Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

「帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー」

2017年07月01日 | 動物戦隊ジュウオウジャー


DVDが届いてから、何度か見た。
そのうちの一度は、オーディオコメンタリーで。

ちょっと肩すかしな「帰ってきた…」が続いた感じがしていたので、今回はどうかな?と思ったのだが、今回は期待通りの楽しさだった。

大和のキャラがなんだか違う?という印象はあったのだが、オーディオコメンタリーで聞いたら、それが狙いだったと知った。
真理夫叔父さんを意識したとのことなので、言われてみれば、という感じ。
設定上は叔父と甥の関係だし、血縁もあるのだから、似ているところがあって当たり前。
色々と考えられているな、と感心した。

セラとレオの決着も見応え十分だった。
登場することすら知らなかったのだが、あの新堀和男さんがセラの対戦相手で出てきたのには驚いた。
いくつかのレッドの決めポーズを見せてくれていたが、バッチリ大写しになったのは、バルイーグル。
残念ながらというか、コメンタリーに出ていた6人は、生まれてさえいない時代の戦隊だけに、全く触れられなかったけど。

タスクとアムもいい味を出していたと思う。
私自身が麻雀の用語なんて全然知らないから、タスクが何を言っているのかはさっぱり分からなかったんだけど(笑)
アムの姐さん風な丁半ばくちも面白かった。
大和とタスクがツッコんでいたけど、何でアムが「賭けさせる側」に回っているんだろう…。
アムらしいと言えばアムらしいけど。

操とサイのジューマン(女性)との対決も見応え十分だった。
最終的にはこの二人の間にロマンスまで生まれて、この次のエピソードも見てみたくなった。
「地球王者決定戦」だったからか、名乗りまで「地球の王者!」になっていたのには驚いた。

バドさんの活躍が多かったのも嬉しい。
演じる村上幸平さんの意向も多少取り入れられているんだろうな。



この書籍上では、「ネタバレになるから言えないけど」と前置きした上で、キャッキャしている様子が微笑ましい。
と言っても、私、幸平さんより1つ下なんだけど(笑)
どのシーンのことなのかも分かった。

そして、今回のゲスト、林家たい平さん。師匠というべきなのかもしれないが、落語家ではなく俳優としてのご出演なので、あえて「さん」。
でも随所に落語の要素も組み込まれていたのは流石としか言い様がない。
イメージカラー(?)のオレンジも至る所で使われていたし。
ジニス以外のデスガリアン幹部を復活させたシーンでは、あのテーマ曲がアレンジされたBGMに思わずニヤリ。
その後の、仲間にも忘れられているチームリーダー・ジャグドには大笑いさせてもらった。
第一話で倒されたから、ジュウオウジャーたちの記憶にも残っていなかったらしいが、ナリアたちも「こいつ、誰だっけ?」という扱いは面白かった。

時間があれば、今後も何度か見ていこうと思っている。
何しろ、今は家が工事中だからね、なかなか見る時間と取るのは難しそう…。
コメント

「未来からのメッセージ」DVD

2017年03月21日 | 動物戦隊ジュウオウジャー


DVDが届いたので、早速見てみた。
劇場で見たときとさほど感想は変わらないんだけど(笑)

一度見た後なので、展開はすべて分かっていたのだが、それでもハラハラさせてくれる面もあり、楽しかった。

「キュウレンジャー」の面々が出てくるところは、現時点で見るとちょっと違和感があるかな?
ラッキーとハミィの声がなんだかちょっと無理してるって感じがする。
そして分かったのは、劇場公開された時には伏せられていた、ガル、チャンプ、バランス、ラプターの声も
ちゃんと声優さんたちが当てていたということ(多分)。
彼らの掛け声にさほど違和感がなかったから、間違いないと思うが…。

