『Potsunen』

神戸オリエンタル劇場で『Potsunen』を観た。

小林賢太郎氏が脚本・演出・美術をすべてを手がけた公演で
出演は彼のみのひとり舞台。

ご挨拶
 
コントの領域を知りたくなったのです。どこからどこまでなのだろう。
何をやらなきゃいけないのだろう、何をやってはいけないのだろう。
境界線はどこだろう。逆に中心はどこだろう…。

コント【conte】はフランス語です。
辞書の上では

「1;短編小説。特に機知に富み、風刺や捻りを利かせた作品。
 2;笑を誘う寸劇。小喜劇」だそうです。

なんともざっくばらんな説明ではありませんか。
逆手に取れば「なんでもあり」とも言えるわけです。
こうなると探究心は止まりません。
コントの0地点を探ることから始めることにします。

まずは材料。

パフォーマンスの最小単位として、体ひとつ使います。
とりあえず自分。舞台と背景はどうしましょう。

経験上コントの床には安定感が欲しいので、黒。
背景は観る人の想像を壊さないために真っ白。
お客様に対する敬意と、扱う商品が大切なものであるという姿勢として、
衣装はフォーマルにします。

コントと同じライブパフォーマンスのジャンルにマジックがあります。
マジックにはステージマジックとテーブルマジックがあります。

ならば、ステージコントに対して
"テーブルコント"があってもよさそうなものです。
こしらえました、卓上コント。後で見せます。

「NO CONTE,NO LIFE」
コントしか出来ませんが、コントには何でも出来ると信じています。
小林賢太郎ひとりコント公演「ポツネン」にようこそ。
最後までごゆっくりお楽しみください。
僕も負けないくらい楽しむつもりです。

小林賢太郎

座席に置かれたフライヤーと挨拶文に期待が膨らみ
そしてその期待以上の作品で、大興奮!

アートとして、舞台として、
これほど無駄なものがなく、
観客の想像によって無限大に世界が広げられるものは
そうはないのではないだろうか。

彼のその言葉遊びは
日本語の美しさと粋な面白さを余すところなく伝えていて
消えてゆくのが惜しい光ることばたち。

賢太郎氏のことばや姿勢はある意味、光より美しい。
逃すのが怖くて、瞬きするのさえためらってしまう。

彼の言うところのコントを、一般的な意味と同一に思うなかれ。
とにかくすばらしい。
全身鳥肌"ブラボー!"と叫んだ、アナグラムによる「ポツネン」の出現。

芸術でしかなかった舞台『Potsunen』
That is "Conte"!!

(大興奮でまとまりなし。苦笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

箱たち

Rahmensの、夏の公演のプレオーダーが始まっている。

彼らの完成された舞台が大すき。
お笑い、と位置づけられがちだけれど、彼らはアーティストだと信じていて。

そもそも、彼らは芸大のご出身で、
公演のパンフレットは、どれをとってもすばらしい完成度。
お笑いもできるアーティスト、という感じなのかなぁ。
副業が、漫画家・彫刻家というから納得もしたくなる。

いたってシンプルな舞台は、単色の洋服を着た二人と
いくつかの箱、パントマイムのみで構成されることが多い。
(バニー、竹馬などが出てくることもあるけれど 笑)
小林氏が書く、緻密で計算されつくした隙のない物語と言葉遊びを、
全身が感性の塊のような片桐氏が生き物にしていく
すばらしいコンビネーション。

劇場のことを「箱」というのだそうだ。
また、彼らが使う小道具の「箱」
そういえば、脚本のあらすじも「箱書き」などというらしい。
ドイツ語で、枠を"Rahmen"というのだという。
いくつかの枠を重ねていくと、箱になる。

さまざまな箱、「Rahmen"s"」
いくつかの枠を重ねてできる箱、「Rahmen"s"」
彼らの小道具の定番、いくつかの箱、「Rahmen"s"」

静・頭脳派、小林 賢太郎
動・感性派、片桐 仁

二人合わせて「Rahmen"s"」

そんな複数形のドイツ語はないというが
なんて、粋な造語なんだろう。

というような話を、
夜通し語ってもらったのは、もう一昨年の夏。

ジャンルを超えて、いいものというのは
少しでもきっかけがあれば、すぐに魅了されるもの。
最初は半ば強引にお勧とはいえ、そうでなければ、
一生知らずにいたかと思うと、感謝せずにはいられない。

小林氏の、綺麗に伸びた手足と、滑舌良く響く声。
何よりも、完璧なまでの本。
片桐氏の、眼が離せない動きと、不思議な感性。

何度もいうけど、彼らの舞台はまぎれもなく芸術作品。
この夏の彼らの舞台、見れるといいなぁ。

「やられた!」

この悔しさを味わう瞬間が、とても待ち遠しいのです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )