんだけど、一度決まりかけても「ちょっと待ったぁ!!」とひっくり返す人が出てくるんだよね。
だから待っていられない、と。

幸い、私の住む地域では多少の沈下や隆起はあったけど、液状化は起きていない。
数百メートル西に行ったところが凄まじい。
札幌の映像を見て、あの時の光景思い出したもん。
2年くらい経つ頃から、ようやくというか、液状化対策の実験が始まったところ。
20年ちょい前までは同じ校区だったから(つまり、私は液状化の起きた学校に通っていた)、あの光景は辛い。



これを見たときの衝撃は一生忘れないだろうな…。

以下備忘録。



小学校給食室前。



弟の同級生実家病院。
コメント

怖かった

2018年08月23日 | 熊本地震の記録
〔地震〕熊本県熊本で震度4、津波の心配なし(8/22)

突然の、ドガーン!!という爆音。
グラグラ揺れる家。
いやぁ、久々に怖かった。

テレビでは、NHKローカルニュース「クマロク!」が放送中だった。
ソファーにしがみつきながら、画面を凝視。
もしかして、あのイヤな音が鳴るんじゃ…?と思ったが、それはなかった。
ただ、スタジオで取材してきた記者と解説を交えながら放送が行われていた画面では、
当時画面に映っていた3人のアナウンサー、キャスター、記者が机にしがみつく様子が見えた。
アナウンサーが「スタジオでも揺れを感じています」と伝えるのが精一杯だったようだ。

揺れが収まると、途中だった解説が再開されたが、記者さんは明らかに動揺している。
こっちも、アレがどれだけの震度だったのかが心配で、全然耳に入らない。
その解説が終わると、震度情報が入ってきて、ようやく一息つけたという感じだった。

西区で震度4かぁ。
やっぱり感覚的にはこっちの方が近いんだよねぇ。

それにしても、NHK熊本の放送会館は昨年だったか、新しく建てられたばかりなのに、結構揺れるんだね…。
そっちもちょっと驚いた。
コメント

まさかの通行止め

2018年05月17日 | 熊本地震の記録
母校(高校)の近くまで行った。
今、正門前はどうなっているかな?と思い、見てみた。
以前は通行できていたのに、まさかの通行止め!

生徒たちは裏門から登下校しているのかな?
正門が使えないなんて、なんだか可哀想。

以前に「ブラタモリ」で、タモリさんたちが訪ねていった際に、
案内していた先生が出迎えていたのが正門。
坂を上ったところにあるのだけど、その坂の上り口から通行止め。
地震の影響はまだまだ続いている。

同窓会の会報誌で、なぜ修理が進まないのか書いてあった。
学校は県立だが、坂道とそれに繋がる石垣は市の所管らしい。
だから復旧が進まないのか。
なんか、教育施設の一部なのに、置き去りにされているような感じ。
復旧作業が行われているなら、特に思うこともないと思うんだけど、作業をしている気配もないからねえ。
早く復旧作業に着手してほしいな。
コメント

ほぼ全部知っている

2018年04月27日 | 熊本地震の記録
熊本地震~テレビではあまり放送されない熊本市内の被害様子


YouTubeを彷徨っていた時に見つけた動画。
15秒以降の全ての箇所を知っている。
道路の凸凹は、見た目には直されているのだが、実際に通ってみるとまだ凸凹している感じは残っている。

そして、動画ラストに映っている、三菱自動車社屋の傾き。
初めて見たのは、大学病院受診からの帰りだったかな。
タクシーで前を通ったのだが、「ふぁ!?」というような変な声を出してしまった。
運転手さんも何事?と一瞬振り返って「うぎゃっ」と悲鳴が上がっていた。
そんなに古い建物じゃないんだよ…。
だからこそ余計にショックだった。

この傾きを見た日に、テレビで三菱自動車の不正発覚か何かのニュースを見た。
しばらく、親戚の間では、物理的に傾いた社屋と、今後経営的に傾くであろう会社の話が
微妙に一致するようなしないような感覚で話していて、通じないということがあった。

今は傾いた社屋は取り壊され、新しい社屋が完成している。
コメント

ちょっとだけホッと。

2018年04月16日 | 熊本地震の記録



同じようなことを考えていたの、私だけじゃなかった~~!
夜中に目覚めるようなことはなかったけど、「起こされなきゃいいな」と思いつつ就寝した。

2年前は、ほぼ3日徹夜状態だったから、頭もしっかりしていなかった。
14日……車中泊。立て続けの余震もそうだけど、上空を飛ぶヘリコプターがうるさくて眠れなかった。
15日……2度目の地震後(すでに16日になっていたが)、再度車中泊。体勢が辛くて眠れなかった。
16日……母方親戚一同、叔母管理の駐車場で車中泊。もう大人たちの身体限界。

ちゃんとベッド(布団)で足を伸ばして、好きな体勢で寝られるというありがたさ。
細切れ睡眠ではなく、連続してきちんと寝られるありがたさ。
この時期だけでも、こういう「当たり前」のことに感謝しないと、ね。
コメント

2年を前に

2018年04月13日 | 熊本地震の記録
明日であの地震から2年。
朝10時から追悼式典が行われるらしい。
地震が起きたのが、1度目も2度目も夜だったから、その時間に会わせてというのは無理なんだろうな。
もちろん、追悼する気持ちさえあれば、時間なんて関係ないとは思っている。



2年になるのを前に、これを眺めてみた。
記事をしっかり読む気にはまだなれないので、見出しなどを見るくらいだけど。
ある程度記憶が整理された気がする。

何がどうなっていたのか、正直なところ記憶が混乱していて分からない。
今流行の言葉(笑)で言うならば「記憶をたどる限り、○○だったはず」という状態にある。
この書籍のおかげで、ある程度は「ああ、そうだったっけ」と納得する部分もある。

ライフラインの復旧にもかなりの時間を要したように思っていたが、今から考えると、
少なくとも我が家近辺は4月中にはほぼ完全に復旧していたんだよな…。
約2週間だったけど、その2週間が数ヶ月にも感じたあの感覚は、今でもなかなか抜けない。


アニバーサリー(記念日)症候群。毎年必ず一定の時期に情緒不安定。

私も少しコレが出てきているかもしれない。
昨年も4月14日が近づくと何とも言えない不安に押しつぶされそうになった。
今年も昨年ほどではないけど、やはり不安で一杯になっている。
これとも多少関係するかもしれないが、車のガソリンが2メモリぐらいになると、不安になる。
たった3日の車中泊の影響だろうか。
なるべく満タン、あるいはそれに近い状態を保っておきたい、というのが今の心境。

今一度、ガソリンも含めていろいろな非常物資の確認を万全にしておかないと…。
コメント