ラストで天晴の息子、快晴に「おじさん、おばさん」と呼ばれたニンニンジャーの面々の表情が面白い。
風花は本物の「叔母」だからね、そう呼ばれても仕方がないか。
いとこたちは…。
私も母のいとこたちを「おじさん」「おばさん」と呼んでいるから、違和感はなかった。

次はメイキングとかも見てみよう。
コメント

「動物戦隊ジュウオウジャー」

2017年02月06日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
1年間見てきて、本当に楽しい作品だったなと思う。
大和が好きなタイプのレッドだったこともあって、安心して見ていられた。
「繋がり」の大切さも、震災の後にすごく実感した。
実生活では震災後の大変な時期に、ギフトという厄介な敵が出てきたのだが、
それすらも乗り越えるジュウオウジャーたちの奮闘に、力をもらえた気がする。

その後は、6人目の戦士である操も含めて、一貫してぶれない性格に好感が持てた。
「前の○○からは考えられない」という点も、異世界の者とふれあう中での成長という目で見ることが出来た。

セラ、レオ、タスク、アムとは別に、何人かのジューマンが出てきたのもよかったと思う。
バドさんが王者の資格を持ち出したために、帰れなくなった人たちが他にもいた、というのは、
以前からジューランドと人間世界は「繋がっていた」、という証だから。

異形のものを恐れる、というのは、人間界もジューランドも同じ。
でも、最初は驚いても仕方がない。
大和だって、最初にジューマンと遭遇したときは驚いていたし。
ジューマンたちも最初に大和を見たときは驚いていたし。
ラリーさんやバドさんが遭遇した人間たちと、大和とで違ったのは「好奇心」かな。
「姿形が違うから受け入れない」のではなく、とりあえず様子を見る、話をしてみる、そんな大切なことを教えてくれたように思う。

デスガリアンも久々にというか、怖い軍団だったなという印象。
井上和彦さんの声も相まって、ジニスのやさしい言葉がどんどん怖さを助長していった。
あそこまでやさしい言葉遣いで恐怖を煽るというのもなかなかないよなぁと思った。
下手に「その言葉聞き飽きた!」と声を荒らげるよりも、ずっと怖い。
途中でバングレイという第三勢力が現れたけど、彼さえも手駒として扱うジニスは、ここ何年かの悪役の中では最大級に怖いヤツだったと思う。

最後の最後に、人間界とジューランドが融合してしまう、という想像もしていなかった展開になったわけだけど、
そもそも人間界とジューランドは1つの世界だったのならば、融合したというより、
「元に戻った」という言葉の方がしっくりくるかもしれない。

とにかく、一年間、素晴らしい作品を見せてくれて、ありがとうございました!
Vシネマも楽しみにしています♪
コメント (2)

動物戦隊ジュウオウジャー最終話

2017年02月05日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
最終回にふさわしい、壮絶な、そして爽快なお話でした。

ここへ来てジニスの正体というものに触れられるとは思わなかったけど、メーバの集合体か…。
道理で、毎回毎回
「ジニス様の細胞から抽出したエネルギーです」って出来たわけだ(笑)
操がジニスに似ているから…と言った時に、即座に否定した大和、最後までカッコイイ。

ゴリラやホエールでの野生開放がなかったのは、ここで一気に「野生大解放」を持ってくるためだったのか。(たぶん違う)
あまりにいきなり過ぎる、と思わないでもなかったけど、3つのジューマンパワーを与えられているのだから、
操と同じように「大解放」があってもいいな、と思い直すことはできた。
ちょっと造形的にちぐはぐ感は拭えなかったけど(汗)

ナリアが生きていたのには驚いた。
でも結局、「同情は侮辱」というジニスに倒されて…(涙)
ずっと敬い、慕い、愛していた相手からのトドメ、ナリアは何を思っただろう…?


そしてラスト。
ひぇー、ジューランドと人間界が融合しちゃった!
真理夫おじさんのアトリエにも、大和のお父さんが勤務する病院にも、ジューマンたちが大勢現れて…。
さすが大和のお父さん、慌てずに冷静にジューマンたちをなだめている。

セラたちも家族と再会できてよかった。
操はラリーさんと共に活動していくのかな。
大和がお父さんと一緒のシーンがなかったのは残念だったけど、まぁ前回の流れから想像するのも楽しいからいいや。

エンディングダンスで、大和のお父さんがものすごくはじけていたのが印象的だった。
唯一歌われていなかったホエールも入って、賑やかなダンスになったなと思う。

次回からはまた新たな作品が始まるわけだけど、それまでに何度かこの最終回を見直して行きたいなと思っている。
コメント (2)

動物戦隊ジュウオウジャー第47話

2017年01月29日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
まずは大和、お父さんとちゃんと分かり合えてよかった。
お父さんもきちんと大和の言葉に耳を傾けてくれてよかった。
お父さんが初めて姿を現した時から、「分らず屋」なんかじゃないだろうと思っていたのは正しかった。
お父さんが、お母さんの臨終に立ち会えなかったことより、自分のことを気にかけてくれていない、
と感じていたのが、確執の原因だったか。
お互いがお互いを少しずつ誤解していって、最終的に断絶状態になっていたというのは、なんだか悲しい。
やっぱりお父さん、いい人だ!
大和にしてはちょっと乱暴な言葉遣いも見られたけど、まぁ、そこは親子だからね。
お父さんもなんだか嬉しそうだったし、それはそれでいいのかもしれない。

そして、ジニスが繰り出した「最後のゲーム」。
それを防ぐために考えたラリーさんの作戦。
え、そうやっちゃうの?とドキドキしてしまったが、さすが人間界で戦ってきたみんなは肝が据わっている。
最後まで「繋がり」を大切にしたい、という意気込みは素晴らしい。

ギフトも大量に出てきて、でも、それをどんどん叩いていくジュウオウジャーたちは頼もしい。
サジタリアークを引きずり落とし、いよいよジニスとの最終決戦。
どういうふうに倒すのか、きっとじっくり描かれるだろうから、しっかり見届けたい。
コメント

動物戦隊ジュウオウジャー第46話

2017年01月22日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
ついにアザルド撃破!
再生能力に長けた者にありがちな、コアが弱点(?)という最期だったけど、見応えは十分だった。
まさか、ジニスの怒りを買っての最期とは予想もしてなかったけど。
ジニスが最後に送り込もうとしているのが何なのか、そもそもジニスを倒すのか、
気になることだらけ。ナリアもまだ残っているし。

大和のお父さんとバドさんの関係、意外だったけど、それもありだなと思った。
ずっと言ってきていた、「この世の者は、みんなどこかで繋がっている」にふさわしい繋がりだと思う。
お母さんの危篤にお父さんが間に合っていたら、バドさんを助けていなかったら、
大和の運命も大きく変わっていたかもしれない。

大和をお父さんの元へいかせた、アムの言葉もすごく説得力があった。
次回予告で見る限り、まだ大和のわだかまりは残っているようだけど、雪解けも近いと信じたい。
最終回では、ジューマンたちはジューランドへ、大和は自宅へ、帰っていく姿を見たいと思えるようになった。

あと2回?最後まできっちり見届けたい。
コメント

動物戦隊ジュウオウジャー第45話

2017年01月15日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
アザルドの正体、ついに判明。
まさかケタスさんが封印した怪物だったとは…。
この正体が明らかになり、クバルよりも長く残ったことの謎(?)は解けた。
ケタスさんが倒せなかったアザルド、見た目もすごくインパクトが強くて、
さらにはジニスやナリアにも敵意をむきだしているようだし、どうなるのやら。
ジニス自身はそれも楽しんでいるようなので、そちらも不気味。

アザルドの身体の欠片から、操の変身アイテムやら武器やらが作られたことも判明。
特に気にも留めていなかったのだが、タスクが感じていた謎もここで回収されたか。
色々な謎が次々に解明されていくのは爽快。
あとは…。バドさんの覚醒した王者の資格がなぜ色が違うのか。
ラリーさんが指摘するまで、そこまで気にすることじゃないんだと思っていたのだが、
どうやらそれも意味がありそうに感じてきた。

そして、最大に引っ張るねぇ、と思ってしまった、大和とお父さんの確執。
やはり思っていたとおり、お母さんの死に目に間に合わなかったことが決定的な溝になっていたんだ。
大和がポカポカ叩いている間も、お父さん、激高することなく受け入れていたから、
アムが言うようにお互いにちゃんと話せば分かり合えると思う。
アムが指摘していたように、きっとお父さんと大和ってソックリなんだろうなと思った。

バドさんが見ていた家に「風切」の表札が…。
もしかして、バドさんがジューランドに見切りをつけた事件で関わった人間って…と想像してしまうのだが…。
次週結論出るかな?
コメント

動物戦隊ジュウオウジャー第44話

2017年01月08日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
人類の王者、ジュウオウヒューマン!

このフレーズ、すごく気に入った!
まさか総集編だとは思わなかったけど、デスガリアン側のストーリーは進んだし、
アザルドの謎もより深まり、今後の展開が楽しみになった。

思っていたとおり、真理夫おじさんはセラたちの真の姿を知っても動じない。
興味津々に見つめられるのは仕方ないにしても、迫害するようなことはないだろうと思っていたので、その点はホッとした。
次回予告では、ラリーさんと正式に出会うようだし、どういう風に接するのかという興味も湧いてきた。
何より救われたのは、操に対するおじさんの優しい言葉。
真理夫おじさんの優しさに、みんな助けられていたんだなとしみじみと実感した。

来週は大和とお父さんとの確執の核心部分にも触れられるようだし、スッキリさせて最終決戦に突入してほしいなと思う。

コメント

動物戦隊ジュウオウジャー第43話

2016年12月25日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
真理夫おじさんの中で、今まで不可解だったことがすべて繋がった今回。
もしかしたら、全部知っているのでは…?と思っていたが、
さすがにそこまでの千里眼の持ち主ではなかったか。
でも、「え?え?」と慌ててはいるけど、理解し、受け入れようとしている様子なので、そのあたりは一安心。
というか、次回予告のあの姿。
いやー、楽しみにしておこう。

そして、セラたちが真理夫おじさんにセーターをプレゼントしようとした流れも素敵。
ケーキ売りのアルバイトに名乗り出るのは、アムらしくちゃっかりしているな、とは思うけど、
でも労働に対する正当な対価ということで、それはいいんじゃないかな。
4人でやって8千円に満たないというのは、妥当なのかどうか疑問だが…(笑)

セラたちが本来の姿でケーキを売り、その様子がテレビに映し出される。
ラリーさんのことを考えると、ちょっと危険な賭けだったようにも思うが、ちゃんと馴染んでいた。
その姿に、大和も何かしら思うところがある様子…。
大和の家族に関する話題もさりげなく引っ張っているし、今後の展開に期待している。

最後に、アザルドの謎。
キューブホエールがアザルドの姿を認めたとたん、理性を失ったかのように大和ごと攻撃。
うん、やっぱり何かあるな。ほぼ確信している。
…と書いてきて、そういえばアザルドの体には、ジュウオウキューブが4体ほど取り込まれているんだっけ。
アザルドは気づいていないようだけど、そっちに対する怒りかもしれない…と思ってしまった。
うーん、アザルドとジューランドの間に何らかの因縁がある方が、ストーリーとしては盛り上がりそうだから、そっちを期待してしまう。
コメント (2)

動物戦隊ジュウオウジャー第42話

2016年12月18日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
正直なところ、アザルドとクバルでは、アザルドの方が先に倒されると思っていた。
まさかクバルが先に倒されるなんて…。
ちょっと驚いた。

バドさんが見つけたキューブをアザルドが誤って取り込んじゃった…。
前に、アザルドが初めて地上に降り立った時にもタスクだったかな?キューブ状の身体を訝しんでいたけど、
バドさんも終始気にしていたし、これは何かあるな。
アザルドに取り込まれてしまったキューブたちが今後どうなるのかも気になる。
このあたりの描写は年明け以降かな。

大和のお父さん登場。
お母さんが亡くなったときに、お父さんがそばにいなかったというのが確執の原点なのかな?
という印象を持った。
特に大和が反発を覚えるような人には見えなかったのだが、子どもの頃の印象って強烈だから、
そのあたりに原因があるのかなと思った。
真理夫おじさんも、大和に父親との会話を促していたし、操も「変わろうとして変われた」し、
それを見習って大和もお父さんときちんと向き合えるといいな。
というか、これで大和の「謎」、幕引きなんてないよね。
どういう結論が出るにせよ、もう一度お父さんと会って話してくれなきゃ、納得できないぞ!

久々に操の中の3ジューマンが見られてラッキーだった♪
コメント (4)

動物戦隊ジュウオウジャー第41話

2016年12月11日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
クバルが、ナリアの記憶から作り出した、偽物のジニスによって連れ去られた操。
そして、ナリアの記憶から読み取ったジニスの弱点。
まさかあのジニスが、こんなところで…とは思ったのだけど、案の定。

操を見つけるのもあっけなかったし、操が操らしくないところにも、何かあるのでは…?
と思っていたのだが、こちらも案の定。

大和が、真理夫おじさんが囚われたとき並に感情的になっていたのが印象的だった。
ランニング中の操に声をかけていたとしても、彼を守れたかどうかは分からないけど、
大和なりの「責任」を感じているのだろうな、と大和の優しさ、温かさを感じた。

キューブホエールのデータを取ったジニスが、何に使うのか興味津々だったのだが、
まさか、地球上に降り立つ際の弱点の補強だったとは。
てっきり何かジュウオウジャーに対抗する武器なり、プレイヤーなりを作り出すのかと思っていた。

そして…。
次回予告でも登場、公式サイトで発表になった、大和のお父さん!
まさかの医者!
(なんか、このところライダーと被る率が高くないか?)
あの大和が反発するくらいだから、どんなお父さんなのか、すごく気になる。
まさか大和の口から「あんた」なんて出てくるなんて。
気になることだらけな次回だけど、楽しみに待っておこう。
コメント

「動物戦隊ジュウオウジャー・ドキドキサーカスパニック!」

2016年12月08日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
夏の劇場版、見に行きたかったんだけど、地震の影響で市内のシネコンがほぼすべて休館。
唯一上映していたのは、我が家から片道でも20キロ以上離れたところ。
強行しようかとも考えたこともあったが、今回ばかりは仕方がないと断念していた。

その劇場版がDVDに!



予約開始と同時に予約して、昨日到着。
早速本編を見た。
例年通り、テレビシリーズとほとんど変わらない長さ。
テンポよく話が進んでいくのはいいんだけど、やっぱりちょっと物足りないかなぁ。
あまり長いと間延びするだろうから、このくらいがちょうどいいのかなぁ。

過去の39戦隊のアイテムが随所にちりばめられている、というのは、あちこちのブログなどで聞いていたのだが、
見つけられたのは3つだけ…というか、そっちには全く気がそれることはなかった。
ボーナスディスクに、答え合わせがあったのだが、「気づくかいな!」というレベルのものもあった。
2度目以降の視聴では、そのあたりも注目してみようかな。

人間界にたくさんのジューマンがいた、というのにも驚かされた。
ラリーさんのようにジューランドに帰れなくなった人々がたくさんいたんだ。
人間界で生まれた子どもがある程度大きくなるぐらいの時間は経過しているということは…。
バドさん、なんてことしてくれたんだ!!と、今の時期に見ると思ってしまう。

この劇場版に登場したキューブコンドル。
年末あたりにもう一度くらい登場しそうな予感。
コメント

動物戦隊ジュウオウジャー第40話

2016年12月04日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
レオの「男の美学」、私は好き。
「拳は守るために振るうもの」という言葉もいいなと思った。

今回はすごくわかりやすい「不良」が相手だったから、たとえジュンくんが殴っちゃったとしても、
特に何とも思わなかったかもしれないが、そこを敢えて止めたレオに喝采。
すでに戦意喪失している相手に、追い打ちを掛けることはない。
そういうところも、レオなりの「男の美学」なんだろうな。

今回のジュンくんが、「レオを傷つけたのは自分のせい」と理解し、素直に謝ったシーン。
こういう展開は見ていて清々しい。
自分の非を認めたら、その場で謝る。
簡単なようだけど、プライドが邪魔するのか、意外と難しい。
ジュンくんが謝ったのに対し、レオも笑顔で応じているのもいい。
ジュンくんは結局は利用されていただけだしね。

さてさて、そんな中で動きが出てきたクバル。
チーム・アザルドが作戦遂行中に何やら不穏な動き。
それに気づいているナリア。
クバルに倒されたのか…と思ったのだが、公式サイトを見ると、囚われの身になった様子。
たぶん、ジニスもクバルのことは感づいていると思うから、今後デスガリアン側がどう出るのかが楽しみ。

それにしても、ボンタン狩り…。
チーム・アザルドは何をしたかったのだろう?
コメント (2)

動物戦隊ジュウオウジャー第39話

2016年11月27日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
伊達さん(「仮面ライダーオーズ」)と、シャイダーこと烏丸舟(「宇宙刑事シャイダーNEXT GENERATIONS」)を足して2で割ったような今回のゲスト。
クバルによって実体化された、どこかの女性の記憶の男性だったわけだけど…。
結婚詐欺師ということは、あの女性、騙されたことがあるってことなのか。
それは気の毒に…。
と同時に、「本物」はまだいる訳だよね。またどこかでバッタリ…なんてこともあるかも?

セラの恋?に落ち着かないほかのメンバーたちが面白い。
操が延々と気にしているのも彼らしい。
アムの男性のあしらい方、見習いたい部分もあるな~。
でも、相手に対してその気がないのに、高価なものはもらわない方がいいと思うよ~(笑)

コメント

動物戦隊ジュウオウジャー第38話

2016年11月20日 | 動物戦隊ジュウオウジャー
ラリーさんとバドさんから語られる、かつてのジューランド。
「人間に見つけられたくない」という気持ちは分かる気がする。
だけど、捕らえるとか、牢に閉じ込めるとか、ちょっとやりすぎな感じ。
それにバドさんは嫌気が差したのかな。

王者の資格に対する、バドさんと大和の思いが正反対すぎて泣けた。
人間界とジューランドの繋がりを断ち切りたかったバドさん。
人間界とジューランドを再度繋げたい大和。
それぞれの思いが分かるだけに、今後、バドさんがどういう対応を見せるのかが気がかり。

セラたちジューマンも自分たちが知らないジューランドの歴史に愕然とした様子だったし…。
そのあたりをどう決着をつけるのか、気になることが増えてしまった。

前回今回と出てきたプレイヤー、何とかブラザーズ(覚えられない!)。
いったい何人いるんだ?一度に出てくれば?と思っていたら、
まさかの、「どちらかが倒されたら、残ったほ方が分裂する」だった。
いやぁ、斬新だなぁ。

イーグルとバードの空中戦は圧巻だった。
空中戦に限らず、地上戦でも動きが揃っていたりと、見ごたえ十分だった。
ラストでバドさんが姿を消してしまったのが残念。
でも、きっとこれからもジュウオウジャーというより大和のピンチには駆けつけてくれるかもしれない。
バドさんが言っていた、大和が似てきたという「あの男」のことも気になる~。
コメント (2)